カテゴリー

アーカイブ

【日本原水協】被爆者12人とともに核兵器禁止を訴え 6・9行動で100人以上から署名寄せられる

190306_日本原水協活動交流ニュースダウンロード

【東京】原爆パネル展「ケイショウ −あの日と今日を繋いで」実行委員 亀井杏寿さんインタビュー

学生による原爆パネル展・有志で結成された実行委員会が2月10、11両日、原宿のギャラリーで原爆パネル展「ケイショウ −あの日と今日を繋いで」を開催しました。責任者の亀井杏寿さん(津田塾大学2年)にお話を伺いました。

お洒落やスタイルを大切に

――  なぜギャラリーで展示しようと思ったんですか?

亀井 最初は大学の教室とかを借りて、安くやろうかなと思っていたんですけど、やっぱり若者向けっていう風に考えたときにお洒落とかスタイルとか大事と思って、お洒落な貸しスペースを探していて。

広島・長崎で学んだことを伝えたい

――  なるほど。じゃあ、きっかけは何ですか?

亀井 東京学生ツアーで原水爆禁止2018年世界大会-広島の報告会をした時に、被爆の実相などを自分自身が学びきれていないし、一昨年は長崎に行ったんですけど、その2年間で自分が長崎や広島で学んだことを伝えなきゃという思いを持ったのに、どれくらい伝えられたのかなって振り返ってみると、全然できていないなぁと思って、一応ゼミとかで呼びかけて「ヒバクシャ国際署名」を集めたりしたんですけど、それぐらいしかできていなくて。

――  何人分ぐらい集めたんですか?

亀井 5人分ぐらいです。

――  署名用紙1枚は埋めたというのは、すごいです。

亀井 今回何かできたらいいな、みんなでやればできるかなって思って。

――  じゃあ東京学生ツアーに参加したメンバー有志でという感じですか。

亀井 はい。

[…]

【東京】学生有志が原宿のギャラリーで原爆パネル展「ケイショウ −あの日と今日を繋いで」を開催

学生による原爆パネル展・有志で結成された実行委員会は2月10、11両日、東京・原宿のChromatic Galleryで原爆パネル展「ケイショウ −あの日と今日を繋いで」を開催しました。実行委員の報告です。

2月10日、11日に行った原宿・Chromatic Galleryの原爆パネル展は110人の参加でした!!

この参加者の半分くらいはその場で興味を持って入ってくれた方でした。チラシを渡したり少し声をかけると「見たい」と言って入ってくれたり、歩きながらチラシをじっと眺めてくれてるなーと思ったらUターンして入ってくれたり…本当に色んな人との出会いがありました。

家族連れの方や2人組の方、若い人が興味を持ってパネルをじっくり見て、コメントを書いてくれる姿に胸が熱くなりました。「通りがかってよかった」というコメントを残してくれた大学生もいました。写真の鳩は、来場者のコメントです。この鳩がカラフルになって終われたこともとても嬉しかったです。

このパネル展を知ってきてくれた方々にはもちろん感謝の気持ちでいっぱいですが、やってよかったと思うのはそうした偶然の中でこの場を共有できたなと実感できたことです。伝えていくことやっぱりすごく大切だなと思いました。

このような経験ができた企画を提案してくれた後輩には感謝の気持ちしかありません!ありがとう!!

また、お借りしたギャラリーのホームページにも今回の企画が紹介されました。普段は企業などのアパレル関係のイベントに使われるギャラリーだそうで、紹介ページとしては中々の異色…このように紹介していただいたことも新たな広がりだなーと思いました。

実行委員の亀井杏寿さんのインタビューはコチラ

[…]

【全日本民医連】被爆70年ヒロシマデーに合わせて事務局が核兵器全面禁止アピール署名・宣伝行動 東京在住の被爆者が証言

0806_民医連1

全日本民主医療機関連合会(全日本民医連)事務局は8月6日、この夏で最高に暑いと思われる中、御茶ノ水駅前で宣伝をおこないました。

この日は、広島への原爆投下から70年という区切りの日であったので、東京の被爆者団体「東友会」の片山昇さん(13歳の時、広島で爆心から1.7kmで被爆)に参加していただき、被爆体験を通行人の皆さんに話していただきました。

▲通行人に被爆体験を語る片山さん

ものすごく強い日差しを浴びて、額の汗がしたたり落ちる中、なんと24人の職員が結集して奮闘してくれました(ちなみにあまりの暑さで谷口次長のサンダルの底板の接着剤が溶けて、底板がはずれてしまうほどでした)。本当に参加された皆さんお疲れ様でした。

やはり被爆70年という日に当たるためか、いままでになく多くの方が署名をしてくれて、わずか30分足らずで28筆の署名が集まりました。

(全日本民主医療機関連合会事務局・稲原資治)