カテゴリー

アーカイブ

【北海道】「あなたの意思を署名に」被爆者協会と原水協共催で核兵器禁止条約交渉会議に呼応して署名行動

北海道原水協は3月27日、いよいよ始まる核兵器禁止条約を交渉する国連会議に呼応し署名行動をおこないました。天気に恵まれた春休みのお昼時、若い人や観光客が多く、賑やかな署名行動になりました。

背中の真っ赤に焼けただれた原爆パネルをじっと見つめている2人連れの女性、高校を卒業したばかりの青年たちは「えっ(話していた人が)被爆者ですか。自分たちの未来に戦争はいらない」と連れだって署名しました。カナダ出身の男性は署名した思いを、「原爆には反対。皆さんの行動はすごい」と話してくれました。

「核兵器はない方がいい。なくすことができるならなくしたい。自衛隊員の友だちもいる」と21歳の女性は熱心に話し、いろいろ勉強していこうとメールアドレスを交換しました。小さい子ども連れの母親が「広島と長崎に原爆が落とされて、もうそんなことはないようにと署名するんだよ」と話すと、子どもが自分の意思で署名しました。

広島で被爆した金子廣子さん(北海道被爆者協会常務理事)と長崎で被爆した広田凱則さん(札幌被爆者の会会長)が被爆体験を話し、平均年齢80歳を超えた被爆者は核兵器をなくすことを願っていますとよびかけました。

高崎暢弁護士(元北海道被爆者訴訟原告弁護団長)は、「日本政府の核政策を変えさせるためにも、昨年オバマ大統領が広島を訪れておこなった核兵器廃絶発言を実現させるためにも」と署名を訴えました。

北海道被爆者協会から7人、3月19日(日)に北広島駅西口で宣伝署名行動をおこなった北広島原水協からも2人が駆けつけ、参加者は約30人。わずか30分の行動でしたが「ヒバクシャ国際署名」が74人、沖縄全国統一署名が14人から寄せられました。

Comments are closed.