カテゴリー

アーカイブ

【平和行進】国際青年リレー行進者A・G・サニョさんのスピーチ

ゲレーロ・サニョさん

平和行進でのスピーチ

A・G・サニョ(ゲレーロ・サニョ)

平和教育構築運動 フィリピン

 

私はA・G・サニョです。フィリピンから来ました。平和を信じ、平和を守るために活動しています。

I am A.G. Saño, I am a Filipino, Believer of Peace, Advocate of Peace.

 

幼いころ私は、政治的な紛争が、国に、そしてその国の人々に何をもたらすかを目の当たりにしました。私の父と母、そしておじ、おばたちは、戒厳令下の暗黒の時代に、政治犯として投獄されていました。

At a very young age, I witnessed what political conflicts can do to a country, and its people. My father, mother and some of my aunts and uncles were political prisoners during the dark years of Martial Law.

 

この紛争の下で行われた暴力は、それが故意であってもそうでなくても、理由があるときもそうでない場合も、犠牲者の心と頭に長く続く傷を残すものです。

The violence that came with this conflict, whether done on purpose or not, Whether with reason or none, is something that would last forever in the hearts and minds of its victims.

 

最近私は、フィリピン全土を絵を描きながらあちこちめぐるなかで、フィリピン南部の戦争地帯を訪問しました。私が絵を教えたこどもたちの中には、反政府勢力のこどもたちもいました。私はコミュニティの家の壁に絵を描きながら、どんなに暗い場所であっても、光は必ずあるのだと気づきました。

In recent years, painting around the country, I found myself deep within the war zones of southern Philippines. I taught art to kids, some of them children of rebels. I painted on walls with the communities and discovered that even in places of darkness, there will always be light.

 

光は、平和を願いそのために活動する人々の中にあるのです。平和とは必ずしも戦争がない場所にあるとは限りません。私たちがおこなうあらゆる行動の中に平和はあるのです。

Light comes in the form of people who desire and work for peace. I learned that peace is not necessarily present in the absence of war but in everything we do.

 

平和とは、私たちがともに一つの方向に向かって歩み、人々がお互いを十分尊重する意義ある未来に向かって力を合わせるときに、達成できるのです。

Peace can be achieved if we walk together in a single direction and collaborate for a meaningful future where respect is prevalent .

 

今日、私は平和を目指すアーチストとしてここに立っています。そして希望の証人としてみなさんの前でお話ししています。

Today I stand as an artist for peace. Today I talk as a witness of hope.

 

私はA・G・サニョです。アーチストであり、美術の教師であり、平和の守り手です。

I am A.G. Saño, I am an artist, a teacher of art, an advocate of peace.

Comments are closed.