カテゴリー

アーカイブ

【広島】県原水協が6・9行動 「こういう運動は私たち自身のためになるのだから、市民が無関心ではいけませんね」と話しながら女性が署名

広島県原水協は6月6日、市内で6・9行動をおこないました。小雨が降り、梅雨入りが発表されましたが、加盟団体から22人が参加して、「ヒバクシャ国際署名」への協力を呼びかけました。

高橋・神部両代表理事、大平前衆議院議員がマイクで、南北会談での「板門店宣言」の歴史的意義や、12日予定の米朝会談が朝鮮半島と北東アジアの平和と安定へ向かう契機となることなどを訴えました。

40代の女性は「こういう運動は私たち自身のためになるのだから、市民が無関心ではいけませんね」と話し、今回の署名の経緯や、これまでも多くの署名を国連などに提出してきたことが、核兵器禁止条約成立の力になったなどと話すと、よくわかりました、と言って署名してくださいました。

約30分の行動で、57人分が寄せられました。

(広島県原水協事務局長・古田文和)

【広島 / 長崎】原水爆禁止2018年世界大会チラシ

両面チラシはこちら

クリックするとPDFファイルが開きます

クリックするとPDFファイルが開きます

【広島】ニュージーランドから来た観光客が被爆者と記念撮影

広島県原水協と同被団協は4月6日、広島市内で6・9行動をおこないました。あいにくの雨模様でしたが意外に人通りが多くて反応も良く、外国人観光客(ニュージーランド、チリ、台湾など)がよく署名してくれました。

ニュージーランドから来た女性は、被団協の吉岡副理事長が被爆者であることがわかると、一緒に写真を撮らせてほしいと記念撮影におさまっていました。

また、70歳前後の女性は、「岡山から結婚して広島へ来た。夫が生後4か月で被爆してており、二世である子どもの健康が心配だ。夫の親やその兄弟も被爆者で、みんな病気で苦しんで死んだので、原爆は許せない。中日ファンの『原爆落ちろ』とのインターネットでの言動は、まだ苦しみがわかっていないのかと腹が立つし、悲しくなる」と語っていました。

今日の行動には、20人が参加、「ヒバクシャ国際署名」91人分とカンパ500円が寄せられました。また、前衆議院議員の大平喜信さんも参加して、マイクで訴えました。

(広島県原水協事務局長・古田文和)

 

【広島】「原爆は絶対にいけないと思う」と女子中学生が署名

広島県原水協は3月6日、広島市内で6・9行動をおこないました。

昨日までと打って変わって冷たい風が商店街を吹き抜ける日で、行動開始からしばらくは反応がなかったのですが、後半になると市民の皆さんの反応が良くなってきました。

杖をついた高齢の女性は、「街(中心部)に出てくるのは滅多にないことだから」と言いながら署名してくれました。「今から家までバスで30分はかかるよ」とおっしゃっていました。

女子中学生の2人連れも署名してくれました。うち1人は「曾祖母が被爆者で、病気で苦しみながら亡くなり、原爆は絶対にいけないと思う」と署名してくれました。

30分間で15人が参加し、「ヒバクシャ国際署名」59人分、600円のカンパが寄せられました。

市民の反応が冷たいのは、北朝鮮核問題があるのかな、と思います。

(広島県原水協事務局長・古田文和)

【広島】この冬一番の寒波到来にも負けずに6・9行動

広島県原水協は2月6日、6・9行動をおこないました。

この冬一番の寒波到来の中、11時頃から行動開始直前まで大粒の雪が降り、いつもより人通りも少なく、どうなることかと思いましたが、14人が参加し、「ヒバクシャ国際署名」41人分とカンパ1,000円が寄せられました。

「生協ひろしま」で碑めぐりガイドをしている女性が通りがかり、快く署名に協力してくださいました。大平喜信前衆議院議員も参加し、ハンドマイクで、米政府が発表した核態勢見直し(NPR)と、それを無条件に賛美する安倍政権をきびしく批判しました。

(広島県原水協事務局長・古田文和)

【広島】県原水協と被団協がICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)ノーベル平和賞授賞式参加報告会ひらく

左から、佐久間理事長、植木広大名誉教授、開会挨拶する県被団協・吉岡副理事長

広島県原水協と同被団協は1月13日、原爆資料館会議室で、ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)ノーベル平和賞授賞式の報告会を開きました。

報告した県被団協の佐久間邦彦理事長は、核兵器禁止条約の発効を訴えるパレードや受賞を祝うコンサートに参加し、「条約を発効させるために、被爆者の核兵器廃絶の訴えが力になる」などと報告。また、植木研介さん(被爆者・広島大学名誉教授・原爆遺跡保存懇世話人)は、「受賞演説したサーロー節子さんは、はらわたにしみる雄弁な演説だった」などと感想を述べました。

急な取り組みにもかかわらず、会場いっぱいの55人が参加し、テレビ4局、新聞5紙が取材しました。

(広島県原水協事務局長・古田文和)

【広島】さわやかなオランダ人観光客2人連れが英語版署名用紙にサインし握手

広島県原水協は1月6日、6・9行動をおこない、27人が参加。「ヒバクシャ国際署名」が112人分、カンパは2550円が寄せられました。

買い物帰りの若い男性のグループ、年配の男性などがよく署名してくれました。

オランダから旅行で来た若い女性の2人連れも、英語版の署名用紙を見せると、快く署名してくれました。「Where are you come from?」と尋ねると、署名の住所を指差して「オランダ」と答え、握手してくれました。とてもさわやかな2人連れでした。

(広島県原水協事務局長・古田文和)

【広島】「ヒバクシャ国際署名」県連絡会(準)が署名行動

「ヒバクシャ国際署名」を呼びかける広島県被団協の佐久間理事長

「ヒバクシャ国際署名」広島県推進連絡会(準)は12月20日、午前11時から中区本通り・青山前で「ヒバクシャ国際署名」行動をおこないました。この行動には、県生協連や2つの県被団協、原水協・原水禁などから25人が参加しました。

ノルウェー・オスロのノーベル平和賞授賞式に参加した県被団協の佐久間邦彦理事長が授賞式の様子や街頭でのパレ—ドなどをハンドマイクで報告し、市民の声を集め、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)の受賞につながったことなど、世論の大切さを訴えました。

小さな子どもをベビーカーに乗せた若いお母さんや、高校生・中学生のグループなどが快く署名に協力してくれ、約30分で167人分が寄せられました。1人で31人分を集めた被爆3世の石本直さんがテレビのインタビューを受けました。

(広島県原水協事務局長・古田文和)

【広島】県原水協・被団協が被爆者に年末見舞金手渡す

入所者代表の沖廣さんに、見舞金を手渡す県被団協の佐久間理事長

広島県原水協と同被団協は12月18日、広島原爆養護ホームの「舟入むつみ園」と「矢野おりづる園」を訪れ、全国から寄せられた年末見舞金を届けました。

「舟入むつみ園」では、県原水協の高橋信雄代表理事が、入所者代表の岩並藤枝さん(89)に、「今年は核兵器禁止条約が国連で採択され、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)がノーベル平和賞を受賞するなど、被爆者の皆さんの願いである核兵器のない世界がグッと近づきました。いつまでも元気でいてください」と見舞金を手渡しました。岩並さんは「子や孫のために、原爆はなくさなければなりません。ありがとうございます」と言って受け取ってくださいました(矢野おりづる園では、感染症予防のため、施設側の希望で全員マスクをしました)。

入所者代表の岩並さんに募金を手渡す県原水協の高橋代表理事

続いて訪問した「矢野おりづる園」では、県被団協の佐久間邦彦理事長が、入所者代表の沖廣カズエさん(95)に、見舞金を手渡しました。佐久間理事長は、「今年は核兵器禁止条約が国連で成立し、ノーベル平和賞をICANが受賞するという素晴らしい年でした。いつまでも長生きしてください」と言うと、沖廣さんは「いつもありがとうございます」と言いながら受け取ってくださいました。

また、安佐北区にある広島原爆養護ホームの「倉掛のぞみ園」には、安佐北区原水協の松本真、鈴木孝良両代表理事が訪問、同施設の鎌田七男理事長も同席していただき、入所者代表の被爆者2人に見舞金を手渡しました。

全国の原水協の皆さん、どうも有難うございました。

(広島県原水協事務局長・古田文和)

【広島】 南ア駐日特命全権大使が「ヒバクシャ国際署名」にその場でサイン 県原水協を訪問し和やかに懇談 自由のために女性の活躍を強調

広島県原水協は12月4日、南アフリカ共和国駐日大使館のサイレンス・ロモ特命全権大使の表敬訪問を受けました。県原水協は22人が参加して歓迎しました。

最初に高橋信雄代表理事が歓迎挨拶、続いて古田が、「核兵器全面禁止・廃絶のために―ヒロシマ・ナガサキからのアピール」国際署名以来、核兵器禁止・廃絶を求める署名運動を中心に運動を展開してきたことなどを説明し、いま進めている「ヒバクシャ国際署名」を紹介しました。大使と、同行の一等書記官が、その場で署名に応じてくださいました。

また、広島県原爆被害者団体協議会(広島県被団協)の佐久間邦彦理事長が自身の被爆体験を話し、いまでも放射線で人間を苦しめる核兵器は絶対に早くなくさなければならないと訴えました。

ロモ特命全権大使は、自身が早くからアフリカ民族会議(ANC)でアフリカ人の解放と平等をめざす運動に加わり、14歳で亡命した経験を交えながら、アパルトヘイト撤廃、自由と平和のために運動を続けてきたことを話しました。そして、南アフリカ共和国では大臣の4割が女性であり、女性の社会進出が当然になっており、女性の活躍がなくては、本当の自由はありえない、と強調しました。

最後に、新日本婦人の会広島県本部から、被爆手記集「木の葉のように焼かれて」の英語版を、また広島県高校生平和ゼミナール顧問の大亀信行さんから、高校生が川底から発掘した「被爆瓦」を贈呈し、全員で記念写真を撮って終了しました。

(広島県原水協事務局長・古田文和)

【広島】広島カープ優勝記念パレードを見に来た親子連れも「ヒバクシャ国際署名」にサイン

広島県原水協と同県被団協は11月25日、今年最後の元安橋での「ヒバクシャ国際署名」行動を実施しました。8人と少ない人数だったのですが、予報に反して風もなく、暖かい「署名日和」になりました。

ちょうど、広島カープ優勝記念パレードが同時刻に平和大通りでおこなわれ、30万人を越える人出で、パレードが終わったあと、平和公園を通って繁華街に繰り出す人たちで、元安橋は一時これまでに見たことがないような人通りとなり、署名もできないほどでした。

山口からわざわざパレードを見にきたという親子連れが、一家4人分の署名をしてくれたり、たまたま観光に来た千葉の人が「カープ愛」の凄さに感心しながら署名してくれました。また、被団協の佐久間理事長のところで署名したブラジル人の夫婦は、署名するところを動画に納めていました。

(広島県原水協事務局長・古田文和)

【広島】トランプ米大統領来日で関心高く 友達にしてもらうと若い女性が署名持ち帰る

広島県原水協と同県被団協は11月6日、市内で6・9行動をおこない21人が参加しました。

ドナルド・トランプ大統領が訪日中のためか、関心が高く、「ヒバクシャ国際署名」が97人から寄せられました。カンパも1,217円ありました。

被爆当時、入市して救護活動したという80代後半の姉妹が、手を持とうとすると皮膚がズルズル剥けて、それはひどかった。息子(被爆2世)は45歳で若くして死んだ。福屋(6・9行動をおこなっている場所にあるデパート)も救護所になって大変だったよ、と話してくれました。

また、20代の女性が「SNS で友人に発信して署名してもらおうと思う。何時までやっているのですか」と聞くので、今日はもう終わりだけど、毎月6日にこの場所でやっているし、今月いっぱい、土曜日午前中に元安橋でやっているから、そこへ来てくれてもいいよ、と言うと、「わかりました。友人に署名をもらって届けます」と、署名用紙を持ち帰ってくれました。そして「核兵器禁止条約に日本が参加しないなんておかしいですよね」と言いながら、「すぐ発信するから」と広島県被団協の川崎さんたち2人の写真を撮っていました。

(広島県原水協事務局長・古田文和)

【広島】国連軍縮週間行動で署名に応じてくれた人と対話が盛り上がる

広島県原水協と同被団協は、国連軍縮週間初日の10月24日、市中心部の八丁堀交差点で、「ヒバクシャ国際署名」に取り組みました。

署名に応じた方の何人もが、衆議院総選挙の結果について「首相がまた安倍さんになるから核兵器廃絶は難しくなる」など心配の声があがりました。他にも「核兵器禁止条約に日本が参加しないなんて、ほんとありえんよね!」「ICANのノーベル平和賞受賞は良かったね」など色んな声をかけてくれる人がいました。30分間の行動には12人が参加し、87人分の署名が寄せられました。

(広島県原水協事務局長・古田文和)

原水爆禁止2017年世界大会情報

採択4文書 国際会議宣言 【広島決議】広島からのよびかけ 【長崎決議】長崎からのよびかけ 【特別決議】長崎からすべての国の政府への手紙 『原水爆禁止2017年世界大会の記録』注文書

【動画】中満泉国連軍縮担当上級代表の挨拶ー2017原水爆禁止世界大会長崎にて

【動画】国際会議宣言提案から採択

第4分科会「憲法9条守り、憲法生きる日本を」問題提起パワーポイント(冨田宏治)

【動画】谷口稜曄(すみてる)日本原水爆被害者団体協議会代表委員のメッセージ

核兵器禁止条約(抜粋、明治大学法学部兼任講師の山田寿則氏による仮訳をもとに作成)

【動画】ヒバクシャ国際署名を成功させよう

【動画】20170806 原水爆禁止世界大会2017 広島総会 全録

【動画】20170807 原水爆禁止世界大会2017長崎開会総会 全録

【動画】20170809原水禁世界大会2017長崎 閉会総会 全録

[…]

【広島】北朝鮮核実験への抗議の意志を込めた6・9行動に修学旅行中の中高生がサイン

広島県原水協は9月6日、市内繁華街で6・9行動をおこないました。

9月3日に強行された北朝鮮の核実験に抗議の意志を込めておこなった行動には25人が参加、「ヒバクシャ国際署名」118人分と2500円の募金が寄せられました。

修学旅行で広島を訪れた中高生がよく署名してくれました。

マスコミの注目も高く、テレビ4社、新聞4社が取材しました。

佐賀県の中学生4人組は、班別行動で「お好み焼き」を食べに来たところで署名に協力してくれ、テレビのインタビューを受けていました。

(広島県原水協事務局長・古田文和)