カテゴリー

アーカイブ

【徳島】26年連続の初詣署名行動

徳島県原水協は6日、JR徳島駅前で新春6・9行動を行い、山本正美代表理事など9人が参加。56筆が寄せられました。

また、3日の徳島市佐古コミセンなど各地の成人式会場前で、新婦人徳島市支部などが署名行動。4日には大麻神社で中内輝彦代表理事をはじめ、徳島民商・平和委員会など10人が1985年以来26年連続の初詣署名行動を行いました。

行動後、賀川豊彦記念館で新年の展望を語り合い、オバマ米大統領と野田首相に、「爆発を伴わない核実験」への抗議など、核兵器のない世界こそ平和と暮らしを守る道だとの要請書(★)を送りました。

徳島県原水協は11日に新年理事会を開催し、役員体制や地域原水協を確立して、2012年の諸課題を協議することにしています。(徳島県原水協 神野美昭)

 

★オバマ米大統領と野田首相への要請書全文

 

アメリカ合衆国

バラク・オバマ大統領 殿

2012年初詣署名・話合いに基づく要請文を送りします。

1、核兵器のない世界めざすプラハ演説の具体化が見られない。しかも未臨界核実験など核兵器開発を続ける態度に強く抗議する。

2、朝鮮・ベトナム・イラク・アフガニスタン・・・、何のために戦争してきたのか、兵器商人のために人々を犠牲にする態度は許せない。

3、米国の日本に対する態度を改めるべきだ。在日米軍基地は日本の安全を守るどころか、侵略戦争の出撃基地になってきた。日本に外国軍事基地はいらない、安保条約やめて、平和友好条約に変えるべきです。

4、米国の失業者が増えている、最大の原因は軍事費拡大の政策、軍事費や核兵器の開発が貧困もたらし、経済を破綻させている。暮らしのために平和政策への切り替えを求めます。

2012年1月4日 核兵器廃絶初詣署名 参加者一同

 

野田佳彦 首相 殿

2012年初詣署名・話合いに基づく要請文を送りします。

1、何をおいても東日本大震災からの復興に力を入れるべきです。

大量の放射能が撒き散らされ、海底深くにも蓄積されている。

2、「3・11」後、何の安全も確認されていないのに、原子力発電所の輸出を進める態度は許せない。被爆国が原発に依存し、放射能を撒き散らし、唯一の被爆国でありながら、アメリカの核兵器に頼る態度は根本的に間違っている。

3、「核の平和利用」名目に原発を推進、そしてプルトニウムの大量保有が核兵器製造を準備していると、世界中から見られている。原発ゼロに改めるべきだ。

4、貧富の差もない豊かな暮らしのためにも日米軍事同盟・安保条約は廃棄すべきだ。暮らし・平和のために、平和憲法つらぬく政治を強く求める。

2012年1月4日 核兵器廃絶初詣署名 参加者一同

Comments are closed.