カテゴリー

アーカイブ

【群馬】2016年原水爆禁止国民平和大行進の実行委員会を結成

IMG_4152

4月16日午後、2016年群馬県平和行進実行委員会が開かれました。

最初に昨年の平和行進DVD「一歩でも二歩でも」を視聴して、自己紹介をかねて感想を語り合いました。「2度見たが新たな発見もある。県内にも富岡市の職員ぐるみの出迎えや、保育園児の行進や歌で歓迎する藤岡市など、感動する場面がある」(小田暁夫代表理事)、「渋川地域は3つの自治体で市長らがあいさつする。今年は庁舎の敷地内だけでも一緒に行進するよう働きかけたい」(佐藤明さん)。ドキュメンタリー映画の感動や行進に役立つ場面があることが語られました。この日3本のDVDが販売されました。

このあと、滝沢俊治原水協代表理事は「核兵器の廃絶は憲法の完全実施と一体。平和行進を意気高くとりくもう」とラッセル・アインシュタイン宣言も引用して、戦争の廃絶を呼びかけました。

IMG_4144

滝沢代表理事

コープぐんまの木村利行さんは「沖縄戦跡めぐりや8月に広島へ高校生までの少年少女を送る」など紹介。「平和行進は地域ごとに判断して参加したい」とあいさつしました。

IMG_4145

木村さん

鬼形正弘群馬原水協事務局次長が役員・事務局体制を提案。コープぐんま理事長の梅沢義夫さんら6氏を代表委員に、鬼形事務局長ら4人の事務局員を提案し、承認されました。

IMG_4148

鬼形事務局次長

実施計画については「例年より何か一つでも前進させよう」「すべての自治体に新しい情勢の変化を伝え、被爆者の訴える新署名や首長も歩いてもらう」「国への意見書提出を要請」などの提案を熱心に協議。予算やペナントの配分なども含めて確認しました。

県内通し行進者の伊藤国夫さんは、12年目に挑む決意を述べました。群馬は7月8日に碓氷峠で長野から引き継ぎ、18日に上武大橋で埼玉へ引き継ぎます。

IMG_4153

12年目の県内通し行進の決意を述べる伊藤さん

(群馬県原水協・古沢孝一事務局長のFacebook投稿より)

Comments are closed.