カテゴリー

アーカイブ

【静岡】8月の原水爆禁止2018年世界大会にむけて踏み出そう! 日本原水協全国集会・3・1ビキニデー集会にご参加ください

【カラー】2018年ビキニデー魅力チラシ【確定】

【モノクロ】2018年ビキニデー魅力チラシ【確定】

【神奈川】米原子力潜水艦ミシシッピの米海軍横須賀基地入港(通算960回目)に抗議

原子力潜水艦ミシシッピ

2月12日、米原子力潜水艦ミシシッピが米海軍横須賀基地に入港しました。

トランプ政権の「核態勢見直し(NPR))」発表後、最初の原潜入港です。

核持ち込みの可能性が強まる今後を考えれば、抗議行動も新たな気持ちでおこないたいと思います。

○日  時  2018年2月15日(木) 午後1時30分 ○集合場所  米海軍横須賀基地ゲート前 ○行動内容  抗議の要請文を手交

なお、横須賀基地の行動に参加できない方は、下記に、抗議文のファックス抗議をお願いします。

*アメリカ大使館政治部   03-3224-5290 *米海軍横須賀基地広報部  046-816-3340

急な連絡ですが、よろしくお願いします。

【問合先】

原水爆禁止神奈川県協議会

事務局長 笠木  隆

住所  〒231-0064

神奈川県横浜市中区野毛町2-61 大澤屋ビル4A

TEL 045(231)6284 FAX 045(261)6577

E-mail kana-gensuikyo★gol.com  *★を@に変えてください。

【広島】この冬一番の寒波到来にも負けずに6・9行動

広島県原水協は2月6日、6・9行動をおこないました。

この冬一番の寒波到来の中、11時頃から行動開始直前まで大粒の雪が降り、いつもより人通りも少なく、どうなることかと思いましたが、14人が参加し、「ヒバクシャ国際署名」41人分とカンパ1,000円が寄せられました。

「生協ひろしま」で碑めぐりガイドをしている女性が通りがかり、快く署名に協力してくださいました。大平喜信前衆議院議員も参加し、ハンドマイクで、米政府が発表した核態勢見直し(NPR)と、それを無条件に賛美する安倍政権をきびしく批判しました。

(広島県原水協事務局長・古田文和)

【日本原水協】第90回全国理事会の総意で米国・核態勢見直し(NPR)への抗議文を日米両政府に送付

2月3、4両日、東京都内で開催された日本原水協第90回全国理事会は、3日に米トランプ政権が発表した「核態勢見直し(NPR)」と、それを「高く評価する」と歓迎した日本政府へ満身の怒りを込めた抗議文を総意で提出することを確認。6日、日米政府に送付しました。

日本政府 アメリカ政府

抗議文を送られる際は、以下の要領でお願いします。

【首相官邸】 FAX:03-3581-3883 郵送先:〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

【米国大統領】 駐日アメリカ大使館政治部へFAXしてください。 03-3224-5290

【神奈川】今年最初の米原子力潜水艦の米海軍横須賀基地入港(通算958回目)に抗議

今年最初の米原子力潜水艦ミシシッピが1月22日、米海軍横須賀基地に入港しました。

原潜の横須賀入港は今年1回目、原子力艦船の入港回数は通算958回目となります。

神奈川県原水協は原子力空母の母港化を阻止する三浦半島連絡会などと連名で抗議の要請文を出し、下記の通り、抗議行動をおこないます。

ぜひ、ご参加ください。

○日  時  2018年1月24日(水) 午後3時 ○集合場所  米海軍横須賀基地ゲート前 ○行動内容  抗議の要請文を手交

急な連絡ですが、よろしくお願いします。

なお、横須賀基地の行動に参加できない方は、下記に、抗議文のファックス抗議をお願いします。

*アメリカ大使館政治部   03-3224-5290 *米海軍横須賀基地広報部  046-816-3340

【問合先】

原水爆禁止神奈川県協議会

事務局長 笠木  隆

住所  〒231-0064

神奈川県横浜市中区野毛町2-61 大澤屋ビル4A

TEL 045(231)6284 FAX 045(261)6577

E-mail kana-gensuikyo★gol.com ★を@に変えてください。

【神奈川】核兵器禁止条約を力に、核兵器のない世界、非核平和の日本の実現を 2018年3・1ビキニデーに参加しよう

▲クリックするとPDFファイルが開きます

【青森】県内4カ所で新年最初の6・9行動 県連絡会も県民生協店舗で宣伝

▲クリックするとPDFファイルが開きます

【群馬】禁止条約とノーベル平和賞で安心して署名 県内10カ所で新春ヒバクシャ国際署名

▲クリックするとPDFファイルが開きます

【広島】県原水協と被団協がICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)ノーベル平和賞授賞式参加報告会ひらく

左から、佐久間理事長、植木広大名誉教授、開会挨拶する県被団協・吉岡副理事長

広島県原水協と同被団協は1月13日、原爆資料館会議室で、ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)ノーベル平和賞授賞式の報告会を開きました。

報告した県被団協の佐久間邦彦理事長は、核兵器禁止条約の発効を訴えるパレードや受賞を祝うコンサートに参加し、「条約を発効させるために、被爆者の核兵器廃絶の訴えが力になる」などと報告。また、植木研介さん(被爆者・広島大学名誉教授・原爆遺跡保存懇世話人)は、「受賞演説したサーロー節子さんは、はらわたにしみる雄弁な演説だった」などと感想を述べました。

急な取り組みにもかかわらず、会場いっぱいの55人が参加し、テレビ4局、新聞5紙が取材しました。

(広島県原水協事務局長・古田文和)

【鹿児島】2018年新春6・9行動に11団体約30人の参加、署名も128

▲クリックするとPDFファイルが開きます

【石川】元旦署名と新春6・9行動で核兵器なくそうとアピール

石川県原水協は元日、金沢市の尾山神社前で元旦署名宣伝行動をおこないました。

「核兵器をなくしましょう」「あなたの署名を国連へ」などと書いたのぼりやポスターを持って初詣の参拝者にアピール。県原水協の内藤晴一郎事務局長や日本共産党の森尾嘉昭金沢市議らが交代でマイクを持ち、昨年7月に核兵器禁止条約が国連で採択され人類史上初めて核兵器が違法化されたことなどを述べ、「今年を核兵器のない世界実現へ、飛躍する年にしよう」「核兵器禁止条約に日本政府を参加させるためには、市民の声と行動が必要です」と訴えました。

栃木県から観光に来たと言う女性は「早く核兵器がなくなるといいですね」と述べ署名に応じました。毎年初詣に来ていると言う金沢市の女性は、「核兵器はなくさないとだめです。物騒でいかん。平和が一番」と署名しました。

1月9日には、金沢市のめいてつエムザ前で石川原水協と新日本婦人の会が新春「6・9行動」をおこないました。新婦人の片岡紀子さんがマイクを握り、署名を呼びかけました。

時どき冷たい風が吹き付ける中、バス待ちの人や通行人が署名に応じていました。

「何の署名ですか」と近寄って来た金沢市の女性は、「核兵器を早くなくさないといけませんよね。頑張ってください」と署名に応じました。買物帰りの金沢市の女性は、「物騒な核兵器はなくさないとだめ」と署名し、「寒いのにごくろうさま、風邪をひかないように」と、のど飴を差し入れして行きました。

【熊本】新春6・9行動 30分で「ヒバクシャ国際署名」208人分

▲クリックするとPDFファイルが開きます

【神奈川】さあ!核兵器禁止条約発効へ 日本も条約調印を 全県各地で元気に新春行動

▲クリックするとPDFファイルが開きます

【岩手】県被団協と県原水協が雨の中新春6・9行動 北上・和賀地区原水協は成人の日行動

岩手県原水協と同県被団協は1月9日、盛岡市大通で新春の「6・9行動」をしました。

県被団協の下村次弘事務局長、県原水協の金野耕治代表理事がマイクを握り、「ヒバクシャ国際署名」やシール投票への協力を訴えました。

両氏は核兵器禁止条約に日本政府を参加させるために市民の声と行動が大きな力になる、県内では約15万人から署名が寄せられているが、2020年の50万人目標に向けてさらに広げようと呼びかけました。

「サーロー節子さんのスピーチに感動しました。核兵器はなくさなければ」と署名をする女性や「核兵器禁止条約に反対する日本政府はおかしいですよね」と話しながら署名するなど変化を感じる新春行動でした。

ときならぬ雨模様でしたが、12団体、16人の参加で25人分の署名が集まりました。

北上・和賀地区原水協は成人の日行動

北上市さくらのデパート前で新春「6・9行動」をしました。成人の日だったこともあり、華やいだ雰囲気の宣伝署名行動でした。9人の参加で59人分の署名が寄せられました。

【北海道】「創価学会でもやっているから」と署名 新春6・9行動

朝から季節はずれの雨、何としても新春6・9行動やりたいの願いがかない、1月9日昼に札幌市中央区パルコ前で30人近くで賑やかに署名(ヒバクシャ国際署名と、安倍9条改憲NO!憲法3000万署名)宣伝行動をおこないました。

ヒバクシャ国際署名を進める北海道民の会よびかけ人の髙﨑暢弁護士は、「広島の被爆者から『あと何年語れるだろう、広島を』」と書いた年賀状が届いた、二度と被爆者をつくらないためにと署名の協力を訴えました。新日本婦人の会北海道本部会長の石岡信子さん、日本民主青年同盟北海道委員会副委員長の宮内史織さんが核兵器禁止条約に参加する政府をと、それぞれ訴えました。

信号待ちの女性が「焼き場の少年」のパネルを、これがそうなんですかと食い入るようにしばし見ていました。熱心な呼びかけにこたえて青年が「創価学会でもやっているから」と、親の分も一緒に署名。「何の署名ですか」と聞いてきた英国ロンドン在住の方が「日本語少しわかります」と署名。

弁士の話で被爆者のことを聞いていて涙が出てきたという19歳の青年。16歳の女子高校生は「憲法を変えたら戦争できるんでしょう。大変!」と憲法3000万署名にサインし、対話になりました。多くの青年が足を止め署名にサイン。「ヒバクシャ国際署名」が31人、3000万署名が8人から寄せられました。