カテゴリー

アーカイブ

【平和行進】2017年原水爆禁止国民平和大行進情報

実施要綱

全国地図

全国通し行進者プロフィール・決意

スポット(案)

ピースコール(案)

国際青年リレー行進協力のお願い

国際青年リレー募金チラシ

平和行進チラシ

東京-神奈川行進コース(5/6-5/7)チラシ

グッズ

ニュース 4/17 4/18 4/19

 

 

var addthis_config = {“data_track_clickback”:true,”ui_atversion”:300,”ignore_server_config”:true}; var addthis_share = {}; var addthis_product = “wpp-5.3.5”; var wp_product_version = “wpp-5.3.5”; var wp_blog_version = “4.7.4”; var addthis_plugin_info = {“info_status”:”enabled”,”cms_name”:”WordPress”,”plugin_name”:”Share Buttons by AddThis”,”plugin_version”:”5.3.5″,”anonymous_profile_id”:”wp-51ea01d77790b968d6da58d656d12598″,”plugin_mode”:”WordPress”,”select_prefs”:{“addthis_per_post_enabled”:true,”addthis_above_enabled”:true,”addthis_below_enabled”:true,”addthis_sidebar_enabled”:false,”addthis_mobile_toolbar_enabled”:false,”addthis_above_showon_home”:true,”addthis_below_showon_home”:true,”addthis_above_showon_pages”:true,”addthis_below_showon_pages”:true,”addthis_above_showon_categories”:true,”addthis_below_showon_categories”:true,”addthis_above_showon_archives”:true,”addthis_below_showon_archives”:true,”addthis_above_showon_posts”:true,”addthis_above_showon_excerpts”:true,”addthis_below_showon_posts”:true,”addthis_below_showon_excerpts”:true,”addthis_sidebar_showon_home”:true,”addthis_sidebar_showon_posts”:true,”addthis_sidebar_showon_pages”:true,”addthis_sidebar_showon_archives”:true,”addthis_sidebar_showon_categories”:true,”addthis_mobile_toolbar_showon_home”:true,”addthis_mobile_toolbar_showon_posts”:true,”addthis_mobile_toolbar_showon_pages”:true,”addthis_mobile_toolbar_showon_archives”:true,”addthis_mobile_toolbar_showon_categories”:true,”sharing_enabled_on_post_via_metabox”:true},”page_info”:{“template”:”categories”,”post_type”:””}}; if (typeof(addthis_config) == “undefined”) { var addthis_config = {“data_track_clickback”:true,”ui_atversion”:300,”ignore_server_config”:true}; } if (typeof(addthis_share) == “undefined”) {
var addthis_share = {};
}
if (typeof(addthis_layers) == “undefined”) {
var addthis_layers = {};
}

(function() {
var at_interval = setInterval(function () {
if(window.addthis) {
clearInterval(at_interval);
addthis.layers(addthis_layers);
}
},1000)
}());

【平和行進】米大学生が初の外国旅行で国際青年リレー行進にチャレンジ

2017年原水爆禁止国民平和大行進・東京→広島コースの夢の島出発集会(5月6日)から静岡引き継ぎ(同19日)まで神奈川県内全日程を歩く国際青年リレー行進者がケイラ・ウォーリーさんに決まりました。メッセージを紹介します。ぜひ一緒に歩いて交流してください。

【メッセージ】核兵器の被害を大きく受けた国への連帯を込めて、核兵器廃絶のために行進する機会をいただき、とてもわくわくしています。アメリカは現在最強の核保有国であるため、この平和行進にアメリカ人行進者が参加することもとても重要だと思っています。私の参加は、みなさんの核兵器廃絶を目指す努力に対して、アメリカ国民が支持していることを示すささやかなシンボルとなるでしょう。このような大きな目的への支持を示し、私よりもっと熱心に運動にとりくむ人々から学ぶことで、実際に変化を作り出すことができます。この問題についてもっともっと勉強し、日本の人々の視点から、そして他の国々の人の視点から考えられるようになりたいです。そうすることで日本文化への視点を得ることができ、それは将来日本を研究する時に役立つと思います。

【プロフィール】ケイラ・ウォーリーは、外国語、芸術、文化、人類学に興味を持つ米タフツ大学の1年生。最近、大学のピースアクションに加入し、さまざまな方法の平和のためのたたかいにもっと参加したいと考えている。初めての外国旅行となる日本を訪れ、平和と核兵器の問題で大きな影響を受けた国の人々のものの見方に触れることを楽しみにしている。

ケイラさんはクラウドファンディング「Trip to Japan for Peace March」で渡航費を集めています。募金にご協力をお願いします。

平和行進創始者西本敦さんの墓前で今年の行進成功を誓う

2017年原水爆禁止国民平和大行進・北海道→東京(内陸)コース通し行進者の五十嵐成臣さん、同富山→広島コース通し行進者の山口逸郎さん、横須賀市原水協の米山幸子さん、2015年原水爆禁止国民平和大行進ドキュメンタリーDVD「一歩でも二歩でも」監督の有原誠治さんは4月16日、群馬県伊勢崎市国定にある養寿寺に西本敦さんのお墓参りをおこないました。

養寿寺の少し手前からは、今年初めての平和行進を敢行。

1958年に広島から東京へ、たった一人で歩き始めた西本さんの墓前で今年の平和行進の成功を誓いました。

途中、2017年原水爆禁止国民平和大行進群馬県実行委員会にお邪魔し、あいさつをさせていただきました。

お墓参りの後の昼食会では、群馬県原水協の滝沢俊治代表理事、古沢孝一事務局長、丹羽政文事務局次長、そして飛び入り参加の上村早苗さんと一緒に和気あいあいと交流しました。

(中央実行委員会事務局・前川史郎)

[…]

2017年原水爆禁止国民平和大行進チラシ

表(クリックするとPDFファイルが開きます)

裏(クリックするとPDFファイルが開きます)

2017平和行進チラシ【確定】

2017年原水爆禁止国民平和大行進・東京→神奈川コース(5/6-7)チラシ

クリックするとPDFファイルが開きます。

【北海道】勤医協中央病院で昼休みの2017年3・1ビキニデー報告会に60人

北海道勤医労中央病院支部から3・1ビキニデー全国集会に参加した3人の報告会が3月30日、職場の昼休みにおこなわれました。

「教科書に載っていたり、話に聞いたことはあるけれどよくわからない」、「原水爆禁止世界大会に参加したり、第五福竜丸展示館に行ったことがあって興味があった」と参加した動機が最初に話され、3人で分担して報告されました。

「過去の出来事として終わらせてはいけない」、「被爆国として日本から声をあげることが大切」、「一人ひとりが自分のこととして多くの人に伝えたい」と報告を終わりました。

畠山友美さんは「日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)事務局長の田中煕巳さんが、『自分の目の黒いうちに核兵器廃絶の道筋を』」と訴えたのが心に痛かった、奥山千佳さんは「久保山愛吉さんの『私を最後の犠牲者に』の言葉が印象的だった」と報告の中で感想を話しました。

「世界大会-長崎にすごーく前に行った時に、原爆いらないと深く深く思った」と参加者から感想が出されました。最後に「今日のような学びをたくさんして、『ヒバクシャ国際署名』をしっかり集めよう」と行動提起がありました。

原水爆禁止2016年世界大会への米NGO・中東大学プロジェクト「夾竹桃イニシアチブ」参加者らがモロッコのカサブランカで講師養成ワークショップを開催し教師50人超が出席

原水爆禁止2016年世界大会・開会総会(8月4日・広島)で「夾竹桃イニシアチブ」についてスピーチしたアメリカのNGO・中東大学プロジェクト(中東地域の先生たちと一緒に、革新的な教育の方法や、異文化交流を進めるプロジェクト)のレイ・マツミヤ事務局長から、世界大会に参加した教師たちの帰国後の実践についての報告が送られてきています。以下、紹介します。(翻訳:日本原水協国際部)

原爆の子の像の前に立つレイラさんとサミアさん(2016年8月、広島市、平和記念公園)

チュニジアのレイラさんとモロッコのサミアさんは、2016年8月、日本の広島で行われた夾竹桃イニシアチブに参加しました。

広島で、サミアさんとレイラさんは「広島の教訓」を生徒たちに伝えることを目的とした教育プロジェクトを作成しました。

「広島の教訓」を生徒たちに伝えることを目的とした教育プロジェクトを作成

チュニジアのチュニスに戻ったレイラさんは、教室で折り鶴プロジェクトを実施。

教室で折り鶴プロジェクトを実施(チュニジア、チュニス)

レイラさんの生徒たちは、原爆が広島と長崎の人々に及ぼした影響と、紛争解決と平和教育の基本原則を学びました。

原爆が広島と長崎の人々に及ぼした影響と、紛争解決と平和教育の基本原則

レイラさんの教案は、生徒をサダコと千羽鶴に関連した美術活動に参加させる内容でもありました。

レイラさんの生徒が作成した広島と軍縮をテーマとした作品

モロッコのカサブランカでは、サミアさんが「平和は私から始まる」教育プロジェクトを実施しました。

「平和は私から始まる」教育プロジェクトを実施するサミアさん(モロッコ、カサブランカ)

サミアさんの活動は、生徒たちに、まず自分自身の中で、そして個々の生活の中、そして地域社会の中で、最終的には世界中で、平和を目に見える形で表現することを求めるものでした。

折り紙でつくった風車に平和の概念を書き込んだもので教室を飾るサミアさんの生徒たち

サミアさんの生徒たちは、折り紙でつくった風車に平和の概念を書き込んだもので教室を飾りました。夾竹桃プロジェクトに触発されたサミアさんの教育活動は、平和は自分自身から始めるもので、その後世界に広がる可能性があることを生徒が理解するのに役立ちました。

モロッコ教育省

生徒たちからの圧倒的に肯定的なフィードバックに基づいて、サミアさんはモロッコ教育省に対して、夾竹桃イニシアチブからインスピレーションを得た教育プロジェクトをモロッコの他の教師と共有する提案を行いました。まもなく、カサブランカ学術研修センターの許可が出て、ワークショップのための大きな会議スペースが提供されました。広島の教訓と平和、紛争解決、軍縮教育を組み合わせたユニークな内容のこのワークショップには、カサブランカ地域全体から54人の教師が集まりました。

広島の教訓と平和、紛争解決、軍縮教育を組み合わせたワークショップ

このワークショップの開会あいさつを行ったのは、カサブランカ・セタットアカデミーの英語地域コーディネーター、モハメド・ハムマニ氏、文学部・人間科学部副学長のアブデルマジド・ブザンネ氏、 中東大学プロジェクトのレイ・マツミヤ事務局長でした。

モハメド・ハムマニ氏

左からアブデルマジド・ブザンネ氏、レイ・マツミヤ氏

サミアさんとレイラさんも、それぞれが行ったトレーニングセッションについて報告しました。

左からサミアさん、レイラさん

カサブランカアカデミーの研修センターには50人を超える教師が集まりました。

50人を超える教師が参加

レイラさんとサミアさんは、実際的で、教室で生徒たちが取り組むのに容易な活動を教師が提供することの重要さを強調しました。

報告するレイラさんとサミアさん

このワークショップでは、佐々木禎子さんと千羽鶴の物語に基づいた活動にまず取り組みました。

佐々木貞子さんと千羽鶴の物語に基づいた活動

この活動の中で、生徒たちはまず少人数のグループをつくり、これらの写真をつなげばどんな物語になるかを推測します。

その後、生徒たちは、段落ごとに切断され、順番を乱した短いストーリーの短冊を受け取ります。

段落ごとに切断され、順番を乱した短いストーリーの短冊

これらを順序立てて再構成すると、以下の「サダコと千羽鶴」の物語が出来上がりました。

禎子と友人たち:平和の祈り

日本の広島の三篠橋付近にある自宅に原爆が投下されたとき、佐々木禎子はわずか2歳でした。禎子は窓から外に吹き飛ばされ、母親は死んだかもしれないと思いながら飛び出して彼女を探しましたが、娘は生きていました。禎子と両親、弟は安全なところに避難できましたが、多くの人々が殺されました。一瞬のうちに広島市のほぼ全体が破壊されたのです。

[…]

【神奈川】核兵器禁止条約へ ダッシュ!!「ヒバクシャ国際署名」を大きく広げよう

クリックするとPDFファイルが開きます。

【核兵器禁止条約実現の歴史的チャンス 草の根から核兵器全面禁止の行動を】2017年3・1ビキニデー学習パンフレット・ポスター完成!(2017年1月6日発行)

2017年3・1ビキニデーパンフレット表紙

2017年3・1ビキニデー学習パンフとポスターが完成しました。2017年1月6日(金)に納品・発送予定です。

核兵器禁止条約の交渉が始まろうとする2017年は、核保有国や日本をはじめ「核の傘」の下にある国々での声と行動を広げることがもとめられています。

2017年3・1ビキニデーは「ヒバクシャ国際署名」や原爆展をはじめ、核兵器全面禁止の行動の一大決起の場です。

ビキニデーの成功へ、学習と宣伝をひろげましょう。地域・職場・学園での学習パンフ、ポスターの活用をよろしくお願いします。

【2017年3・1ビキニデー学習パンフレット】 B5版(16ページ)オールカラー・頒価210円(送料別) 【2017年3・1ビキニデーポスター】 B3版オールカラー・頒価80円(送料別)

ご注文はあなたの街の原水協へ。

静岡県実行委員会作成のチラシはこちら

【長崎】『ヒバクシャ国際署名』をすすめる県民の会宣伝行動に田上富久長崎市長が初めて参加し街頭から核兵器廃絶国際署名を訴える

『ヒバクシャ国際署名』をすすめる長崎県民の会は12月26日16時~17時、長崎市浜の町、浜クロス前で「ヒバクシャ国際署名」の5回目の街頭宣伝を開催しました。

オープニングは園田鉄美さんが署名のために作ってくれた歌を、うたごえ協議会のメンバーが披露し、谷口稜曄、朝長万左男共同代表が挨拶しました。

長崎市の田上富久市長が初めて参加し、核兵器廃絶を訴えました。田上市長は「『核兵器禁止条約』が提案されてから20年。最初は小さなさざ波のような動きだったものが今や大きなうねりとなってきた。この力の根源は被爆者のみなさんです」と語り、長崎から平和を願う市民の思いを届けよう!と署名への協力を道行く人に訴えました。みんな通り過ぎようとして田上市長だと気づくとびっくり!して笑顔で署名に応じていました。

横瀬昭幸・長崎平和推進協会理事長、中島正徳・長崎県被爆者手帳友愛会会長、井原東洋一・長崎県被爆者手帳友の会会長が署名への協力を市民に呼びかけました。

街頭宣伝には被爆者、被爆二世、団体、個人の支援者で70人以上が参加しました。長崎市の中心街で平和の歌声と笑顔があふれました。1時間で署名402人分の署名が集まり、アーケードは熱気にあふれていました。

街頭宣伝の最後は朝長共同代表が「また署名をしましょう!!」と結びました。

(前川美穂)

[…]

【山形・鶴岡市】9/14(水)18:30〜@民商会館1階 原水爆禁止世界大会報告会&芋煮を食べて考える「平和でナイト!」

クリックするとPDFファイルが開きます。

 

原水爆禁止2016年世界大会後初の6・9行動各地で

160906_%e5%85%b5%e5%ba%ab1

9月6日、原水爆禁止2016年世界大会後初めての6・9行動が全国各地でおこなわれ、「ヒバクシャ国際署名」が呼びかけられました。

兵庫では、雨模様のなか9団体から11人が参加。新婦人の若手平和部長の垣本千里さん、平和委員会の大森幹雄事務局次長などがマイクで訴えました。掲示した原爆被害展示組写真に強い関心が寄せられ、「ヒバクシャ国際署名」が72、被爆者援護・連帯募金が1260円寄せられました。

岡山では、昼休みに岡山駅西口でおこない、新婦人から6人をはじめ5団体、12人が参加。「ヒバクシャ国際署名」は23人から寄せられました。

神奈川では、大船駅付近と鎌倉駅の地下道での行動に延べ15人が参加。「ヒバクシャ国際署名」は合計59人が賛同し、募金も2120円が寄せられました。

大阪では、正午から上六近鉄百貨店前でおこない、13人が参加しました。

山梨では、甲府駅前でおこない、山梨県労、新婦人、民医連などから19人が参加しました。

新潟では、お昼に市内でおこない、6人が参加。「ヒバクシャ国際署名」が18人から寄せられました。

三重では、津市でおこない7人が参加。「ヒバクシャ国際署名」が16人から寄せられました。

埼玉・上尾市では、夕方から上尾駅前でおこない、新婦人の会員を中心に10人が参加。「ヒバクシャ国際署名」は45人から賛同が寄せられました。

北海道では、被爆者協会と共催の予定があいにくの大雨で16日に延期することになりました。

【北海道】札幌市北区で原水爆禁止2016年世界大会報告会開かれる

160902_北海道北区報告会

原水爆禁止2016年世界大会北区報告会が9月2日、勤医協ポプラ会館で開かれました。

4人の代表(右写真)が、世界大会の様子、暑い広島で感じたことを映像を使いながら報告しました。

「日本だけでなく、世界中の人々が核兵器廃絶を強く願っていることがよくわかった」「開会総会のあと4人で協力して折鶴を平和公園の折鶴ブースに献納した。いっぱいの折鶴が納められていた」「被爆者の証言、訴えに心動かされた、被爆者には時間がない。いま本当に署名が大事」

報告会に出席した平野医師(北区ぽぷらクリニック)は「事実を知ること、伝えることが原点。被爆のことを話してくれる人がいるうちに核兵器をなくそう」。西口利恵子さん(勤医協友の会)は「みんなの平和への深い思いを託した折鶴、もっともっと多くてもいいのかなと。また1年間平和の思いをこめてとりくみます」と発言しました。

最後に事務局から、9月からの6・9行動を大会代表者を先頭に、報告会をそれぞれの地域や職場で開いてくださいと行動提起がありました。

【フォトアルバム】原水爆禁止2016年世界大会-広島・閉会総会<ヒロシマデー集会>

うたごえ

原水爆禁止2016年世界大会・閉会総会<ヒロシマデー集会>が8月6日、広島県立総合体育館・グリーンアリーナでおこなわれました。発言者を写真で紹介します。

発言の内容は、「原水爆禁止2016年世界大会の記録」(9月初旬発行)に掲載されます。

よろしくお願いいたします。

オープニング

日本のうたごえのみなさん

連帯あいさつ

全国地域婦人団体連絡協議会の柿沼トミ子会長

大阪府高石市長の阪口伸六さん

国連・政府代表あいさつ

国連軍縮問題担当上級代表のキム・ウォンスさん

メキシコ外務副大臣のミゲール・ルイスカバーニャス・イスキエルドさん

駐日ベネズエラ大使のセイコウ・ルイス・イシカワ・コバヤシさん

特別企画「被爆71年、被爆者の願い」

広島被爆者の松本秀子さん

韓国原爆被害者協会のク・ジョンソン副会長

マーシャル諸島、ロンゲラップ島民代表のアバッカ・アンジャイン・マディソンさん

文化企画「被爆71年、被爆地ヒロシマから」

松本秀子&呉うたごえたんぽぽ&広島合唱団&全国うたごえ代表団による「青い空は」(井上仰子編曲)演奏

佐々木禎子さんの甥で被爆2世の佐々木祐滋さんとレゲエ歌手で被爆3世のMetisのコラボコンサート

核兵器全面禁止へ 国内外の発言

緑の政策研究所/リトアニア緑の党のゲディミナス・リムデイカさん

オランダ・パックスのセルマ・ファン・オーストヴァードさん

国際平和ビューロー(IPB)のジョルディ・カルヴォ・ルファンヘスさん

イギリス核軍縮キャンペーン(CND)のキャロル・ターナーさん

アメリカフレンズ奉仕委員会のジョゼフ・ガーソンさん

<日本の草の根運動の決意>

福島県原水協代表団の三崎かおるさん

新日本婦人の会北海道札幌南支部の椙木晃子さん

新日本婦人の会京都府本部の仁賀里美さん

東京学生ツアーの松浦峻太さん

文書提案・採択

原水爆禁止2016年世界大会-広島決議「広島からのよびかけ」

行動提起 […]

【フォトアルバム】原水爆禁止2016年世界大会-広島・開会総会

開幕演奏を務める日本のうたごえのみなさん

原水爆禁止2016年世界大会・開会総会が8月4日、広島県立総合体育館・グリーンアリーナでおこなわれました。発言者を写真で紹介します。

発言の内容は、「原水爆禁止2016年世界大会の記録」(9月初旬発行)に掲載されます。

よろしくお願いいたします。

開幕演奏を務める日本のうたごえのみなさん

開会宣言

全国労働組合総連合(全労連)の小田川義和議長

海外代表の紹介

主催者報告

国際会議宣言起草委員長の冨田宏治さん

広島市長あいさつ

広島市 市民局長の谷本睦志さん

来賓あいさつ

日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)の岩佐幹三代表委員

市民連合・ママの会の長尾詩子弁護士

国連関係者あいさつ

元国連軍縮問題担当上級代表のセルジオ・ドゥアルテさん

ヒロシマから世界へ 被爆地からの訴え

被爆者7団体から4団体の代表のみなさん

広島県原爆被害者団体協議会理事長の佐久間邦彦さん

広島県原爆被害者団体協議会理事長代理の前田耕一郎さん

韓国原爆被害者対策特別委員会副委員長の権俊五(クォン・ジュノ)さん

広島県朝鮮人被爆者協議会理事長の金鎮湖(キム・ヂノ)さん

ベトナム代表から日本被団協代表へ「ヒバクシャ国際署名」目録手渡しのセレモニー

ベトナム平和委員会のブイ・リエン・フオン事務局長

ブイ・リエン・フオンさんから署名を受け取る日本被団協の岩佐代表委員(中央)と広島県被団協の佐久間理事長

核兵器のない平和で公正な世界のために-国内外のたたかい

中東大学プロジェクト「夾竹桃イニシアチブ」のレイ・マツミヤさん

韓国・参与連帯のパク・チョンウンさん

米国・ピースアクションのポール・マーチンさん

リレートーク“非核平和、憲法9条輝く日本へ―草の根から共同ひろげオールジャパンに”

司会を務めた全国労働組合総連合(全労連)の長尾ゆり副議長

沖縄県会議員の瀬長美佐雄さん

[…]