カテゴリー

アーカイブ

【栃木】3・1ビキニデー集会に栃木県から14名参加

クリックするとPDFファイルが開きます

【静岡】8月の原水爆禁止2018年世界大会にむけて踏み出そう! 日本原水協全国集会・3・1ビキニデー集会にご参加ください

【カラー】2018年ビキニデー魅力チラシ【確定】

【モノクロ】2018年ビキニデー魅力チラシ【確定】

【青森】県内4カ所で新年最初の6・9行動 県連絡会も県民生協店舗で宣伝

▲クリックするとPDFファイルが開きます

【広島】県原水協と被団協がICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)ノーベル平和賞授賞式参加報告会ひらく

左から、佐久間理事長、植木広大名誉教授、開会挨拶する県被団協・吉岡副理事長

広島県原水協と同被団協は1月13日、原爆資料館会議室で、ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)ノーベル平和賞授賞式の報告会を開きました。

報告した県被団協の佐久間邦彦理事長は、核兵器禁止条約の発効を訴えるパレードや受賞を祝うコンサートに参加し、「条約を発効させるために、被爆者の核兵器廃絶の訴えが力になる」などと報告。また、植木研介さん(被爆者・広島大学名誉教授・原爆遺跡保存懇世話人)は、「受賞演説したサーロー節子さんは、はらわたにしみる雄弁な演説だった」などと感想を述べました。

急な取り組みにもかかわらず、会場いっぱいの55人が参加し、テレビ4局、新聞5紙が取材しました。

(広島県原水協事務局長・古田文和)

【熊本】新春6・9行動 30分で「ヒバクシャ国際署名」208人分

▲クリックするとPDFファイルが開きます

【岩手】県被団協と県原水協が雨の中新春6・9行動 北上・和賀地区原水協は成人の日行動

岩手県原水協と同県被団協は1月9日、盛岡市大通で新春の「6・9行動」をしました。

県被団協の下村次弘事務局長、県原水協の金野耕治代表理事がマイクを握り、「ヒバクシャ国際署名」やシール投票への協力を訴えました。

両氏は核兵器禁止条約に日本政府を参加させるために市民の声と行動が大きな力になる、県内では約15万人から署名が寄せられているが、2020年の50万人目標に向けてさらに広げようと呼びかけました。

「サーロー節子さんのスピーチに感動しました。核兵器はなくさなければ」と署名をする女性や「核兵器禁止条約に反対する日本政府はおかしいですよね」と話しながら署名するなど変化を感じる新春行動でした。

ときならぬ雨模様でしたが、12団体、16人の参加で25人分の署名が集まりました。

北上・和賀地区原水協は成人の日行動

北上市さくらのデパート前で新春「6・9行動」をしました。成人の日だったこともあり、華やいだ雰囲気の宣伝署名行動でした。9人の参加で59人分の署名が寄せられました。

【北海道】「創価学会でもやっているから」と署名 新春6・9行動

朝から季節はずれの雨、何としても新春6・9行動やりたいの願いがかない、1月9日昼に札幌市中央区パルコ前で30人近くで賑やかに署名(ヒバクシャ国際署名と、安倍9条改憲NO!憲法3000万署名)宣伝行動をおこないました。

ヒバクシャ国際署名を進める北海道民の会よびかけ人の髙﨑暢弁護士は、「広島の被爆者から『あと何年語れるだろう、広島を』」と書いた年賀状が届いた、二度と被爆者をつくらないためにと署名の協力を訴えました。新日本婦人の会北海道本部会長の石岡信子さん、日本民主青年同盟北海道委員会副委員長の宮内史織さんが核兵器禁止条約に参加する政府をと、それぞれ訴えました。

信号待ちの女性が「焼き場の少年」のパネルを、これがそうなんですかと食い入るようにしばし見ていました。熱心な呼びかけにこたえて青年が「創価学会でもやっているから」と、親の分も一緒に署名。「何の署名ですか」と聞いてきた英国ロンドン在住の方が「日本語少しわかります」と署名。

弁士の話で被爆者のことを聞いていて涙が出てきたという19歳の青年。16歳の女子高校生は「憲法を変えたら戦争できるんでしょう。大変!」と憲法3000万署名にサインし、対話になりました。多くの青年が足を止め署名にサイン。「ヒバクシャ国際署名」が31人、3000万署名が8人から寄せられました。

 

【東京】日本原水協と「ヒバクシャ国際署名」東京連絡会が青空の雷門前で新春6・9行動 被爆者の訴えに133人が署名

原水爆禁止日本協議会は1月6日、台東区浅草寺雷門前で新年最初の6・9行動をおこないました。「『ヒバクシャ国際署名』をすすめる東京連絡会(事務局:東友会)」との共催で、19人の被爆者をはじめ、約40人が参加し、快晴の青空の下、元気よく「ヒバクシャ国際署名」への協力を訴えました。

被爆者のみなさんが次々とマイクを握って被爆体験や「核兵器のない世界」の実現に向けた思いを訴え。「72年前の原爆投下のことを忘れることはできない」「核兵器は一発でも爆発してしまえば命や暮らしをすべて奪ってしまう」「核兵器禁止条約は、核兵器のない平和な世界への第一歩」と、「ヒバクシャ国際署名」への協力を訴えました。

東京宗平協や日本医労連の代表らもマイクを握り、核兵器禁止条約に調印・批准する日本の実現や憲法9条改憲NOの声を広げようなどと訴えました。東京のうたごえ協議会事務局長の大熊啓さんが「おりづる」「青い空」などを伴奏して行動を盛り上げ、街頭からの注目を浴びていました。

首都圏や関西、宮崎など全国からの初詣の人びと、韓国、中国、メキシコの外国人観光客が次々に署名に応じ、1時間の行動で133人分の「ヒバクシャ国際署名」と募金1,000円が寄せられました。

2018年 新年・新春「ヒバクシャ国際署名」行動計画

▲クリックするとPDFファイルが開きます

【都道府県】

北海道:1月1日(月)12:00〜13:00、鳥取神社周辺の歩道(大通り側)で釧路原水協が元旦平和募金・署名行動、1月1日(月)10:00〜、市内湯倉神社前で函館原水協が第52回元旦行動(「核兵器廃絶!被爆者援護・連帯」と募金を訴え、ビラ入りのティッシュを配布します)、1月6日(土)13:00〜、JR帯広駅南口広場で帯広原水協が新春6・9宣伝行動、1月7日(日)12:30〜、江別市民会館前で成人式行動、1月7日(日)13:00〜13:30、芸術文化ホール(北広島駅東口)で北広島原水協が成人式ヒバクシャ国際署名行動、1月9日(火)12:05~12:30、札幌市中央区パルコ前で北海道原水協と新日本婦人の会北海道本部が新春6・9行動

宮城:1月7日(日)、仙台市体育館、岩沼市、塩釜市で地域原水協と新婦人などが「ヒバクシャ国際署名」と3000万署名の宣伝・署名行動

茨城:1月6日(土)11:30〜13:00、水戸駅南口ペデストリアンデッキで新春署名行動

群馬:1月6日(土)15:00〜、コープ宮子店前で伊勢崎新春宣伝、1月7日(日)10:00〜、高崎(スズラン交差点)で成人式署名行動、1月7日(日)10:10〜、前橋(グリーンドーム南入口)で成人式署名行動

東京:1月6日(土)11:30〜12:30、浅草寺雷門前で新年6・9行動、1月8日(月)11:30~13:00、荻窪駅北口で杉並原水協が成人式行動、1月9日(火)18:00~19:00、西荻窪駅で杉並原水協が6・9行動

埼玉:1月6日(土)桶川市、上尾市、越谷市、深谷市、1月8日(月)川口市、富士見市、1月9日(火)さいたま市(県原水協)、和光市、1月13日(土)八潮市(新婦人)

神奈川:1月1日(月)11:00〜13:00、大雄山駅前で西さがみ原水協が元旦行動、1月6日(土)13:00〜、藤沢駅南口で藤沢市原水協が新春署名行動、1月6日(土)15:00〜、古淵イオン渡りで相模原市原水協が新春署名行動、1月8日(月)11:00〜13:00、小田原駅東口で西さがみ原水協が成人式行動、1月9日(火)12:00〜、桜木町駅前広場で神奈川県原水協が新春署名行動、1月9日(火)13:00〜、小杉グランツリー前で中原区原水協が新春署名行動

山梨:1月3日(水)14:00〜、甲府市・武田神社参道で2018年 新年・新春署名行動

静岡:1月1日(月)12:00~13:00、静岡浅間神社の赤鳥居下付近で静岡市原水協が被爆者支援・連帯元旦行動

愛知:1月1日(月)11:00~12:00、熱田神宮東門でヒバクシャ国際署名をすすめる愛知県民の会、愛知県平和委員会、愛知県原水協合同の元旦署名行動

石川:1月1日(月)10:00~、尾山神社前で元旦署名、1月1日(月)10:00~、倶利伽羅不動尊前で河北地域原水協が元旦署名、1月9日(火)12:30~13:00、武蔵エムザ前で6・9行動

京都:1月6日(土)、9日(火)各14:00~15:00、清水寺門前で京都原水協が新春6・9行動、1月13日(土)14:00〜15:00、祇園石段下(八坂神社門前)でヒバクシャ国際署名を大きく広げる京都の会(ヒバクシャ署名京都の会)が新春署名宣伝行動

兵庫:1月6日(土)12:00~13:00、神戸大丸前で兵庫労連宣伝カーを出して「平和の波」行動規模で宣伝・署名行動。弁士=津川・筆頭代表、和田・代表理事(神戸大学名誉教授)、岸本・代表理事(新婦人県会長)、成山・兵庫労連議長、松田・共産党県委員長、千葉・芦屋市被爆者の会会長など。1月6日(土)16:00~17:00、JR姫路駅前で姫路市原水協、1月6日(土)16:00~17:00、山陽電鉄高砂駅前で高砂市原水協、1月6日(土)14:00〜15:00、JR明石駅前で明石市原水協、1月6日(土)14:00〜15:00、市営地下鉄西神中央駅前で神戸市西区原水協、1月6日(土)JR垂水駅前で神戸市垂水区原水協、1月6日(土)15:00〜16:00、ミナエン商店街で神戸市兵庫区原水協、1月6日(土)16:00~17:00、JR六甲道駅前で灘区原水協、1月6日(土)14:00〜15:00、JR芦屋駅前で芦屋市原水協、1月6日(土)11:00〜12:00、阪神尼崎駅前で尼崎市原水協、1月6日(土)16:00~17:00、阪急伊丹駅前で伊丹市原水協、1月6日(土)13:00〜14:00、阪急逆瀬川駅前で宝塚市原水協、1月9日(火)12:00~13:00、神戸大丸前で新婦人など10~15人参加予定、1月9日(火)12:00~13:00、明石市原水協、1月9日(火)15:00~16:00、宇治川商店街で神戸市中央区原水協、1月9日(火)16:00~17:00、JR住吉駅前で神戸市東灘区原水協、1月9日(火)15:00~16:00、芦屋市原水協、1月9日(火)15:00~16:00、阪急西宮北口駅前で西宮市原水協、1月9日(火)15:00~16:00、伊丹市原水協。

岡山:1月3日(水)10:00〜、岡山神社で岡山市原水協が新年6・9行動、1月9日(火)12:15~、岡山駅西口・さんすて前で岡山県原水協が6・9行動

香川:1月1日(月)13:30~14:30、「大窪寺」原爆の灯前署名行動、8日(月)10:30~12:00、成人式会場前行動(高松市・丸亀市)

福岡:1月6日(土)12:00~13:00、天神パルコ前で福岡市原水協が6・9行動、1月7日(日)・8日(月)、新婦人を中心に各地で成人の日行動、1月9日(火)12:15~13:00、博多駅前博多口で県原水協が6・9行動、1月23日(火)12:00~13:00、博多駅前博多口で「ヒバクシャ国際署名」県推進連絡会が行動

NEW! 長崎:1月2日(火)平和公園で県原水協が新春署名行動、1月8日(月)長崎市の成人式会場内ロビーで「県民の会」が成人の日署名行動、1月9日(火)は平和公園で県原水協が署名行動

熊本: 1月6日(土)12:30~13:00、1月9日(火)12:30~13:00、パルコ前で熊本県原水協が新春6・9行動、1月9日(火)10:30~11:00、タイヨー本渡店(拓心高校横)で天草原水協が新春6・9行動

【中央団体】

婦人民主クラブ:1月5日(金)12:30~13:30、JR千駄ヶ谷駅前で新年「ヒバクシャ国際署名」行動

【2018年3・1ビキニデー】資材のご案内

核兵器禁止条約の採択を経た2018年は、核保有国や日本をはじめ「核の傘」の下にある国々での声と行動を広げることがもとめられています。2018年3・1ビキニデーは「ヒバクシャ国際署名」や原爆展をはじめ、核兵器全面禁止の行動の一大決起の場、安倍9条改憲NO、沖縄新基地建設ストップなど、非核平和の日本をめざす連帯の場です。

今回の学習パンフでは、核兵器禁止条約のポイントや、国連での禁止条約をめぐる議論の様子、北朝鮮の核・ミサイル開発問題の平和的解決などについて、コンパクトに学べます。

ビキニデーの成功へ、学習と宣伝をひろげましょう。地域・職場・学園での学習パンフ、ポスター、チラシの活用をよろしくお願いします。

【3・1ビキニデー学習パンフレット】  B5版(16ページ)4色刷・頒価210円 【3・1ビキニデーポスター】  B3版 4色刷・頒価80円

*2018年1月6日より発送

ご注文・お問合せは日本原水協もしくは都道府県原水協まで。

【3・1ビキニデーチラシ】  ダウンロードはコチラ

【群馬】 被爆者のみなさんと初のお茶会(おしゃべり会)開催

12月23日の午後は、原水協と被爆者の大塚健司さん(77)が呼びかけたお茶会(おしゃべり会)でした。群友会の会合が10年以上開かれず、会長の須藤さんも昨年末に亡くなられたなかでの集いです。

今年8月、原水協や原水禁などの実行委員会で慰霊式を開き、その有志の懇談会で日本被団協の木戸季市事務局長から「毎月1度集まって気軽に話し合いを」というアドバイスを頂いていました。

今回、日本被団協事務局の協力も得て30人余によびかけました。お茶会には2人の被爆者の方をふくめ、代表理事の滝沢俊治さんや事務局の私たち3人の計6人が集まり、親しく懇談しました。

前日私が誘った長崎の被爆者で矢野留恵子さん(88)は、「家族に送ってもらい参加した。藤岡の大塚さんにお会いしたかった。日ごろは新婦人の新聞を購読している。体験を語ったこともあり、地域の方などに声をかけて頂いている」「慰霊式を(実行委員会の)みなさんが開催してくれて嬉しい」などと、声も若々しく話しました。

長崎で被爆した大塚さんは「何人もの人に電話した。集まりを持ってくれることはみなさん大歓迎してくれたが、寒さや高齢を理由に欠席せざるを得なかった」と報告。自身は、藤岡のMさん夫妻が熱心に連絡をくれて、原水爆禁止世界大会報告会(11月15日)に参加したことや新婦人のみなさんがいろいろ誘ってくれるので参加している」と近況を話しました。

ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)のノーベル平和賞受賞もみんなで喜びあいました。滝沢さんから、日本被団協がまとめた写真集が大塚さんにプレゼントされ、群馬原水協からはこの1年間被爆者に連絡したり訪問したりするなどの努力をされてきた大塚さんに激励カンパを手渡しました。

矢野さんは、前橋協立病院に通院しており、瀧口道生先生(群中医療生協理事長)が主治医です。以前は小林敏男先生(前橋原水協理事長)に診てもらっていました。小林先生は大学卒業後、前橋協立病院で被爆者健診の活動を始めた方であると紹介し、次は小林先生を招いて集まりをと提案したところ、矢野さんは「嬉しい、ぜひお願いします」と歓迎の声が出ました。次回のお茶会日程は暖かくなった3月に開くことになりました。

今回のような積み重ねの上に、原水禁などと共同して群友会の復活も模索し、被爆者団体も参加する“署名連絡会”の結成や、署名推進が来年の課題になっています。

(群馬県原水協事務局長・古沢孝一)

【岡山】「日本政府は核兵器禁止条約を批准せよ」県内16地方議会(64%)で意見書採択 県被爆者会に募金贈呈と懇談

▲クリックするとPDFファイルが開きます

【広島】「ヒバクシャ国際署名」県連絡会(準)が署名行動

「ヒバクシャ国際署名」を呼びかける広島県被団協の佐久間理事長

「ヒバクシャ国際署名」広島県推進連絡会(準)は12月20日、午前11時から中区本通り・青山前で「ヒバクシャ国際署名」行動をおこないました。この行動には、県生協連や2つの県被団協、原水協・原水禁などから25人が参加しました。

ノルウェー・オスロのノーベル平和賞授賞式に参加した県被団協の佐久間邦彦理事長が授賞式の様子や街頭でのパレ—ドなどをハンドマイクで報告し、市民の声を集め、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)の受賞につながったことなど、世論の大切さを訴えました。

小さな子どもをベビーカーに乗せた若いお母さんや、高校生・中学生のグループなどが快く署名に協力してくれ、約30分で167人分が寄せられました。1人で31人分を集めた被爆3世の石本直さんがテレビのインタビューを受けました。

(広島県原水協事務局長・古田文和)

【広島】県原水協・被団協が被爆者に年末見舞金手渡す

入所者代表の沖廣さんに、見舞金を手渡す県被団協の佐久間理事長

広島県原水協と同被団協は12月18日、広島原爆養護ホームの「舟入むつみ園」と「矢野おりづる園」を訪れ、全国から寄せられた年末見舞金を届けました。

「舟入むつみ園」では、県原水協の高橋信雄代表理事が、入所者代表の岩並藤枝さん(89)に、「今年は核兵器禁止条約が国連で採択され、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)がノーベル平和賞を受賞するなど、被爆者の皆さんの願いである核兵器のない世界がグッと近づきました。いつまでも元気でいてください」と見舞金を手渡しました。岩並さんは「子や孫のために、原爆はなくさなければなりません。ありがとうございます」と言って受け取ってくださいました(矢野おりづる園では、感染症予防のため、施設側の希望で全員マスクをしました)。

入所者代表の岩並さんに募金を手渡す県原水協の高橋代表理事

続いて訪問した「矢野おりづる園」では、県被団協の佐久間邦彦理事長が、入所者代表の沖廣カズエさん(95)に、見舞金を手渡しました。佐久間理事長は、「今年は核兵器禁止条約が国連で成立し、ノーベル平和賞をICANが受賞するという素晴らしい年でした。いつまでも長生きしてください」と言うと、沖廣さんは「いつもありがとうございます」と言いながら受け取ってくださいました。

また、安佐北区にある広島原爆養護ホームの「倉掛のぞみ園」には、安佐北区原水協の松本真、鈴木孝良両代表理事が訪問、同施設の鎌田七男理事長も同席していただき、入所者代表の被爆者2人に見舞金を手渡しました。

全国の原水協の皆さん、どうも有難うございました。

(広島県原水協事務局長・古田文和)

「ヒバクシャ国際署名を広げる滋賀県民の会」結成 元県知事、県医師会長、滋賀大学元学長が出席、日本被団協事務局長が講演

講演する日本被団協の木戸事務局長

「ヒバクシャ国際署名を広げる滋賀県民の会」設立集会が12月10日、草津市で開催され、約80人が参加しました。よびかけ人のうち、被爆者の大村信代さんと、武村正義、國松善次両元滋賀県知事、猪飼剛県医師会会長、成瀬龍夫滋賀大学元学長の5人が出席しました。

準備会代表の北川紀子県生協連会長のあいさつのあと、8歳の時、長崎で被爆された大村さんが被爆当時の惨状を語りました。

8歳の時の被爆体験を語る大村さん

武村元県知事は、よびかけ人からのアピールとして「核兵器は究極の悪魔の道具であり我が国は堂々と否定すべきだ。率先してよその国を説いて回る国であってほしい」と訴えました。その後、木戸季市日本被団協事務局長の講演、会の結成に至る経過報告、申し合わせ事項や役員の確認、参加団体や会場からの発言が続きました。

閉会の挨拶にたった國松元県知事は「人類がとんでもないものを造った。人類の力で止めないといけない。今日お集まりの多くの皆さんと『憲法』では考えが違うかもしれないが、核兵器廃絶のためには力を合わせて幅広い運動をすすめよう」とよびかけました。

結成に向けて4月から15回の準備会を開催。50の団体に呼びかけ、現在、薬剤師会、歯科医師会や日中友好協会など22の団体の参加を得ています。会の結成がマスコミで大きく報道される中、さっそく滋賀県職員組合が初めて職場で署名運動を開始するなど運動が広がりを見せています。

(滋賀県原水協事務局長・西野明)