カテゴリー

アーカイブ

【秋田】県被団協事務局長を先頭に原爆写真を持ちアピールや訴え、署名とチラシ配布で核兵器全面禁止条約に関する会議の成功を後押しする連帯行動

秋田県被団協とヒバクシャ国際署名推進準備会(事務局:被団協、原水協)は3月27日、秋田駅前広場の大屋根の下で、国連での核兵器全面禁止条約を交渉の国際会議の成功を訴えました。

佐藤力美被団協事務局長を先頭に、民青同盟、県平和委員会、県労連などが「ヒロシマ・ナガサキの惨状を人類に経験させたくない。核兵器は廃絶するしかない」「市民一人ひとりの署名の積み重ねが国際政治を動かしている」「日本政府は、会議に参加し、被爆国の政府として核兵器禁止で指導力を発揮すべきだ」と訴えました。

寒風の中にもかかわらず、署名やカンパで激励してくれました。

(「秋田県原水協通信」No.131より)

Comments are closed.