カテゴリー

アーカイブ

【大阪】原水協はじめ4団体の事務局長が連名で吉村洋史大阪市長に米揚陸旗艦「ブルー・リッジ」の大阪港入港を認めない要請書を提出

ブルー・リッジ (揚陸指揮艦)

▲米揚陸旗艦「ブルー・リッジ」(Wikipediaより)

大阪原水協の小松正明事務局長は2月23日、安保破棄・諸要求貫徹大阪実行委員会、大阪平和委員会、非核の政府を求める大阪の会の事務局長と連名で、来る2月24日(水)10時〜27日(土)10時まで大阪港に入港するとされている米揚陸旗艦「ブルー・リッジ」の入港許可を認めない要請書を吉村洋史大阪市長に提出しました。

要請書には、1994年10月に、米軍艦が27年ぶりに大阪港に入港したことに大きな衝撃を受けた市民の声を受けて大阪市議会が同年11月に「大阪港平和利用決議」を全会一致で採択したこと、決議の文中には「・・・大阪港が核兵器持ち込みを拒否する世界に開かれた平和な貿易港として運営されるよう強く要望する」と書かれてあること、それは1975年の神戸市議会での「核兵器積載艦艇の神戸港入港拒否に関する決議」を手本にしていることなどを指摘しています。

そして、日本政府が掲げる非核三原則を貫く立場から、大阪市が、今回のブルー・リッジ入港について、大阪港湾の軍事利用や核兵器有無の無回答のままの寄港を許さず、全会一致の「決議」を尊重して入港許可を与えないことを強く求めています。

その上で、吉村市長に対して以下の設問に文書で回答するように要請しています。

1、貴職が、1994年の大阪市議会決議「大阪港の平和利用に関する決議」や「平和都市宣言」の立場に立って、港湾管理者としての権限を行使するよう求めます。

2、今回のブルー・リッジの入港に際して、大阪市港湾曲が外務省及び大阪・神戸米国領事館に対して、核兵器搭載の有無の確認をおこなわれたのか回答を求めます。

3、この間の交渉で明らかなように、大阪市が日米安全保障条約を最優先する立場では、結果として入港料の日本持ち、軍事優先での入港許可に結びついてしまいます。大阪港を平和な貿易港として発展させるために、日本国憲法や港湾法に基づく立場を明確にすることが必要と考えます。最近の情勢から勘案して、大阪市の態度変更を求めます。

4、既存の方法では米国の「核搭載していない」という明確な証明なしの入港になる危険性があります。大阪市が「国是」とされてきた「非核三原則」に即した行政をさらに前へ進めることが必要と考えます。どのように改善するのか回答を求めます。

以上

【日本原水協活動交流ニュース】被爆者とともに3・1ビキニデーに参加を!【大阪】寝屋川から被爆者3人がビキニデー集会へ【青森】派遣目標(5人)を達成!

160216_活動交流ニュース

▲クリックするとPDFファイルが開きます。

【大阪】新春初の6・9署名・宣伝行動に21人が参加 NPTニューヨーク行動に参加した被爆者が経験を語り、今年こそ核兵器のない世界を実現しようと呼びかける

IMG_3250_1

年頭の挨拶をおこなう岩田理事長

大阪原水協は1月6日、上六の近鉄百貨店前で正午から1時間、今年最初の6・9署名・宣伝行動をおこないました。

岩田幸雄理事長の年頭の挨拶に続いて大阪民医連、大阪平和委員会、非核の政府を求める大阪の会など、参加団体代表がリレートーク。

寝屋川市から参加の被爆者、松山五郎さんは2010年と2015年のNPTニューヨーク行動に参加した経験を語られ、今年こそ核兵器のない世界を実現しようと呼びかけられました。

この行動に大阪原水協加盟団体でもある日本共産党の参議院大阪選挙区予定候補のわたなべ結さんが駆けつけていただき、核兵器をなくすためにも「戦争法」の廃止を求める署名を2000万人に拡げる活動と共同して奮闘いたしましょうと決意表明がありました。

決意を語る日本共産党の参議院大阪選挙区予定候補のわたなべ結さん

この行動には21人が参加し、「核兵器全面禁止のアピール」署名が14人から、「戦争法」廃止を求める署名が30人から寄せられました。

(大阪原水協副理事長・山崎義郷)

【大阪】憲法、民主主義破壊の「維新政治」を終わらせよう!~大阪府知事、大阪市長選勝利へ皆さんのご支援をお願いします~大阪原水協理事長が全国の皆さんに訴え

2015ダブル選挙での全国への支援のお願い

▲クリックするとPDFファイルが開きます。

2015国連軍縮週間(10/24-30)全国各地で多彩な行動を予定

軍縮週間宣伝行動ビラ

10/24-30の国連軍縮週間に合わせて、全国各地で多彩な行動が計画されています。

時間、場所などの詳細は都道府県原水協までお問い合わせください。

北海道

・10月26日(月)12:15~12:45@札幌市内中央区パルコ前 被爆70年・国連軍縮週間 宣伝行動

・10月26日(月)~30日(金)@札幌市地下街オーロナコーナー「ヒロシマ・ナガサキ 原爆と人間」パネル展

▲クリックするとPDFファイルが開きます。

青森

・10月24日(土)11:00〜12:00@青森市新町パサージュ広場 国連軍縮週間署名宣伝行動(ミニ原爆展、うたごえなど)

・10月26日(月)12:45~13:15@青森市新町さくら野デパート前 国連軍縮週間署名宣伝行動

・10月27日(火)12:00~12:30@青森市新町さくら野デパート前 国連軍縮週間署名宣伝行動

岩手

・盛岡では署名行動アピールの予定。ほかに、まだ署名していない知事、市長などにアピール署名の申し入れを検討中。

山形

・核兵器廃絶と戦争法廃止を求める安倍首相宛てはがきキャンペーンを計画。

New!群馬

・10月26日(月)、27日(火)、28日(水)群馬県庁で初めて原爆展を実施。

東京

・10月13日(火)外務省への要請

26日(月)軍縮週間中央行動:大使館要請(AM/PM)

27日(火)軍縮週間中央行動:大使館要請(AM)

国連軍縮週間のつどい(署名提出、パネル討論):15:30-18:30 衆議院第一議員会館多目的ホール

29日(木)大阪判決(14:00)・東京判決(15:00)

・ノーモア・ヒバクシャ訴訟勝利と原爆症認定制度の抜本改正をめざす行動(プレ企画16:00~、記者会見16:20~、つどい17:00~日比谷図書文化館コンベンションホール)

30日(金)厚労省との交渉(10:00)、午後各県からの国会議員要請行動

埼玉

・10月28日(水)浦和駅西口で署名宣伝行動。

千葉

・地域8か所で原爆展や署名行動、被爆者の体験聞き取りなどを計画している。

神奈川

・原爆展と宣伝行動でいま各地で計画中。

山梨

・自治体キャラバン、いま準備中。

New!新潟

・10月27日(火)16:00〜17:00@新潟市内JR白山駅前 国連軍縮週間 高校生・大学生・青年を対象の署名宣伝行動と平和講座学習会の呼びかけ。

長野

・10月26日(月)〜28日(水)10:00〜21:00@長野イーストプラザ市民交流センター・1F多目的スペース ヒロシマ・ナガサキ「原爆と人間」展

愛知

・署名行動、反核平和のイベント、自治体交渉など計画をとよびかけている。

・10月25日(日)13:00~15:00@栄 丸栄スカイル前 ど真ん中ハロウィン宣伝※仮装・コスプレ宣伝大歓迎

・11月4日(水)県と名古屋市への非核平和要請行動を計画。(主催は安保、平和委員会、非核の会と原水協)★名古屋市 10時から11時30分、★愛知県 13時から14時30分

京都

・10月24日(土)15:00~16:00@三条河原町 署名宣伝行動

大阪

・10月24日(土)13:30~@大阪社会福祉指導センター 国連軍縮週間のつどい <講演>豊崎博光さん (ジャーナリスト)

兵庫

・10月24日(土)12:00~13:00@神戸大丸前 署名宣伝行動

New!岡山

10月28日(水)12:15〜13:00@岡山駅西口さんすて前 署名宣伝行動

香川

・10月24日(土)大窪寺での「原爆の火」前での建立28周年記念式典にあわせ、原爆写真展と署名行動を計画。

長崎 […]

【大阪】岩田幸雄理事長の名前で翁長雄志沖縄県知事へ激励電報送る

大阪原水協は10月15日、岩田幸雄理事長の名前で翁長雄志沖縄県知事へ激励電報を送りました。以下、全文を紹介します。

 

翁長雄志沖縄県知事への激励電報

勇気ある決断に心から敬意を表します

翁長知事の名護市辺野古沿岸部の埋め立て承認取り消しの勇気ある決断は、平和を願う全国の人々を大いに励ましています。今後、さまざまな安倍政権による妨害と攻撃が予想されますが、私たち大阪の平和団体、民主勢力、労働組合は一丸となって、翁長知事の決断を支持し、沖縄の人々と連帯し、支援金カンパを集め、沖縄への支援連帯行動に取り組みます。11月22日には大阪市長選挙・府知事選挙のダブル選挙があり、安倍政権と深く結びつく橋下・大阪維新の会との壮絶な選挙戦を、今たたかっています。「オール沖縄」のたたかいを学び、自民党、民主党、公明党、社民党、共産党の「オール大阪」でたたかい、「維新政治を終わらせる」ことをスローガンに全力でたたかっています。翁長知事の今後のご奮闘に期待し、「埋め立て承認取り消し」の勇気ある決断への激励の文といたします。

2015年10月15日

原水爆禁止大阪府協議会

理事長 岩田幸雄

【大阪】10月24日(土)13:30~@大阪社会福祉指導センター 2015年国連軍縮週間のつどいでジャーナリストの豊崎博光さんがウラン採掘から核兵器まで、世界の実態を告発する講演を予定

【大阪】2015.10.24国連軍縮週間のつどいチラシ

▲クリックするとPDFファイルが開きます。

【大阪原水協】「戦争法案」衆議院強行採決に対し、抗議の常任理事会声明を発表

150716_常任理事会声明「戦争法案の強行採決に抗議する」

2015年7月16日午後2時6分、政府与党が衆議院本会議で「戦争法案」強行採決をおこないったことに対し、大阪原水協は常任理事会声明を発表しました。

▲クリックするとPDFファイルが開きます。

【平和行進】埼玉のコース・日程をアップしました。

2015平和行進-01

2015年6月24日現在、中央実行委員会に寄せられているコース・日程を紹介します。

 【東京―広島コース】

静岡県平和行進日程(5月19日〜31日)→コチラ

岐阜県平和行進日程(6月11日〜16日)→コチラ

滋賀県平和行進日程(6月16日〜21日)→コチラ

京都府平和行進日程(6月21日〜26日)→コチラ

奈良県平和行進日程(6月26日〜30日)→コチラ

大阪府平和行進日程(6月30日〜7月7日)→コチラ

兵庫県平和行進日程(7月7日〜16日)→コチラ

岡山県平和行進日程(7月16日〜26日)→コチラ

広島県平和行進日程(7月26日〜8月4日)→コチラ

 【北海道―東京コース(太平洋)】

青森県平和行進日程(5月31日〜6日)→コチラ

岩手県平和行進日程(6月6日〜14日)→コチラ

宮城県平和行進日程(6月14日〜21日)→コチラ

茨城県平和行進日程(6月25日〜7月8日)→コチラ

千葉県平和行進日程(7月8日〜21日)→コチラ

  【北海道―東京コース(日本海)】

青森県平和行進日程(5月31日〜6月4日)→コチラ

秋田県平和行進日程(6月4日〜11日)→コチラ

新潟県平和行進日程(6月15日〜26日)→コチラ

長野県平和行進日程(6月26日〜7月8日)→コチラ

群馬県平和行進日程(7月3日〜13日)→コチラ

NEW! 埼玉県平和行進日程(7月13日〜21日)→コチラ

山梨県平和行進日程(7月8日〜16日)→コチラ

 【北海道―東京コース(内陸)】

秋田県平和行進日程(6月4日〜13日)→コチラ

山形県平和行進日程(6月13日〜20日)→コチラ

福島県平和行進日程(6月20日〜27日)→コチラ

栃木県平和行進日程(6月27日〜7月11日)→コチラ

NEW! 埼玉県平和行進日程(7月11日〜21日)→コチラ

 【富山―広島コース】

富山県平和行進日程(6月6日)→コチラ

石川県平和行進日程(6月13日〜24日)→コチラ

福井県平和行進日程(6月24日〜7月2日)→コチラ

京都府平和行進日程(7月2日〜4日)→コチラ

兵庫県平和行進日程(7月4日〜9日)→コチラ

鳥取県平和行進日程(7月10日〜20日)→コチラ

島根県平和行進日程(7月20日〜30日)→コチラ

広島県平和行進日程(7月30日〜8月4日)→コチラ

【和歌山→広島コース】

三重県平和行進日程(6月8日〜18日)→コチラ

奈良県平和行進日程(6月26日〜30日)→コチラ

 【四国コース】

徳島県平和行進日程(5月31日〜6月14日)→コチラ

香川県平和行進日程(6月14日〜28日)→コチラ

愛媛県平和行進日程(6月28日〜7月12日)→コチラ

 【広島→長崎コース】

広島県平和行進日程(7月5日〜7日)→コチラ

山口県平和行進日程(7月7日〜16日)→コチラ

福岡県平和行進日程(7月16日〜26日)→コチラ

[…]

【大阪】NPT・ニューヨーク行動代表団壮行会を4/19に開催予定

2015,4,19NPT代表団壮行会

▲クリックするとPDFファイルが開きます

【大阪】2015年NPT再検討会議ニューヨーク行動代表団結団式に84人が参加

IMG_2244_1

150人の代表団で100万筆の「核兵器全面禁止のアピール」署名を国連本部に届けようと全力をあげている大阪原水協は2月21日午後、大阪府教育会館たかつガーデンで結団式をおこない、139人の代表団員登録者の内84人が参加しました。

岩田幸雄理事長が開会あいさつで「代表団員の皆さんがピースチャレンジャーの牽引者として先頭に立っていただき、100万署名を達成したい」と激励。

▲開会あいさつする岩田理事長

小松正明事務局長が2015年NPT再検討会議の情勢を報告し、山崎義郷副理事長がニューヨーク行動の概略を説明しました。

日通旅行大阪支店から海外旅行に関する留意事項等についての説明と質疑応答の後、参加者の中で最高齢となる85歳の松山五郎さん、最も若い17歳の野崎未奈さん、そして各団体代表から決意表明がありました。

▲発言する野崎さん(中央)、左は松山さん

【大阪】「核兵器全面禁止のアピール」大阪100万署名推進委員会が年内に80万筆突破の呼びかけ

2015NPTニューヨーク行動へ年内に署名80万筆を突破しよう

大阪原水協も入っている「核兵器全面禁止のアピール」大阪100万署名推進委員会は11月5日、「2015 NPTニューヨーク行動へ年内に署名80万筆を突破しよう!」との呼びかけを出しました。

▲クリックするとPDFファイルが開きます

【2014国際青年リレー行進】ニーニョ・デシエルトさんの日誌(7月2日)

7.2(1)

2014年7月2日(大阪での行進3日目)平和行進と警察

警察のこと、とりわけ日本の警察のことで私が思い付くのは、緻密さ、国民の権利のために奉仕すること、そして安全重視ということです。大阪府内全体で警察がまさにその職務を全うしていることを目にして驚きました。

当初、大阪の警察は私たちを制するために平和行進の場に来ているのだと思っていました。それがこれまで私がフィリピンの警察制度に基づいて知っていたことだったので、日本の警察制度には衝撃を受けました。

日本の警察、とりわけ大阪の警察は平和行進を終日支えてくれました。平和行進者の唯一の任務は行進することです。そしてもう一つ、時間を厳守します。もし平和行進開始が朝8時からなら、朝8時には必ず集合しています。

行進当初から警察はすでに同行しています。私たちが次の市に到着するまで安全な道路を歩けるように誘導し、次なる市の境界線で私たちを待っている担当警察官に引き継ぎをします。警察の体制は、屋根に警告灯を点灯させて行進者の前を行くパトカー1台、行進者の右脇に並ぶ警察官の列、全交差点ごとの安全確保のために、行進の隊列を走って追い越し、誘導する警官たち、そして不測の対立などが起こった時に仲裁役をする警官たちです。

実際、行進者は妻を後部座席に乗せてバイクに乗った男性との間で揉め事を経験しました。その男性は道路の通り抜けができなかったので非常に怒っており、バイクのクラクションをバンバン鳴らしながら行進に沿って運転しました。彼は行進者の目前を素早く横切り、怒鳴り出しました。仲裁役の警官が迅速に彼を取り囲み、彼を妻とバイクと一緒に道路の反対側へと引っ張って行きました。彼らが依然として口論しているのが聞こえましたが、行進は継続しました。次に何が起こるのだろうかと思いましたが、岩田さんが全て順調で問題ないと話して下さったので安心しました。

誰でも便利で統制のとれた場所を夢見たことがあると思いますが、私は日本をお勧めしたいと思います。日本の警察はよく組織されています。来年の国民平和大行進でも、日本の警察が必ずまた走り回って警備してくれるでしょう。

ニーニョ・デシエルト(2014年国際青年リレー行進の大阪〜兵庫県区間行進者 マルチメディア編集者、ミンダナオ人民平和運動)

(翻訳:白石亜子)

【2014国際青年リレー行進】ニーニョ・デシエルトさんの日誌(7月1日)

7.1(1)

2014年7月1日(大阪の行進2日目)行進のビート

行進のビート音は大きくて騒がしいですが、行進者にとっては食物と同じぐらい必要です。私はミンダナオのビートでドラムをたたいています。行進者の一人が私に「太鼓」(日本のドラム)を渡してくれました。太鼓の音は私の耳には音楽に聞こえますが、これを行進で使うとなると、大阪のように騒音公害を抑えようとしているところでは、雑音としか聞こえないかもしれません。でも気にしません。太鼓のビートは行進者たちにエネルギーと強さを注入してくれます。

行進で私たちは一日20から25キロ歩きます。4分の1の行程で5分から10分休憩をとり、昼食もとります。行進者たちが記す一歩一歩には、核兵器のない平和な日本と世界を作りたいという願いが込められています。だからこそ私は、その願いの一歩一歩にこたえて、一日の終わりまで太鼓をたたくのです。太鼓のビートはみんなに微笑みをもたらします。その音は疲労感を取り去ってくれます。ビートは希望、ビートは力、ビートは行進なのです。

ニーニョ・デシエルト(2014年国際青年リレー行進の大阪・兵庫行進者。マルチメディア編集者。ミンダナオ人民平和運動代表)

【2014国際青年リレー行進】ニーニョ・デシエルトさんの日誌(6月30日)

6.30(6)

2014年6月30日―力強い一日(行進の初日)

6月30日 ―2014年原水爆禁止国民平和大行進の大阪府でのオープニング集会に、約300人の参加者が柏原市の河原に集まりました。川から吹く暖かいそよ風と太陽から降り注ぐ陽射しには、参加者の笑顔と音楽、イベントの成功への希望が満ちていました。

私はというと、武者震いしながら、日本の皆さんと一緒に行進することになる自分にこれから何が起こるのだろうと考えながら、心を落ち着かせようとしました。異なる文化の輪の中で過ごすのは大変なことだろうと思っていましたが、それは間違っていました。大阪原水協の皆さんは、日本の食事や宿泊への案内、それにとても良い通訳者を用意してくれるなど、私をうまく溶け込ませてくれました。参加者の前でスピーチした後、この日はすべて順調に進みました。皆さんからの拍手喝さいは私の初日に自信を与えてくれました。

私たちは柏原市から八尾市役所まで行進し、岩田公園で終わりました。参加者はコールを上げ、太鼓の音、音楽を奏でながら行進し、2014年6月30日は力強い一日となりました。

ニーニョ・デシエルト(2014年国際青年リレー行進の大阪〜兵庫県区間行進者 マルチメディア編集者、ミンダナオ人民平和運動)

(翻訳:国吉綾乃)