カテゴリー

アーカイブ

2017年 核兵器禁止条約実現の歴史的チャンス!元旦・新年から全国で行動

広島、長崎の原爆投下から71年。第71回国連総会は、2017年に核兵器を禁止し、廃絶する条約の交渉会議を開催することを多数の加盟国の賛成で採択しました。会議は、3月27日―31日および6月15日―7月7日の2回に分けてニューヨークでおこなわれます。

日本政府は、アメリカ政府と足並みを揃え、決議に反対票を投じました。

しかし、核兵器を禁止・廃絶することは、第1回国連総会が第1号決議で一致して決めた国際政治の基本目標です。核保有国はもちろん、すべての加盟国には、そのために誠実に努力する責任があります。ましてや日本は、人類の歴史の中で唯一、核兵器が実際に使われた、いまなお十余万の被爆者が、心と体の傷に苦しむ国です。日本政府には、核兵器の非人道的な被害を訴え、国民の願いに応えてその努力の先頭に立つ責任があります。

全国の原水協は、核兵器禁止条約の実現を願う声と行動を元旦から響かせます。現時点で寄せられている行動計画をお知らせします。みなさんのご参加をお待ちしています。問い合わせはあなたの街の原水協へ。

【日本原水協】 新年6・9行動 1月6日(金)11:30〜12:30 浅草雷門前 *核兵器廃絶国際署名東京連絡会との共催 【北海道】 新年6・9行動 1月6日(金)12:15〜12:45 JR札幌駅南口広場 *主催:北海道原水協 【青森】 新年6・9行動 1月6日(金) 青森市新町 *主催:青森県原水協 新年6・9行動 1月6日(金) 八戸市 *主催:八戸原水協 新年6・9行動 1月6日(金)弘前市・中三デパート前 *主催:弘前市原水協 新年6・9行動 1月6日(金)十和田市・現代美術館前 *主催:十和田市原水協 【岩手】 新年6・9行動 1月6日(金)12:15〜12:45 盛岡市大通り野村証券前 *主催:岩手県原水協、被団協共催 成人式行動 1月8日(日) 北上市さくらホール *主催:北上・和賀地区原水協 【福島】 新春6・9行動 1月16日(月) 12:15〜12:45 JR福島駅前 *主催:福島県原水協、福島地区原水協 【茨城】 新春行動 1月9日(月祝)12:00〜13:00 水戸駅南口ペデストリアン・デッキ *主催:茨城県原水協 【群馬】 新年6・9行動 1月6日(金)15:00〜16:00 コープ宮古店前 *主催:伊勢崎市平和委員会 成人式行動 […]

【平和行進】都道府県内コース・日程

北海道

コース図

コース・日程表

北海道内の被核平和都市宣言一覧

青森

コース・日程別

岩手

コース・日程

宮城

コース・日程

山形

日本海コース・日程

内陸コース・日程

6/21山形県都集会・6/22山形市内行進チラシ

福島

コース・日程

行進チラシ

茨城

コース・日程

行進マップ

栃木

コース・日程

群馬

コース・日程

行進マップ

東京

5月6日出発集会、6・7日都内コースチラシ

東京23区コース

東京三多摩コース

平和行進西多摩実行委員会チラシ

埼玉

コース・日程(西)

コース・日程(東)

行進マップ

千葉

コース・日程

神奈川

コース・日程

チラシ

山梨

コース・日程

新潟

コース・日程

長野

コース・日程

行進チラシ

静岡

コース・日程

行進チラシ

愛知

コース・日程

行進チラシ

岐阜

コース・日程

[…]

【熊本】被爆者の会前事務局長の中山高光さんと連絡が取れる

13006740_1035312246548364_4087561001756614239_n

2016年4月15日の熊本県民医連事務所の様子(撮影=木下興全日本民医連事務局次長)

熊本の地震により県内の被爆者の皆さんの様子が心配です。

日本原水協専門委員の伊藤直子さんを通じて熊本県原爆被害者団体協議会前事務局長の中山高光さんと連絡が取れました。

中山さんのお宅は食器棚が倒れ、ガラス窓が割れた程度。片付けは大変ですが、電気は通じているので、何とか自宅で生活できています。「14日にがたがたになってしまった家の中を片付けたところに、また大きいのがきて、本が散らばってまたひどいことになってしまった」とのことです。

中山さんの弟さんが益城町に住んでいるため心配されていたのですが、連絡が取れたそうです。「水は出るが濁っているので、飲めない。近所で地下水が出るところがあるので、息子さんが取りに行ってくれている。他の被爆者の様子などはわからない」とのことです。

2015年NPT(核不拡散条約)再検討会議にあたり開かれたニューヨークでのピースパレードに参加する中山さん(右端)

気象庁は18日、熊本、大分両県で発生している一連の地震で、体に感じる地震は14日夜から18日午前0時までで492回に達した、と発表。マグニチュード(M)3.5以上の比較的大きな地震は、17日午後1時半までに165回に上り、1995年以降の内陸や沿岸で発生した地震で最多となりました。

熊本県内ではこの地震により死者が42人、行方不明者が10人前後に上り、11万人が避難しています。引き続き、十分お気を付けください。

熊本震災義援募金を開始しました。ぜひご協力ください。

【募金受付先】 肥後銀行 県庁支店 普通 店番159  口座1540150 原水爆禁止熊本県協議会事務局長 高尾 肇

被爆者が訴える核兵器禁止・廃絶の新国際署名に応えて青森・東京・埼玉・山梨・新潟・愛知・三重・兵庫・広島・大分で署名行動

160408_活動交流ニュース

クリックするとPDFファイルが開きます

【大分】ちひろカレンダーを持参して初めての被爆者自宅訪問 これまで子どもを含めて誰にも話したことのないという被爆体験を話してくれました

151219_活動交流ニュース

▲クリックするとPDFファイルが開きます

 

被爆者訪問を計画し、結びつきを強めよう/被爆者の会の会長らと相談し、初の訪問を計画中! 大分/年末にかけて、ちひろカレンダーを持って被爆者訪問を計画 奈良

151204_活動交流ニュース

▲クリックするとPDFファイルが開きます。

【大分】核兵器廃絶国際デー 核兵器廃絶に背を向ける安倍政権への批判の訴えに聞き入る人も

大分県原水協は9月26日、大分市中央部の商店街で、5団体から5人が参加して核兵器廃絶国際デー大分行動をおこないました。

戦争法成立の直後でもあり、核兵器廃絶に背を向ける安倍政権への批判には市民の関心も高く、訴えを立ち止まって聞き入る人もいました。

(大分県原水協事務局長・遠入健夫)

【大分】悪条件の中、元旦から初詣参拝客に署名を訴え

DSC_4167

大分県原水協は1月1日、大分市の春日神社入口で市原水協とともに元旦署名行動をおこないました。

2015年の元旦は大分にしては珍しく朝から大雪と強風と悪条件が重なったため初詣の参拝客もまばらでした。署名用紙が雪で濡れるなど大変でしたが、帰省客が「寒いのに大変ですね。戦後70年、いいかげんに原爆はなくしてもらいたい」などと声をかけていただき、手袋のまま署名していました。3人連れの韓国人青年は、最初は言葉が通じにくかったのですが、「核兵器をなくすための署名」の意味が通じると「分かりました」と揃って署名していきました。

積雪で参加を断念する人もありましたが、1時間の行動には7団体から10人が参加し46筆の「核兵器全面禁止のアピール」署名が寄せられました。

(大分県原水協事務局長・遠入健夫)

【大分】原爆写真や原水爆禁止世界大会のポスターが通行人の関心を呼ぶ

5月6.9行動2

大分県原水協と同市原水協は5月6日12時30分から、大分市の中心街で6・9署名行動を5団体9人の参加でおこないました。

アーケードの中に原爆写真を展示し、2014年原水爆禁止国民平和大行進が東京と北海道から開始されたことを伝えながら、「国連にあなたの署名を届けます」と呼びかけました。

原爆写真や原水爆禁止世界大会のポスターが通行人の関心を呼び、「ご苦労さん」などと声をかけていただき、30分余りで61筆の署名が寄せられました。

【大分】新婦人県本部の会員たちが憲法記念日集会の会場前で署名行動

F1010323

新日本婦人の会大分県本部は5月3日、大分市で開催された憲法記念日集会の会場前で署名行動をおこないました。行動には6人の会員が参加し、約40分の行動で119筆の「核兵器全面禁止のアピール」署名を集めました。 (大分県原水協事務局長・遠入健夫)

【大分】県・市原水協が共同で6・9行動

大分県原水協と同市原水協は3月6日、大分市の中心街のアーケード内で「6・9行動」をおこないました。

寒い日でしたが展示した原爆写真パネルを見て「こんなこと二度と繰り返してはいけませんね」とか「寒いのにご苦労さんです」などと声をかけていただきました。

1時間の行動には5団体から5人が参加し、「核兵器全面禁止のアピール」署名36筆とカンパ300円が寄せられました。

(大分県原水協事務局長・遠入健夫)

【大分】「3.11 いのちのわ ― さよなら原発おおいた集会」 で原爆写真展

F1010160

大分県原水協は昨年に続き3月10日に開かれた「3.11 いのちのわ ー さよなら原発おおいた集会」(労組や市民団体で構成する実行委員会が主催)で、医療生協と協力して会場の一角に原爆写真展と署名のコーナーを設けました。

原爆写真展には早々から小学生の子ども連れの親子などが相次いで訪れ、真剣に見入っていました。小学3年生の二人連れの女の子は「焼き場の少年」や「見てください」「生きぬいて」などの写真の前に長く立ち止まり説明文を読んでいました。

150人を超える人たちが写真展を鑑賞し、82人の署名と1000円の募金が寄せられました。

【大分】国連に届けるという訴えに激励あいつぐ

大分県原水協は10月26、30の両日、署名行動を大分市内でおこない、延べ12人が参加しました。みなさんの署名は国連へ届けます、と訴えていると「いままで署名は書くけどどこに行くかわからなかった。国連へいくんですね、安心して署名できます」と署名する人や、毎月6・9行動を継続している場なので「みなさんが毎月行動しているのは知っています、これからも続けてください」「大事なことだから頑張ってください」など激励があいつぎました。

(大分県原水協・遠入健夫)

【大分】ピースコンサート会場で原爆写真展

大分県原水協は3月10日「平和のための戦争展in大分」が開催したピースコンサート会場のロビーで、新しい「原爆と人間」写真展を行いました。

早めに会場を訪れた人たちが次々と写真パネルの前で足を止め、被爆者の言葉などの説明文を丹念に読みながら写真に見入っていました。「プラットホームの母と子」「焼き場の少年」「見てください」の3枚のパネルの前で2人の少年が長い間見つめ「こんなこと本当にあったの」と父親に聞いていました。

1枚目の写真から説明文を読みすすめていた女性は時折「ひどい」「むごい」などとつぶやきながら1枚1枚じっくりと見続けていました。

新しい「原爆と人間」パネルにつけられた被爆者の「生の声」や適切な「説明文章」は訪れた人たちには大変好評です。

大分県原水協では大分県被団協と共同して春から夏までに県下の自治体などへの「原爆と人間」の購入と展示などの要請を行うよう話し合っています。また、大分県医療生協との共催で生協の班の所在地で「写真展」を行う話し合いを進めています。

(大分・遠入健夫)

【大分】神社の前で元日署名行動

大分県原水協と大分市原水協は1月1日、初詣客で賑う大分市の春日神社入口に「ツインタワー」の大判写真を掲示して、恒例の元日署名行動を行いました。行動には6団体から8人が参加し、約1時間の行動で141筆の署名と募金が寄せられました。

今年の元日は、今にも降りだしそうな空模様も影響してか、例年に比べて参拝客の出足はよくありませんでしたが、署名への関心はいつもより強く「核兵器もだが、原発廃止も訴えてください」と言って署名した人もいました。

4人連れの晴れ着の娘さんがピースサインをしながら署名に応じ、家族揃っての署名や里帰りしているお孫さんと一緒に署名していく姿など正月ならではの署名行動でした。

「あなたの署名を国連に届けます」との呼びかけに「署名は本当に国連に届くのですね」と「ツインタワー」の看板を見つめながら署名に応じていました。

(大分県原水協 遠入健夫)