カテゴリー

アーカイブ

【広島】平和文化センター・小溝理事長も参加して「ヒバクシャ国際署名」

広島の2つの被団協をはじめ、広島市被爆協(会長・広島市長)、朝鮮人被爆者協議会など6つの被爆者団体で構成する広島県被爆者団体連絡会議(吉岡幸雄事務局長)は3月21日昼、平和公園入口の元安橋で「ヒバクシャ国際署名」行動をおこないました。

この行動には広島市平和文化センターの小溝理事長も参加し、自らマイクを握って「核保有国や『核の傘』の下にある国々に核兵器廃絶の声を届けよう」と訴えました。30人が参加し、30分でおよそ300人分の署名が寄せられました。

両被団協の佐久間邦彦理事長と箕牧智之副理事長もそれぞれ、核兵器禁止条約交渉会議が開催されることにふれながら、世論の力で核兵器廃絶を達成しよう、などと訴えました。

外国人観光客や親子連れ、高校生などのグループが快く署名に応じていました。

在広のテレビ5局・新聞4社が取材しました。

(広島県原水協事務局長・古田文和)

var addthis_config = {“data_track_clickback”:true,”ui_atversion”:300,”ignore_server_config”:true}; var addthis_share = {}; var addthis_product = “wpp-5.3.5”; var wp_product_version = “wpp-5.3.5”; var wp_blog_version = “4.7.3”; var addthis_plugin_info = {“info_status”:”enabled”,”cms_name”:”WordPress”,”plugin_name”:”Share Buttons by AddThis”,”plugin_version”:”5.3.5″,”anonymous_profile_id”:”wp-51ea01d77790b968d6da58d656d12598″,”plugin_mode”:”WordPress”,”select_prefs”:{“addthis_per_post_enabled”:true,”addthis_above_enabled”:true,”addthis_below_enabled”:true,”addthis_sidebar_enabled”:false,”addthis_mobile_toolbar_enabled”:false,”addthis_above_showon_home”:true,”addthis_below_showon_home”:true,”addthis_above_showon_pages”:true,”addthis_below_showon_pages”:true,”addthis_above_showon_categories”:true,”addthis_below_showon_categories”:true,”addthis_above_showon_archives”:true,”addthis_below_showon_archives”:true,”addthis_above_showon_posts”:true,”addthis_above_showon_excerpts”:true,”addthis_below_showon_posts”:true,”addthis_below_showon_excerpts”:true,”addthis_sidebar_showon_home”:true,”addthis_sidebar_showon_posts”:true,”addthis_sidebar_showon_pages”:true,”addthis_sidebar_showon_archives”:true,”addthis_sidebar_showon_categories”:true,”addthis_mobile_toolbar_showon_home”:true,”addthis_mobile_toolbar_showon_posts”:true,”addthis_mobile_toolbar_showon_pages”:true,”addthis_mobile_toolbar_showon_archives”:true,”addthis_mobile_toolbar_showon_categories”:true,”sharing_enabled_on_post_via_metabox”:true},”page_info”:{“template”:”categories”,”post_type”:””}}; if (typeof(addthis_config) == “undefined”) { var addthis_config = {“data_track_clickback”:true,”ui_atversion”:300,”ignore_server_config”:true}; } if (typeof(addthis_share) == “undefined”) { var addthis_share = {};
}
if (typeof(addthis_layers) == “undefined”) {
var addthis_layers = {};
}

(function() {
var at_interval = setInterval(function () {
if(window.addthis) {
clearInterval(at_interval);
addthis.layers(addthis_layers);
}
},1000)
}());

「ヒバクシャ国際署名」著名人顔ポスター完成!

ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名(「ヒバクシャ国際署名」)連絡会が著名人の顔写真入りポスターを作成しました。

ポスターには、瀬戸内寂聴さん(僧侶、作家)、田上富久さん(長崎市長)、高畑勲さん(アニメーション映画監督)、谷口稜曄さん(長崎被爆者、日本原水爆被害者団体協議会代表委員)、坪井直さん(広島被爆者、日本原水爆被害者団体協議会代表委員)、益川敏英さん(名古屋大学特別教授)、松井一實さん(広島市長)、Metisさん(アーティスト、被爆3世)、湯川れい子さん(音楽評論家、作詞家)=五十音順=9氏の顔写真が掲載され、「あなたの署名を国連へ」と呼びかけています。街頭での署名行動などにご活用ください。

1枚 頒価100円

※送料実費負担でお願いします。

注文書はこちら

青森県のヒバクシャからの訴え!「私の使命は、原爆で亡くなった14万人の人々のために核廃絶を実現させること」

青森県原爆被害者の会の田中会長

「私の使命は、原爆で亡くなった14万人の人々のために核廃絶を実現させること」

青森県原爆被害者の会会長の田中正司さんは、次のように話されています。

世界が核兵器廃絶へ向かう流れの中、核兵器禁止条約の交渉開始を求める国連総会の決議に日本政府が反対したことには、怒りしかありません。被爆者の願いは、『ヒバクシャ国際署名』を成功させ、生きているうちに核兵器を一気になくすことです。政治家を動かす運動をしなければいけません。

私はもう90歳。高齢化した被爆者に残された時間は長くありませんが、私たちはあきらめません。原爆で亡くなった人のために、自分が動かなきゃいけないと決意しています。

街頭署名に取り組みました!

去る12月12日、青森市さくら野デパート前で、連絡会としては初めての、「ヒバクシャ国際署名」の街頭署名行動を実施しました。当日は17人が参加し、56人分の署名をいただきました。次回は、2月15日です。ご参加をお待ちしております。

★毎月15日の13~14時新町さくら野デパート前で署名活動!是非ご参加下さい★

青森県連絡会とは…

青森県連絡会は、「ヒバクシャ国際署名」をすすめるための青森県の連絡会です。

青森県原爆被害者の会、青森県原水爆禁止の会、原水爆禁止青森県協議会、青森県生活協同組合連合会等15団体が加盟し、協力して次のことを進めたいと思っています。

「被爆者は、すみやかな核兵器廃絶を願い、核兵器を禁止し廃絶する条約を結ぶことを、すべての国に求めます」

◆そのために

○この願いへの賛同署名を県内で20万人分を目標に広げます。

○被爆の実相について学び伝えます。

○被爆者の心を受け継ぎ、平和を守ります。

◆お願い

○この趣旨に賛同できる団体・個人の連絡会加入をお願いします。

○署名用紙の取り扱いが可能な方、県生協連事務局にご連絡下さい。

(ヒバクシャ国際署名をすすめる青森県連絡会ニュースNo.1より)

【東京】八王子原水協が「ヒバクシャ国際署名」を持って40団体超に要請 800枚の署名用紙を預かってもらう

八王子原水協は2月まで、被爆者団体や原水協と関係のない団体に「ヒバクシャ国際署名」の要請をおこない、合計で800枚の署名用紙を預かってもらいました。これから八王子の被爆者団体の869会の役員の方と相談する機会をもち署名運動の相談をおこないます。

八王子平和展では、いくつかの団体とお互いに実行委員会に参加しているので、被爆の実相をひろげるなど協力ができると思います。

八王子市が郷土資料館を移転する計画があるので、現在ある八王子平和資料館の展示品を常設できる施設にするよう働きかけていきます。

年末見舞金を869会の皆さんと2回にわけて10人の被爆者に届けました。被爆体験や後遺症との病苦の生活を聞くにつけ、3月開始の核兵器禁止条約の交渉と「ヒバクシャ国際署名」についてもっと語ることが被爆者の生きる希望や励みにつながると強く思いました。

2月13日の被爆者と原水協の交流会のスライドで東友会の皆さんが6・9行動や平和行進など先頭に立ってこられた姿が伝わり、思わず涙しました。今後の運動に一層力強く進む力が与えられました。

2月6日、三崎町公園で、6・9行動。参加者11人、署名33人分。カンパ千円。寒い中45分の予定を1時間、街頭に立ちました。その他入会団体から66人分がありました。八王子原水協の5月総会にむけて呼びかけや会則の見直しを検討しています。4月9日の6・9行動後、花見の交流もおこないます。

(東京原水協運動交流ニュースNo.735より)

【全教】本部役職員が四ツ谷駅頭で6・9行動 日本が核兵器禁止条約の交渉開始を求める決議に反対したことを聞いた若者たちが驚く場面も

全教は2月6日、本部の役職員で四ツ谷駅前街頭宣伝をおこない、「ヒバクシャ国際署名」を訴えました。これは1945年8月6日、9日の原爆投下を忘れないと毎月おこなわれている「6・9行動」に合わせておこなわれたものです。

ランチタイムで行き来する人たちに向けて、ハンドマイクで被爆者の思いや「ヒバクシャ国際署名」の意義、核兵器をめぐる情勢などをできるだけわかりやすい言葉で訴えました。

わずか30分間の行動でしたが、41人分の署名が集まりました。話を聞いた若者たちが、日本が核兵器禁止条約の交渉開始を求める決議に反対したことに驚いていました。

平均年齢80歳を超える被爆者の「ふたたび被爆者をつくらない」「生きているうちに核兵器の廃絶を」の思いをしっかり受け止め、これからも継続してとりくんでいきます。

【広島】県原水協と同被団協が定例の「6・9行動」 毎週土曜日に元安橋での署名行動はじめ県内各地で署名を強化

広島県原水協と同被団協は2月6日、定例の「6・9行動」をおこないました。雨が上がり、冷たい風が吹く天候になりましたが、19人が参加し、59人分が寄せられました。

原水協の高橋代表理事と被団協の大越事務局長がマイクを握り、いよいよ3月に核兵器禁止条約の1回目の交渉会議が始まることになり、いま全国で被爆者が訴える「ヒバクシャ国際署名」にとりくみ、市民の核兵器廃絶の声を国連に届けるために頑張っていると署名への協力を訴えました。

県原水協では、毎週土曜日に元安橋での署名にとりくむのをはじめ、県内各地で署名を強化することにしています。

(広島県原水協事務局長・古田文和)

【埼玉】3月22日に「ヒバクシャ国際署名」埼玉連絡会の結成へ

原水爆禁止2016年世界大会への米NGO・中東大学プロジェクト「夾竹桃イニシアチブ」参加者らがモロッコのカサブランカで講師養成ワークショップを開催し教師50人超が出席

原水爆禁止2016年世界大会・開会総会(8月4日・広島)で「夾竹桃イニシアチブ」についてスピーチしたアメリカのNGO・中東大学プロジェクト(中東地域の先生たちと一緒に、革新的な教育の方法や、異文化交流を進めるプロジェクト)のレイ・マツミヤ事務局長から、世界大会に参加した教師たちの帰国後の実践についての報告が送られてきています。以下、紹介します。(翻訳:日本原水協国際部)

原爆の子の像の前に立つレイラさんとサミアさん(2016年8月、広島市、平和記念公園)

チュニジアのレイラさんとモロッコのサミアさんは、2016年8月、日本の広島で行われた夾竹桃イニシアチブに参加しました。

広島で、サミアさんとレイラさんは「広島の教訓」を生徒たちに伝えることを目的とした教育プロジェクトを作成しました。

「広島の教訓」を生徒たちに伝えることを目的とした教育プロジェクトを作成

チュニジアのチュニスに戻ったレイラさんは、教室で折り鶴プロジェクトを実施。

教室で折り鶴プロジェクトを実施(チュニジア、チュニス)

レイラさんの生徒たちは、原爆が広島と長崎の人々に及ぼした影響と、紛争解決と平和教育の基本原則を学びました。

原爆が広島と長崎の人々に及ぼした影響と、紛争解決と平和教育の基本原則

レイラさんの教案は、生徒をサダコと千羽鶴に関連した美術活動に参加させる内容でもありました。

レイラさんの生徒が作成した広島と軍縮をテーマとした作品

モロッコのカサブランカでは、サミアさんが「平和は私から始まる」教育プロジェクトを実施しました。

「平和は私から始まる」教育プロジェクトを実施するサミアさん(モロッコ、カサブランカ)

サミアさんの活動は、生徒たちに、まず自分自身の中で、そして個々の生活の中、そして地域社会の中で、最終的には世界中で、平和を目に見える形で表現することを求めるものでした。

折り紙でつくった風車に平和の概念を書き込んだもので教室を飾るサミアさんの生徒たち

サミアさんの生徒たちは、折り紙でつくった風車に平和の概念を書き込んだもので教室を飾りました。夾竹桃プロジェクトに触発されたサミアさんの教育活動は、平和は自分自身から始めるもので、その後世界に広がる可能性があることを生徒が理解するのに役立ちました。

モロッコ教育省

生徒たちからの圧倒的に肯定的なフィードバックに基づいて、サミアさんはモロッコ教育省に対して、夾竹桃イニシアチブからインスピレーションを得た教育プロジェクトをモロッコの他の教師と共有する提案を行いました。まもなく、カサブランカ学術研修センターの許可が出て、ワークショップのための大きな会議スペースが提供されました。広島の教訓と平和、紛争解決、軍縮教育を組み合わせたユニークな内容のこのワークショップには、カサブランカ地域全体から54人の教師が集まりました。

広島の教訓と平和、紛争解決、軍縮教育を組み合わせたワークショップ

このワークショップの開会あいさつを行ったのは、カサブランカ・セタットアカデミーの英語地域コーディネーター、モハメド・ハムマニ氏、文学部・人間科学部副学長のアブデルマジド・ブザンネ氏、 中東大学プロジェクトのレイ・マツミヤ事務局長でした。

モハメド・ハムマニ氏

左からアブデルマジド・ブザンネ氏、レイ・マツミヤ氏

サミアさんとレイラさんも、それぞれが行ったトレーニングセッションについて報告しました。

左からサミアさん、レイラさん

カサブランカアカデミーの研修センターには50人を超える教師が集まりました。

50人を超える教師が参加

レイラさんとサミアさんは、実際的で、教室で生徒たちが取り組むのに容易な活動を教師が提供することの重要さを強調しました。

報告するレイラさんとサミアさん

このワークショップでは、佐々木禎子さんと千羽鶴の物語に基づいた活動にまず取り組みました。

佐々木貞子さんと千羽鶴の物語に基づいた活動

この活動の中で、生徒たちはまず少人数のグループをつくり、これらの写真をつなげばどんな物語になるかを推測します。

その後、生徒たちは、段落ごとに切断され、順番を乱した短いストーリーの短冊を受け取ります。

段落ごとに切断され、順番を乱した短いストーリーの短冊

これらを順序立てて再構成すると、以下の「サダコと千羽鶴」の物語が出来上がりました。

禎子と友人たち:平和の祈り

日本の広島の三篠橋付近にある自宅に原爆が投下されたとき、佐々木禎子はわずか2歳でした。禎子は窓から外に吹き飛ばされ、母親は死んだかもしれないと思いながら飛び出して彼女を探しましたが、娘は生きていました。禎子と両親、弟は安全なところに避難できましたが、多くの人々が殺されました。一瞬のうちに広島市のほぼ全体が破壊されたのです。

[…]

【青森】「ヒバクシャ国際署名」をすすめる青森県連絡会 事務局会議で2017年の年間計画を討議

1月16日、コープあおもり会議室で、第2回「ヒバクシャ国際署名」をすすめる青森県連絡会事務局会議が開かれました。原爆被害者の会から田中正司会長、辻村事務局員、県生協連の鎌田敦子事務局長、原水禁の泉事務局長、原水協の猪股事務局長が集まり、原爆被害者の会の田中会長のあいさつの後、昨年12月からの各団体のとりくみを交流し、今年度の活動計画などを討議しました。

自治体へのアプローチ:1月~2月に県知事、市長訪問

1~2月は県知事、平和首長会議加盟自治体への働きかけを行うことになりました。討議の中で、昨年、県内の平和首長会議加盟自治体が大きく増えたことがわかりました。40市町村中、33市町村が現在、加盟しています。(主にコープあおもりの働きかけ)

今年が勝負・勢いが大事!署名到達10万筆を目標に

今年の3月と6月~7月には、国連で、核兵器禁止条約について交渉する会議が開催されます。事務局会議では,この国連の会議を節に、国際署名の大きな広がりをつくりだす事が重要。今年中に署名を集中して集めようと、2017年の署名到達目標を10万筆と意思統一しました。各団体は集まった署名を月末迄に集計し、事務局団体に報告します。

毎月15日に連絡会としての街宣行動をおこなう

6・9行動とは別に、連絡会としての共同街宣行動を毎月15日に行うことに決めました。2月15日から開始します。午後1時から青森市新町・さくら野前です。

7/15(土)に連絡会会合と学習会を予定 今年の大きな催しとして、7月15日(土)に学習会を企画しました。詳しくは次回会議で。 (1/16付青森県原水協FAXニュースより)

2017年 核兵器禁止条約実現の歴史的チャンス!元旦・新年から全国で行動

広島、長崎の原爆投下から71年。第71回国連総会は、2017年に核兵器を禁止し、廃絶する条約の交渉会議を開催することを多数の加盟国の賛成で採択しました。会議は、3月27日―31日および6月15日―7月7日の2回に分けてニューヨークでおこなわれます。

日本政府は、アメリカ政府と足並みを揃え、決議に反対票を投じました。

しかし、核兵器を禁止・廃絶することは、第1回国連総会が第1号決議で一致して決めた国際政治の基本目標です。核保有国はもちろん、すべての加盟国には、そのために誠実に努力する責任があります。ましてや日本は、人類の歴史の中で唯一、核兵器が実際に使われた、いまなお十余万の被爆者が、心と体の傷に苦しむ国です。日本政府には、核兵器の非人道的な被害を訴え、国民の願いに応えてその努力の先頭に立つ責任があります。

全国の原水協は、核兵器禁止条約の実現を願う声と行動を元旦から響かせます。現時点で寄せられている行動計画をお知らせします。みなさんのご参加をお待ちしています。問い合わせはあなたの街の原水協へ。

【日本原水協】 新年6・9行動 1月6日(金)11:30〜12:30 浅草雷門前 *核兵器廃絶国際署名東京連絡会との共催 【北海道】 新年6・9行動 1月6日(金)12:15〜12:45 JR札幌駅南口広場 *主催:北海道原水協 【青森】 新年6・9行動 1月6日(金) 青森市新町 *主催:青森県原水協 新年6・9行動 1月6日(金) 八戸市 *主催:八戸原水協 新年6・9行動 1月6日(金)弘前市・中三デパート前 *主催:弘前市原水協 新年6・9行動 1月6日(金)十和田市・現代美術館前 *主催:十和田市原水協 【岩手】 新年6・9行動 1月6日(金)12:15〜12:45 盛岡市大通り野村証券前 *主催:岩手県原水協、被団協共催 成人式行動 1月8日(日) 北上市さくらホール *主催:北上・和賀地区原水協 【福島】 新春6・9行動 1月16日(月) 12:15〜12:45 JR福島駅前 *主催:福島県原水協、福島地区原水協 【茨城】 新春行動 1月9日(月祝)12:00〜13:00 水戸駅南口ペデストリアン・デッキ *主催:茨城県原水協 【群馬】 新年6・9行動 1月6日(金)15:00〜16:00 コープ宮古店前 *主催:伊勢崎市平和委員会 […]

【北海道】新春6・9行動が札幌の表玄関JR札幌駅の南口と北口をジャック

JR札幌駅南北口をジャック

1月6日爽やかな青空の下12時15分から、北海道原水協はJR札幌駅の南口広場で、新婦人北海道本部は北口広場で新春行動をおこないました。

南口では札幌被爆者の会会長の廣田凱則さんがマイクで訴えました。北海道民青委員長の伊藤ナシカさんや原水協代表理事の黒澤幸一さんらが次々とマイクをもち、2017年を核兵器のない世界実現のためにと訴えました。畠山和也日本共産党衆議院議員も署名板を持ち署名の協力を道行く市民によびかけました。厳寒にもかかわらず北海道被爆者協会からも多くの方が参加し、参加者23名、署名が20名から寄せられました。

マイクで訴える札幌被爆者の会の廣田会長

北口でおこなった新婦人北海道本部の宣伝には、旭川、苫小牧、岩見沢、小樽などから常任委員が20人近く参加し、華やかな行動となりました。「ヒバクシャ国際署名」(14名)と憲法署名をよびかけました。

(北海道原水協事務局長・嶋田千津子)

【神奈川】核兵器禁止条約へ ダッシュ!!「ヒバクシャ国際署名」を大きく広げよう

クリックするとPDFファイルが開きます。

【岡山】新春の6・9行動 被爆2・3世の会と共同で

クリックするとPDFファイルが開きます。

【長崎】平和公園で今年初めての「ヒバクシャ国際署名」行動 「迷いなく核兵器廃絶だと思います」と駆け寄り署名

長崎県原水協は1月2日、平和公園で今年初めての「ヒバクシャ国際署名」行動をおこないした。

各団体から26人が集まって観光客や公園を訪れた人たちに署名を呼びかけ、みなさん次々と応じていました。

駆け寄って署名をした男性は「迷いなく核兵器廃絶だと思います」と言われていました。海外からの観光客や子どもたちもたくさん署名をして1時間で194人分の署名が集まりました。

(前川美穂)

【熊本】新春6・9行動に被爆者3人参加 理事長が着物姿で「ヒバクシャ国際署名」を訴える

熊本県原水協は1月6日、熊本市下通商店街のパルコ前で新春6・9行動をおこないました。

新婦人・年金者組合・建交労・共産党・熊医労・民医連など被爆者3人を含む7団体23人が参加し、畠田理事長が「今年3月から核兵器禁止条約の交渉をおこなう会議が開催されます。成功させるために、『ヒバクシャ国際署名』にご協力下さい」と着物姿で訴えました。

30分間の取り組みで222筆の署名が寄せられました。

(熊本県原水協事務局長・笹原和典)