カテゴリー

アーカイブ

原水協通信

毎月発行している日本原水協の機関誌です。国内外の反核平和運動についての情報が満載です。 日本原水協のウェブサイト→ http://www.antiatom.org/

「核兵器の全面禁止を!」

最近の投稿

【2014国際青年リレー行進】ソフィア・ウォルマンさんのあいさつ(日英)

7月26日から8月4日まで広島県内を国際青年リレー行進するソフィア・ウォルマンさんのあいさつ(日英)を紹介します。

ソフィア・ウォルマン

アメリカフレンズ奉仕委員会(アメリカ)

友人のみなさん、今日ここ(   )でみなさんと一緒に平和行進に参加できて感謝でいっぱいです。ご招待ありがとうございます。平和な世界を目指す兄弟姉妹のみなさんに歓迎いただき胸を熱くしています。

アメリカ国民の一人として、私の国が、平和への巨大な障害を作り出していることを恥ずかしく思います。同時に、日米の国民が国境を越えてともに平和と正義のためにたたかっていることを心強く感じています。

私は、自分の国が広島と長崎に対して残虐行為をおこない、そしてその後も暴力と不正義を続けて利益を得ていることに、重い罪の意識を感じています。オバマ大統領は「変化」と「希望」を約束しましたが、実際にはこの政権は、世界中の人々から権利を奪って続けられる帝国主義的政策に深くはまり込んでいます。このため、緊張や紛争は鎮まるどころか悪化しているのです。

アメリカは、21世紀にふさわしい社会的基盤、質の高い学校、十分な食糧、住宅、医療、保育施策を持っていません。一方で税金の大きな部分が、軍備、警察の装備、数百万の移民の追放、刑務所や拘置所の建設に使われています。これは、有色人種の人々への信じがたいほどの差別を反映しています。

アメリカは増大する軍事優先主義に適応するよう国民に求め、それを他国にも押しつけています。この政策の背後に大きな金銭的利益が動いていることを理解することが、戦争を廃絶し、世界中に正義を実現する行動に立ち上がるためには非常に重要です。

アメリカは無人機技術を開発し使用してテロ攻撃をおこない、数百の軍事基地が人々の主権を奪っています。1945年の原爆投下以来、核兵器保有と使用の権利を主張し続けています。これらは好戦的で帝国主義的な政府のほんの数例にすぎません。このような好戦的姿勢は、日本国憲法を破壊しようとしている安倍首相への支持にも表れています。これは、戦争で多くの人命を失った人々と民主政治に対する大きな侮辱です。

私たちは巨大な敵を相手にたたかっているのです。日々このような暴力や政策を経験している皆さんは、私などよりもっと雄弁に、前線での戦いに必要な、確固とした決意と粘り強さを語ってくださると思います。

昨年私は長崎で、2015年NPT再検討会議に向けた行動の呼びかけと期待の声を聞きました。アメリカの平和運動はこれにこたえて立ち上がり、被爆70周年でもあるこの機会を利用して、国民に核兵器と原発廃絶の緊急性を知らせ、街頭で運動を広げるつもりです。

私は今回日本を再び訪れてみなさんの活動から学ぶ機会をいただきました。ものすごい数の署名運動と、この国民平和大行進の素晴らしい力強さは、本当に大勢の人々の献身と決意の表れです。みなさんの知識、エネルギー、経験は、2015年に向けて私たちが力を蓄えて行くために非常に重要です。

しかし私たちの力だけでは不十分です。アメリカで私は、いくつかの活動に関わっています。パレスチナ連帯、核兵器廃絶、軍事費削って暮らしに回せ、などですが、私たちは、これらの運動を結び付けて進めることが絶対に必要だということをよく討論しています。

詩人で活動家であるステイシーヤン・チンは、「私たち活動家の人の輪が広がるのは、家族が大きくなっていくのと似ている。緊張が高まることもあるが、そこにはまたチャンスがあり、わくわくすることや、希望もある」と言っています。協力関係や連帯がときに困難に直面した時には、このことを思い起こしましょう。目的を達成するためには協力と連帯は絶対に必要なのですから。

私たちは2015年に向けて、環境的・人種的・経済的正義、女性と性的少数者の権利など、全ての人々の命の尊厳を守ろうとする様々な運動との連携を強めていかねばなりません。そして、青年や新しい世代の活動家たちを迎え入れましょう。彼らの創造性は、より平和な未来へのたくさんのカギを握っています。

そして最後に、基本的な法律や倫理の基準を破壊しようとする者たちに、正面からたたかいを挑まねばなりません。国民の意志に反して恥ずべき行動を取る私たちの政府のことです。また、戦争や過剰消費、民族浄化、基本的人権の否定から儲けを得ている、ボーイング、ロッキード・マーティン、ノースロップ・グラマンなどの軍需産業です。そして、こういう「死の商人」を支援して儲けている銀行や資産運用家たちの資金の流れも追う必要があります。

友人のみなさん、私たちは人民の力の代表なのです。みんなの力を合わせれば、力強く、大胆で、創造性にあふれ、恐れるものは何もありません。一緒に声を上げましょう。ノーモア広島!ノーモア長崎!ノーモア福島!ノーモア占領!ノーモア人種主義!ノーモア戦争!!!

———————————————————

Sofia Wolman

American Friends Service Committee

U.S.A.

Friends,

It is with deep appreciation that I stand with you here in *name of city*, and I thank you for your invitation.  The welcome in Japan is warm among my brothers and sisters working for a more peaceful world.

As a U.S. American, I stand before you both deeply shamed at the giant obstacles to peace that are so common between our countries, and emboldened by the commitment to peace and justice that we share across borders.

First, I carry with me an understanding of the heavy burden placed on my country for the atrocities committed in Hiroshima and Nagasaki, and also for the violence and injustice on which the United States was built and that it continues to perpetrate and profit from.  While President Obama promised *Change *and *Hope*, in fact his Administrations have deeper entrenched U.S. imperial policies that rest on the disenfranchisement of people within the U.S. and around the world, and exacerbate, rather than quell, tensions and conflicts.

While the U.S. lacks 21st century infrastructure, quality schools, and sufficient food, housing, medical, and childcare programs, our tax dollars are being spent largely on the U.S. military, on arming our police, on deporting millions of immigrants, and on building jails and prisons that reflect incredible discrimination against men and women of color.

The ever-increasing militarism to which we are expected to adapt – and that we are imposing – and the ingrained profitability of such policies are critical to understanding how we must act to eliminate war and to increase justice worldwide.

The U.S. development and use of military drone technologies that terrorize communities, its hundreds of bases that undermine peoples’ sovereignty, its use of the atomic bomb in 1945, and its continued insistence on a right to these weapons – these are just a few examples of an incredibly belligerent, imperial government.  Of course, such belligerence is found also in the

U.S. support for Prime Minister Abe, whose assault on the Japanese Constitution is a great offence to those whose lives have been lost to war and to the democratic nature of the government.

So, we are up against huge challenges.  My comrades who experience daily the violence of such policies are much better qualified than I to speak to the steadfastness and the incredible determination that is required when at the front-lines of these struggles.

But we heard last year in Nagasaki the calls and expectations to affect the 2015 NPT Review, and I will tell you that we in the U.S. will rise to this occasion, and will use this opportunity, that corresponds also with the 70th-year anniversary of the atomic bombings, to educate the U.S. people on the urgency of nuclear weapons and power abolition, and take to the streets when we make these demands.

I have the great privilege to be in Japan for the second time and to learn from your work – the collection of staggering numbers of petition signatures and the incredible power of this National Peace March that demonstrates the dedication of so many people.  Your knowledge, energy, and experience will be critical as we build power for 2015.

But we cannot do this alone.  In the United States I am involved with a handful of causes – Palestine solidarity work, nuclear disarmament, Move the Money – and we often discuss the absolute necessity of linking between movements.

Staceyann Chin, a poet and activist, said that, “as our activist circles grow, it’s like when a family grows: tensions increase, but there is also opportunity, excitement, and hope in this.”  We must keep this in mind as partnerships and solidarity can, at times, be difficult.  But they are absolutely necessary to achieve our aims.

We must use 2015 to strengthen our ties with the environmental, racial and economic justice, women’s and queer rights, and other focused movements whose goals are to ensure the dignity of all people’s lives.  And we must bring in young people, new generations of activists whose creativity, I think, holds many of the keys to a more peaceful future.

And I believe finally, we must confront head-on the perpetrators that violate basic laws and standards of morality.  Yes, I mean our governments that so shamelessly go against the people’s will.  But I mean also the corporations whose profits are driven by war, over-consumption, ethnic cleansing, and the basic denial of human rights; these companies like Boeing, Lockheed Martin, and Northrop Grumman.  And, of course, we can follow the money trail, as banks and asset managers sustain and profit from these deadly industries.

Friends, we represent the power of the people; it is strong, bold, creative, and fearless when we join together.  I join you as we say No More Hiroshimas!  No More Nagasakis!  No More Fukushima!  No More Occupation!  No More Racism!  No More War!!!

Comments are closed.