カテゴリー

アーカイブ

「21万羽おりづるプロジェクト2011」始動

2007年に「核兵器なくそう・世界青年のつどい」準備委員会委員長を務めた小林秀一さん(元プロボクシング日本ウェルター級チャンピオン)が、今年も「21万羽おりづるプロジェクト」を提案し、さっそく3月9日から「21万羽おりづるプロジェクト2011」を有志で始動させることになりました。

小林さんは、「9日は長崎原爆で亡くなった人の命日であり、3・1ビキニデー集会直後から長崎をメインに行われる原水爆禁止2011年世界大会に向かう最初の青年たちの行動としてとりくみたい」と意気込んでいます。

【転送転載歓迎】

「21万羽おりづるプロジェクト2011」
日時:3月9日(水)12:00〜13:00
場所:東京文化会館前(左写真)
アクセス:JR上野駅、公園口(山手線、京浜東北線、常磐・成田線、常磐線、高崎線、東北本線)*東京メトロ上野駅、7番出口(銀座線・日比谷線)*京成上野駅、公園口(京成線)

内容:通行人に折り紙を配り、折り鶴を折ってもらいながら原爆の悲惨さ、命の重さを考えてもらいます。また、二度と繰り返さないために、「核兵器全面禁止のアピール」署名を集めます。
※雨天の場合は中止となります。

「バナー作り」
日時:3月2日(水)13:00〜
場所:日本原水協会議室


アクセス:JR御茶ノ水駅、御茶ノ水橋口(総武線、中央線)*東京メトロ御茶ノ水駅、1番出口(丸ノ内線)、新御茶ノ水駅、B1番出口(千代田線)
内容:「21万羽おりづるプロジェクト」で使うバナーを遊びながら作ります。
問い合わせ先:03−5842−6031(担当:前川)

※「21万羽おりづるプロジェクト」とは
1945年8月6日広島、9日長崎にアメリカが投下した、たった2発の原子爆弾によって、その年の暮れまでに奪われた21万人(広島14万人、長 崎7万人)の命をリアルに感じるために、21万羽の折り鶴を集め、あの日に消えた命を思い起こし二度と同じ過ちを繰り返さないという決意を固め合うプロ ジェクト。
鶴を折ってもらう過程で原爆の悲惨さ、命の重さを考えてもらい、二度と繰り返さないために核兵器をなくそうという心を集める。

Comments are closed.