カテゴリー

アーカイブ

【群馬】核兵器廃絶国際デー 高崎駅東口2階デッキに原爆パネル写真を並べて初めて行動

【群馬】核兵器廃絶国際デー1

群馬県原水協は9月26日、高崎駅前で核兵器廃絶国際デーの行動をおこないました。高崎原水協のみなさんをはじめ10人が参加し、1時間の行動で署名が33人から寄せられました。

「原爆と人間」パネル写真も並べられた東口2階のデッキは、群馬県原水協としては初めての行動でした。滝沢俊治代表理事は、8月の原水爆禁止2015年世界大会~国際会議に参加したことをふまえ、パン・ギムン国連事務総長の国際デーメッセージを紹介。一刻も早い核兵器の全面禁止へ署名を訴えました。

高崎原水協の顔ともいえる朝岡和夫さんから国際情勢から戦争法までわかりやすい訴えがあり、群馬県平和委員会の関口敏明事務局長も、チラシの内容で核戦争につながる戦争法廃止、被爆者連帯の思いをよびかけました。

県原水協の古沢孝一事務局長は、国会前行動に戦争法廃止の思いで参加してきたこと。リレートークで、日本原水協も戦争法強行採決に抗議決議を上げたことを紹介したら参加者から拍手が上がったことも話されました。最後は高崎市議の伊藤淳博さんが、元気に締めくくってくれました。

「核兵器って何なのという高校生がいた」と報告したのは原水協事務局次長の丹羽政文さん。「原爆のことだよといったらもちろんすぐわかり、署名してくれた」。高校生や、中高年の女性などに、強い共感が寄せられました。

【大分】核兵器廃絶国際デー 核兵器廃絶に背を向ける安倍政権への批判の訴えに聞き入る人も

大分県原水協は9月26日、大分市中央部の商店街で、5団体から5人が参加して核兵器廃絶国際デー大分行動をおこないました。

戦争法成立の直後でもあり、核兵器廃絶に背を向ける安倍政権への批判には市民の関心も高く、訴えを立ち止まって聞き入る人もいました。

(大分県原水協事務局長・遠入健夫)

【愛知】核兵器廃絶国際デー 沢田昭二理事長が自分自身の被爆体験を語り路上に原爆パネルも展示して、核兵器廃絶を訴える

【愛知】核兵器廃絶国際デー1

愛知県原水協は9月26日、名古屋市中区栄のスカイル前で国連核兵器廃絶デーにあたり署名宣伝行動をおこなうとともに、路上に原爆パネルも展示して、核兵器廃絶を訴えました。

10人が参加した宣伝では、沢田昭二理事長が自分自身の被爆体験を語り、核兵器廃絶を訴えました。

 

一宮原水協は同日、国連核兵器廃絶デーの署名宣伝行動を一宮駅東でおこないました。午後1時半から1時間の署名宣伝行動では、市が平和首長会議に入ったこと、戦争法に反対していくことなどを訴えました。

行動には新日本婦人の会、年金者組合を中心に8人が参加し、56人から署名が集まりました。

参加者は、ノーモア・ヒバクシャ訴訟の裁判所に出す署名も訴え、再び被爆者をつくらせないと訴えました。

一宮市は、8月に駅ビルにある市の図書館で原爆写真展もおこないました。

一宮原水協では、毎月第4土曜日に6・9行動を今後もおこなっていきます。

【宮城】核兵器廃絶国際デー 「広島の資料館見たことあるよ。人間らしく生きることも、死ぬことも許されないって本当だと思うね。頑張って」と女性が署名

【宮城】街頭署名

宮城県原水協は、国連が提唱する「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」の26日、仙台市の繁華街・一番町のフォーラス前で宣伝・署名行動にとりくみました。この行動には、新婦人、民医連、宮城一般労組などから12人が参加しました。

平和委員会常任理事の本田勝利さんが「国連が定めて今年2回目の『国際デー』は、広島・長崎への原爆投下から70年になる節目の年です。『ふたたび戦争するな! ヒロシマ・ナガサキをくりかえすな!』、広島、長崎、被爆70年、誓い新たに核兵器禁止・廃絶の先頭に立つ日本をつくろう」と訴え、民医連の人達は、原爆パネルを展示し「核兵器全面禁止のアピール」署名への協力を訴えました。

訴えを聞きながら「広島の資料館見たことあるよ。人間らしく生きることも、死ぬことも許されないって本当だと思うね。頑張って」と署名する女性。「国会で強行採決したなどと言う『安保法』はとても許せない」と話しながら署名する夫婦など47人の方々が署名を寄せていました。

(宮城県原水協・熊谷正治)

【福岡】核兵器廃絶国際行動デー 「お父さんが自衛隊員」という高校生が心配して署名に応じる

【福岡】核兵器廃絶国際デー行動1

福岡県原水協は9月26日、同市原水協と共同企画で、福岡市天神パルコ前で宣伝署名行動をおこない15人が参加。「核兵器全面禁止のアピール」署名が44人、「戦争法」廃止を求める署名が37人から寄せられました。

署名をしてくれた人の中に「お父さんが自衛隊員」という高校生がおり、とても心配していました。「お父さんを戦地に送ってはいけないよね」と話をしたとの事です。また、日本共産党の「国民連合政府」の提案の宣伝を聞いて、署名をしていた中年男性は、「本当にそうだ!一致して頑張ってほしい!」とうなづいていました。

この日はほかにも八幡原水協が定例の第1・3土曜日宣伝行動を黒崎駅前でおこないました。参加者は6人でしたが、にぎやかに行動し「アピール」署名が53人、「戦争法」署名が56人から寄せられました。定時定点行動の強みが出ていたと思います。小沢和秋福岡県原水協筆頭代表理事は、福岡市での行動に参加した後、取って返して地元の黒崎行動に参加しました。

(福岡県原水協事務局長・高橋惠子)

【山梨】核兵器廃絶国際デー 甲府駅コンコースで6日間連続「原爆と人間」パネル展 県在住被爆者のメッセージを配布

IMG_2680_1

 

山梨県原水協も入っている国連核兵器廃絶国際デー山梨県実行委員会は、9月21日から26日まで甲府駅北口ペデストリアンデッキで「原爆と人間」パネル展を開催しました。

6日間の累計で来館者943人、「核兵器全面禁止のアピール」署名95人分、7693円のカンパが寄せられました。

パネル展では、日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)が作成した広島と長崎の被爆の実相パネルをはじめ、ユーコープやまなしや新日本婦人の会のNPT(核不拡散条約)再検討会議・ニューヨーク行動のとりくみ、山梨県被爆者の会所蔵の「被爆者の描いた絵」などが展示されています。

日本大学国際関係学部の女子学生が来場し、「『戦後70年、私たちは、いかに戦争と平和を語り継ぐか』のゼミと『長崎原爆の写真展』をやります」「この展示も参考にします」と写真を撮って行きました。

高校生は「戦争は本当に怖いことだと感じました。たくさんの小さい子の悲しい写真があって、同じ日本で起こっていたと思うと怖いです。二度と戦争はしてはいけないと思った」と感想を語りました。

パネル展では山梨県原水爆被爆者の会(甲友会)の遠山陸子さんのメッセージを来場者に渡しています。

「原爆と人間パネル展」にあたって

山梨県原水爆被爆者の会(甲友会)遠山陸子

広島に原爆が投下された時、私は3歳でした。爆心地から4kmの自宅の中に居りました。その時は大きな怪我も数分の違いで免れました。でも当時中学1年生であった兄は、学徒動員で市内に出ていて爆心地から500mのところで被爆しました。自宅には友人や他の人たちのおかげで帰り着きましたが、翌朝亡くなりました。兄は「もっと家族と話し合いたい」「落ち着いて勉強できる時代が来て欲しい」とどんなに願ったことでしょう。被爆者の私たちは、またあの悲しみを味わいたくはありません。

原爆は後々まで、被爆者の身体をむしばみます。2歳〜3歳の子どもが母に背負われて市内を横切ったという友人が、世のため、家のため役に立ちたかったと大学で学んでいた20歳の時に突然白血病で倒れ亡くなりました。同じような人が今も次々にがんが発症し苦しんでいます。

70年前の世界大戦では、広島、長崎で21万人、沖縄で20万人、本土での空爆を含め日本中で310万人、世界中では7000万人もの人々が犠牲となり亡くなりました。私たちの国は、「戦争は大きな悲しみしか残らない」ことを学び、憲法によって戦争を放棄したはずでした。その憲法のおかげで、70年間、日本では戦争はありませんでした。でも、近年日本は、持たないはずの武器を世界の上位になるくらいも持ち、戦争のできる国になろうとしています。戦争のできる国にならないように、小さな事でも手をつなぎあって行動することが私たちの使命だと思っています。

最近、原発が再稼働されました。原発に使われるウランは、原住民の方達は「手にしてはいけないもの」だったそうです。「核と人間は共存できない」と訴え続けられて来ました。原発も核兵器に使えると聞きます。もう原発は要りません。日本はどこかで、道を間違えたのです。いのちを大切にした昔の心豊かな生活に戻りましょう。

今年8月、私は山梨県の代表で広島の平和祈念式典に参列させていただき、あらためて平和を求めていきたいと思いました。

次の世代の人達のために!  かわいい孫たちのためにも!

2015年9月 (富士吉田市在住)

[…]

【東京】核兵器廃絶国際デー 日本原水協が「なくそう核兵器!戦争法は廃止を!被爆者の声を聞こう」行動 東京の被爆者が被爆体験を語り核兵器廃絶と戦争法廃止を訴える

12011274_10205424264946334_2022760445365793431_n

核兵器廃絶国際デーに呼応し、日本原水協は東京・銀座で「なくそう核兵器!戦争法は廃止を!被爆者の声を聞こう」行動をおこない、東京都原爆被害者団体協議会(東友会)の被爆者のみなさんを含む28人が参加しました。

青いタスキをかけた東友会のみなさんは次々とマイクを握り、広島と長崎で体験したことを語りながら二度と同じことが起きないように核兵器の廃絶と戦争法の廃止を訴えました。

交差点前や歩道に「原爆と人間」展パネルを展示すると、信号待ちの人や通りかかった自転車を停めて見てくれていました。

1時間の行動で「核兵器全面禁止のアピール」と憲法会議が作成した戦争法廃止を求める署名にはそれぞれ48人がサインしました。

【青森】核兵器廃絶国際デー 県・市原水協が青森市駅前公園で署名行動

【青森】015

青森県原水協と同市原水協は9月26日、青森市駅前公園で核兵器廃絶国際デーの街頭宣伝署名行動をおこないました。 民医連等4団体から8人が参加し、核兵器廃絶を訴えました。

【島根】核兵器廃絶国際デー パンギムン国連事務総長のメッセージを紹介し、核兵器廃絶・戦争法廃止を訴える

島根県原水協は9月26日、松江駅前で署名宣伝行動をおこない4人が参加しました。

パン・ギムン国連事務総長のメッセージを紹介し、核兵器廃絶・戦争法廃止を訴えました。「核兵器全面禁止のアピール」署名が23人から寄せられました。

(島根県原水協事務局長・徳永和洋)

【岡山】核兵器廃絶国際デー 岡山駅で署名行動 アベさん許せん!の怒りの声も

【岡山】1

核兵器廃絶国際デーの9月26日、岡山県原水協は午後1時から2時まで、岡山駅西口さんすて前で宣伝署名行動をおこないました。 行動には県労会議、自治労連、高教組、新婦人、人権連などの組織とPPO(Peace Piece Okayama)からの4人を含め13人が参加しました。 県原水協の平井昭夫事務局長は国際デーにあたって寄せられた国連パン・ギムン事務総長からのメッセージ「核兵器の最初で最後の使用から70年、核兵器の使用を許さないという規範は70年にわたり断固として守られてきた。核兵器が決して使用されない唯一の保証は核兵器の全面的な廃絶です。私たちの今日の目的である核兵器の廃絶は、これ以上先延ばしにするわけにはいきません。今すぐ行動を」と紹介し、通行する市民に呼びかけました。 国会で戦争法が強行成立したことを受け、「核兵器もダメだけど、アベさんのやり方は許せません」と怒りをぶつけて署名に応じる助成もありました。 1時間の署名行動で56筆の「核兵器全面禁止のアピール」署名が寄せられました。 東備原水協でも備前・和気の2か所で実施 国際デーの26日、東備原水協は域内2か所で宣伝、署名行動を実施しました。 午後1時から備前郵便局前の行動には3人が参加し、世界大会の様子を載せた宣伝チラシとともに県作成の国際デー統一チラシを配布、署名を訴えました。1時間の行動で10筆の署名が寄せられました。 午後3時から和気町で宣伝署名行動をおこないます。 (岡山県原水協事務局長・平井昭夫) […]

【兵庫】核兵器廃絶国際デー  神戸大丸前で被爆者らが訴え 戦争法廃止を訴える演説に通行人から拍手が起こる

兵庫1

▲車上から訴える、左から、津川、和田、千葉の各氏 兵庫県では9月26日の国連提唱の核兵器廃絶国際デーに呼応して県原水協(神戸大丸前)、西宮市、芦屋市、神戸市灘区、明石市、姫路市でとりくまれました。 神戸市中央区の神戸大丸前では、兵庫労連の宣伝車を繰りだし、津川知久・筆頭代表理事(兵庫労連議長)、和田進・代表理事(神戸大学名誉教授)、芦屋市被爆者の会の千葉孝子会長、林政人・日本共産党神戸市議、兵庫県原水協の梶本修史事務局長が訴えました。 和田氏は、安倍内閣の戦争法の強行成立について、ビキニ水爆実験被災事件で原水爆禁止署名運動が広がった時期に自衛隊が創設された歴史的経過を語り、核兵器廃絶のたたかいと違憲の戦争法廃止のたたかいとが一体になって広がる条件に注目するように訴えました。 千葉さんは、戦争の被害者でもある被爆者として、「戦争に突き進む危険な道は絶対に許せない。一緒に声を上げましょう」と呼びかけました。 参加した兵庫労連、年金者組合、兵商連、平和委員会、日本共産党などの14人が「核兵器全面禁止のアピール」署名を呼びかけると、子ども連れの若いお母さんたちや10人のパキスタン人グループなどが次々に署名に応じました。 戦争法廃止を訴える演説には、通行人から拍手が起こるなどこれまでにない大きな反響で、78人から署名が寄せられました。 (兵庫県原水協事務局長・梶本修史)

【広島】核兵器廃絶国際デー 午前に市原水協、午後に県原水協と被団協が呼びかけて署名行動 強行可決された「戦争法」は被爆地ヒロシマは絶対許せないと訴える

【広島】1

核兵器廃絶国際デーの9月26日、午前中は広島市原水協が呼びかけた元安橋での署名行動に11人が参加。約1時間で「核兵器全面禁止のアピール」署名240筆とカンパ2700円が寄せられました。 広島市原水協の金子秀典事務局長がハンドマイクで、核兵器廃絶国際デ―が一昨年の「国連ハイレベル会合」をきっかけに設定され、全国各地で街頭署名や原爆展などがおこなわれていることや、強行可決された「戦争法」は被爆地ヒロシマは絶対許せないなどと訴えました。 大勢の広島市民や観光客が欄干に立てかけた原爆写真に見入っていました。フランスから来て東京・六本木に住んでいるという男性2人連れは、呼びかけに応じて快く署名。日本語が読めますか、とビラを渡すと、「少し難しい漢字は読めない」と言いいながらも受け取りました。日本人の男性と一緒に来たタイ人の若い女性は、男性にすすめられて署名し、展示写真を食い入るように見つめていました。 12時15分からは、県原水協と県被団協が呼びかけて、金座街で「アピール」署名行動をおこない、16人が参加しました。 県原水協の湯川寛子代表理事と古田文和事務局長がハンドマイクで核兵器廃絶国際デ―の由来を説明し、核兵器禁止条約の交渉開始を求める世論は押しとどめようがなく広がっており、それを実現していくために一人ひとりの署名がとても大切と訴えました。 約30分間で82筆が寄せられ、カンパも2000円が集まりました。 (広島県原水協事務局長・古田文和)

9/26 核兵器廃絶国際デーにあたっての潘基文国連事務総長メッセージ

11227035_10153007719206400_8409557233067540539_n

9月22日付けで発表された9・26核兵器廃絶国際デーにあたっての潘基文国連事務総長メッセージは以下の通りです。

9月26日核兵器廃絶国際デーにあたっての潘基文国連事務総長メッセージ

2015年の今年は、核兵器が戦時に初めて、そして最後に使用されてから70周年となります。

これまでに発明された兵器のうち最も破壊力が大きく、未曽有の人的被害をもたらす核兵器の使用を許さないという規範は、70年にわたって断固として守られてきました。しかし、核兵器が決して使用されないことを保証する唯一の方法は、核兵器の全面的な廃絶です。

国際社会は核兵器のない世界という目標を宣言してきました。残念ながら、これをどのように、いつ達成すべきかをめぐって、国連加盟国の間には溝が広がりつつあります。

それがはっきりと示されたのが今年5月に開かれた核不拡散条約再検討会議のことでした。

私は全ての国々に対し、前進の道を模索するため、建設的に話し合うよう呼びかけます。

核兵器を廃絶できれば、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」実施のために利用できる膨大な額の資金を生み出すこともできます。

核兵器が今後使用された場合、それが意図的であれ過誤によるものであれ、恐ろしい結末がもたらされます。私たちの共通の目的である核兵器の廃絶は、これ以上先延ばしにするわけには行きません。今すぐ行動せねばならないのです。

 22 SEPTEMBER 2015

Elimination of Nuclear Weapons Only ‘Absolute Guarantee’ against Their Use, Says Secretary-General in Message for International Day

The year 2015 marks the seventieth anniversary of the first and last use of a nuclear weapon in war.

The norm against the use of […]

【長崎】9/26(土)10:30〜@長崎平和公園「祈念像前」で国際核兵器廃絶デー2015年ナガサキの集い ふたたび戦争するな! ヒロシマ、ナガサキをくり返すな!

0926長崎行動チラシ

▲クリックするとPDFファイルが開きます。

【9/26核兵器廃絶国際デーチラシ】被爆70年 ヒロシマ、ナガサキをくりかえさないために なくそう核兵器!戦争法は廃止を!

150926_核兵器廃絶国際デーチラシ

▲クリックするとPDFファイルが開きます。