カテゴリー

アーカイブ

【2014国際青年リレー行進】マニシャ・ガウルさんの日誌(7月28日)

7.28(1)

7月28日

平和の友人のみなさん、

楽しい平和行進からです。

再び私のウォーク・トーク(「歩いて語って」)にようこそ。

天候は蒸し暑いですが、行進参加者はみんな世界を変えようと変わらぬエネルギーと勇気で行進しています。今日はすばらしい朝でした。私とソフィアは一緒に朝6時30分に尾道市にある三重の塔と100年以上続いているお寺を訪ねました。190段の階段を上って三重の塔のてっぺんに着きました。そこから見る尾道市はすばらしい眺めでした。その場所はとても涼しくて神聖な雰囲気に満ちていました。私は10分間瞑想しました。この場所に案内してくれた長谷川こういちさんに感謝です。

7.28(2)

私たちは尾道市長のメッセージをいただいて、尾道市役所から朝10時に行進を始め、11時30分に新居浜フェリーターミナルに到着しました。それから伝統的なレストランさがで昼食を取りました。昼食後、糸崎神社まで歩きました。美しく、神聖なところでした。私たちは神社でブッダの祝福を感じました。

行進団はここで交代です。代表の住田さんとその仲間にさよならし、三原市の団体が私たちと一緒に歩き始めました。今日の行進の終わりは三原市駅でした。

加藤カツさんとアキ子さんがこの日の私たちの通訳です。行進中私たちは尾道市の海岸や因島、海に浮かぶ船や、向島と因島を結ぶ橋を見たり、電車が山の中に入るのを見たりしました。これはすべて日本人の勤勉さと情熱を表しています。そのおかげで私たちは毎年、3か月間の行進を何年にもわたって続けてこられたのです。

旅館での伝統的な夕食はおいしかったです。人類のための時間と努力を注いだ平和の実践の新たな一日が、三原市での滞在で終了します。

今日の私のウォーク・トークをマハトマ・ガンジーの言葉を引いて締めくくりたいと思います。

「目には目を」では世界中が盲目になる。

また、書きますね。

マニシャ・ガウル

(翻訳:松浦 哲朗)

7.28(3)

Comments are closed.