カテゴリー

アーカイブ

【香川】平和行進中はサプライズがいっぱい!下校中の小学生が横断幕を持って一緒に行進

下校中の小学生が横断幕を持って歩く(ぼかし)

▲本日のサプライズは高松旧市内に入り、小学生の下校時に行進幕を持って一緒に行進をしてくれました。その距離は数百メートルと自宅への曲がり角まで続きました。

6月15日

東かがわ市は徳島県から引き継いで最初の自治体です。この日藤井秀城東かがわ市長・田中貞夫同市議会議長のペナントを頂きました。そして、藤井市長・田中議長が激励の挨拶。藤井市長は、国会での「戦争立法」を意識して平和行進の大切さを強調し、同時に暑い中での行進に体調を気遣った挨拶でした。また見送りには竹田具治教育長も参加されました。

行進中、対向車の運転手からの手振り、停留所でのバス待ちの方が「がんばって」の声もかかります。その声がかかるたびに、疲れた足が元気に前へ出るように感じます。今日の終結地点では、道の向こう側から「がんばったのー」との大きな激励がありました。

6月16日

小雨の中の行進。道端の田んぼには大きくなった稲が雨に打たれています。三つの峠を越えての行進となりました。雨の行進にとって「元気の素」はなによりも、行きかう車からの「手振り」と「会釈」です。二つの元気の素で何とかさぬき市に到着。

最後にサプライズが待っていました。終結地点の「さぬき市」の庁舎前を歩いていたさぬき市の27歳の男性が、我々の隊列を見て話しかけてきました。平和行進で四国から広島・長崎を目指しているというと「僕にできることはないか?」と言うので署名をお願いすると快諾。行進中の署名筆数は累計18筆になりました。

6月17日

さぬき市の出発式に菊池等副市長が挨拶。昨日の雨の中の行進を労い、平和行進が核廃絶の願いの推進力として、暑い中ではあるが頑張ってもらいたいと激励。

高松市内に入り、昼の牟礼支所で正垣支所長代理が暑い中体調を気遣い、平和行進に敬意を表明。さらに高松市役所到着時、市長代理として松下市民政策局次長から激励挨拶を受けました。市としても平和活動として、来年新設する施設に「平和記念室」を再整備することを強調しました。これに対しお礼の挨拶は、樫昭二代表理事からNPT再検討会議の結果報告と世界大会の意義について解説し、この行進が「核廃絶」の推進力となることを強調しました。

6月18日

雨の中の行進となりました。長尾街道を一路南へ元気よく行進しました。総勢13人の行進となりました。

▲雨の中での行進

木太町の休憩所付近から歩いて近寄ってきた女性が本日のサプライズでした。その方は主人が福島県出身で仕事の都合で香川県にいるとのことです。平和行進のアナウンスで「福島原発事故」の訴えを聞き、かけつけたとの話でした。「大震災の後、ショックで落ち着かない日々を送った」と訴え署名をして頂き激励。

▲休憩所に駆けつけた女性との対話

終結集会では、植松恵美子三木町副町長から激励の挨拶を頂きました。植松副町長は国会での情勢を念頭に、平和行進の意義を評価し、体調を気遣い激励の挨拶としました。また、町職員の皆さんも大勢迎えていただきました。三木町からの「お接待」として、ペットボトル(お茶)と医療生協平井支部の志渡支部長さんと子どもクリニック川田事務長さんからも和菓子を頂きました。

6月19日

毎年好評の直島コース、今年は雨の中の行進となりました。直島は核兵器廃絶署名人口1割達成の数少ない自治体でもあります。この島の由来がそもそも崇徳上皇が讃岐に流されたときに島民の純真素朴を賞して「直島」と命名されたとか。平和行進の代表者が庁舎に立ち寄り、濵中満町長等との懇談ではNPT再検討会議が話題になりました。私たちの活動もよく研究されている印象を受けました。やっぱり「直島」でしょうか。ペナントも快諾、参加者は43人でした。お疲れ様!

▲濵中町長らとにこやかに懇談

[…]

【香川】原水爆禁止国民平和大行進・四国コース徳島県から香川県に引き継ぎ元気に行進スタート!

香川引き継ぎ

▲徳島県から行進横断幕を引き継ぐ香川県行進団

高知県からスタートした2015年原水爆禁止国民平和大行進<四国コース>は6月14日、徳島県から3県目の香川県に引き継ぎました。12組織から25人が参加しました。

横断幕の引き継ぎでは、香川県からの引き継ぎ者は原田こはるさん(9歳)と唯君(6歳)の次世代の2人でした。この世代に「核戦争」の恐怖をさせてはならないとの思いをこめたからです。引き継ぐ香川県は3氏が決意表明しました。その要旨は次の通りです。

安部行洋県高教組執行委員長:今回のNPT・ニューヨーク行動に初めて書記長を派遣したことを報告した後、被爆70年の節目に戦争法案の暴走に抗議の東京集会にも参加した。高教組の原点である、「教え子を再び戦場に送らない」の決意は固いが、毎年県内では20~30人が自衛隊に入隊する。いよいよ原点のスローガンが切実になっている。戦争法案を廃案にするためにも、平和行進を頑張りたいと決意表明。

堤昭県労連議長:しっかりと行進横断幕を引き継ぎ、行進すると表明。さらに戦争法案に「維新」も賛成との国会情勢にもふれ、労働者派遣法の非道に怒りをこめて行進を頑張ると決意。

東本政行東かがわ市議会議員:地元として、先の戦争で1630名の戦没者を出していることを報告。今日の行進には高校生(2年生)が参加していること、明日には東かがわ市長からも激励を受けることを報告した。この高校生(民青)は先頭に立ち、行進横断幕を持って最後まで元気に行進しました。

【香川・宇多津町】原爆写真展最終日に被爆ピアノコンサート

2023

▲被爆ピアノを演奏する好井会長(2月15日)

谷川俊博宇多津町長の快諾で実現した宇多津町の原爆写真展が2月4日から15日までユープラザうたづで開催されました。

最終日には、香川県の原爆被害者の会の会長でご自身も「体内被曝」した好井敏彦会長(ピアニスト)が広島から海を渡った「被爆ピアノ」のコンサートを開催。ホールが聴衆で一杯になりました。

好井会長は開会挨拶で被爆体験を「忘れてはいけない。知らなくてはいけない」と強調しました。コンサートはアメイジンググレースで始まり、参加者のリクエストに応え演歌からジャズまで幅広い演奏で、聴衆を魅了しました。またフロアー参加者の演奏も花をそえた「ほのぼのコンサート」となりました。

原爆展の会期中に「核兵器全面禁止のアピール」署名220筆、7500円のカンパが寄せられました。

【香川】2015年NPTニューヨーク行動香川県代表団 被爆者の会会長が参加仮申し込み第1号

来年のNPT(核不拡散条約)再検討会議ニューヨーク行動に20人の代表を送ろうととりくみをしている香川県では、同県原爆被害者の会の好井俊彦会 長(68歳、原爆胎内被爆者全国連絡会発起人)から仮申し込みが送られてきました。県内第1号です。県原水協は10月末を締切に設定し、署名のとりくみと 合わせて地域・団体でも議論して代表を派遣しようと呼びかけています。

※好井俊彦さんは、「中国新聞」2014年8月6日朝刊『この人』に掲載されています。

【香川】丸亀原水協がお城まつりに合わせて「核兵器全面禁止のアピール」署名と伊方原発再稼働反対の署名行動にとりくみ275筆集める

2014-05-23 丸亀原水協ニュース

▲クリック(PDFファイルが開きます)

 

【香川・丸亀】ラミネート加工のゼッケンを付け、一人ひとりが動くのぼり旗になり6・9行動

原水爆禁止丸亀市協議会は3月6日、丸亀城大手門で「6・9行動」をおこないました。

冬に逆戻りした天気になったため、参加者数は多くありませんでしたが、直前にぱらついたみぞれも署名行動の間だけは晴れてよかったです。

お天気も関係したのか人通りが少なく、署名数は多くなかったですが、名古屋、尼崎、高岡等今回も全国からの観光客の署名があり、対話も弾みました。署名行動には絶好の、参加者にとっても、とても楽しい場所です。

今回のヒットはゼッケンです。黄色の画用紙に黒で核兵器廃絶と印刷し、ラミネート加工をしたゼッケンが遠くからもよく見えて一人ひとりが動くのぼり旗。「署名お願いします」とだけ言えばいいので楽でした。

もちろん「あなたの署名を国連に」のぼりも立てておこないました。

1時間の行動には4人が参加し、「核兵器全面禁止のアピール」署名19筆、秘密保護法廃止署名21筆が集まりました。

(丸亀市原水協事務局長・近石美智子)

【香川】お城まつり署名行動で300筆超える署名集まる

丸亀市原水協お城まつり署名行動

原水爆禁止丸亀市協議会は5月4日、丸亀城大手門でお城まつり署名行動を行い、10人が参加しました。

核兵器廃絶署名は298、伊方原発再稼働反対の署名は61、合計359筆の署名が集まりました。

お誘いチラシを見て参加したYさんは黙々と署名集めをしていました。「ありがとう」と言ったら「元丸亀原水協の事務局長やから」と。丸亀原水協の歴史に感動し、お誘いチラシも大切、もっと声かけを広げることも大切、と嬉しい反省をしました。

(丸亀市原水協事務局長・近石美智子)

参加者の感想

99歳になる義母を介護しているので短時間の参加でしたが、積極的に近寄ってきて署名をしてくれる方が何人もいたのには励まされました。他県から来城の人も多く、長崎県出身の人も「核兵器は、絶対になくしてほしい。北朝鮮の問題も国連がもっと力を発揮すべきだ」とご家族みんなで署名してくれました。(参加者のTさん)

【国民平和大行進】北四国コースがスタート!

2013年国民平和大行進・北四国コースが5月7日、香川県高松市役所前をスタートしました。

快晴の市役所前には、見送りの人も含めて60人が参加。RNC西日本放送は行進団を1.5kmも追いかけて取材していました。また、「四国新聞」の記者も熱心に取材してくれました。

出発集会では最初に香川県原爆被害者の会事務局長の山田悌二氏と同県原水協筆頭代表理事の矢野厳氏があいさつ。山田氏は平和行進の歴史と最近ノルウェーをはじめ74カ国が連名で発表した「核兵器の非人道的影響に関する共同声明」にたいし、「日本政府が署名を拒否したことについて、唯一の被爆国にあるまじき態度で強く抗議するとともに、ヒロシマ・ナガサキを繰り返すなと声を上げていきたい」と発言。矢野氏は6月8〜9日に高松で開かれる第59回原水爆禁止四国大会を大きく成功させましょうと訴えました。

次いで高松市長代理の市民政策局長が平和行進の成功を願っていると激励のあいさつを下さいました。

そして、中央実行委員会からスタート集会へのメッセージが披露され、行進責任者の樫沼県平和委員会理事長があいさつを兼ねて行動日程を説明しスタートして行きました。

牟礼支所を経由して15時頃さぬき市役所に到着し、集結式を行い終了しました。

沿道からは大型トラックからクラクションで、乗用車からは手が振られるなど大きな反響がありました。この日の署名数は15筆。ペナント数は32本で医療生協の支部が21本、労組・民主団体11本が寄せられました。

なお、RNCは18:30から平和行進出発集会・行進の模様を放映しました。

【香川・丸亀市】「再稼働反対!核兵器廃絶!行動がんばれ」と通行人から差し入れも

2013-03-11-3.11大阪からの女性観光グループの皆さんが

原水爆禁止丸亀市協議会は3月11日、丸亀城大手門前で「3.11東日本大震災2周年行動」を行ない、2人の初参加者を含む6人が参加しました。

行動中に「再稼働反対!核兵器廃絶!行動がんばれ」と通行人から「ソイジョイ」が差し入れられました。東は東京から、西は福岡から署名がありました。

「私、日本に住んでいないんだけれど」とおっしゃった方には「大丈夫ですよ。国連に提出します」と説明。アメリカはバークレー州から一時帰国の方でした。

6.9ちらし65枚を配布し、「核兵器全面禁止のアピール」署名76筆、「伊方原発を稼働させないでください」署名70筆が寄せられました。

(丸亀市原水協事務局長・近石美智子)

【香川】「原爆と人間」展のキャラバン行動で県・教育委員会が初後援

香川県原水協は6月18日から22日までの5日間と29日にキャラバン行動を行い、香川県・同教育委員会が初めて後援を決定しました。

県原水協は5月29日の常任理事会で「原爆と人間」展ですべての自治体へのキャラバン行動を議論し、6月6日の県理事会に提案、議論の結果、方針を承認し開始を決定しました。

そして、18日の県庁を皮切りに、丸亀市、宇多津町、善通寺市、三豊市、観音寺市、多度津町、三木町、綾川町、まんのう町、琴平町、土庄町、内海町、直島町、さぬき市、東かがわ市を訪問。のべ34人が参加して核兵器廃絶を訴えたところ、次のような成果が上がりました。

 ①香川県と同教育委員会が後援を決定。10月22日〜24日までサンポートホール高松1階コミュニケーションプラザで開催。宣伝カー5回出動6時間、早朝ビラ1000枚、新聞折り込み2800枚、会場400枚の宣伝活動を行い、当日は約150人が会場を訪れ、29筆の署名と4050円のカンパが寄せられた。  ②訪問した自治体はすべて好意的に対応してくれた。自治体主催の原爆展は観音寺市、三豊市、多度津町、宇多津町、三木町の計2市3町で開催。  ③原水協加盟団体その他の原爆展は、計13回開催と積極的に受け止められた。  ④「原爆と人間」展写真セットを購入したところは、観音寺市、宇多津町長、三木町。  ⑤直島町は「庁舎で開催しても構わないが、もっと大勢の人が集まる福祉会館を使ってはどうか」との提案もあった。

この結果に県原水協事務局では「あとは地域で自分たちが具体化すればすべての地域で開催は可能」との確信を得ています。

【香川】丸亀原水協が恒例の成人式核兵器廃絶アピール署名行動

原水爆禁止丸亀市協議会と新日本婦人の会丸亀支部は1月9日、市民会館前で恒例の成人式核兵器廃絶アピール署名行動にとりくみました。

大きな核兵器廃絶タペストリーや「あなたの署名を国連に届けます」の新のぼり旗、新婦人の核兵器廃絶署名のぼりを飾り、画板にも「核兵器廃絶署名にご協力ください」のエプロンをつけて呼びかけました。

1時間半の行動には8人が参加し、104筆の署名が寄せられました。裏面には新婦人の核兵器廃絶チラシを刷り込んだ6・9ちらしも100枚撒きました。

原発反対署名を集めていた一人に声をかけ、主旨を説明し「よろしければ、と声をかけると「よろしければ、でなく、ぜひさせてください」署名をご自分の方から家族の分も書いてくれました。

(丸亀市 近石美智子)

[…]

【香川】「核兵器全面禁止アピール」に県知事が署名

香川県原水協は7月12日から自治体キャラバンを開始しました。

加盟団体の県労連、平和委員会、香商連、友好団体の被爆者の会の代表と事務局の5人が県庁を訪れ、秘書課、議会事務局、教育委員会を訪問、「核兵器全面禁止のアピール」に賛同するよう要請行動をおこないました。

全国知事会への出席で知事は不在でしたが、署名を秘書課に託してくれていました。議長は、議会に諮る必要があるのでと、議員個人として署名をしてくれました。

また、教育長には、事務局に要請して後日回答をもらうことにしました。

続く高松市でしゃ、市民文化センター副館長が対応。趣旨には賛成です。平和行進などの長年の平和活動に敬意を表するとしながら、市長は「いかなる署名運動にも署名をしない」というのがモットーで、することはできないとの返事でした。代表は、「署名運動はいろいろあって大変と思うが、一律に署名をしないというのはおかしいのではないか、署名運動にも市民の為になる署名もたくさんあると思う」と市長に再考を促してほしいと申し入れました。

 

宇多津町は町長・議長がそろって署名

宇多津町では、井原町議が司会役を務めてくれて懇談が始まりました。出席は、副町長、副議長、教育長でした。

事務局の趣旨説明の後、いろいろ質問が出されましたが、終始和やかな懇談でした。そして、町長、議長、教育長の署名を渡して下さり、原爆組写真購入の申し込みもあり、後日何組かを連絡いただくことになりました。副町長、副議長の署名要請を行うと、二つ返事でOKとなり、署名用紙を送ることになりました。

井原町議は、事前に町の三役と相談を行い、和やかな懇談を準備してくれました。