カテゴリー

アーカイブ

【神奈川】ビキニ被災60年・三浦市民集会 着々準備すすむ

今年は南太平洋ビキニ環礁沖でアメリカが広島に落とした原爆の1000倍の威力を持つ水爆実験をおこない日本のマグロ漁船「第五福竜丸」をはじめ、1000隻におよぶ船が被害を受けた「ビキニ水爆被災事件」から60年です。神奈川県三浦市(当時は三崎町)の被害も甚大でした。

三崎の町民は、ただちにたたかいに立ちあがりました。県議会、国会への請願、そして、1954年4月20日には「町民大会」が開かれ、大会決議では、損害賠償とともに、「原爆の禁止」を要求しています。

神奈川県原水協は、この原水爆禁止運動の原点・発祥の地とも言える三浦市のたたかいを学び、受け継ぎ、決して風化させないために、今年の4月20日、400人規模の「市民集会」を開催します。「市民集会」には、三浦市や同県原爆被災者の会、同県生協連が後援し、35以上の市内、県内の団体、企業などが賛助団体となって賛助金も寄せ、幅広いとりくみとなっています。

「三浦のビキニ事件を風化させてはならない」と発言している吉田英男市長あいさつや、安斎育郎さんによる記念講演、トーク企画など多彩な内容です。

人口6万人の三浦市にとっては大規模なものとなりますが、60年に1度の集会を成功させるために地元実行委員会の皆さんは今、全力をあげています。

ビキニ被災60周年・三浦市民集会

【と き】4月20日(日)13:30〜

【ところ】三浦市民ホール(うらり)2F

【アクセス】京急三崎口駅下車、駅前からバス利用。「三崎港」下車徒歩3分

【プログラム】

★オープニング

★吉田英男三浦市長あいさつ

★記念講演「放射能被害の歴史といま、そして…」講師:安斎育郎さん(立命館大学名誉教授)

★トーク企画「ヒロシマ・ミウラ・フクシマ」

★集会宣言採択

※当日、会場で写真パネル展も開催

【問合せ】TEL 045(231)6284 / FAX 045(261)6577

kana-gensuikyo☆gol.com

(☆を@に変えてください)

原水爆禁止神奈川県協議会(笠木)

Comments are closed.