カテゴリー

アーカイブ

【日本政府に核兵器禁止条約への参加・署名・批准を求める意見書決議】愛知県の飛島村議会が採択をして495自治体議会に

自治体意見書例文(2020年10月)ダウンロード

495自治体(2020年10月23日現在)

【基準】 日本政府の禁止条約への署名、批准など、条約への参加を求めているもの ※趣旨採択(13自治体)を含む。

[…]

【岩手】高校正門前で「ヒバクシャ国際署名」行動 国連軍縮週間 初めて高校生がボランティアで行動に参加

191029_日本原水協活動交流ニュースダウンロード

【岩手】日本政府が速やかに「核兵器禁止条約」に署名、批准することを求める意見書 県議会と32市町村議会で採択 全県的広がり97%!全国トップ

「岩手の会」ニュース14ダウンロード

2019年3・1ビキニデー日本原水協全国集会・全体集会 登壇者の発言

日本原水協が2月28日、グランシップ・中ホールで開催した2019年3・Ⅰビキニデー集会日本原水協全国集会・全体集会で舞台に登壇して発言した方々のスピーチを紹介します。

国際交流会議(2月27日)の主な報告や発言はコチラ […]

【2018年原水爆禁止国民平和大行進】北海道→東京コース(太平洋)通し行進者:山内金久日誌 5/4-6/15

5月4日、札幌の夜明けは早く4時前に東の空は明るい!昨日の国民平和大行進北海道通し行進者打ち合わせ会では今年の平和行進の意義や道内の情勢、各自治体の対応の状況、そして各自の自己紹介等の後、恒例の揃っての記念撮影。道被爆者協会会長はじめコープ札幌会長、前札幌市長、元北大総長、JA道中央会長、高遠菜穂子さん等北海道民の会の呼びかけ人のポスターも撮影。

[…]

【岩手】県被団協と県原水協が雨の中新春6・9行動 北上・和賀地区原水協は成人の日行動

岩手県原水協と同県被団協は1月9日、盛岡市大通で新春の「6・9行動」をしました。

県被団協の下村次弘事務局長、県原水協の金野耕治代表理事がマイクを握り、「ヒバクシャ国際署名」やシール投票への協力を訴えました。

両氏は核兵器禁止条約に日本政府を参加させるために市民の声と行動が大きな力になる、県内では約15万人から署名が寄せられているが、2020年の50万人目標に向けてさらに広げようと呼びかけました。

「サーロー節子さんのスピーチに感動しました。核兵器はなくさなければ」と署名をする女性や「核兵器禁止条約に反対する日本政府はおかしいですよね」と話しながら署名するなど変化を感じる新春行動でした。

ときならぬ雨模様でしたが、12団体、16人の参加で25人分の署名が集まりました。

北上・和賀地区原水協は成人の日行動

北上市さくらのデパート前で新春「6・9行動」をしました。成人の日だったこともあり、華やいだ雰囲気の宣伝署名行動でした。9人の参加で59人分の署名が寄せられました。

【岩手】「核兵器は絶対悪」2018年4月までに20万人分を! 「岩手の会」第1回代表者会議、37人決意語り合う

▲クリックするとPDFファイルが開きます

さいごまであきらめない 核兵器廃絶を訴え、ちひろカレンダー普及

クリックするとPDFファイルが開きます

めざせ50万!林田光弘さんを迎えて「ヒバクシャ国際署名岩手の会」キックオフ集会に250人

「ヒバクシャ国際署名岩手の会」は5月14日、実質スタートになるキックオフ集会をおこないました。14日は母の日にもかかわらず、「岩手の会」に賛同した多くの団体からたくさん参加していただきました。

日頃、若い世代への継承で悩んでいる世代の皆さんには、林田さんの講演から緩やかに視野を広げて考えることの大事さを学びました。親子三代が集った感のある集会は「今までと違って新鮮だった」「今日の林田さんの話でやれることが見えた」という若い世代の感想などがよせられています。

20代の4人と林田さんのトークが好評でした。林田さんから「こういう事に関心を持ったきっかけは何?」「これからどんなことをしていきたいですか?」という問いかけについてのやり取りは、若い世代の思いが伝わりよかったです。

被団協の皆さんの思いを受けて署名を進めるにふさわしい集会でした。

(岩手県原水協・小笠原和子)

2017年 核兵器禁止条約実現の歴史的チャンス!元旦・新年から全国で行動

広島、長崎の原爆投下から71年。第71回国連総会は、2017年に核兵器を禁止し、廃絶する条約の交渉会議を開催することを多数の加盟国の賛成で採択しました。会議は、3月27日―31日および6月15日―7月7日の2回に分けてニューヨークでおこなわれます。

日本政府は、アメリカ政府と足並みを揃え、決議に反対票を投じました。

しかし、核兵器を禁止・廃絶することは、第1回国連総会が第1号決議で一致して決めた国際政治の基本目標です。核保有国はもちろん、すべての加盟国には、そのために誠実に努力する責任があります。ましてや日本は、人類の歴史の中で唯一、核兵器が実際に使われた、いまなお十余万の被爆者が、心と体の傷に苦しむ国です。日本政府には、核兵器の非人道的な被害を訴え、国民の願いに応えてその努力の先頭に立つ責任があります。

全国の原水協は、核兵器禁止条約の実現を願う声と行動を元旦から響かせます。現時点で寄せられている行動計画をお知らせします。みなさんのご参加をお待ちしています。問い合わせはあなたの街の原水協へ。

【日本原水協】 新年6・9行動 1月6日(金)11:30〜12:30 浅草雷門前 *核兵器廃絶国際署名東京連絡会との共催 【北海道】 新年6・9行動 1月6日(金)12:15〜12:45 JR札幌駅南口広場 *主催:北海道原水協 【青森】 新年6・9行動 1月6日(金) 青森市新町 *主催:青森県原水協 新年6・9行動 1月6日(金) 八戸市 *主催:八戸原水協 新年6・9行動 1月6日(金)弘前市・中三デパート前 *主催:弘前市原水協 新年6・9行動 1月6日(金)十和田市・現代美術館前 *主催:十和田市原水協 【岩手】 新年6・9行動 1月6日(金)12:15〜12:45 盛岡市大通り野村証券前 *主催:岩手県原水協、被団協共催 成人式行動 1月8日(日) 北上市さくらホール *主催:北上・和賀地区原水協 【福島】 新春6・9行動 1月16日(月) 12:15〜12:45 JR福島駅前 *主催:福島県原水協、福島地区原水協 【茨城】 新春行動 1月9日(月祝)12:00〜13:00 水戸駅南口ペデストリアン・デッキ *主催:茨城県原水協 【群馬】 新年6・9行動 1月6日(金)15:00〜16:00 コープ宮古店前 *主催:伊勢崎市平和委員会 […]

愛と平和のいわさきちひろカレンダー被災地贈呈キャンペーン募金にぜひご協力ください

2017年版ちひろカレンダー被災地贈呈キャンペーンチラシ

クリックするとPDFファイルが開きます

2017年版ちひろカレンダーを被災地へ 子どもたちの素朴で可愛い表情が印象的。やわらかいタッチが癒してくれるいわさきちひろカレンダーにあなたの思いを託してください。

1975年(76年版)から「いわさきちひろカレンダー」 を製作し、以来、毎年さまざまな人の手に届けてきました。

3・11以降は毎年、東日本大震災・東京電力福島第一原発事故の被災地へ、また、各地の災害地支援として、みなさんからの募金で被災地の方がたに直接カレンダーを届けています。「わぁ、きれいな絵だわ「部屋が明るくなったね」「かわいい絵で、すごく癒やされます」と喜んで受け取っていただいています。

そんな声に応えて、今年も被災地へ届けます。

個人1口1000円、団体は1口2万円(1箱25本、送料込み)単位でお願いします。

※募金は、郵便振替口座(00110-9-1780 原水爆禁止日本協議会)に<被災地カレンダー>と明記してお振込みください。(郵便振替の「控え」を領収書に換えさせて頂きます)

1本からお買い求めもできます

2017年版いわさきちひろカレンダー

●頒価1,400円+税(送料別)A2判・絵7枚

■お問い合わせ:原水爆禁止日本協議会(日本原水協)

〒113-8464 東京都文京区湯島2-4-4 平和と労働センター6階

TEL 03-5842-6031 FAX 03-5842-6033

E-mail antiatom55*hotmail.com *を@に変えてください。

※またはこちらから直接お住まいの各都道府県原水協へ連絡をお願いします。

この活動は、核兵器廃絶の運動と被爆者のみなさんを支える輪をひろげています。

【平和行進】都道府県内コース・日程

北海道

コース図

コース・日程表

北海道内の被核平和都市宣言一覧

青森

コース・日程別

岩手

コース・日程

宮城

コース・日程

山形

日本海コース・日程

内陸コース・日程

6/21山形県都集会・6/22山形市内行進チラシ

福島

コース・日程

行進チラシ

茨城

コース・日程

行進マップ

栃木

コース・日程

群馬

コース・日程

行進マップ

東京

5月6日出発集会、6・7日都内コースチラシ

東京23区コース

東京三多摩コース

平和行進西多摩実行委員会チラシ

埼玉

コース・日程(西)

コース・日程(東)

行進マップ

千葉

コース・日程

神奈川

コース・日程

チラシ

山梨

コース・日程

新潟

コース・日程

長野

コース・日程

行進チラシ

静岡

コース・日程

行進チラシ

愛知

コース・日程

行進チラシ

岐阜

コース・日程

[…]

被爆者が訴える核兵器禁止・廃絶の新国際署名に応えて岩手・青森・愛知・群馬・兵庫で署名行動

160411_活動交流ニュース

クリックするとPDFファイルが開きます

【岩手】県原水協が同県被団協へお見舞い金(組織助成金)を贈呈

160105_被爆者お見舞い金贈呈【岩手】

下村県被団協事務局長にお見舞い金を手渡す金野・渋谷両代表理事。右端は津村事務局長

岩手県原水協は1月5日、岩手県被団協へお見舞金(組織助成金)の贈呈式をおこないました。

構成団体や県民から寄せられた被爆者援護・連帯募金の中から、被団協の組織と活動の前進の一助にと毎年贈呈しているものです。

県原水協の津村喬事務局長が「被爆証言活動などでがんばってこられた被爆者のみなさんに敬意を表します。核兵器のない世界、非核平和の日本のために、皆さんの活動にお役立てください」とあいさつし、金野耕治・渋谷靖子両代表理事が下村次弘県被団協事務局長に手渡しました。

お父さんが広島への入市被爆者の下村事務局長が、「県内被爆者は平均年齢87歳と高齢化し、人数も年々減っているが、体の続く限り、NPT要請行動への参加や証言活動、県と共催の慰霊式典・原爆展の開催などにとりくんでいる」と紹介。今後とも共同を強めていきたいと返しました。

(岩手県原水協・津村 喬)

【岩手】山田町の仮設住宅に住むみなさんの年越し餅つき交流会にちひろカレンダー贈呈 みんな笑顔に

151229_ちひろカレンダー普及促進ニュース

▲クリックするとPDFファイルが開きます。