カテゴリー

アーカイブ

【スイス】はじめての原爆展・反核映画上映ではじめて原爆の被害を知った

広島の新婦人の方から今年の7月に「広島・長崎被爆展示組写真」をスイスに住んでいる娘さんに贈りたいと連絡がありました。スイスの教会(ベルン州アラワンゲンの中心となっている・プロテスタント改革派のアラワンゲンキルヘゲマインデ)で原爆展を開かれるとのことで、企画した経緯や参加者からの感想など報告を寄せていただきました。


9月5日は、参加者20人弱(日本人2人、スイス人他)で、原爆展とは違う部屋で、反核の映画「太陽が落ちた日」の上映会をし、その監督(アヤ・ドミニックさん)も招待して、上映会の後にディスカッションをしました。※映画「太陽が落ちた日」:(ヒロシマにルーツをもつ若きスイス人監督が描いた過去と現在、ヒロシマとフクシマをつなぐドキュメンタリー映画。2015年 予告編はこちら

ディスカッションでは、「日本は技術立国なのになぜ再生エネルギー利用の方向ではなく、原子力の再稼働の方向に行っているのか」「デモや平和活動をしたら日本ではどのように見られるのか(またどのような成果が期待されるのか)」「広島での平和教育の内容(内部被ばくなども習ったかどうか)」「福島を含める被ばく地域の経済社会的現状」など色々なトピックで議論をしました。

平和公園にすでに旅行で行ったことがある方も数人いたのですが、それ以外の人はほとんど原爆について知らなかったため、とてもショックを受けていました。

折り鶴のメッセージを伝え、最後は核兵器廃絶の署名活動もしました。

– なぜこのタイミングで広島と福島の反核映画を上映したのでしょうか?

広島と長崎のことは忘れてはいけないこと。当教会のディスカッショングループでは最近、原子力発電や核兵器についてのあり方を話し合っていたところでした。そのためには、原爆の被害について知らなくてはならないと考えたし、スイスでは日本人がどのように原爆被爆後生きてきたのかを知るすべがなかったのです。広島のイメージとして、多くの人は障害や汚染といったイメージを持っています。広島や福島の現在を理解することは義務だと考えているからです。

映画ではアヤ・ドミニック監督が、被爆者が苦しみを抱えながらも強く生きているところを見せてくれました。この事実について知らなかったし、そして日本人はこのことについてほとんど話さないということを理解しました。

– スイスの教育の中での原爆投下は?広島についてどのように習いましたか?

広島についてはとても薄っぺらく学びました。ただ原爆投下という歴史上の事実というだけです。人々は広島の人たちが今どのようになっているのかを知ることはまったくないのです。

– 映画上映、原爆展をする前と後のみなさんの感情の変化はどうでしたか?

映画上映、原爆展の前は核兵器のトピックはとても自分から遠いものでした。しかし、この映画上映や原爆展後は、核兵器廃絶についてたたかうエネルギーをもらいました。核兵器を廃絶するためにみんなで立ち上がらなくてはなりません。

スイス人は残酷な画像を見ることに慣れていないので、今回の原爆写真展は映画上映とは別の部屋でおこないました。若い世代は特に原爆の写真を見ると精神的に深いショックを受けてしまいます。

組写真贈呈のお礼メッセージが届く

広島・長崎の写真を送ってくださってありがとうございました。
私が以前持っていた写真を、コンセプシオン・ピシオットさんからホワイトハウス前での常設監視行動を引き継いでくれた人々にあげてしまったので、新しい組写真をいただけて本当に嬉しいサプライズでした。私はこの写真をシカゴで開かれる婦人国際平和自由連盟(WILPF)の3年に一度の総会(7月末に開催)と、8月に ミネアポリスで開かれる民主党大会に持って行くつもりです。私が4月から5月におこなった「核のない未来」遊説の際に私が掲げ続けた横断幕と一緒に展示します。
(エレン・トーマスさん[アメリカ・WILPF]より)

募金へのご協力、ありがとうございます!引き続きよろしくお願いします

2017年4月から始まったキャンペーンで、原水爆禁止世界大会の賛同者や日本原水協につながるさまざまな方のご協力で集めていただいた募金で、アメリカやヨーロッパなど平和団体を通じて今日までに74組の広島・長崎原爆被害展示組写真を贈ることができました。引き続きよろしくお願いします。

■世界各地の自治体や学校、団体などに贈ります
1.国内へ送るキャンペーン1組2,000円+送料実費
2.海外へ送るキャンペーン1組4,000円(送料一律 1セット2000円<北米最低料金>含む)
※組写真に添えるあなたからのメッセージを日本原水協で英文に訳します。(100字以内)
お申込みの際にメールもしくはFAXで送ってください。組写真に添えて発送します。

E-mail antiatom55★hotmail.com ★を@に変更してください。FAX=03-5842-6033
■キャンペーンのための募金にご協力ください1口1000円(何口でもOKです)
郵便振替口座(00110-9-1780 原水爆禁止日本協議会)に
「組写真募金」と明記して、お振込み下さい。※郵便振替の「控え」を領収書に代えさせていただきます。

Comments are closed.