カテゴリー

アーカイブ

【日本政府に核兵器禁止条約への参加・署名・批准を求める意見書決議】北海道の沼田町議会が採択をして468自治体議会に

自治体意見書例文(2020年7月)ダウンロード

468自治体(2020年7月7日現在)

【基準】 日本政府の禁止条約への署名、批准など、条約への参加を求めているもの ※趣旨採択(11自治体)を含む。

[…]

【兵庫】加印原水協がんばる!初詣とトンド祭で100筆以上も!

200125_兵庫県原水協ニュースNo.36ダウンロード

【兵庫】被爆75年 年頭から署名にダッシュ!

200109_兵庫県原水協ニュースNo.35ダウンロード

【兵庫】県被団協主催 兵庫県が後援 ヒバクシャ国際署名推進のつどい 100人を超える人が出席で熱い盛り上がり

191027_兵庫県原水協FAXニュースNo.32ダウンロード

【兵庫】芦屋市議会 核兵器禁止条約意見書を採択 「ヒバクシャ国際署名」兵庫県保険医協会1万枚の署名用紙を取り寄せ 明石原水協は8千枚

190927_兵庫県原水協FAXニュース(31)ダウンロード

【兵庫】芦屋市で日本政府に核兵器禁止条約への調印・批准求める請願を採択

兵庫県の芦屋市議会は9月24日、芦屋市原爆被害者の会(千葉孝子会長)から出されていた「国に『核兵器禁止条約』への署名・批准を求める意見書採択についての請願書」を賛成多数で採択し、議員提出議案として出された「意見書」を可決しました。

請願ならびに意見書に賛成したのは、日本共産党、あしやしみんのこえ、BE ASIYA、改革維新の会の4会派と無所属議員の計12人、反対は自民党、公明党の2会派、8人です。

請願の紹介議員には、日本共産党の平野貞雄議員と無所属(新社会党)の山口みさえ議員がなりました。委員会審査では冒頭に提出者の千葉会長が意見陳述を行い、自らの広島での被爆体験をもとに核兵器廃絶への切実な思いを語りました。

意見書は、「この地球上から核兵器をなくすことは、『ふたたび被爆者をつくるな』と訴えてきた原爆被爆者の悲願」「日本政府は、今こそ地球上の核兵器廃絶に向け、政府間の調整役など国際社会から期待される主導的役割を果たすべき」として「日本政府および国会に対し、核兵器禁止条約に署名・批准することを強く要請します」としています。

【兵庫】明石市東播建設労組「ヒバクシャ国際署名」5000枚の署名用紙を取り寄せ 被爆者と一緒の訴えに反響

PDFはこちらダウンロード

【兵庫】被爆者は核兵器廃絶を心から求めます「ヒバクシャ国際署名推進のつどい」被爆75年・2020年を核兵器廃絶への転機の年に

PDFはこちらダウンロード

【兵庫】「ヒバクシャ国際署名」核兵器禁止条約を!9月20日(金)核兵器禁止条約の調印開始2周年←→9月26日(木)国連核兵器全面廃絶国際デー

PDFはこちらダウンロード

【兵庫】世界大会受け初めての行動 安倍政権に核兵器禁止条約を迫ろう! 芦屋市議会委員会で日本政府への意見書採択

PDFはこちらダウンロード

【兵庫】新年最初の6・9行動に神戸市被爆者の会の会長も参加 海外からの観光客の署名あいつぐ

180106_兵庫県原水協ニュースダウンロード

【兵庫】「ヒバクシャ国際署名」15万人分まであと少し!全首長署名まであと4人(加古川市、高砂市、洲本市、南あわじ市)

181210_兵庫県原水協核兵器廃絶運動ニュースNo.17Download

【兵庫】日本政府は核兵器禁止条約に調印せよ!川西新市長も署名 残すはあと4人

クリックするとPDFファイルが開きます

【兵庫】県被団協が県知事はじめ23市長11町長の顔写真入り「ヒバクシャ国際署名」意見広告ポスターを作製

記者会見後の岡邉理事長(右)と鹿島孝治副理事長

兵庫県被団協の岡邉好子理事長らは7月2日、県庁記者クラブで記者会見をおこない、「ヒバクシャ国際署名」賛同首長の顔写真入り意見広告ポスターを作製したこと、兵庫県知事はじめ23市長11町長が賛同し、県知事、神戸市、川西市、三田市、宝塚市、伊丹市、尼崎市、西宮市、芦屋市、篠山市、丹波市、淡路市、神河町、市川町、福崎町の市長町長が顔写真を掲載して「ヒバクシャ国際署名」の賛同を広く県民に呼びかけていることなどを紹介しました。

県被団協役員は会見後、県原水協の手配した車で県内諸団体へ報告、要請に訪れました。これを力に署名の推進をはかります。

意見広告ポスター

【兵庫】トランプ米政権が核兵器を使いやすくする新方針/「高く評価」と歓迎する安倍政権を許せないと「ヒバクシャ国際署名」が集まる

クリックするとPDFファイルが開きます