カテゴリー

アーカイブ

イギリス 核軍縮キャンペーン(CND)から2018年原水爆禁止国民平和大行進出発式へのメッセージ

左:ケイト・ハドソン CND事務局長 右:ブルース・ケント CND副会長

イギリス 核軍縮キャンペーン(CND)から2018年原水爆禁止国民平和大行進の出発式へのメッセージが届きました(4月17日受領)。以下、全文を紹介します。


イギリス 核軍縮キャンペーン(CND)からの平和行進出発式へのメッセージ

(4月17日受領)

核軍縮キャンペーンは、日本の2018年原水爆禁止国民平和大行進へのメッセージをお送りできることを嬉しく思います。私たちはみなさんのエネルギーと全ての核兵器の廃絶を目指す決意に敬意を表し、平和の闘いにおけるみなさんの世界的なリーダーシップを称えます。

今年は1958年に初めてオルダーマストン平和行進が行われ、そして核軍縮キャンペーンが誕生してから60周年にあたります。CNDは誕生当時、その時代の社会の急進化と強く結びついていました。当時行われた、バークシャー州の核兵器製造施設であるオルダーマストンへの行進は、世界大戦後そして植民地時代後のイギリスの縮図であり、当時の幅広い大衆の抗議と青年の社会に対する反乱の声をはっきりと示すものでした。多くの点において、やがて新しい社会運動へと育つことになる急進的な政治運動は、この反核運動への人々の参加を通じて、初めて形成されたと言えるでしょう。

私たちの中心的目標であるイギリスの核軍備撤廃は、未だ達成されていません。しかし振り返ってみると、CNDがどのように運動してきたか、そして海外のパートナー組織が行ってきた活動が、国内でも国際的にも政府の政策と意思決定に影響を与えてきたことは明らかです。何年もの時を経てから政府の文書や当時の日記などを読めば、世論と大衆的動員の圧力が現実に影響を及ぼしたことや、それぞれの世代においてCNDが役割を果たしてきたことがわかります。大気圏での核実験禁止はその重要な一例ですが、中性子爆弾(建物は無傷でも人間を殺すことができる兵器)計画の中止や、ニクソンにベトナムでの核兵器使用を断念させたことなどもそうです。何よりも私たちは、国民の意識の中に、そしてそれを通じて政治指導者たちの意識の中に、核兵器の使用は破滅的で、想像できないほどの悲劇をもたらす、という考えを浸透させることができたのです。

私たちはこれからも、核兵器を根絶するまで歩むことを止めず、運動を続けていきます。これが私たちの大義であり、人類の大義なのです。そして私たちは必ず勝利します。

ケイト・ハドソン CND事務局長

ブルース・ケント CND副会長

 

The Campaign for Nuclear Disarmament is delighted to send greetings to the 2018 Nationwide Peace March in Japan. We pay tribute to your energy and determination to eradicate all nuclear weapons and we recognise your global leadership in the struggle for peace.

This year is the 60thanniversary of the First Aldermaston March in 1958 – and also of the Campaign for Nuclear Disarmament itself.

CND in its early years was inextricably linked to the social radicalisation of the time. The early Aldermaston marches, to the Atomic Weapons Establishment in Berkshire, represented microcosms of post-war, post-colonial Britain, articulating both widespread popular dissent and the social rebellion of the youth of the time. In many respects it was through the early mobilisations of the anti-nuclear movement that the radical politics of what were to become the new social movements were first expressed.

Our core objective, of UK nuclear disarmament, remains as yet unfulfilled. But it is clear in retrospect how CND’s campaigning – and that of its international partners – has affected government policy and decision-making, both at home and internationally. Reading government documents and diaries years later, one can see how the pressure of public opinion and mass mobilisation really does have an impact, and each generation of CND has played a part in that. The banning of nuclear tests in the atmosphere is one very important example; another is the abandoning of the neutron bomb (designed to kill people while leaving property intact) or Nixon’s pulling back from using nukes on Vietnam. Above all, we have helped instil a sense, in the popular consciousness – and thereby in that of our political leaders – that use of nuclear weapons would be a catastrophe, an unthinkable tragedy.

We will continue to march and to campaign until all nuclear weapons have been eradicated.

This is our just cause – the cause of humanity – and we will prevail.

 

Kate Hudson – General Secretary CND

Bruce Kent – Vice-President CND

Comments are closed.