カテゴリー

アーカイブ

原水協通信

毎月発行している日本原水協の機関誌です。国内外の反核平和運動についての情報が満載です。 日本原水協のウェブサイト→ http://www.antiatom.org/

「核兵器の全面禁止を!」

最近の投稿

マラヤ・ファブロスさんの行進日誌35日目

20130614-222015

平和行進三十五日目:名古屋での賑やかな平和行進とピースアクション2013

今日は今まで私が参加した愛知県の平和行進の中でも一番賑やかな一日でした。

今日の開会式は中村公園で行われました。ここはとても緑が豊かな広い公園でお寺もあって、その裏には広い池もありました。公園の中には豊臣秀吉生誕の碑もありました。豊臣秀吉は日本で人気のある戦国時代の三武将のひとりです。公園のさまざまな場所に彼の肖像画やモニュメントがありました。村田さんと私が公園を散策していた時には太極拳をされているお年寄りが沢山いらっしゃいました!

20130613-232829

今日は日曜日だったので中村公園に向かう沿道では朝市が開かれていました。朝市は中村公園から数ブロック先の巨大な鳥居の場所までが会場でした。開会集会を待っている間に村田さんと私は売られている新鮮な農産物を見て歩きました。こんな物が売られていました。

20130613-232752

 

20130613-232802

また一人フィリピン人の女性との出会いがありました。市川ジョセフィーヌさんという方です。彼女が今日は通訳をしてくれました。彼女は地元の派出所 で英語とタガログ語の通訳として働いているそうです。日本にはもう20年以上住んでいるそうです。彼女から多くのフィリピン人が名古屋には暮らしていると 教えてもらいました。その多くは日本人男性と結婚しているそうです。

9時過ぎに行進をスタートしました。朝市の中を大きい鳥居の所まで歩く のは楽しかったです。たくさんのお年寄りが手を振ったり「核兵器全面禁止のアピール」署名にサインしてくれました。週末だったし皆さんリラックスされてい たのか、平日に交通量の多い道を歩くよりも関心を集めていたと思います。

20130613-232813

最初の休憩を公園で取りました。暑い日は疲れるのが早いみたいです。私はフィリピンからチョコレートを一袋持って来ていたのでこの休憩で皆さんと分けあって食べました。

20130613-232847

それから大通りに戻って、かつては川だったという通りを歩きました。ジョセフィーヌさんがこの道にいたという特別な生き物について話してくれたのを通訳してくれました。それはカッパと呼ばれるおとぎ話に出てくる男性人魚に似た生き物だそうです。川に住んでいて頭の上に水の入ったお皿を乗せているそうです。もしお皿の水がこぼれたらカッパは死んでしまうんだそうです。フィリピンにもSiokoyと呼ばれる男性の人魚の伝説がありますが、カッパのほうがもっと痩せていてSiokoyほど恐い見た目ではないみたい。

お昼ごはんの休憩場所に近づいた時に、とても大きい戦車のような車の側を通りました。その車は迷彩柄で日本の国旗が掲げられており、とても大きな音で音楽を鳴らしていました。ほんっとに大きな音です。そして私たち平和行進のすぐ横に停車しました。ジョセフィーヌさんが彼らは天皇陛下を崇拝している団体で憲法9条に反対し日本の再軍国化を求めていると教えてくれました。私たちとは正反対の立場にある人たちだという訳です。興味があったのでジョセフィーヌさんに毎年平和行進は同じグループに遭遇するのかと聴いてみました。彼女はそれは分からないけど、このグループはが毎週末同じ場所で大音量で音楽を鳴らしているのは確かだと教えてくれました。その後、私たちが通った時に嫌な顔をして親指を下に向け、不快感を表した男性がいました。これはショックでした。でもそこから数メーター進んだ場所で人々が賛同して手を振ってくれたのでホッとしました。すごく嬉しかった!

現実には平和行進にみんなが好意的な訳ではありません。大多数は連帯を示して手を振ってくれます。特に私たちが長距離を歩いている事を知って驚愕してくれたり、楽しんで(「良いね」とか「今でしょ」と叫んでいるので)くれたりします。礼儀正しくうなずいてくれる人もいます。でも無関心な人や、時々はムッとした人にも出会います。これは多分行進のせいで交通が遮断されたりする事もあるからなのと、違う意見を持っている人たちだと思います。

お昼は名鉄の地下街でラーメンを食べました。お昼を食べ終えた辺りからお腹の調子が悪くなってきました。食べた直後にトイレに行きましたが、歩き始める直前にまたお腹が痛くなってきました。どんなにバナナを食べてもこれは治らないなと思いました。幸いにも原水協の皆さんはとっても頼りになりました。ジョセフィーヌさんが私に付き添ってバンに乗り込み私たちは行進の後をついて行きました。

こんな時に調子が悪くなって残念でした。と、いうのもこれからが今日の一番の見所だったからです。名古屋市の中央公園に向かう大通りを歩いている時、少し元気になったので若宮公園まで私も行進に戻りました。そこではピースアクションが行われていました。700人以上の皆さんが参加していました。

20130613-232903

今日の行進はピースアクションで最高潮に盛り上がりました。10以上のいろんなグループが名古屋の様々な場所から行進をスタートさせ、全員が被爆者の皆さんとの交流とエール交換のために若宮公園に結集します。ピースマラソンをされているグループもおられました!これは平和コンサートみたいな雰囲気で皆さんは新しいグループが到着する度に拍手で迎えます。嬉しいのは若い人の参加も多いことです。コスプレ衣装を来ている若者すら何人かいました。ある若い代表が音楽の流れる中で手紙を読み上げました。私は母から愛知の平和行進はとっても活気があると聞いていましたが、多分本当だと思います。ピースアクションはとてもすばらしかったです。

20130613-232912

今日のブログの最初の写真は平和行進中の参加者の皆さんの笑顔です。

ひらき座という韓国の打楽器を使った演奏集団が行進の先頭を歩いてくれて、賑やかに行進を盛り上げてくれました。行進中に楽しい音楽が流れていると注目も集めるし、週末の賑やかな雰囲気にぴったりです。ひらき座の力強いビートはイフガオの音楽にも似ていました。イフガオというのはフィリピン北部の原住民です。歩きながらイフガオの踊るイメージを思い出しました。ジョセフィーヌさんと私は歩きながら簡単なイフガオの踊りのステップをやってみたりもしました!

平和行進の後で愛知県原水協の事務所に向かい、若い皆さんと被爆者の人の集会に参加しました。自らも被爆者であり、名古屋大学の名誉教授でもある沢田昭二先生がいらっしゃっていました。午後の行進で出会った若い皆さんに再び出会えてとても嬉しかったです。というのも私は、行進を途中で抜けて病院に行く必要があったからです。

20130613-232930

病院ではお医者さんから強い薬を使っても、熱が出ていて平和行進を歩くのは当面難しいと言われました。抗生物質が私の胃に負担になっていてお腹が痛くなるのだそうです。残念ですが身体が完全に回復するまでしっかり休むようにお医者さんに言われてしまいました。

気持ちはとっても元気なのですが、お医者さんと原水協の皆さんのアドバイスに従う他なさそうです。

でも、嬉しかった事もあります!

そう、今日はピースアクションを見れてハッピーでした!

(日本語訳=三宅朋子)

Comments are closed.