カテゴリー

アーカイブ

【原水爆禁止国民平和大行進】都道府県内コース・日程、16年平和行進グッズ

2016国民平和大行進コース日程

▲クリックするとPDFファイルが開きます。

コース・日程(英語版)はこちら

NEW! 都道府県内コース・日程はこちら

NEW! 2016年国際青年リレー行進者からのメッセージはこちら

5/6-7 東京→広島コース都内コース・日程はこちら

16年平和行進実施要綱はこちら

16年平和行進スポットはこちら

16年平和行進チラシはこちら

16年平和行進グッズはこちら

16年平和行進グッズ注文書はこちら

国際青年リレー行進チラシはこちら

国際青年リレー行進支援募金のお願いはこちら

DVD「一歩でも二歩でも」チラシはこちら

2016年原水爆禁止国民平和大行進_全国通し行進者プロフィール・決意はこちら

5/7平和行進青年交流企画チラシはこちら

【平和行進】都道府県内コース・日程

ポテッカー日本地図


北海道

コース図

コース・日程表

北海道内の被核平和都市宣言一覧


青森

コース・日程別


岩手

コース・日程


東京

5月6日出発集会、6・7日都内コースチラシ


神奈川

コース・日程

チラシ


山梨

コース・日程


新潟

コース・日程


静岡

コース・日程

行進チラシ


愛知

コース・日程

行進チラシ


岐阜

コース・日程


富山

コース・日程


石川

コース・日程


滋賀

コース・日程


京都

コース・日程


和歌山

コース・日程


愛媛

コース・日程


鹿児島

コース・日程

 

【平和行進】2016年国際青年リレー行進者からのメッセージ

イ・ジミン

イ・ジミン(韓国)

韓国体育市民連帯所属、27歳。

 長崎・福岡( 6/28-7/21)を行進する予定。

 今、国民の安全という問題に関心があります。2011年に悲しい事故(福島の原発事故)が起こりました。より大きいリスクや危険を防止し、被害者を生まないためには行動しなければならないと思います。その点で、平和行進はとても意味がある活動です。平和行進が広がれば、原発ノーと安全への人々の意識を変えることができると思います。そのような意味のある活動に参加したいです。


キム・ジョングン

キム・ジョングン(韓国)

韓国体育市民連帯所属、28歳。

 長崎・福岡・広島( 6/28-8/4)を行進する予定。

 以前よりスポーツを通じて多様な表現が可能であると考えていました。金メダルやナイスバディが全てではなく、スポーツを通じて、政治、社会問題などに関わることができると思っていました。その意味で、今回の平和大行進は、広い意味での身体活動を通じて平和と安全について話すことができると考えています。


ゲレーロ・サニョ

ゲレーロ・M・サニョ(フィリピン)

愛称「A・G・サニョ」。「平和を教え、平和運動を作ろう」、壁画アーティスト、気候変動と環境問題提唱者。

 宮城・福島(6/19-30)、大阪(6/30-7/7)を行進する予定。

 広島・長崎の原爆投下70周年の世界大会に参加してもう1年が経とうとしていますが、被爆者の方が私に見せてくれた原爆の絵に描かれた恐ろしい惨害を今もはっきりと覚えています。

 この1年間、昨年の平和行進で受け取った力と希望を糧に、私は自分の国で、平和について語ってきました。

 全ての国民にとって平和が最も大事であるという信念を持って、今年、私は日本のみなさんと連帯してともに歩き続けます。


メアリー・テレーサ・ノーブ

メアリー・テレーサ・ノーブ(フィリピン)

愛称「マテット」。ミンダナオ人民平和運動地域組織担当。ビデオ・フォトグラファー、グラフィックアーティスト、ブロガー、30歳。ミンダナオ州立大学大学院でコミュニケーションとメディアを専攻。

 岡山・広島(7/16-8/4)を行進する予定。

 何事も時なり。今年、日本のみなさんとともに、原水爆禁止国民平和大行進の国際青年リレーを岡山から広島まで歩きます。正義と平和を求め長い道のりを歩んでこられたみなさんの運動に心から敬意を表します。

 学生の頃から平和と人権を求めて活動してきましたが、人生の先輩たちがいつも私たちを導いてくれました。そして、私たち若者はこの平和と正義を求める運動の仲間になることができました。

 いつも若い人たちを運動に引き込んでください。それが、世代間の隔たりを埋め、彼らの世代に素晴らしい現在と未来を保障することになります。二度と、人類がこの極限の暴力と大量殺戮の犠牲にならないように。核兵器ノー!ノーニュークス!

2016年原水爆禁止国民平和大行進・東京→広島コース通し行進者、山内金久さんの日誌(5月6日〜19日)

2016年原水爆禁止国民平和大行進・東京→広島コース

通し行進者 山内金久さん日誌(facebook投稿より抜粋)


5月6日(木)

原水爆禁止国民平和大行進・東京→広島コース初日。

160506_1

夢の島出発集会。11時少し前に到着したら、すでに希望のエリアの有志のみなさんが激励ミニ集いの横断幕。記念写真、スピーチ、合唱を終えてから弁当をいただきつつ、松平晃さんとデュオの打ち合わせ。ソロでは度胸を決めて、覚えたての「ノーパサラン」「平和の暦」。デュオは「喜びの歌」。

160506_2

通し行進者のひとこと決意は気分良くできた。街頭での行進団への反応良し、銀座はさすがに外人さんが多い、ビルの窓から、そして窓清掃労働者も、なんと客待ちタクシーに手を振ったら希望のエリアの仲間のIさんを見つけエールの交換、とても元気が出た。

5月7日(土)

原水爆禁止国民平和大行進・東京→広島コース2日目。

160507_4

港区長代理の中島由美子総務課長から挨拶とペナントをいただき、青空のもと、「青い空は」を大熊さんのギターと一緒に伴奏し合唱して行進出発。

4列300人が六郷橋で神奈川県行進団と合流し、560人に膨れ上がる。

160507_6

松平晃さんが恒例の出迎え演奏。

川崎市役所での引き継ぎ集会で私は挨拶と「原爆許すまじ」「青い空は」を伴奏し大合唱。スイス・ジュネーブで開催されていた国連核軍縮会議に出席し、昨日帰国したばかりの日本原水爆被害者団体協議会の和田征子事務局次長が報告。日本の国連大使の発言が核兵器廃絶の世界世論に対して後ろ向きで恥ずかしかったという。この話には、いよいよ安倍政権を取り換えるしかないと改めて思った。

160507_7

5月8日(日)

原水爆禁止国民平和大行進・東京→広島コース3日目。

160508_1

川崎市役所を出発。国際青年リレーのタスキは小学3年生の昇汰君が掛けてくれた。なので、午後の行進出発前に「アンパンマンマーチ」で元気に出発。4時の解散地点まで頑張ってくれた。日曜日でもあって沿道の子供達からの手振り反応も良く、彼のおかげだ。

5月9日(月)

原水爆禁止国民平和大行進・東京→広島コース4日目。

川崎市高津区役所の出発集会では副区長から激励、神奈川県の被爆者が挨拶したので、やはり「原爆を許すまじ」「青い空は」、午後の出発前には「アメイジング・グレイス」を奏でる。

休憩地で日本鋼管労組青年部の一員として1958年に西本あつしさんと一緒に第1回平和行進を歩いたという84歳の山田さんから声を掛けられ、記念のツーショット。松平晃さんが送り出しで「上を向いて歩こう」を奏でる。

この日の手作りデコレーションコンテスト入賞はにぎやかな横断幕でした。トランペット伴奏で合唱し元気に出発。

160509_1

午後は小雨が降り出す。行進途中で折り鶴を預かり、ビルを見上げたら「戦争法安保法制は違憲!」の懸垂幕にビックリ。

160509_3

5月10日(火)

原水爆禁止国民平和大行進・東京→広島コース5日目。

予報に反し青空のもと、「青い空は」を歌って相模原駅を出発。途中、相模総合補給廠西門前で抗議のコール。

相模原市役所では市長から激励を受け、出発前にお隣りの北区で活動していたアコーディオン奏者と合唱の伴奏。デコレーションコンテスト入賞は新婦人のみなさんでした。

160510_1

キャンプ座間では宿舎から手を振る人がいた。そしてゲート前で抗議のコール、代表のスピーチに続き私は「ウィーシャルオーバーカム」を奏でる。

160510_2

座間市役所では名水「ざまみず」をいただき、被爆者の会会長で広島被爆者の田村さんが被爆体験を話され改めて被爆者の呼びかけた署名運動に取り組む決意を固めた。「ウィー・シャル・オーバーカム」を吹く。

5月11日(水)

原水爆禁止国民平和大行進・東京→広島コース6日目。

160511_1

海老名市役所を暴風のなか出発。綾瀬市役所では市長代理から挨拶を受ける。なんと定数20のうち14人の議員が勢揃いして出迎えて挨拶をされたのには驚いた。

厚木基地が近くなると軍用機の騒音がだんだんひどくなる。基地正門前は厳重な警備で立ち止まれず、抗議のコールをしながら通り過ぎる。「静かな空を返せ」のコールがピッタリだった。

160511_2

この日のデコレーションコンテスト入賞は団扇でした。

160511_3

5月12日(木)

原水爆禁止国民平和大行進・東京→広島コース7日目。

160512_1

天王町駅前公園、旧東海道帷子橋跡で出発集会。新婦人手話サークルの「さんぽ」に伴奏で飛び入り。

全くの快晴のなか、横浜市役所に到着し松平晃さんの出迎え演奏と私とのデュオ「喜びの歌」。

県庁では日本共産党県議団と記念撮影。

この日の手作りデコレーションコンテスト入賞は新婦人南支部でした。

160512_2

朝からビッグニュースのオバマ大統領の広島訪問決定については私もスピーチで触れ、59年続けてきた平和行進が被爆者の活動と相まって世界をここまで動かしてきたことに確信を持って今年の行進と広島世界大会を大きく成功させましょう!と訴えた。

5月13日(金)

原水爆禁止国民平和大行進・東京→広島コース8日目。

上大岡の出発集会では挨拶と「青い空は」を合唱。途中、休憩のコープでトイレ待ちの時に見かけた3年生のコープ見学の感想文のシール。しっかりした筆跡なのでつい同学年の孫のことを思い出した。

160513_1

手作りデコレーションコンテスト入賞は風船80個、横断幕、アフロ・ヘアー。

160513_2

160513_3

160513_5

160513_4

移動中にきれいな海にヨット。太平洋で向こうは房総半島が近くに見える。マグロの本場で夕食には立派なマグロの兜でした。

160513_7

160513_6

5月14日(土)

原水爆禁止国民平和大行進・東京→広島コース9日目。

ビキニ水爆実験で三浦三崎も大きな被害を受けた。「核兵器廃絶平和都市宣言」碑、被爆アオギリ二世、若い市職労書記長が平和運動を引き継ぐ決意表明に感動。

160514_1

160514_2

160514_3

三崎商店街を行進したが手振り多く元気が出る。

ビキニ水爆被害のマグロを埋めた場所に「塚」を立てようという話は住民の同意を得られなかったという。

今日は土曜日なのでヨットがたくさんいた。

米軍横須賀ゲート前では抗議のコール、ヴェルニー公園では解散集会で「アメイジング・グレイス」を演奏。その後、帰ったばかりの原子力空母「ロナルド・レーガン」、原子力潜水艦などを撮る。

160514_4

160514_6

160514_7

5月15日(日)

原水爆禁止国民平和大行進・東京→広島コース10日目。

葉山町役場の出発集会では日曜日にもかかわらず町長、議長が直接激励され、私が代表してお受けする。お二人とも一緒に行進され、議長は隣の逗子市役所まで歩いてくれた。

160515_1

160515_2

160515_3

米軍池子基地ゲート前では抗議のコール。

160515_4

160515_5

観光地鎌倉市内、八幡宮での行進では外国人が多く、たくさんの手振りをいただき、元気が出た。

大船観音では被爆者のお話をお聞きし、松平晃さんとデュオ。ふくよかな観音さんのショット。

160515_6160515_6

160515_7

160515_9

160515_8

5月16日(月)

原水爆禁止国民平和大行進・東京→広島コース11日目。

藤沢市を出発し、途中、恒例のひまわり園の園児達7人が行進に合流。「さんぽ」を歌いだしたのでトランペットで伴奏。隊列に子供たちがいると大人が元気になる。

160516_2

1.2キロメートル先にある到着地点の神台公園では「大きなうた」「手の平を太陽にすかして見れば」をトランペット演奏。

茅ヶ崎市役所で激励いただき被爆者の会からお礼の挨拶。

国道1号線相模川馬入橋450メートルを渡って平塚市内、中央図書館で集結。

本日の手作りデコレーションコンテスト入賞が発表されパチリ。

160516_3

5月17日(火)

原水爆禁止国民平和大行進・東京→広島コース12日目。

平塚市中央図書館の出発集会でいきなりダンシング・パフォーマンス。コープのダンスサークル30人が一糸乱れぬ見事さに慌てて撮る。

160517_1

今日は朝から雨。ここでは2月のうたごえ新聞の辺野古座り込み合宿で一緒だった五十嵐さんが鍵盤ハーモニカを演奏、再会の記念写真。

二宮駅前で「ガラスのうさぎ」の説明を受ける。

160517_4

二宮町役場で激励を受ける。驚いたのは「ガラスのうさぎ」の歌を町長と副議長さんがそれぞれマイクを持ち歌ったこと。歌もさることながら、感動した。

160517_3

160517_2

5月18日(水)

原水爆禁止国民平和大行進・東京→広島コース13日目。

鴨宮は「新幹線の発祥地」にビックリ。出発集会の前に姪と15年ぶりに再会。小田原駅までの午前中のコースを一緒に行進。積もる話ができた。富士山も青空の中くっきりと見えて気持ちいい行進。

160518_1

小田原市役所で市の激励を受け、みんなで合唱。

160518_2

160518_3

真鶴町では町長が挨拶の後、先頭で横断幕を持って数百メートル行進。

160518_4

160518_5

下校時の子どもたちが一緒にコールしながらもらった風船をかざして行進。元気がいいので行進団もみんな励まされた。

160518_6

5月19日(木)

原水爆禁止国民平和大行進・東京→広島コース14日目。

神奈川県最終日は湯河原観光会館を出発。途中、一昨年には平和大行進北海道コースの富良野市にも来てくれた国会前脱原発「希望のエリア」のHさん夫妻が合流。

160519_3

広崎公園では松平晃さんが出迎え演奏。

160519_4

Hさんが持参してくれた希望のエリアの仲間の寄せ書きを抱え記念写真。

160519_5

17日に宿泊させていただいた箱根町議の山田さんともいい顔で。

160519_6

そして千歳橋川端公園で静岡県への引き継ぎ集会。

160519_7

13日間行進と寝食を共にした神奈川県のみなさんとの惜別、畑田重夫先生のスピーチに感動。

160519_1

160519_8

熱海ビーチラインを横目に平和大行進は続く。

160519_9

5/22(日)10:00-12:00@伊勢市観光文化会館 三重・愛知県原水協が被爆者とともに伊勢志摩サミット緊急アクション

伊勢市原爆展

三重県原水協・伊勢市原水協は、5月22日から29日まで伊勢市観光文化会館2階展示室で広島・長崎両市主催、三重県・伊勢市共催の「ヒロシマ・ナガサキ原爆展」が開催されるのに合わせて、被爆者の声を伝え、アメリカはじめ核保有国と日本政府に対し、核兵器禁止条約の交渉開始へ行動するよう求める「ヒバクシャ国際署名」緊急アクション(宣伝署名行動)を予定しています。


日時は5月22日(日)10:00、28日(土)10:00、29日(日)10:00 / 14:00 の都合4回。場所はいずれも伊勢市観光文化会館前の市道(近鉄宇治山田駅前)です。(※都合により変更になる可能性があります)

初日の行動には、三重県原水協、三重県原爆被災者の会(三友会)のみなさんに加え、愛知県原水協も愛知県原水爆被災者の会(愛友会)・個人のみなさんと一緒にとりくむことにしています。

横江英樹・愛知県原水協事務局長は「当日は、愛知民主会館から午前7時30分に、伊勢に向かって出かけます。現地参加も、大歓迎です!」と参加を呼びかけています。お問合せ・乗車希望の方は、愛知県原水協(052-932-3219)まで。

2016年原水爆禁止国民平和大行進・北海道→東京コース(内陸側)通し行進者、松永洋子さんの日誌(5月5日→17日)

2016年原水爆禁止国民平和大行進・北海道→東京コース(内陸側)

通し行進者 松永洋子さん日誌(facebook投稿より抜粋)


5月5日(木)

160505_1

出発!進行ー!新幹線ひかり500にてたった今北海道に向かい出発しました。

ご近所さんと年金者組合の先輩達が「一歩でも二歩でもご一緒に いつでもどこでもご一緒に 核兵器廃絶と世界平和にむけて」の横断幕を広げ新幹線ホームまで見送りにきてくれました。とても心強く、嬉しかったです。皆さん有り難うございます。

松永洋子、行ってきまーす。

北海道原水協に無事着きました。2時30分から原水爆禁止国民平和大行進・北海道→東京コース全国通し行進者、北海道内通し行進者の自己紹介と打ち合わせ。

160505_3

ほとんど初めてお目にかかる方なのにそんな感じがしません。皆さん、核廃絶に熱い心の持ち主です。明日からの行動が楽しみです。

160505_4

5月6日(金)

160506_1

12時から、札幌大通り公園で、被爆者が訴える核兵器廃絶の国際署名と原水爆禁止国民平和大行進の宣伝行動をしました。

160506_2

5月8日(日)

160508_2

原水爆禁止国民平和大行進・北海道根室コースの出発式が納沙布岬でおこなわれました。

集会の前に神忠志・根室市議会議員が北方領土の話を私に話してくださいました。

同じくお若い橋本竜一・根室市議会議員に、国際青年リレー行進タスキにサインをしてかけていただきました。

160508_1

160508_3

根室市内を平和大行進中は、なかなか風が強かったです。

良いお天気のなか、車から手を振ってくれる人もいます。日曜日で子どもも手を振ってくれました。

5月9日(月)

160509_4

原水爆禁止国民平和大行進・北海道根室コース2日目。

朝、根室市役所訪問、根室市長さんからのペナントを根室市総務課長さんから、手渡ししていただきました。確かに、お預かりいたします。

今日は、自治体まわりです。北海道は、広いので移動だけで大変です。

朝の根室市役所に始まり浜中町、厚岸町、釧路町でそれぞれ町長、議長、教育長をお訪ねし、募金とペナントをお預かりしてまいりました。

北海道原水協や議員さん、各団体の皆さんのお力添えがあり、快く書いて下さいました。

5月10日(火)

原水爆禁止国民平和大行進・北海道根室コース3日目。

今日も自治体回りをしています

北海道弟子屈町役場に国民平和大行進が春のサクラたちと一緒にやってきました。

午後は 鶴居町役場です。

160510_2

釧路市内を平和大行進して、鶴ヶ岱公園にて集会。若い参加者が多く約70人で盛り上がりました。若いパワーをたくさんいただきました。

5月11日(水)

原水爆禁止国民平和大行進・北海道根室コース4日目。

釧路、十勝は朝から雨になりました。

今日も自治体訪問をしました。ペナントに記名戴いたりして、記念撮影をお願いしたら喜んで応じてくださり、体に気を付けて頑張るように、と言って励ましてくださいました。

160511_1

160511_3

5月12日(木)

原水爆禁止国民平和大行進・北海道根室コース5日目。

帯広市、幕別町は良いお天気になりましたが、風がとっても強いです。そんな中、今日も幕別町役場、帯広市役所、芽室町役場、その他を訪問しています。議員さん、新婦人さん達が案内してくださいます。車の運転は民商さんの若者です。ホントにご苦労様です。

160512_3

帯広の平和大行進 が12日18時よりおこなわれました。小学生が最前列で横断幕をもっての平和大行進でした。国際青年リレーのタスキも繋がっています。とても風の強い1日でしたが皆元気に行進しました。

160512_4

5月13日(金)

原水爆禁止国民平和大行進・北海道根室コース6日目。

本日暑いくらいの晴天、朝から自治体訪問です。本日最後の鹿追町役場への訪問途中で雪が積もっている山と満開に咲いたサクラの両方を写真に撮ることができるポイントがありました。鹿追町には「白蛇姫舞」という伝説があるそうです。

160513_1

5月14日(土)

原水爆禁止国民平和大行進・北海道根室コース7日目。

晴天です。帯広から南富良野役場まで、北海道の景色の中を100キロ近く移動して、南富良野役場に着きました。

160514_1

11時、南富良野に引き継がれ、13時30分から市民生協富良野店前にて署名活動、中学生が署名してくれました。

160514_3

その後、富良野市内を平和大行進しました。最高のお天気に、遠くに大雪山連峰があり富良野市内がはっきり見えました。滅多に見られない景色だそうです。

5月15日(日)

原水爆禁止国民平和大行進・北海道根室コース8日目。

富良野市最後の夜、スマホが充電中アクシデント。ウンともスンとも言わなくなり、DOCOMOショップに連れて行っていただき一件落着!良かったー!データ消えていなかった。

富良野の美しい景色の中を移動し芦別市に入りました。スーパーの前で新しい核兵器廃絶国際署名のお願いと平和大行進の訴え、芦別平和診療所、 勤医労芦別支部の若い皆さんが頑張っていました。

160515_2

5月16日(月)

原水爆禁止国民平和大行進・北海道根室コース9日目。

芦別市から赤平市そして歌志内市に引き継がれました。傘マークの天気予報でしたが、爽やかに晴れました。

国際青年リレータスキも繋がっています。

160516_1

160516_3

歌志内市、傘マークだった天気予報でしたが青空が見える良いお天気になりました。

第一声、シルバーハウジング前で平和大行進宣伝行動と平和大行進をしてきました。人数は少なくてもチームワークがとれた平和大行進でした。

午後もガンバルヨー!!

5月17日(火)

原水爆禁止国民平和大行進・北海道根室コース10日目。

勤医協歌志内のデイサービスを訪問し皆さんと交流を深め、平和大行進を応援していただきました。お昼前に上砂川町に引き継ぎました。

160516_3

上砂川町役場にて町長から募金とペナントをいただき国際署名もいただきました。

網走コースの木伏研一さんと根室コースの松永が、砂川市で合流できました。

160517_4

北海道の春の花と共にお知らせしますぅー!!

6時頃から平和大行進します。

(つづく)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【岡山】5/19 17:30~@岡山駅西口 オバマ大統領の広島訪問にあたり緊急アクション

岡山県原水協は5月19日、17:30から岡山駅西口さんすて前で「緊急アクション」(宣伝署名行動)をおこないます。お近くの方は是非ご参加ください。

160519_岡山チラシ

クリックするとPDFファイルが開きます

【山梨】被爆者と一緒に訪問して本当に良かった ー 山梨県原水協が被爆者の会と一緒に自治体へ「核兵器廃絶国際署名」の要請行動

kakuheikihaizetu20160516

自治体要請する県原水協の菅沢事務局長(中央)と 県被爆者の会の遠山理事(右端)

山梨県原水協は同県被爆者の会のメンバーと一緒に自治体へ「核兵器廃絶国際署名」の要請行動をおこなっています。13、16日に8自治体(山中湖村、富士吉田市、富士河口湖町、忍野村、西桂町、都留市、大月市、上野原市)を被爆者の会の遠山陸子理事と訪問した菅沢三郎県原水協事務局長からのリポートです。


被爆者と一緒の自治体訪問は、核兵器廃絶への被爆者の思いが、自治体で対応する方に大きなインパクトを持って伝わることを実感しました。「富士吉田市の被爆者の遠山です」と自己紹介されると、対応される方は一様に驚かれます。遠山さんは、自らが3歳で被爆したことや、兄が爆心地から400メートルで被爆したことを話します。

私は、「今回の被爆者連名による国際署名の訴えは、被爆者の渾身からの呼びかけです」と紹介します。どの自治体の方も、この署名をしっかり受け止められ、7月に原水爆禁止国民平和大行進団が訪ねる時には、首長の署名をはじめ、職員や家族の署名、ペナントを託していただくことを快く承諾していただいています。

訪問での対話では、「夫婦で広島の平和資料館を訪ねました。核兵器はすぐになくさなければなりません」(富士吉田市副市長)や「非核都市宣言をしています。毎年広報に核兵器をなくすこと、次代に平和を繋げることなどを市民に伝えています」(上野原市)などのとりくみも紹介していただきました。同行された被爆者の遠山さんは、「自治体の方も核兵器をなくす同じ思いでおられることに胸が熱くなりました」と感想を語りました。

また遠山さんは、「被爆者の思いを汲んで、原水協の方達がこのようなとりくみをしていただいていることに感謝しています」と自治体の皆さんに伝えています。

被爆者と一緒に訪問したことは本当に良かった。これが実感です。

17日は県被爆者の会の中島辰和事務局長と県原水協の平賀嘉仁代表委員が山梨県庁や甲府市へ訪問、県被爆者の会・会計監査の佐野真穂子さんと県原水協の林武之輔代表委員もペアになるなど、5月中は訪問が続きます。また、自治体以外に、日蓮宗総本山、身延山久遠寺への訪問も予定しています。

5/16・19 オバマ大統領の広島訪問決定緊急アクション!被爆者の声を聞き、核兵器全面禁止へ行動を

13055737_848220151956241_166396801859694453_o

オバマ米大統領が、527日に被爆地広島を訪問することが決まりました。

アメリカの大統領が初めて広島を訪問することに大きな関心が集まっています。

この機会に、被爆者の声を伝え、アメリカをはじめ核保有国と日本政府に対して、核兵器禁止条約の交渉開始へ行動するよう求め、「緊急アクション」(宣伝署名行動)をよびかけます。

行動では、被爆者団体(個人)に声をかけて、核兵器廃絶国際署名に一緒にとりくみましょう。

【行動日】 516日(月)、519日(木)

(日本原水協は16日午後5時よりJR御茶ノ水駅前でおこないます)

 ※各地の行動計画をお知らせください。

原水爆禁止2016年世界大会グッズ(パンフレット、バッジ、ポスター)のご案内

2016世界大会資材のご案内(頒価)

クリックするとPDFファイルが開きます

 

【東京】キックオフ行動に被爆者36人参加し11か国277人から署名集める

13087864_848104381967818_7349981016544390757_n

日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)は4月27日、渋谷ハチ公前で「ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名」キックオフ行動をおこないました。

IMG_1115

署名を呼びかける田中煕巳・日本被団協事務局長

田部千江子弁護士の司会で被爆者と支援団体のみなさんがリレートーク。田中煕巳・日本被団協事務局長の開会あいさつに続き、東京の大岩さん、千葉の児玉さん、神奈川の木元さん、埼玉の佐伯さんがそれぞれの県を代表して訴えをおこない、藤森俊希、木戸季市両事務局次長や、新潟から駆けつけた被爆2世の西山さんもマイクを握りました。

IMG_0287

被爆者を支援する思いを語る安井正和・日本原水協事務局長

支援団体からは、世界宗教者平和会議日本委員会の篠原祥哲さん、原水爆禁止日本協議会の安井正和事務局長、ピースボートの川崎哲共同代表、日本平和委員会の千坂純事務局長が被爆者の願いを受け止めて、核兵器をなくすために署名に協力を呼びかけました。

署名をもらいながら国際交流する高草木博・日本原水協代表理事

署名をもらいながら国際交流する高草木博・日本原水協代表理事

45分間の行動で11か国を超える国(アメリカ、イギリス、フランス、中国、インド、ルーマニア、ドイツ、バングラデシュ、オランダ、ブラジル、日本)の277人が署名。参加者60人のうち半数を超える36人が被爆者でした。

「ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名」自治体関係者向け署名簿を作成

160323_日本被団協記者会見

核兵器禁止・廃絶を訴える新たな国際署名運動にとりくむことを記者会見で発表する日本被団協の田中煕巳事務局長(3月23日・東京)

日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)は3月23日、都内で記者会見をおこない、核兵器禁止・廃絶を訴える新たな国際署名運動「ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名」にとりくむことを発表しました。
これを受けて、日本原水協は自治体関係者向け署名簿を作成しました。

1、「訴え」

2、一体型

3、分離型

原水爆禁止国民平和大行進での自治体要請などの際にご活用ください。

【平和行進】東京→広島コース出発集会で林田光弘さんの連帯あいさつ決定

IMG_0626

2016年3・1ビキニデー集会で連帯あいさつする林田さん

5月6日(金)正午から、東京都江東区夢の島第五福竜丸展示館前でおこなわれる2016年原水爆禁止国民平和大行進東京→広島コースの出発集会で明治学院大学の林田光弘さんが連帯あいさつをすることが決まりました。

林田さんは、今年3月に静岡県焼津市で開かれた被災62年3・1ビキニデー集会でも連帯あいさつし、感動を呼びました。一部紹介します。

 「3・1」が残した反核平和運動、そして「3・11」が残した新たな市民運動は、市民の政治参加を「日常」の一部にしました。日本国憲法の下、主権在民として一人ひとりの「いのち」のために立ち上がる市民は、日を増すごとに大きくなっています。そうした反面、冷戦の崩壊後の新たな世界秩序の形成の中で各国にナショナリズムが高まり、日本でも政権を中心とした国家主義が台頭しています。

核を巡る議論も例外ではありません。国民のための「安定的な電力」を建前として再稼働を進める動きの前に、原発に反対する人々の「いのち」の声はかき消され、政治的な抑止力のために用いられる核兵器を前に沖縄では「東アジアの平和」のために基地に反対する沖縄の人々の「いのち」の声はかき消されています。

「全体の利益」の幻想に浸って、一つの「いのち」を蔑ろにするような政治を私たちは変えなくてはなりません。そのためには、より多くの人々の行動と連帯が必要です。なぜなら、企業とは私たちから成り、国家とは私たちから成るからです。私たちの生きるこの社会は、私たち一人ひとりのものであり、その社会は私たちが作らなければなりません。

久保山さんだけではありません、今日まで数多くの先人達が私たちに言葉を残してくれました。彼らの言葉を受け継ぎながら、次の世代に向けて絶えず言葉を紡いでいきましょう。

*全文は「2016年3・1ビキニデー集会の記録」をお読み下さい。

【東京】厚労省前でノーモア・ヒバクシャ訴訟、福岡高裁判決、控訴するなと集会

IMG_4220

ノーモア・ヒバクシャ訴訟、福岡高裁判決、控訴するな!厚生労働省前の集会が4月20日開かれました。

IMG_4221

熊本地震の関係で熊本の被爆者や弁護団が参加できないなか、東京の被爆者団体の「東友会」のみなさんや弁護士、東京原水協、日本原水協から35人が参加。厚生労働省は上告するな!と声をあげました。

IMG_4222

(田中章史さんのfacebook投稿より)

【熊本】被爆者の会前事務局長の中山高光さんと連絡が取れる

13006740_1035312246548364_4087561001756614239_n

2016年4月15日の熊本県民医連事務所の様子(撮影=木下興全日本民医連事務局次長)

熊本の地震により県内の被爆者の皆さんの様子が心配です。

日本原水協専門委員の伊藤直子さんを通じて熊本県原爆被害者団体協議会前事務局長の中山高光さんと連絡が取れました。

中山さんのお宅は食器棚が倒れ、ガラス窓が割れた程度。片付けは大変ですが、電気は通じているので、何とか自宅で生活できています。「14日にがたがたになってしまった家の中を片付けたところに、また大きいのがきて、本が散らばってまたひどいことになってしまった」とのことです。

中山さんの弟さんが益城町に住んでいるため心配されていたのですが、連絡が取れたそうです。「水は出るが濁っているので、飲めない。近所で地下水が出るところがあるので、息子さんが取りに行ってくれている。他の被爆者の様子などはわからない」とのことです。

中山さんinパレード

2015年NPT(核不拡散条約)再検討会議にあたり開かれたニューヨークでのピースパレードに参加する中山さん(右端)

気象庁は18日、熊本、大分両県で発生している一連の地震で、体に感じる地震は14日夜から18日午前0時までで492回に達した、と発表。マグニチュード(M)3.5以上の比較的大きな地震は、17日午後1時半までに165回に上り、1995年以降の内陸や沿岸で発生した地震で最多となりました。

熊本県内ではこの地震により死者が42人、行方不明者が10人前後に上り、11万人が避難しています。引き続き、十分お気を付けください。

熊本震災義援募金を開始しました。ぜひご協力ください。

【募金受付先】

肥後銀行 県庁支店 普通 店番159  口座1540150

原水爆禁止熊本県協議会事務局長 高尾 肇