カテゴリー

アーカイブ

「あなた方の要請には100%賛成です」丸山稔長野県原水協事務局長ニカラグア大使館訪問記

国連軍縮週間の10月25日、26日に日本原水協が実施した各国大使館訪問、外務省・厚労省、軍縮議連国会議員への要請行動のなかで、私は、26日のニカラグア大使館要請行動に参加しました。ニカラグア大使自らが、私たちの要請を受けてくれました。

要請代表団から、核兵器禁止条約締結のための交渉開始を求める署名活動を紹介しながら、国連や国際政治の場で活動してほしいと要請しました。

ニカラグアは非同盟諸国の一員として、核兵器廃絶のために積極的に活動している国のひとつです。要請団一人ひとりからも、各県の活動を紹介しながら、要請を行いました。

私は、長野県のとりくみを紹介し、非同盟諸国はじめ国際社会の核兵器廃絶への積極的な活動に勇気づけられていること、核兵器はなくすことができると確信していることを伝えました。大使は私たちの話を、メモを取りながら熱心に聴いてくれて、時間を大幅に超えて、次のように熱く語りました。

「正義・人道・大義のために活動しているあなた方に敬意を表する。破壊をもたらす核兵器は廃棄することが必要だ。私たちはいま大きな複雑な課題に挑戦している。資源も宇宙も科学の力もいま、一握りの国が権力を持ち独占している。これをどう解決するかが課題だ。ニカラグアは小さくて農業中心の国、でも核も破壊兵器も持たない。貧困と悲惨な生活から抜け出して、名誉と尊厳を持ってすすみたいと願う。水・土地の豊かな国で火山や川もある。自然エネルギーを生み出せる国、原発も必要ない。しかも国民は若い世代が多い。アメリカの介入に抵抗し、独裁政権を倒し、平等な国を作った。それ以来、政府は非核の政策を掲げている。みなさんの要請には100%賛成する。これまでもこれからもみなさんの活動を応援していく。153すべての市町村が世界平和市長会議に参加し、今度ニカラグアがその国際事務局を引き受けることになった。広島・長崎の市長とも懇意にしていて兄弟だと思っている。私も来年は原水爆禁止世界大会に参加したい。大統領にも広島・長崎・福島を訪れるよう進言したい。いま広がりつつある思いや意志を結集して、共同戦線を作り上げる時だ」

アメリカ大使館を訪問した要請代表団に対して入り口で事務官が15分だけ対応したという実態と対比して、核兵器廃絶で奮闘する非同盟諸国の歓迎ぶりは際立っています。要請団は、大使の誇り高い語り口に大いに励まされ、ともに活動する仲間という連帯感を感じ、深く感動しました。

(2011年11月6日付『原水協長野』通巻300号より)

【長野】原爆写真に核兵器廃絶の思い新た 国連軍縮週間「原爆写真展」「市民のつどい」開かれる

国連軍縮週間の10月28日から30日、長野県原水協は長野市のもんぜんぷら座でヒロシマ・ナガサキ原爆写真展を開催しました。会場へは新聞折込やイベント案内で知ったという来場者が訪れ、熱心に被爆写真や被爆者の描いた絵、訴えに見入っていました。

通りがかりに看板を見たので立ち寄ってみたという3人の中学生、小学生の子どもに説明しているお母さん、東京から来た観光客、広島での被爆者など、50人が来場しました。

30日には「市民のつどい」が開かれ、原水爆禁止世界大会報告DVD上映と代表の感想を聞き、参加者みんなで核兵器廃絶の運動をどのように進めるか、脱原発の運動も広げなければなどと意見交換を行いました。

来場者からは「子どもが学校で習って関心を持っており、道の張り紙を見て来ました」(母親)、「しょう和に原ばくがおとされ、わたしはいなくてよかったけど、しょう和生まれの人は大変だったと思います」(原文ママ・小学生女子)、「無言の叫びが感じられ、自分もなぜ戦争をしたのかということに対しとても心が苦しくなりました」(中学生男子)、「被爆者の言葉や写真があの時のことを伝えようとしているのが分かりました。原水爆をやめさせようという願いをたくさんの人に伝えたいと思います」(30代女性)などの感想が寄せられました。(長野・丸山 稔)

【長野】プール帰りの子どもたちが、原爆・原発に関心!ー長野市若槻で原爆写真展

8月8日(月)、世界大会の開催期間中に、長野市上野公民館で「ノーモアヒロシマ・ナガサキ、この夏考える、原爆を、原発を」というスローガンのもと、「原爆写真展」が開催されました。

主催したのは、長野医療生協若槻北部支部と、若槻北部「憲法9条を守る会」。日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)作成の「原爆と人間」展パネル40枚を中心に展示し、「核兵器全面禁止のアピール」署名にもとりくみました。

午前10時から午後3時までの短い時間でしたが、地域の住民のみなさんが40〜50名ほど見に来てくれました。

プール帰りの子どもたちが大勢立ち寄り、説明者の話に興味深そうに聞き入っている様子や、原爆や原発に大きな関心を寄せている様子が見られました。

主催者によると、写真だけでなく、被爆者が描いた「被災の絵」のリアルさに驚いている来場者も多かったとのことです。署名も約30筆が寄せられました。来場者の感想を一部紹介します。

◯胸がいっぱいになりました。みなさん本当にお気の毒です。写真よくたくさん撮られ、ビックリしました。ご冥福をお祈りします。

◯悲惨な核兵器の廃棄と原発の廃止、平和と安心の世界を築いていきたいと思います。

◯この時期に写真展を開いてくださったこと、本当に有意義だと思います。66年経った今になって初めて口を開いた人も多くおり、この間の苦しみや状況を知り、胸を締め付けられました。「原爆を作るのも人間、使うのも人間、止めさせるのも人間」という子どものことばに、今日本の置かれている立場、放射能につながる原発とはきっぱり決別しなければと思います。

◯原爆忌 仏の国に非核なし 必要悪と廃炉を論づ

(『原水協長野』2011年9月号No.298より)

 

【長野】上伊那の青年たちがおりづる宣伝 世界大会参加希望語り合う

昨年の原水爆禁止世界大会-広島参加者の呼びかけで集まった上伊那の青年たち「世界大会へ参加する会」は6月23日、信州大学農学部の生協前でおりづる宣伝を行いました。10人が参加し、カエルの着ぐるみも登場して友人から友人へと呼びかけて約40人に折鶴を折ってもらいながら「核兵器のない世界実現を」とアピールしました。

ちょうど沖縄戦終結の6.23という記念日であったため、沖縄戦や基地問題などで話が弾み、「じいやばあから戦争の話を聞いたことがある」という話や、「今年の世界大会に参加したい」と希望も語られるなど大いに盛り上がりました。

【長野】原水協長野2011年7月号

▲クリック!

【長野】注目浴びいつもより署名集まる

長野県原水協は「核兵器のない世界を」署名全国キャンペーンの初日にあたる9月6日、長野市内で昼休み6・9行動を行い18人が参加しました。

通行人から話しかけられるなど注目が集まり、64人から署名が寄せられました。

近くの書店の店主も、「アメリカ(駐日大使)などが(広島市平和式典に)参加して驚いた」と話していました。

【長野】小学校教師が子どもたちにニューヨーク報告

子どもたちが折ってくれた折り鶴を持ってニューヨーク行動に参加した小学校教師の米山さんの報告ニュースを紹介します。

100510_NAGANO_Yoneyama ←クリック!

フォトアルバム↓

http://picasaweb.google.co.jp/100576437771924600860/oecgIE