カテゴリー

アーカイブ

青森県のヒバクシャからの訴え!「私の使命は、原爆で亡くなった14万人の人々のために核廃絶を実現させること」

青森県原爆被害者の会の田中会長

「私の使命は、原爆で亡くなった14万人の人々のために核廃絶を実現させること」

青森県原爆被害者の会会長の田中正司さんは、次のように話されています。

世界が核兵器廃絶へ向かう流れの中、核兵器禁止条約の交渉開始を求める国連総会の決議に日本政府が反対したことには、怒りしかありません。被爆者の願いは、『ヒバクシャ国際署名』を成功させ、生きているうちに核兵器を一気になくすことです。政治家を動かす運動をしなければいけません。

私はもう90歳。高齢化した被爆者に残された時間は長くありませんが、私たちはあきらめません。原爆で亡くなった人のために、自分が動かなきゃいけないと決意しています。

街頭署名に取り組みました!

去る12月12日、青森市さくら野デパート前で、連絡会としては初めての、「ヒバクシャ国際署名」の街頭署名行動を実施しました。当日は17人が参加し、56人分の署名をいただきました。次回は、2月15日です。ご参加をお待ちしております。

★毎月15日の13~14時新町さくら野デパート前で署名活動!是非ご参加下さい★

青森県連絡会とは…

青森県連絡会は、「ヒバクシャ国際署名」をすすめるための青森県の連絡会です。

青森県原爆被害者の会、青森県原水爆禁止の会、原水爆禁止青森県協議会、青森県生活協同組合連合会等15団体が加盟し、協力して次のことを進めたいと思っています。

「被爆者は、すみやかな核兵器廃絶を願い、核兵器を禁止し廃絶する条約を結ぶことを、すべての国に求めます」

◆そのために

○この願いへの賛同署名を県内で20万人分を目標に広げます。

○被爆の実相について学び伝えます。

○被爆者の心を受け継ぎ、平和を守ります。

◆お願い

○この趣旨に賛同できる団体・個人の連絡会加入をお願いします。

○署名用紙の取り扱いが可能な方、県生協連事務局にご連絡下さい。

(ヒバクシャ国際署名をすすめる青森県連絡会ニュースNo.1より)

var addthis_config = {“data_track_clickback”:true,”ui_atversion”:300,”ignore_server_config”:true}; var addthis_share = {}; var addthis_product = “wpp-5.3.5”; var wp_product_version = “wpp-5.3.5”; var wp_blog_version = “4.7.3”; var addthis_plugin_info = {“info_status”:”enabled”,”cms_name”:”WordPress”,”plugin_name”:”Share Buttons by AddThis”,”plugin_version”:”5.3.5″,”anonymous_profile_id”:”wp-51ea01d77790b968d6da58d656d12598″,”plugin_mode”:”WordPress”,”select_prefs”:{“addthis_per_post_enabled”:true,”addthis_above_enabled”:true,”addthis_below_enabled”:true,”addthis_sidebar_enabled”:false,”addthis_mobile_toolbar_enabled”:false,”addthis_above_showon_home”:true,”addthis_below_showon_home”:true,”addthis_above_showon_pages”:true,”addthis_below_showon_pages”:true,”addthis_above_showon_categories”:true,”addthis_below_showon_categories”:true,”addthis_above_showon_archives”:true,”addthis_below_showon_archives”:true,”addthis_above_showon_posts”:true,”addthis_above_showon_excerpts”:true,”addthis_below_showon_posts”:true,”addthis_below_showon_excerpts”:true,”addthis_sidebar_showon_home”:true,”addthis_sidebar_showon_posts”:true,”addthis_sidebar_showon_pages”:true,”addthis_sidebar_showon_archives”:true,”addthis_sidebar_showon_categories”:true,”addthis_mobile_toolbar_showon_home”:true,”addthis_mobile_toolbar_showon_posts”:true,”addthis_mobile_toolbar_showon_pages”:true,”addthis_mobile_toolbar_showon_archives”:true,”addthis_mobile_toolbar_showon_categories”:true,”sharing_enabled_on_post_via_metabox”:true},”page_info”:{“template”:”archives”,”post_type”:””}}; if (typeof(addthis_config) == “undefined”) { var addthis_config = {“data_track_clickback”:true,”ui_atversion”:300,”ignore_server_config”:true};
}
if (typeof(addthis_share) == “undefined”) {
var addthis_share = {};
}
if (typeof(addthis_layers) == “undefined”) {
var addthis_layers = {};
}

(function() {
var at_interval = setInterval(function () {
if(window.addthis) {
clearInterval(at_interval);
addthis.layers(addthis_layers);
}
},1000)
}());

【青森】「ヒバクシャ国際署名」をすすめる青森県連絡会 事務局会議で2017年の年間計画を討議

1月16日、コープあおもり会議室で、第2回「ヒバクシャ国際署名」をすすめる青森県連絡会事務局会議が開かれました。原爆被害者の会から田中正司会長、辻村事務局員、県生協連の鎌田敦子事務局長、原水禁の泉事務局長、原水協の猪股事務局長が集まり、原爆被害者の会の田中会長のあいさつの後、昨年12月からの各団体のとりくみを交流し、今年度の活動計画などを討議しました。

自治体へのアプローチ:1月~2月に県知事、市長訪問

1~2月は県知事、平和首長会議加盟自治体への働きかけを行うことになりました。討議の中で、昨年、県内の平和首長会議加盟自治体が大きく増えたことがわかりました。40市町村中、33市町村が現在、加盟しています。(主にコープあおもりの働きかけ)

今年が勝負・勢いが大事!署名到達10万筆を目標に

今年の3月と6月~7月には、国連で、核兵器禁止条約について交渉する会議が開催されます。事務局会議では,この国連の会議を節に、国際署名の大きな広がりをつくりだす事が重要。今年中に署名を集中して集めようと、2017年の署名到達目標を10万筆と意思統一しました。各団体は集まった署名を月末迄に集計し、事務局団体に報告します。

毎月15日に連絡会としての街宣行動をおこなう

6・9行動とは別に、連絡会としての共同街宣行動を毎月15日に行うことに決めました。2月15日から開始します。午後1時から青森市新町・さくら野前です。

7/15(土)に連絡会会合と学習会を予定 今年の大きな催しとして、7月15日(土)に学習会を企画しました。詳しくは次回会議で。 (1/16付青森県原水協FAXニュースより)

2017年 核兵器禁止条約実現の歴史的チャンス!元旦・新年から全国で行動

広島、長崎の原爆投下から71年。第71回国連総会は、2017年に核兵器を禁止し、廃絶する条約の交渉会議を開催することを多数の加盟国の賛成で採択しました。会議は、3月27日―31日および6月15日―7月7日の2回に分けてニューヨークでおこなわれます。

日本政府は、アメリカ政府と足並みを揃え、決議に反対票を投じました。

しかし、核兵器を禁止・廃絶することは、第1回国連総会が第1号決議で一致して決めた国際政治の基本目標です。核保有国はもちろん、すべての加盟国には、そのために誠実に努力する責任があります。ましてや日本は、人類の歴史の中で唯一、核兵器が実際に使われた、いまなお十余万の被爆者が、心と体の傷に苦しむ国です。日本政府には、核兵器の非人道的な被害を訴え、国民の願いに応えてその努力の先頭に立つ責任があります。

全国の原水協は、核兵器禁止条約の実現を願う声と行動を元旦から響かせます。現時点で寄せられている行動計画をお知らせします。みなさんのご参加をお待ちしています。問い合わせはあなたの街の原水協へ。

【日本原水協】 新年6・9行動 1月6日(金)11:30〜12:30 浅草雷門前 *核兵器廃絶国際署名東京連絡会との共催 【北海道】 新年6・9行動 1月6日(金)12:15〜12:45 JR札幌駅南口広場 *主催:北海道原水協 【青森】 新年6・9行動 1月6日(金) 青森市新町 *主催:青森県原水協 新年6・9行動 1月6日(金) 八戸市 *主催:八戸原水協 新年6・9行動 1月6日(金)弘前市・中三デパート前 *主催:弘前市原水協 新年6・9行動 1月6日(金)十和田市・現代美術館前 *主催:十和田市原水協 【岩手】 新年6・9行動 1月6日(金)12:15〜12:45 盛岡市大通り野村証券前 *主催:岩手県原水協、被団協共催 成人式行動 1月8日(日) 北上市さくらホール *主催:北上・和賀地区原水協 【福島】 新春6・9行動 1月16日(月) 12:15〜12:45 JR福島駅前 *主催:福島県原水協、福島地区原水協 【茨城】 新春行動 1月9日(月祝)12:00〜13:00 水戸駅南口ペデストリアン・デッキ *主催:茨城県原水協 【群馬】 新年6・9行動 1月6日(金)15:00〜16:00 コープ宮古店前 *主催:伊勢崎市平和委員会 […]

【青森】「ヒバクシャ国際署名」行動各地で開始 成人式の日にも宣伝

青森県内の原水爆禁止の会は1月6日、各地で新年最初の6・9行動にとりくみました。

青森市では新町さくらデパート前に11人が集まり宣伝。日本共産党の赤平ゆうと予定候補も駆けつけ「2017年は核兵器のない世界へ歴史的チャンスです。署名の力で世界を動かしましょう」と「ヒバクシャ国際署名」への協力を訴えました。青森センター合唱団の仲間も参加し、ギターとうたごえで宣伝行動を盛り上げました。

八戸市ではコープあおもりるいけ店で行動し、7人の参加で29人分の署名が集まりました。店の風除室内でおこなえたので、署名する人もそんなに寒くなくて良かったそうです。

十和田市では現代美術館前で2人が行動。2人が署名してくれました。1人は香港の人でしたが、日本語と英語で訴え、署名してもらいました。もう1人の方は「お父さんが広島の入市被爆者」でした。参加者は「少人数でも行動して良かった」と話しています。

弘前市では中三デパート前で行動。10人の参加で18人から署名の協力がありました。

成人の日にも宣伝

成人式がおこなわれた1月8日、「戦争いやだ 憲法守れ 中弘南黒の会」は弘前市・中三デパート前で「ヒバクシャ国際署名」への協力を訴える署名宣伝行動にとりくみました。

また、むつ市では成人式会場前で、2人が署名のチラシを配布し宣伝しました。

【青森】雪が積もるなか被爆者の会の会長先頭に署名連絡会が初の共同宣伝行動

「ヒバクシャ国際署名」をすすめる青森県連絡会は12月12日、結成後、初の宣伝・署名行動を青森市さくら野デパート前でおこないました。

宣伝・署名行動には青森県原爆被害者の会の田中正司会長をはじめ、原水爆禁止青森県民会議の今村修会長、原水爆禁止青森県協議会の谷崎嘉治会長、青森県生活協同組合連合会の鎌田敦子常務理事ら10団体から17人が集まり、署名への協力を訴えました。

被害者の会の田中会長は「被爆者の平均年齢はすでに80歳を超えました。青森県内の被爆者も昨年は58人いましたが、現在52人。年々減っています。私たち被爆者が生きている間に核兵器をなくして下さい。そのためにぜひ署名を」と通行人に呼びかけました。その後、連絡会の共同代表が次々とマイクを握り、署名を訴えました。約40分の行動で、56人分の署名と募金が集まりました。

【平和行進】都道府県内コース・日程

北海道

コース図

コース・日程表

北海道内の被核平和都市宣言一覧

青森

コース・日程別

岩手

コース・日程

宮城

コース・日程

山形

日本海コース・日程

内陸コース・日程

6/21山形県都集会・6/22山形市内行進チラシ

福島

コース・日程

行進チラシ

茨城

コース・日程

行進マップ

栃木

コース・日程

群馬

コース・日程

行進マップ

東京

5月6日出発集会、6・7日都内コースチラシ

東京23区コース

東京三多摩コース

平和行進西多摩実行委員会チラシ

埼玉

コース・日程(西)

コース・日程(東)

行進マップ

千葉

コース・日程

神奈川

コース・日程

チラシ

山梨

コース・日程

新潟

コース・日程

長野

コース・日程

行進チラシ

静岡

コース・日程

行進チラシ

愛知

コース・日程

行進チラシ

岐阜 […]

2016年原水爆禁止国民平和大行進・北海道→東京コース(内陸側)通し行進者、松永洋子さんの日誌(6月1日→13日)

160601_2

2016年原水爆禁止国民平和大行進・北海道→東京コース(内陸側)

通し行進者 松永洋子さん日誌(facebook投稿より抜粋)

6月1日(水)

原水爆禁止国民平和大行進・北海道→東京コース26日目。

洞爺湖町の皆さんが手作りお菓子で通し行進者を励まして下さり、3歳の時被爆された、かわばたさんがお話ししてくださいました。

その後、洞爺湖町を平和行進しました。少し雨がちらつきましたが、すぐ止みました。

[…]

2016年原水爆禁止国民平和大行進・北海道→東京コース(太平洋側)通し行進者、木伏研一さん日誌(5月8日→6月11日)

160606

2016年原水爆禁止国民平和大行進・北海道→東京コース(太平洋側)

通し行進者 木伏研一さん日誌

5月8日(日)

原水爆禁止国民平和大行進・北海道→東京コース1日目。

午後、網走市保健センター駐車場で出発集会。新婦人、国公労連、年金者組合、日本共産党、行進者とその応援者などがリレートーク後、保健センターから網走駅まで35分ほど行進しました。

今回、行進者を励ます方が出発地点まで来てアピールしてくださいました。初めての行動だと思います。

[…]

被爆者が訴える核兵器禁止・廃絶の新国際署名に応えて岩手・青森・愛知・群馬・兵庫で署名行動

160411_活動交流ニュース

クリックするとPDFファイルが開きます

被爆者が訴える核兵器禁止・廃絶の新国際署名に応えて青森・東京・埼玉・山梨・新潟・愛知・三重・兵庫・広島・大分で署名行動

160408_活動交流ニュース

クリックするとPDFファイルが開きます

【青森】県原水協が呼びかけた新署名の宣伝署名行動に県被爆者の会会長が初参加 声を振り絞り訴える姿に、いつもより多くの市民が署名

160406_青森6・9行動で被爆者が訴え

署名を呼びかける田中会長

靑森県原水協は4月6日、県内各地の原水爆禁止の会によびかけ、「被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名」の全国いっせい行動にとりくみました。

このうち、青森市・さくら野デパート前の宣伝には青森県原爆被害者の会の田中正司会長はじめ被爆者2人と、新日本婦人の会、年金者組合、民主商工会などの加盟団体から10人の計12人が参加し、新署名の宣伝・署名行動をおこないました。原水協の署名行動に被爆者が参加して、署名を訴えるのは初めてです。

田中会長は「私は71年前に広島で被爆しました。被爆者はあんな生き地獄のような体験は自分たちだけでたくさん。自分たちが生きている間に何としても核兵器のない世界を実現したい。どうか私たちの願いを聞いて下さい。署名にご協力をお願いします」と訴えました。

高齢の被爆者(2人とも89歳)が声を振り絞って訴える姿に、いつもより多くの市民が署名。30分の行動で41人から署名が寄せられました。

(青森県原水協事務局長・猪股あや子)

【青森】八戸市館鼻漁港の岸壁朝市会場で「戦争法」廃止を求める統一署名行動 参加者20人で217人から署名寄せられる

3.27朝市旗

青森県八戸市の「戦争法」廃止を求める三八連絡会は3月27日、同市の館鼻漁港で開催されている館鼻岸壁朝市会場で統一署名にとりくみました。

参加者20人で217人の方から署名協力がありました。18歳の青年が「今年から選挙権があるので、自分の気持ちをはっきりと示したい」と述べて力強く署名したのが印象的でした。

参院選4野党統一候補の田名部匡代さんの激励もありました。

(八戸市・新岡武信)

【日本原水協活動交流ニュース】被爆者とともに3・1ビキニデーに参加を!【大阪】寝屋川から被爆者3人がビキニデー集会へ【青森】派遣目標(5人)を達成!

160216_活動交流ニュース

▲クリックするとPDFファイルが開きます。

【青森】県原水協と市原水爆禁止の会が共同で10月24、26、27日に国連軍縮週間の宣伝行動を計画

011

青森県原水協と青森市原水爆禁止の会は10月24日、26日、国連軍縮週間の宣伝行動をおこないました。

24日は、パサージュ広場でうたごえの仲間と歌いながら核兵器廃絶を訴えました。

26日は、さくら野デパート前で署名を呼びかけました。

27日もおこなうことにしています。

2015国連軍縮週間(10/24-30)全国各地で多彩な行動を予定

軍縮週間宣伝行動ビラ

10/24-30の国連軍縮週間に合わせて、全国各地で多彩な行動が計画されています。

時間、場所などの詳細は都道府県原水協までお問い合わせください。

北海道

・10月26日(月)12:15~12:45@札幌市内中央区パルコ前 被爆70年・国連軍縮週間 宣伝行動

・10月26日(月)~30日(金)@札幌市地下街オーロナコーナー「ヒロシマ・ナガサキ 原爆と人間」パネル展

▲クリックするとPDFファイルが開きます。

青森

・10月24日(土)11:00〜12:00@青森市新町パサージュ広場 国連軍縮週間署名宣伝行動(ミニ原爆展、うたごえなど)

・10月26日(月)12:45~13:15@青森市新町さくら野デパート前 国連軍縮週間署名宣伝行動

・10月27日(火)12:00~12:30@青森市新町さくら野デパート前 国連軍縮週間署名宣伝行動

岩手

・盛岡では署名行動アピールの予定。ほかに、まだ署名していない知事、市長などにアピール署名の申し入れを検討中。

山形

・核兵器廃絶と戦争法廃止を求める安倍首相宛てはがきキャンペーンを計画。

New!群馬

・10月26日(月)、27日(火)、28日(水)群馬県庁で初めて原爆展を実施。

東京

・10月13日(火)外務省への要請

26日(月)軍縮週間中央行動:大使館要請(AM/PM)

27日(火)軍縮週間中央行動:大使館要請(AM)

国連軍縮週間のつどい(署名提出、パネル討論):15:30-18:30 衆議院第一議員会館多目的ホール

29日(木)大阪判決(14:00)・東京判決(15:00)

・ノーモア・ヒバクシャ訴訟勝利と原爆症認定制度の抜本改正をめざす行動(プレ企画16:00~、記者会見16:20~、つどい17:00~日比谷図書文化館コンベンションホール)

30日(金)厚労省との交渉(10:00)、午後各県からの国会議員要請行動

埼玉

・10月28日(水)浦和駅西口で署名宣伝行動。

千葉

・地域8か所で原爆展や署名行動、被爆者の体験聞き取りなどを計画している。

神奈川

・原爆展と宣伝行動でいま各地で計画中。

山梨

・自治体キャラバン、いま準備中。

New!新潟

・10月27日(火)16:00〜17:00@新潟市内JR白山駅前 国連軍縮週間 高校生・大学生・青年を対象の署名宣伝行動と平和講座学習会の呼びかけ。

長野

・10月26日(月)〜28日(水)10:00〜21:00@長野イーストプラザ市民交流センター・1F多目的スペース ヒロシマ・ナガサキ「原爆と人間」展

愛知

・署名行動、反核平和のイベント、自治体交渉など計画をとよびかけている。

・10月25日(日)13:00~15:00@栄 丸栄スカイル前 ど真ん中ハロウィン宣伝※仮装・コスプレ宣伝大歓迎

・11月4日(水)県と名古屋市への非核平和要請行動を計画。(主催は安保、平和委員会、非核の会と原水協)★名古屋市 10時から11時30分、★愛知県 13時から14時30分

京都

・10月24日(土)15:00~16:00@三条河原町 署名宣伝行動

大阪

・10月24日(土)13:30~@大阪社会福祉指導センター 国連軍縮週間のつどい <講演>豊崎博光さん (ジャーナリスト)

兵庫

・10月24日(土)12:00~13:00@神戸大丸前 署名宣伝行動

New!岡山

10月28日(水)12:15〜13:00@岡山駅西口さんすて前 署名宣伝行動

香川

・10月24日(土)大窪寺での「原爆の火」前での建立28周年記念式典にあわせ、原爆写真展と署名行動を計画。

[…]