カテゴリー

アーカイブ

【3・11シンポジウム】3/11(金)14:00-17:00@平和と労働センター2階ホール「東京電力福島第1原発事故5年 チェルノブイリ30年 核の危険 放射能被害の根絶を」にご参加ください

160311_シンポチラシ2

▲クリックするとPDFファイルが開きます。

3月11日(金)14:00〜@平和と労働センター2階ホール「3・11シンポジウム チェルノブイリ30年 東電福島第1原発事故5年 核の危険 放射能被害の根絶を」にご参加ください

160311_シンポチラシ

▲クリックするとPDFファイルが開きます。

【3・1ビキニデー】被災62年2016年3・1ビキニデー/日本原水協全国集会「参加あんない」ができました!

2016-ビキニ参加案内

▲クリックするとPDFファイルが開きます。

【原水爆禁止世界大会】第77回総会で「よびかけ」と「成功めざす運動」を採択

A

原水爆禁止世界大会実行委員会は2月10日、第77回総会を開き、今年の世界大会に向けた「よびかけ」と「成功めざす運動」を採択しました。

原水爆禁止2016年世界大会の日程と持ち方はこちら。

日本原水協第88回全国理事会で【特別決議】「2016年3・1ビキニデー集会を成功させよう」を決定

2016年ビキニデー学習パンフ表紙

【特別決議】 2016年3・1ビキニデー集会を成功させよう  2016年2月7日  日本原水協第88回全国理事会

2016年の原水爆禁止運動の全国的な出発点、3・1ビキニデー集会が2月28日から3月1日まで、静岡と焼津の二つの都市で開かれます。

 昨年、日本原水協が世界の反核平和団体と共同してNPT・ニューヨーク行動に結集した633万の署名は、核兵器禁止の流れを後押しする重要な役割を果たしました。一方で、核保有国などは国際世論と真っ向から対立し、「核抑止力」論に固執しつづけており、これを打ち破ることが重要な課題となっています。核兵器の非人道性から核兵器禁止を求める流れを大きく発展させ、核兵器禁止条約の交渉開始を実現するために、被爆の実相と核兵器廃絶の声を被爆者とともにひろげる活動を抜本的に強めなければなりません。

 1954年3月、アメリカが太平洋・ビキニ環礁で強行した水爆実験「ブラボー」は、地球規模の深刻な汚染と被害を引き起こすとともに、原水爆禁止運動の歴史的な出発点ともなりました。その62年目の機会に開かれることしのビキニデー集会はきわめて重要な意義をもっています。粘り強いとりくみの中で水爆実験の深刻な被害が掘り起こされ、被災漁民を支援して救済と補償を求める新たなたたかいが開始されました。日本政府に被害の全容解明を求めるとともに、労災認定をはじめとした被害者支援を求める場としても成功させましょう。また集会には、核保有国のアメリカ、イギリス、フランスとともに被災地マーシャル諸島からの代表も参加します。国際連帯を発展させましょう。

 2016年3・1ビキニデーは、核兵器廃絶の国際政治と世論の高まりを受けて、次のステップ、核兵器全面禁止の実現へ、新たな行動を国内外で発展させる場です。また、改憲を許さず、「核の傘」から離脱し、核兵器全面禁止・廃絶のために活動する国となるよう、戦争法廃止2000万人署名など、草の根の行動を大きく発展させる場です。

 新たな変化をつくる2016年3・1ビキニデーに、全国すべての市区町村から代表を送り、大きく成功させましょう。2016年のたたかいをともに前進させましょう。

【茨城】さあ!ビキニデーに向けて発進しましょう!原水協通信(茨城版)2016年2月号

原水協通信県版201602

▲クリックするとPDFファイルが開きます。

【3・1ビキニデー】現在94人の申込み!130人の目標を何としても【東京】/本日、「ビキニデーに参加したい」と電話での申し込み

160205_活動交流ニュース

▲クリックするとPDFファイルが開きます。

【宮城】被災地支援キャンペーン募金で石巻市河南子育て支援センターに「2016年いわさきちひろカレンダー」を50本贈呈

カレンダー河南へ

宮城県原水協は1月14日、石巻市河南子育て支援センターに「2016年いわさきちひろカレンダー」を50本贈呈しました。

子育て支援センターでは、窪田真寿美所長や大石きよ子相談員などみなさんから感謝されました。懇談後には、子どもたちやお母さんたちと一緒に写真を撮りました。

石巻市では、子育て中の親子が気軽に集い、相互交流や子育ての不安・悩みを相談できる場を提供しているのだそうです。情報の提供や、講習会なども開いています。

被災地支援キャンペーン募金にご協力いただいた全国の支援者のみなさん、そして全国の原水協のみなさん本当にありがとうございました。

(宮城県原水協・熊谷正治)

【日本原水協】核兵器も原発も戦争もない世界を 被爆者と一緒に雷門前で新年6・9行動

DSC_7691

原水爆禁止日本協議会は1月6日、浅草雷門前で新年6・9行動をおこないました。東京都原爆被害者団体協議会(東友会)との共催。

「核兵器も戦争もない平和な世界を 被爆者とともに新たな行動にふみだそう」「東京電力福島原発事故から間もなく5年、収束どころか汚染は拡大。あなたは再稼働・原発輸出を認めますか?原発ゼロ!原発事故被災者を支援しよう」の2本の横断幕を掲げて「核兵器全面禁止のアピール」署名と「戦争法」廃止を求める2000万署名を呼びかけました。

2015年原水爆禁止国民平和大行進・沖縄→長崎コース通し行進者の山内金久さんがトランペットで「一月一日」「原爆を許すまじ」「青い空は」のメドレーを奏でて開幕。

トランペット演奏する山内金久さん

リレートークでは東友会の大岩孝平代表理事をはじめ、5人の広島・長崎被爆者が次々にマイクを握り、核兵器廃絶の思いを語りました。また、東京被爆二世の会の田崎豊子会長も訴えました。

東友会の大岩孝平代表理事

宣伝行動の途中で北朝鮮が水爆実験をおこなったというニュースが入り、被爆者が怒り心頭で抗議しました。

東京のうたごえ協議会事務局長の大熊啓さんがおこなった南京玉すだれのパフォーマンスは注目を集め、人力車のお兄さんたちも拍手を送っていました。

南京玉すだれを披露する大熊啓さん

日本原水協の高草木博代表理事と安井正和事務局長、東京原水協の石村和弘事務局長も訴え、日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)創立60周年の今年、被爆者とともに核兵器のない世界をめざすために全力をあげると決意を表明しました。

行動には日本医労連、婦人民主クラブ、民主主義文学会、上野の森に広島・長崎の火を灯す会も加わり、合わせて40人が参加。「核兵器全面禁止のアピール」署名が63人分、「戦争法」廃止を求める2000万署名は24人分が寄せられました。

[…]

【茨城】県内全自治体での「非核平和都市宣言」が実現

1601_原水協通信茨城県版

▲クリックするとPDFファイルが開きます。

【岩手】山田町の仮設住宅に住むみなさんの年越し餅つき交流会にちひろカレンダー贈呈 みんな笑顔に

151229_ちひろカレンダー普及促進ニュース

▲クリックするとPDFファイルが開きます。

【神奈川】県原水協通信100号達成!2016年を新しい前進の年に

神奈川県原水協通信No.100

【宮城】東日本大震災の津波で大被害を受けた塩釜市浦戸小中学校へ2016年いわさきちひろカレンダーを贈呈

浦戸小中で

ちひろカレンダーを手渡す熊谷さん(右から2人目)

宮城県原水協は12月17日、塩釜市浦戸小中学校へ、全国からの募金で贈られた「2016年いわさきちひろカレンダー」を届けてきました。

浦戸諸島は、東日本大震災の大津波で大きな被害を受け「特に野々島、寒風沢、桂島の被害は大きく、家屋の半数近くが全壊した」と言われているところです。

学校のある野々島は、塩釜から汽船で30分程の所です。桟橋には学校から迎えの自動車が来ていました。

校長先生や教頭先生からは「子どもの幸せをテーマにした水彩画、この“いわさきちひろカレンダー”は子どもたちにも喜ばれます。ありがとうございました」とお礼を言われ、感謝されました。

ここは、保護者、本人の希望があれば学区外からも通える「小規模特認校」で、子どもたちも「素朴で温和、素直な児童生徒が多く、相互の仲も良く、上級生が下級生の面倒をよく見るんですよ」と話していました。

(宮城県原水協・熊谷正治)

【鹿児島】噴火被害の口永良部島の人たちに愛と希望のちひろカレンダー贈呈

151216_ちひろカレンダー普及促進ニュース

          ▲クリックするとPDFファイルが開きます。

 

2016年1月15日(金)13:00〜@衆議院第1議員会館・大会議室「福島切り捨てを許さないー政府・東電交渉」に参加を

160115_福島 政府交渉

クリックするとPDFファイルが開きます。