カテゴリー

アーカイブ

【埼玉】6・9行動500回記念のつどいを開催 原水爆禁止蕨市協議会

dc060705★

▲500回目の6・9行動(6月6日、蕨駅西口)

原水爆禁止蕨市協議会(蕨原水協)は記録を取り始めた1976年1月を第1回とし、今年6月6日に500回目の6・9行動をおこない、同月8日には“500回記念のつどい”を開催しました。

6・9行動は、毎月6日から9日の4日間を被爆者援護・原水爆禁止の行動日として運動を継続的におこなおうと提唱されたのがスタートで、1960年のことです。蕨市では1976年1月から参加団体数、参加者数、署名数、募金額が記録されています。その間、雨の日も風の日も行動し、多くの年は8月6日と9日の両日におこなってきました。「嵐のため中止」の記録は1回だけです。

つどいでは、蕨原水協会長の杉本憲さんの主催者あいさつに続いて、瀬高英雄市長が「私も200回までは参加していた」と来賓挨拶しました。

▲主催者あいさつする杉本会長

▲来賓あいさつする瀬高市長

埼玉県原水協の佐藤俊一事務局長、埼玉県原爆被害者協議会の吉村さんなどがあいさつ。長く会長を務め、現在は顧問の炭谷巴之助さんが乾杯の発声。参加者全 員が6・9行動や原水爆禁止世界大会参加への思いを語り、「初めての6・9行動は1966年、私の古い手帳に記録されている」(元日本共産党市議)、 「46歳になる長女をおぶって6・9行動に参加した記録があるから、最初が76年より前だったことは間違いない」などの発言もありました。

▲蕨市の平和運動の歴史がわかる写真も多数展示

会場には、蕨市の平和運動の歴史がわかる写真も多数展示され、参加者は懐かしい思い出を交流し合いました。

【埼玉】暴風雨のなか署名行動—上尾原水協

5.9上尾原水協6・9行動1

埼玉県の上尾原水協は5月9日、JR上尾駅前で被爆者援護・連帯の「6・9」行動をおこないました。午後3時からの予定でしたが、開始当初は暴風が吹き、ときおり大粒の雨が降るなか5人の参加で18筆の「核兵器全面禁止のアピール」署名が寄せられました。

被爆国として核兵器禁止の平和のイニシアチブを、被爆の惨状などを訴えながら署名を呼びかけました。この署名は国連へ届けられますと言うと、「そうですか」と署名に応じる高校生もいました。

(上尾原水協・田中裕久)

【埼玉】4月の6・9行動を8か所でおこない、あわせて139筆を集める

2014.3.6 東浦和

2015年4月までに40万筆の署名目標を掲げ、現在までに23万6820筆の到達の埼玉県原水協は、4月の6・9行動を8か所でおこない、あわせて139筆を集めています。さいたま市原水協は、埼玉土建と新婦人を中心に浦和駅西口で87筆を集めたほか、蕨市、越谷市、上尾市、新座市、ふじみ野市、入間市は街頭で、鶴ヶ島市は3・1ビキニデー集会の報告会を20数人の参加者でおこなう中で署名を集めました。

職場での署名活動を継続的に進めているのが自治労連埼玉県職です。2012年暮れから13年初頭にかけ、県原水協が作成した、埼玉県知事や地域婦人会会長の顔写真入りの署名用紙を職場に配布する中で、「知事も賛同しているなら」と課長の協力もあり、いままで署名に協力しなかった職員も署名。その後も継続されて今月も26筆が届けられ、本庁や出先の行政職職員の10数%にあたる1311筆を集めています。

2015年に向け、新婦人は現在3万を超えている中で、さらに一会員5筆の署名目標にして8万を目指しています。上尾市原水協は4月26日には学習会をおこない、交流を深めます。

▲クリック(PDF)

【埼玉・上尾原水協】JR上尾駅で6・9行動 被爆写真を見ながらや車椅子で近づいて署名する人に励まされる

140306_上尾原水協6・9行動

埼玉県の上尾原水協は3月6日午後3時から1時間、JR上尾駅東口で核兵器廃絶、被爆者援護・連帯の「6・9行動」をおこないました。

6人が参加し、署名39筆、募金2200円が寄せられました。風がつめたく本当に寒い日でしたが、展示してある被爆写真を見ながら署名する人や、車椅子で近づいてきて署名する人などが続き、参加者は励まされていました。

【埼玉】さいたま市浦和区が6・9行動

冷たい北風が強く吹く中、埼玉県原水協は3月6日、浦和駅西口で6・9行動をおこないました。埼玉土建本部8人、新婦人浦和支部6人、同県本部1人、県原水協2人の計17人の参加で、署名は53筆が寄せられました。

署名行動を始めた時は、寒いためか足早に通り過ぎる人が多かったですが、だんだんと協力してくれる方が増え、いつもと同じくらいの署名数になりました。

夕方5時からは、さいたま市緑区が東浦和駅で行動することにしています。

【埼玉】旧騎西高校の双葉町避難所に「ちひろカレンダー」25本贈りました。あなたのお部屋にもどうぞ!!

131122_埼玉県原水協FAXニュース

 

▲クリック!

【埼玉】さいたま市議会が核兵器廃絶の取組み強化を求める意見書を全会一致で採択

2013年11月 6・9チラシ 2面

▲クリック

【埼玉】原爆パネルを見せながら署名を訴え

埼玉県原水協とさいたま市原水協は9日正午から1時間、JR浦和駅西口で6・9行動を行い、駅乗降客や通行人に「核兵器全面禁止のアピール」署名を訴えました。「原爆と人間」写真パネルを駅前の垣根に立てかけ通行人に見てもらいながら宣伝カーで訴えました。

さいたま市では前日の8日、「さよなら原発埼玉県民集会」が行われ、2300人を超える人々が集まりましたが、そのことも知らせながらの訴えに「原発は絶対いや、なくしてほしい」と言いながら署名する女性もあり、署名89筆とカンパ3230円が寄せられました。この行動には、埼玉土建、新婦人などから18人が参加しました。

(埼玉県原水協 佐藤鋼司)

 

【埼玉】「3.11 きずなを結ぶ埼玉のつどい」で被爆写真と署名行動

埼玉県原水協は、東日本大震災から1年の3月11日、大宮駅近くの大宮ソニックシティ前にある鐘塚公園で開催されたチャリティイベント「3.11 きずなを結ぶ埼玉のつどい」に展示ブースを設け、新しい「原爆と人間」パネルを展示しました。

各写真に添えられたコメントに見入る人も多く、「前のパネルは見たことがある。今度のは、コメントが入っていてよくわかる」などの意見が寄せられ、好評でした。

関心のある人からは、「うちの市でも展示したいが、パネルを貸してもらえるか」「パネルはポスター仕様と聞いたが、展示用パネルはどのように作ったのか」などの質問も寄せられました。

署名は、「核兵器全面禁止のアピール」が32筆、「原発からの撤退」が35筆寄せられました。

【埼玉】「近く浦和に転居する。そうしたらお手伝いしたい」と福島県浪江町出身の青年

埼玉県原水協とさいたま市原水協は6日、正午から1時間、浦和駅西口で定例の6・9行動を行いました。参加者は14人で、「核兵器全面禁止のアピール」署名が95筆でした。

途中青年が参加者に話しかけてきました。「両親は津波で亡くなりました。私は独身で、原発のため今は茨城県に住んでいますが、さいたま市で警備の仕事をすることになり、近く転居してきます。本格的にこちらで生活していくつもりです」と言い、「手伝えることがあれば手伝います」と申し出てくれました。

3月11日に実行委員会が開催する「きずなを結ぶ埼玉のつどい」への参加を呼びかけたところ「ちょうど転居の支度で茨城へ行っている期間なので」と断られましたが、「原発も核兵器もなくそうというのはそのとおり。転居してきたら連絡します」と言ってくれました。

【埼玉】わらび原水協が469回目の6・9行動

わらび原水協は2月9日、蕨駅西口で469回目の6・9行動を行いました。

蕨の行動はいまのわらび原水協会長の炭谷巴之助さん(92歳)が数え始めて40年近く継続している行動になります。炭谷さんは、いまも毎月の6・9行動や原水協の行事には自転車でかかさずに参加しています。

▲署名を集める炭谷会長

山脇紀子副会長は「まもなく58回目の3・1ビキニデーを迎えます。ビキニデーはその被害の大きさだけでなく、人々の行動が歴史を動かした点でも記憶にとどめる日でもあります。核兵器のない世界へ、歴史のページを開くのは、そのために努力する多くの政府の協力と市民社会の草の根の行動、みなさん一人ひとりの行動です」とマイクから訴え、「核兵器全面禁止のアピール」署名への協力を呼びかけました。

寒い中での行動でしたが、階段を降りてきてすぐに署名する人や、学生や家族連れの若い世代が積極的に署名をしていく姿も見られました。

この日の行動には4団体11人が参加し、署名は21筆、募金は1221筆が集まりました。次回は3月9日(金)午後5時半から蕨駅西口で行われます。

わらび原水協では、他に6・9行動での募金を被爆者の方にお渡しをする「第31回被爆者連帯援護わらびの集い」を12月3日に開催したり、8月6日の広島原爆投下の時間には、1758年(宝暦8年)に作られたもので江戸時代の名鐘の一つと数えられ、戦時中の金属供出も免除となった鐘をもつ長泉院で市長と被爆者の方を迎えての「第46回原爆死没者慰霊鐘つき祭」など継続して行っています。

【埼玉】「核兵器全面禁止のアピール」署名の大飛躍めざす1・21学習・交流集会に43人の参加

埼玉県原水協は1月21日、「核兵器全面禁止のアピール」署名の大飛躍めざす1.21「学習・交流集会」を開きました。

朝からみぞれ交じりの冷たい雨が降り、王子駅前の飲食店街の火災による送電線切断、信号故障で高崎線、宇都宮線、京浜東北線などの運休・遅延も重なりましたが、全県の8団体、11地域原水協から43人が参加。プロジェクターを駆使した日本原水協・安井正和事務局長の講演に聞き入りました。

安井事務局長は、「2011年の行動で、『核兵器全面禁止が世界のゆるぎない流れ』となっていると確信した」と強調。国連総会や国連第1委員会での各国の活動、NATO加盟国内での動き、中南米カリブ海首脳会議・ASEAN外相会議などの動向を紹介しました。

安井氏はつづいて「核兵器廃絶の目標は政府と市民社会の共同の努力でこそ実る」と述べ、セルジオ・ドゥアルテ国連軍縮問題担当上級代表の第1委員会開会演説や潘基文国連事務総長の東西研究所での講演で、原水協がNPT再検討会議に提出した700万筆の署名が紹介されたこと、昨年3月、原水協の署名が国連本部の常設展示にされたことなどを紹介しました。

安井氏はまた核兵器禁止に背を向ける日本政府を「『核兵器廃絶』を口にするが、それを実行する努力は拒否」と厳しく批判。「核の傘」では日本の安全は守れないこと、国民は「非核3原則」を支持し、非核自治体宣が86.9%に拡がっていること、普天間基地の無条件撤去を求める運動や原発ゼロ、エネルギー政策の転換を求める声の高まり、TPP反対、年金・社会保障改悪への怒りなど、「国民世論はアメリカ言いなり、財界言いなりの政治に批判を強めている」として、「日本を非核の方向に変える大きなチャンスを迎えている」と強調しました。

安井氏は最後に「核兵器のない世界の扉を開くために、新アピール署名の飛躍を」と呼びかけ、全日本仏教会との懇談、北海道七飯町の経験、新春の各地の署名行動などを紹介。3・1ビキニデー、4月末のNPT準備委員会に向けて署名の大波をと訴えました。

質疑応答では、たくさんの質問が寄せられ、一つひとつ丁寧に回答がありました。

参加者の感想

原水協の署名が国連本部に常設展示されていること、国連の事務総長やドゥアルテ上級代表が演説で原水協の署名に言及していることなど、草の根の運動が世界を動かしているんだと実感できました。その一方で、日本政府の態度には本当に腹が立ちます。(春日部市議 卯月武彦)

昨年秋の国連総会で新アジェンダ連合の提案に169カ国、核兵器禁止条約の交渉開始を求めるマレーシア提案には130カ国が賛成(中国やNPT参加外のインド、パキスタン、北朝鮮も)するなど、私たちの新アピール署名に託される「世界から核兵器をなくしたい」思いは、確実に国際政治に届き、次回のNPT再検討会議にむけて核兵器廃絶の流れが広がっていることが確信できました。(新婦人浦和支部 関原雅子)

(2012年2月6日付「原水協通信」埼玉版第133号より)

【埼玉】朝からの冷え込みが一時的に収まるなか、浦和駅前で6・9行動

埼玉県原水協とさいたま市原水協は9日、浦和駅西口で6・9行動を行いました。朝からの冷え込みが一時的に収まるなか、県原水協の佐藤事務局長、埼玉土建の竹嶋常任中執(県原水協常任理事)、埼教組の北村書記長が交代で訴えました。

50分の行動には5団体から22人が参加し、「核兵器全面禁止のアピール」署名が58人から寄せられました。

【埼玉】非核平和のまち本庄を全国へ、世界へ発信

2010年12月19日に本庄市原水協が主体となった「本庄市非核平和都市宣言の碑」建設市民実行委員会が本庄市役所前庭で除幕式を行いました。

碑の揮毫(きごう)者畑田重夫氏、吉田信解市長、高橋和美市議会議長、茂木孝彦教育長、碑の建設発起人の月生田幸枝氏や市内4中学校から8人の生徒ら60数名が出席しました。

埼玉県原水協からは、吉野良司理事長が出席しました。

▲市役所前庭に設置された非核平和都市宣言碑

▲碑の裏側には原水協のシンボルマークである「わか葉」も入っています

▲クリック! ▲クリック! ▲クリック!

本庄市原水協は本庄民商を事務局に「核兵器全面禁止のアピール」国際署名キャンペーン市民実行委員会を結成し、市長、議長、教育長、自治会連合会会長、児玉郡医師会長など著名人の連名でチラシを出しています。

▲クリック

2010年本庄市原水協のとりくみを紹介したニュースはコチラ

▲クリック! […]

【埼玉】福島県双葉町を激励、救援募金6万円手渡す

埼玉県原水協は3月22日午後、福島第1原発から町役場まるごとさいたまスーパーアリーナに避難してきた双葉町役場を吉野良司理事長と佐藤俊一事務局長が訪ねました。

町長が次の避難場所とされる加須市の旧県立騎西高校に出向いていて不在のため、秘書広報課の大住宗重課長と懇談・激励、救援募金6万円を手渡しました。

吉野理事長は、「私たちは核兵器のない世界をめざして活動している団体です。このたびの事故は、絶対に許されない。この事故にあわれた皆さんに、心からお見舞いを申し上げます」と述べました。

大住秘書課長は、「ほんとうにありがとうございます。救援金は、町長に代わって私が受けとらせていただきます。町長には、皆さんの趣旨をお伝えいたします」と応えました。

 

▲大住秘書課長(左)に募金を手渡す吉野理事長