カテゴリー

アーカイブ

【広島】県原水協・被団協が原爆ドーム前と元安橋で核兵器禁止条約調印・批准開始1周年の記念集会と「ヒバクシャ国際署名」行動

広島県原水協と同県被団協は9月15日10時から、核兵器禁止条約調印・批准開始1周年の記念集会と「ヒバクシャ国際署名」行動を原爆ドーム前と元安橋で行いました。

断続的に降り続いていた雨が、開始30分ほど前から止み、開始後は薄陽も照るようになりました。

集会では、広島県被団協の佐久間理事長、新日本婦人の会県本部の森会長、民主青年同盟広島県委員会の弘中県委員長が、それぞれ「ヒバクシャ国際署名」の目標達成へ向けて決意表明。拍手で「アピール」を採択しました。集会の最後に、原爆ドームをバックに「核兵器禁止条約の早期発効を!」と書いた紙を参加者全員で掲げるパフォーマンスを行いました。
その後、元安橋へ移動し、約30分間「ヒバクシャ国際署名」を集めました。

集会には70人、署名行動には36人が参加、「ヒバクシャ国際署名」は106人分が寄せられました。被爆者の吉岡幸雄さんは、2人連れの外国人に足のケロイドを示しながら、原爆による熱線の影響などを懸命に説明しつつ、署名への協力を訴えていました。

マスコミは、NHK、広島ホームテレビ、「朝日新聞」、「産経新聞」が取材しました。

(広島県原水協事務局長・古田文和)

Comments are closed.