カテゴリー

アーカイブ

【日本原水協】雨の中でも署名と被爆者募金を訴え2018年最後の6・9行動

181207_日本原水協活動交流ニュースDownload

【大分】6・9行動後の集約中に、「まだいいですか。少しですけど」と女性が募金に協力 ホッカイロの差し入れも

大分県原水協は12月6日、大分市内で6・9行動を行い、「ヒバクシャ国際署名」と被爆者援護・連帯募金をお願いしました。

行動が終わって集約中に、「まだいいですか。少しですけど」と、女性が募金箱を見つけて協力してくださいました。ホッカイロの差し入れもありました。

ご協力いただき、ありがとうございました。

(大分県原水協事務局長・広次忠彦)

【茨城】ヒバクシャの願いを胸に 2018年を締めくくる

クリックするとPDFファイルが開きます

【原爆症認定を求めるノーモア・ヒバクシャ訴訟】国が被爆者援護法の精神に則った原爆症認定を行うよう裁判所の公正な判断を要請する署名への協力のお願い(2018年12月末〆切)

最高裁判所第三小法廷に対し、日本原水爆被害者団体協議会、ノーモア・ヒバクシャ訴訟全国原告団、ノーモア・ヒバクシャ訴訟全国弁護団、あいち被爆者支援ネットワーク、被爆者支援広島ネットワークの5団体連名の署名が要請されました。

ノーモア・ヒバクシャ訴訟は「厚労大臣との定期協議の場を通じて解決する」という約束(2009年8月)を政府が守らなかったため、司法判断と行政認定の乖離が依然として埋まることはなく、被爆者がやむなく起こした第二次原爆症認定集団訴訟ともいうべき訴訟です。現在7カ所の裁判所に、約130名が提訴しています。

ノーモア・ヒバクシャ訴訟では、すでに22カ所の裁判所で判決が言い渡されていますが、最近では2018年1月16日大阪高裁、2月9日広島高裁、3月7日名古屋高裁、3月27日東京高裁と高裁段階での勝訴判決が連続して言い渡されています。現在、広島、長崎、近畿、愛知、東京で係争中。署名へのご協力の程、よろしくお願いします。

なお、2月1日に最高裁に書面提出行動をすることが決まったため、12月末をめどに署名をお寄せいただきますようお願いします。厚労大臣協議は12月中ごろで日程調整中です。

クリックするとPDFファイルが開きます

【栃木】県原水協 第43回定期総会開かれる

クリックするとPDFファイルが開きます

【神奈川】日本原水協全国事務局長会議開かれる(11/24〜25)

クリックするとPDFファイルが開きます

【広島】ヒバクシャ国際署名県推進連絡会が平和公園入口の元安橋で署名行動

ヒバクシャ国際署名広島県推進連絡会による「ヒバクシャ国際署名」が11月20日、12時半から13時まで、平和公園入口の元安橋で行われました。

15団体から31人が参加し、310人分の署名が寄せられました。

最初に二つの県被団協の佐久間理事長、箕牧理事長がそれぞれ挨拶し、観光客や市民に広くアピールして署名を集め、核兵器廃絶の世論を大きくしようと訴えました。

広島県原爆被害者団体協議会(県被団協)の吉岡幸雄副理事長は、外国人観光客に足のケロイドを示して、原爆被害のすさまじさを強調していました。

足のケロイドを見せて原爆の被害を説明する吉岡副理事長

また、滋賀県大津市から来た修学旅行の小学生が、集団で署名してくれました。

(広島県原水協事務局長・古田文和)

【北海道】11/20〜12/10 “被爆者援護連帯募金旬間”スタートします

クリックするとPDFファイルが開きます

【宮城】県原水協通信(2018年11月号)

クリックするとPDFファイルが開きます

【兵庫】日本政府は核兵器禁止条約に調印せよ!川西新市長も署名 残すはあと4人

クリックするとPDFファイルが開きます

【大阪】「核兵器なき世界へ12・1」を成功させて、「ヒバクシャ国際署名」で日本政府を動かそう!

クリックするとPDFファイルが開きます

【神奈川】いわさきちひろの生誕100年記念のつどい 11・11「ちひろのつどい」まであと10日!あなたの参加で必ず成功させよう

クリックするとPDFファイルが開きます

【広島】国連軍縮週間で「ヒバクシャ国際署名」行動 「戦争も核兵器もなくさなくては」と男性が署名

広島県原水協は10月27日夕方、金座街で国連軍縮週の署名行動を行いました。

30分の行動には21人が参加し、45人分の「ヒバクシャ国際署名」とカンパ1500円が寄せられました。

最初に署名した40代の男性は、「戦争をなくさなくてはいけないし、核兵器も戦争で使われたら大変なことになる。とにかく早くなくさなくては」と話しました。

うたごえ協議会からも4人が参加し、「署名」や「青い空は」などを歌って雰囲気を盛り上げてくれました。

(広島県原水協事務局長・古田文和)

【岡山】“すごいことしてるね 頑張れ” と激励も 10月度第106回目の6・9行動

クリックするとPDFファイルが開きます

【広島】両親とも被爆者の被爆2世が不安な胸の内を語る

広島県原水協は10月9日、市内で6・9行動を行いました。6日が台風接近のため、急遽変更して実施したものです。11人が参加して、35人分の「ヒバクシャ国際署名」が寄せられました。

両親とも被爆者という女性は、「父親が中学生のときに動員で市役所にいて被爆。袋町小学校で治療を受けている様子が写真に撮られ、資料館にその写真が展示されている」と話しました。父親は74歳でがんのため亡くなり、母親も最近がんで亡くなったということで、「被爆2世の自分には何の医療的支援もなく、とても不安だ」と語っていました。

(広島県原水協事務局長・古田文和)