カテゴリー

アーカイブ

【原爆症認定を求めるノーモア・ヒバクシャ訴訟】国が被爆者援護法の精神に則った原爆症認定を行うよう裁判所の公正な判断を要請する署名への協力のお願い(2018年12月末〆切)

最高裁判所第三小法廷に対し、日本原水爆被害者団体協議会、ノーモア・ヒバクシャ訴訟全国原告団、ノーモア・ヒバクシャ訴訟全国弁護団、あいち被爆者支援ネットワーク、被爆者支援広島ネットワークの5団体連名の署名が要請されました。

ノーモア・ヒバクシャ訴訟は「厚労大臣との定期協議の場を通じて解決する」という約束(2009年8月)を政府が守らなかったため、司法判断と行政認定の乖離が依然として埋まることはなく、被爆者がやむなく起こした第二次原爆症認定集団訴訟ともいうべき訴訟です。現在7カ所の裁判所に、約130名が提訴しています。

ノーモア・ヒバクシャ訴訟では、すでに22カ所の裁判所で判決が言い渡されていますが、最近では2018年1月16日大阪高裁、2月9日広島高裁、3月7日名古屋高裁、3月27日東京高裁と高裁段階での勝訴判決が連続して言い渡されています。現在、広島、長崎、近畿、愛知、東京で係争中。署名へのご協力の程、よろしくお願いします。

なお、2月1日に最高裁に書面提出行動をすることが決まったため、12月末をめどに署名をお寄せいただきますようお願いします。厚労大臣協議は12月中ごろで日程調整中です。

クリックするとPDFファイルが開きます

Comments are closed.