カテゴリー

アーカイブ

原水協通信

毎月発行している日本原水協の機関誌です。国内外の反核平和運動についての情報が満載です。 日本原水協のウェブサイト→ http://www.antiatom.org/

「核兵器の全面禁止を!」

【日本原水協】なくそう核兵器!戦争法は廃止を!2015年国連軍縮週間(10/24-30)チラシ

2015国連軍縮週間チラシ

▲クリックするとPDFファイルが開きます。

http://slots33.com

【愛知】10/25(日)13:00-15:00@栄 丸栄スカイル前 なくそう核兵器!あなたの署名が世界を変える!ど真ん中宣伝 IN ハロウィン ※仮装・コスプレ大歓迎

愛知ど真ん中宣伝チラシ

10月24日から30日は、国連軍縮週間です。1978 年5月、国連は初めて軍縮特別総会を開きました。核兵器廃絶と、全面核軍縮をめざして、国連創立記念日の10 月24 日から1週間を「軍縮週間」と決めました。今年も世界の各地で軍縮の運動がくり広げられます。

毎年、原水爆禁止愛知県協議会は、栄中心街で「名古屋ど真ん中宣伝」と銘打って、反核・平和のテーマで宣伝署名のとりくみをしています。

核戦争の残虐さを身をもって体験した被爆者は、「核兵器と人類は共存できない」「核兵器の廃絶を」と訴え続けてきました。戦争を繰り返さず、平和な日本を次の世代に引き継ぐことも被爆者の切実な願いです。

「戦争法」が違憲法であることは、いまや誰の目にも明らかです。憲法と平和を破壊する「戦争法」は廃止すべきです。

憲法9条を持つ国、いまなお18万人の被爆者が核兵器の被害に苦しむ日本の国民として、「ノーモア・ヒロシマ」「ノーモア・ナガサキ」「ノーモア・ウォー」の声をあげましょう。

ハロウィンにちなんで、仮装したりお菓子を配ったりしながら、楽しく署名・宣伝行動をしませんか♪あなたの参加を待っています。

10/27(火)2015年国連軍縮週間のつどい 15:30〜18:30衆議院第1議員会館多目的ホール SEALDsメンバーなどパネリスト決まる<参加費無料>

151027_国連軍縮週間のつどいチラシ(パネリスト顔写真入り)

▲クリックするとPDFファイルが開きます。

【大阪】10月24日(土)13:30~@大阪社会福祉指導センター 2015年国連軍縮週間のつどいでジャーナリストの豊崎博光さんがウラン採掘から核兵器まで、世界の実態を告発する講演を予定

【大阪】2015.10.24国連軍縮週間のつどいチラシ

▲クリックするとPDFファイルが開きます。

【日本原水協】2015年国連軍縮週間(10/24-30)にあわせて日本政府、核保有国はじめ各国大使館要請、署名提出、パネル討論など中央行動を計画

151027_国連軍縮週間のつどいチラシ(仮2)

▲クリックするとPDFファイルが開きます。

第70回国連総会の一般討論が9月28日から始まりました。核軍縮問題を扱う第1委員会は10月6日に開会します。2015年NPT(核不拡散条約)再検討会議では、最終文書は採択できなかったものの、世論と運動を反映して、核兵器禁止条約をはじめ、「核兵器のない世界」を実現する法的拘束力のある措置を求める声が多数をしめ、核保有国を追い詰めました。ことしの国連総会は、こうした流れをいっそう発展させ、核兵器禁止条約の交渉開始に踏み出す重要な機会です。

日本原水協は、草の根からの世論を高め、日本政府および各国の政府に働きかけるため、10月の6・9行動を皮切りに2015年国連軍縮週間(24日-30日)最終日まで、被爆の実相普及と「核兵器全面禁止のアピール」署名を中心とする全国行動にとりくみます。

中央行動として、10月26日(月)、27日(火)の両日、核保有国をはじめ各国大使館への要請、署名提出、パネル討論を中心とする以下の行動をおこないます。行動への参加をよびかけます。

日程・主な内容 ●日本政府への要請 10月13日(火)11:00@外務省 ●核保有国、非同盟、新アジェンダ連合国など各国大使館への訪問・要請 10月26日(月)9:30〜17:00(午前と午後に分けて行動) 10月27日(火)9:30〜12:00(予定) ●「国連軍縮週間のつどい―核兵器のない世界へ」 10月27日(火)15:30~18:30(15:00受付開始) 会場:衆議院第1議員会館多目的ホール

東京都千代田区永田町一丁目7番1号

電話番号 (代表)03-3581-5111

最寄り駅

国会議事堂前駅(東京メトロ丸ノ内線、千代田線)

永田町駅(東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線)

アクセスは国会周辺図を参照ください。

プログラム 第Ⅰ部(15:30~16:15) ヨーロッパ被爆者遊説団の報告と署名提出 第Ⅱ部(16:30~18:30) パネル討論「核の傘」と戦争法―被爆国日本の役割を問う パネリスト 田中煕巳(日本原水爆被害者団体協議会事務局長、長崎被爆者) 林田光弘(SEALDs、明治学院大学) 高草木博(原水爆禁止日本協議会代表理事) ※国会議員の参加を要請中 コーディネーター 長尾ゆり(全国労働組合総連合副議長)

【北海道】国連軍縮週間 10月26日(月)12:15~12:45@札幌市内中央区パルコ前 被爆70年・国連軍縮週間 宣伝行動 10月26日(月)~30日(金)@札幌市地下街オーロナコーナー「ヒロシマ・ナガサキ 原爆と人間」パネル展

北海道原水協FAXニュース2015年10月2日

▲クリックするとPDFファイルが開きます。