カテゴリー

アーカイブ

【動画あり】10・26国連軍縮週間のつどい:パネル討論「核兵器禁止条約と日本の安全を考える」

国連軍縮週間のつどい:パネル討論「核兵器禁止条約と日本の安全を考える」

【各パネリストレジュメ・資料】 山田寿則氏 小沢隆一氏 土田弥生氏

【北海道】国連軍縮週間行動で2種類の署名と原爆展 核兵器禁止条約への日本政府の態度に不満の声続出

北海道原水協は10月25日、札幌市中央区パルコ前で国連軍縮週間宣伝行動を行いました。

署名は『ヒバクシャ国際署名』と『安倍改憲NO!憲法生かす全国統一署名(憲法3000万署名)』の2種類。「核兵器禁止条約に日本政府はどうして署名しないんだろう。被爆国なのに」と言いながら署名する人や、行動参加者からは、日本政府の態度におかしいねと声を出す人が多かったと感想が出されました。

「何の署名?」と日本在住のオーストリア人も署名するなど「ヒバクシャ国際署名」は50人がサインしました。「戦争だけはダメ」と憲法3000万署名も25人が賛同しました。新婦人中央支部、北海道平和婦人会はじめ13人が参加しました。

自由法曹団北海道支部の桝井妙子弁護士、北海道高教組の佐々木瑛さん、非核の政府を求める北海道の会常任世話人の小野内勝義さんが訴えました。弁士は口々に、歴史上初めて核兵器禁止条約が採択されたこと、世界で唯一の戦争被爆国日本政府が条約に批准し、北朝鮮問題でも外交で平和的解決のために役割を果たすことを強く求めました。

国連軍縮週間 原爆パネル展

札幌市地下街オーロラコーナーで、国連軍縮週間・原爆パネル展(北海道原水協主催・札幌市後援)が始まりました。

24日準備中に熱心にパネルを見ていた女性は、「こういうことを語り継いでいくことは大事ですね。原爆はもちろん、戦争もダメです」と対話になり、これから友達に会うからと「ヒバクシャ国際署名」を持って行きました。『焼き場の少年』の前でハンカチを出し涙をふいている女性もいました。

原爆展は27日(金)夕方まで。

【香川】国連軍縮週間初日に「原爆の火」の塔前の記念式典行動で30周年に誓う

大窪寺のイチョウは昨年より黄葉も進んでいました。寒さも一段と進み参拝者も少ない中で30周年の行動は、「原爆と人間」写真を「原爆の火」の塔前に設置しての「ヒバクシャ国際署名」行動となりました。

署名を頂いた方々は、四国八十八寺の結願寺だけあって全国さまざまな住所が並びます。茨城・栃木・横浜・東京、中には福井市の方も、ご夫婦で来られていました。早朝に結願をすませ、その足で高野山へ直行する方もいました。「核兵器はなくさないと」「ごくろうさま」と励ましの声も頂きました。

記念式典では、松永始香川県原水協筆頭代表理事から「原爆の火」の塔建立の経緯を学びました。1988年6月の第3回国連軍縮特別総会(SSDⅢ)に合わせ「原爆の火」を国連に持ち込もうとの原水協の発案の中で、香川県には5日間の日程で原爆の火が来県。その火を当時真部長尾町議の母親が炭に移して保管。この火を永久に燃やそうとの構想に大窪寺が快諾されたと説明。この時の「原爆の火」は船便に乗せられ、ソ連まわりでニューヨークへ行ったそうです。松永筆頭代表理事がニューヨークでこの火に再会した時の感動は今でも鮮明に思い出すとの話でした。

この30年間の核兵器禁止・廃絶の活動が「核兵器禁止条約」採択につながり、すでに53カ国が調印しました。批准国も3カ国になります。総選挙での「非核の政府」への道も今回は残念な結果になりました。しかしこの原爆の火を燃やし続ける我々の意思は微動だにしません。改憲勢力の圧勝にも大きな矛盾も存在します。それだけに今落ち込んでいる暇はありません。「ヒバクシャ国際署名」と9条改憲NO全国統一署名を一体に改憲勢力を追いつめようとの気合が入った記念式典となりました。参加者6人・署名28人分の成果でした。

(香川県原水協ニュースNo.81より)

【兵庫】国連軍縮週間行動 台風一過の好天気で反応大きく

兵庫県原水協は10月24日正午から、神戸大丸前で国連軍縮週間の初日行動をおこないました。

兵庫労連の宣伝カーから津川知久筆頭代表理事、共産党の松田隆彦県委員長、新婦人の垣本千里平和部長らが訴えました。神戸被爆者の会会長はじめ庄本県議、林、今井神戸市議、兵庫労連、年金者組合、平和委、AALA連帯委、日中友好協会、母親連絡会など23人が参加しました。

台風一過の好天気で反応も大きく「ヒバクシャ国際署名」93人分、募金2000円が寄せられました。芦屋市でも8人が訴え57人が署名。姫路市は28日に行動します。

(兵庫県原水協事務局長・梶本修史)

【広島】国連軍縮週間行動で署名に応じてくれた人と対話が盛り上がる

広島県原水協と同被団協は、国連軍縮週間初日の10月24日、市中心部の八丁堀交差点で、「ヒバクシャ国際署名」に取り組みました。

署名に応じた方の何人もが、衆議院総選挙の結果について「首相がまた安倍さんになるから核兵器廃絶は難しくなる」など心配の声があがりました。他にも「核兵器禁止条約に日本が参加しないなんて、ほんとありえんよね!」「ICANのノーベル平和賞受賞は良かったね」など色んな声をかけてくれる人がいました。30分間の行動には12人が参加し、87人分の署名が寄せられました。

(広島県原水協事務局長・古田文和)

【長崎】映画『この世界の片隅に』6/10五島市からスタートし県内8カ所で上映

第40回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞をはじめ、第90回キネマ旬報ベストテン日本映画ベスト・テン第1位など数々の賞を受賞した100年先に伝えたい珠玉のアニメーション『この世界の片隅に』が長崎県内で上映されます。ロビーでは「ヒバクシャ国際署名」を呼びかけることになっています。

6月10日(土)五島市総合福祉保健センター ①11:00 ②14:30 ③18:30

6月17日(土)新五島町鯨賓館ホール ①13:30 ②18:30

6月24日(土)諫早文化会館中ホール ①11:00 ②14:30 ③18:30

7月1日(土)長崎市チトセピアホール ①11:00 ②14:30 ③18:30

7月8日(土)島原文化会館中ホール ①11:00 ②14:30 ③18:30

7月14日(金)長崎市民会館文化ホール ①14:30 ②18:30

7月15日(土)アルカスSASEBOイベントホール ①11:00 ②14:30 ③18:30

7月16日(日)大村市コミュニティセンター大会議室 ①11:00 ②14:30 ③18:30

チケット

一般 前売料金1200円、当日料金1500円

大学生・60歳以上 前売料金1000円、当日料金1200円

小・中・高校生 前売料金なし 当日料金700円

*前売券は各地主要プレイガイドやローソンチケット取扱各店(Lコード:82084)にあります。

*全席自由席/副音声(場面解説)ご利用の方はFMラジオとイヤフォンをご用意ください。

*日本語字幕版で上映します。

主催:映画「この世界の片隅に」in長崎

連絡先:095-824-2974(長崎県映画センター内)*前売券電話予約もこちらへ。

後援:長崎県教育委員会、長崎市教育委員会、佐世保市教育委員会、諫早市教育委員会、大村市教育委員会、島原市教育委員会、南島原市教育委員会、雲仙市教育委員会、五島市教育委員会、新上五島町教育委員会

特別推薦:長崎県教育映画等審議会

各地共催団体:「このセカ」上映を応援する長崎の会、「このセカ」上映を応援する島原の会、「このセカ」上映を応援する諫早の会、「このセカ」上映を応援する新上五島の会、「このセカ」上映を応援する佐世保の会、松原の救援列車を伝える会(大村)、ざあ〜まなよか映画ば見る会(五島)

チラシ

[…]

核兵器なくそう!6・17おりづるパレード

チラシ表

チラシ裏

「核兵器なくそう! 6・17おりづるパレード」 実施要項(案)

【日時】 2017年6月17日(土)13時半~14時半 (13時集合)

【集合】 新宿区西新宿 柏木公園

【主催】 6・17おりづるパレード準備会

【趣旨】  

2017年6月17日(土)、核兵器禁止条約交渉会議(第二会期)が開かれているニューヨークで、「核兵器を禁止する女性行進」がとりくまれます。日本からも被爆者を先頭に100人近くが参加し、行進が集結する国連本部前のハマーショルド広場では、日本被団協の代表から会議議長へ「ヒバクシャ国際署名」が提出される予定です。

核兵器禁止条約に反対する核保有国とその同盟国を中心に、女性行進に連帯する市民の行動が呼びかけられており、とりわけ被爆国日本での行動は世界も注目しています。

首都東京で、日本政府が核兵器禁止条約の実現に被爆国として貢献するよう、被爆者と市民が声をあげることは大きな意義があります。

【参加対象】

 パレードの趣旨に賛同する団体・個人であれば誰でも参加できる。

パレードは非暴力で、参加団体・個人を誹謗中傷しないことを前提にとりくまれます。

【パレードのイメージ】

被爆者を先頭に 「核兵器を禁止する女性行進」との連帯が分かるように レッドアクションの赤、国連の青を全体のイメージに 日本政府に向けたメッセージを明確に 若い男女のMCを配置し、沿道へのアピール、コール、うたごえなど楽しくパレード 規模は400人程度 医療班・救護カーを手配

【ヒバクシャ国際署名】

パレード参加者に署名をよびかけるとともに、並行して署名隊が歩道で「ヒバクシャ国際署名」行動にとりくむ。

【出発集会のプログラム・案】

主催者あいさつ(被爆者) ニューヨーク現地の声、著名人のメッセージ紹介 参加者の一言 ピースコールの練習ほか

【参加のよびかけ、組織】

案内チラシの作成 SNSでの発信(ハッシュタグ「#0617orizuru」「#PeaceWave2017」) マスコミ各社への案内と事前記事依頼 広範な団体へのよびかけ

チラシ(PDF)

[…]

【北海道】「ヒバクシャ国際署名」自治体首長の賛同広がる 北海道内101首長が賛同

石狩市長 新婦人石狩支部の要請に応えてサイン

新日本婦人の会石狩支部は2月6日、恒例の対市交渉の際に田岡克介市長に「ぜひ『ヒバクシャ国際署名』に賛同してほしい」と要請しました。昨年5月の平和行進自治体訪問の時は総務部長対応だったので、市長は署名していませんでした。北海道内自治体首長の賛同のマップを示し、石狩市は核兵器廃絶平和都市宣言をしているのでとの要請に応えて、田岡市長は「賛同できるので」とその場でサインしました。

わずか30分で204人分の署名が 新婦人手稲支部

新日本婦人の会手稲支部は2月12日、“雪っていいね・手稲雪の祭典”(札幌市手稲区鉄北広場)で18人が参加して「ヒバクシャ国際署名」を呼びかけました。初めて行動に参加した人が一人で40人分の署名を集めたのをはじめ、204人から署名が寄せられました。寒くてボールペンのインクがうまく出ないくらいですが、中には「もう署名したよ」という人も。もう5年以上続いている行動に「毎年やってますね」と実行委員のスタッフからも声がかかりました。

道内の新婦人各支部は、地元の氷まつり、雪の祭典などの会場で、寒さに負けず元気に署名行動を続けています。新婦人北海道本部の署名集約は25,961人分です。

3・1ビキニデー街頭行動

帯広行動:13:00〜13:30 JR帯広駅南口にて

旭川行動:13:30〜14:00 2条通り買物公園にて

(北海道原水協FAXニュース2月20日付より)

【静岡】2/28(火)19:00-20:00静岡駅北口周辺で「ヒバクシャ国際署名」宣伝行動「NO核兵器!初めの一歩は署名から!その一歩が世界を変える!」

クリックするとPDFファイルが開きます

【神奈川】核兵器禁止条約へ ダッシュ!!「ヒバクシャ国際署名」を大きく広げよう

クリックするとPDFファイルが開きます。

【核兵器禁止条約実現の歴史的チャンス 草の根から核兵器全面禁止の行動を】2017年3・1ビキニデー学習パンフレット・ポスター完成!(2017年1月6日発行)

2017年3・1ビキニデーパンフレット表紙

2017年3・1ビキニデー学習パンフとポスターが完成しました。2017年1月6日(金)に納品・発送予定です。

核兵器禁止条約の交渉が始まろうとする2017年は、核保有国や日本をはじめ「核の傘」の下にある国々での声と行動を広げることがもとめられています。

2017年3・1ビキニデーは「ヒバクシャ国際署名」や原爆展をはじめ、核兵器全面禁止の行動の一大決起の場です。

ビキニデーの成功へ、学習と宣伝をひろげましょう。地域・職場・学園での学習パンフ、ポスターの活用をよろしくお願いします。

【2017年3・1ビキニデー学習パンフレット】 B5版(16ページ)オールカラー・頒価210円(送料別) 【2017年3・1ビキニデーポスター】 B3版オールカラー・頒価80円(送料別)

ご注文はあなたの街の原水協へ。

静岡県実行委員会作成のチラシはこちら

【兵庫】「原爆の火」を永久保存する寺院で第47回被爆者援護・連帯餅つき大会に延べ約150人が参加

兵庫県原水協は12月23日、日蓮宗の寺院で「原爆の火」を永久保存する妙法華院で第47回被爆者援護・連帯餅つき大会をおこないました。神戸市内の各区地域原水協、神戸宗教者平和協議会の共催。

150kgの餅米を2臼でつきあげ、各区の原水協が手分けして約160人の被爆者宅を訪れてお届けします。朝から延べ約150人が入れ代わり立ち代わり駆けつけてつきあげ、でき上がった餅を早々に届けに行く地域もあります。各区の新日本婦人の会はお餅に膝掛けや手作りの袋などを添えて届けます。

大会には被爆者も駆けつけ、子どもたちと一緒に餅丸めをしながら被爆の様子や苦労話などを語りかけたり交流しました。

神戸市被爆者の会の立川会長に兵庫県各地の6・9行動などで集められた被爆者募金からお見舞い金15万円をお渡ししました。引き続き、県内の被爆者の会にお見舞い金をお届けします。

(兵庫県原水協事務局長・梶本修史)

【静岡】9/23(金)久保山愛吉追悼 焼津行動

クリックするとPDFファイルが開きます。

【山形・鶴岡市】9/14(水)18:30〜@民商会館1階 原水爆禁止世界大会報告会&芋煮を食べて考える「平和でナイト!」

クリックするとPDFファイルが開きます。

 

【岡山】被爆者の訴える国際署名にご協力を 4月度82回目の6・9行動

160407_岡山県原水協通信No.368

クリックするとPDFファイルが開きます