カテゴリー

アーカイブ

原水爆禁止2016年世界大会後初の6・9行動各地で

160906_%e5%85%b5%e5%ba%ab1

9月6日、原水爆禁止2016年世界大会後初めての6・9行動が全国各地でおこなわれ、「ヒバクシャ国際署名」が呼びかけられました。

兵庫では、雨模様のなか9団体から11人が参加。新婦人の若手平和部長の垣本千里さん、平和委員会の大森幹雄事務局次長などがマイクで訴えました。掲示した原爆被害展示組写真に強い関心が寄せられ、「ヒバクシャ国際署名」が72、被爆者援護・連帯募金が1260円寄せられました。

岡山では、昼休みに岡山駅西口でおこない、新婦人から6人をはじめ5団体、12人が参加。「ヒバクシャ国際署名」は23人から寄せられました。

神奈川では、大船駅付近と鎌倉駅の地下道での行動に延べ15人が参加。「ヒバクシャ国際署名」は合計59人が賛同し、募金も2120円が寄せられました。

大阪では、正午から上六近鉄百貨店前でおこない、13人が参加しました。

山梨では、甲府駅前でおこない、山梨県労、新婦人、民医連などから19人が参加しました。

新潟では、お昼に市内でおこない、6人が参加。「ヒバクシャ国際署名」が18人から寄せられました。

三重では、津市でおこない7人が参加。「ヒバクシャ国際署名」が16人から寄せられました。

埼玉・上尾市では、夕方から上尾駅前でおこない、新婦人の会員を中心に10人が参加。「ヒバクシャ国際署名」は45人から賛同が寄せられました。

北海道では、被爆者協会と共催の予定があいにくの大雨で16日に延期することになりました。

【兵庫】核兵器廃絶デー・国連軍縮週間 代表理事先頭に訴え“日本政府は国連で核兵器禁止せまれ!”

兵庫県原水協FAXニュース(10)20151030

▲クリックするとPDFファイルが開きます。

【神奈川】「原子力空母の永久的母港化は許さない」「ロナルド・レーガン来るな」の声が東京湾に響き渡る

神奈川県原水協通信No.94(2015.10.7)

▲クリックするとPDFファイルが開きます。

【岩手】核兵器のない世界を! 戦争法は廃案に!県原水協 10月の「6・9行動」

6・9行動(15年10月)写真.㈬

岩手県原水協は10月6日、盛岡市大通で10月の「6・9行動」をおこないました。

さわやかな秋空のもと、県原水協の金野耕治・渋谷靖子両代表理事をはじめ5人がリレートークでマイクを握り、核兵器の廃絶、核戦争につながる戦争法(安保法制)の強行採決抗議・廃案を訴えました。

「これから戦争になれば、最後の戦争は核戦争です。核戦争は人類を滅ぼします」との国会前行動での被爆者の訴えや、核兵器廃絶に背を向け被爆国としての役割をまったく果たさない日本政府ではなく、戦争法を廃止し、平和憲法と非核三原則に立った非核の政府を国民の力でつくり上げようとのよびかけに、多くの人が聞き入り、「核兵器全面禁止のアピール」に署名しました。

行動には10団体から12人が参加。40分の行動で、37人から署名が寄せられました。

【茨城】核兵器廃絶への展望学び活発に討論 茨城県原水協学校2015開く 2015年世界大会報告集・ちひろカレンダーの普及に全力を!

151006_原水協通信茨城版No.56表

▲クリックするとPDFファイルが開きます。

▲クリックするとPDFファイルが開きます。

【静岡・浜松】核兵器廃絶国際デー 若いママが「日本が戦争する国になってほしくない」と言ってお子さんの名前を4人分書いてくれる

浜松市原水協は9月26日、核兵器廃絶国際デーにあわせて浜松駅北口遠鉄デパート(キタラ)入口前で署名宣伝行動をおこない8人が参加しました。

「日本が戦争する国になってほしくない」と言ってお子さんの名前を4人分書いてくれた若いママがいました。

参加者からは「戦争法に危機を感じる若い世代が最近の情勢で増えていることを実感した」との感想が出されました。

この行動で「核兵器全面禁止のアピール」署名が105人分、220円の募金が寄せられました。

(浜松市原水協事務局長・白滝恒夫)

【新潟】核兵器廃絶国際デー 戦争法についての関心が高く、高校生が積極的に署名に応じる

【新潟】核兵器廃絶国際デー宣伝 2015-09-26 001

新潟県原水協は9月25日、新潟駅前で9.26核兵器廃絶国際デーの署名宣伝行動をおこない20人が参加しました。

戦争法についての関心が高く、高校生が積極的に署名に応じていました。

「核兵器全面禁止のアピール」署名が23人分、戦争法の廃止を求める署名が24人分集まりました。

その後、原発反対の金曜行動に全員で参加しました。

(新潟県原水協事務局長・垣内秀司)

【三重】核兵器廃絶国際デー 津駅で署名行動 終わってから駆け寄り署名する人も

【三重】核兵器廃絶国際デー宣伝 2015-09-26 001

三重県原水協は9月26日、津駅西口で署名行動にとりくみ、5人が参加しました。

若い方から年輩の方まで「核兵器全面禁止のアピール」署名に応じ、16人分の署名が寄せられました。

終わってから駆け寄り署名してくれる人もいました。

【香川・丸亀市】核兵器廃絶国際デー 丸亀城前で観光客相手に「核兵器全面禁止のアピール」署名行動 伊方原発再稼働反対の署名も集める

【香川・丸亀】核兵器廃絶国際デー2

丸亀原水協は核兵器廃絶国際デーの9月26日、10時から正午まで昨年に続いて丸亀城前で「核兵器全面禁止のアピール」署名行動をおこない5人が参加しました。

「広島で署名をしました」との観光客には伊方原発再稼働反対の署名をお願いしました。11月1日「STOP伊方原発再稼働!11・1全国集会in松山ー福島をくり返さない!ー」をお忘れなく。

戦争法、戦争法と頭が一杯で今日の行動を忘れている方もいました。とうの私も昨夕、手帳を確認して、あわてて準備をしました。

と言うわけだからかどうか、毎回チラシをまいているのですが、今日は都合で用意できなかったので少し残念でした。お揃いの『はだしのゲン』のTシャツでアピールをし、バージョンアップしたところもあります。

【北海道】核兵器廃絶国際デー 被爆者の願いを実現するために核兵器の廃絶と戦争法反対に声を上げ続けようと青年たちが訴える

【北海道】核兵器廃絶国際デー宣伝 2015-09-26 001

北海道原水協は9月26日、札幌市内大通り公園で核兵器廃絶国際デーの宣伝署名行動をおこないました。 最初に嶋田千津子北海道原水協事務局長から、国連が提唱し昨年から始まった国際デーは、日本国内はもとより国連や海外でもさまざまなとりくみがおこなわれていることを話し、国連事務総長のメッセージを紹介しました。 世界大会に参加した青年はじめ20歳~30歳代の青年4人がリレートーク、北海道の二人の被爆者の証言を朗読し、8月の原水爆禁止世界大会−長崎での谷口稜曄(すみてる)さんの来賓あいさつを読み上げました。被爆者の願いを実現するために核兵器の廃絶と戦争法反対に声を上げ続けようと、それぞれがしっかり訴えました。 原爆パネルの谷口さんの背中が真っ赤に焼けただれた写真を見入る人、大通り公園のベンチでこの証言に耳を傾けている人も見られました。署名した女性は「安倍さんは絶対におかしい。戦争法はだめだ!」と強く話していました。 行動には非核の政府を求める北海道の会、高教組札幌支部、北海道商工団体連合会はじめ15人が参加しました。北海道民主青年同盟からたくさん参加したので、10人の青年の賑やかなよびかけに多くの市民・観光客が署名しました。 「核兵器全面禁止のアピール」署名と戦争法の廃止を求める署名の2種類の協力をよびかけ、68人から署名が集まりました。参加者からは青年が多く参加したのでとても楽しい宣伝行動だったと感想が寄せられました。 (北海道原水協事務局長・嶋田千津子) […]

【徳島】核兵器廃絶国際デー 核兵器を二度と使用させないためには全面禁止しかないとそごう前で訴える

【徳島】核兵器廃絶国際デー集会

▲クリックするとPDFファイルが開きます。

【神奈川】核兵器廃絶国際デー 市民の反応がいつもの署名行動より良く、対話では堰を切ったようにたくさんの声が寄せられる

【神奈川】核兵器廃絶国際デー1

神奈川県原水協は9月26日、核兵器廃絶国際デーにあたり、JR桜木町駅前広場で宣伝、署名、チラシ配布などをおこない、25人が参加しました。

市民の反応もいつもの署名行動より良く、戦争法の廃止を求める署名が58人分、「核兵器全面禁止のアピール」署名は43人分が集まりました。対話もあちこちであり、若い人が署名、高校生グループも署名していました。チラシは200枚配布しました。

対話では、戦争法は廃止すべき、安倍内閣は許せない、野党は力をあわせてほしい、ひいおじいちゃんが、戦争で死んだ、戦争はやってはいけない、核兵器はなくしてほしいなど、堰を切ったようにたくさんの声が寄せられました。

大山奈々子神奈川県議会議員、北谷真理横浜市議会議員も参加しました。

(神奈川県原水協事務局長・笠木隆)

【香川】核兵器廃絶国際デー 「原爆と人間」パネル、ノーモア核兵器の横断幕、ノボリ旗から風船等あらゆる宣伝物を駆使して通行人にアピール

【香川】核兵器廃絶国際デー

香川県原水協は9月26日、核兵器廃絶国際デーに呼応して、香川県内2か所で行動しました。

高松での活動は、毎回6・9行動をおこなっている高松市内の目抜き通りの「田町交番前」でおこないました。

高松行動は「原爆と人間」パネル、ノーモア核兵器の横断幕、ノボリ旗から風船等あらゆる宣伝物を駆使して通行人にアピール。訴えは「リレートーク」で原水協加盟団体が訴えました。

県新婦人の井上事務局長の進行で、日本共産党県・市議会議員をはじめ県原爆被害者の会、県民商、新婦人NPT参加者から日本ジャーナリスト会議会員まで11人が1時間30分に渡り訴えました。

トークの内容は9・26の由来を説き起こしての署名の重要性の訴えをはじめ、「戦争法」強行採決への怒りから「なんとしても廃止」をとの訴え、原爆被害者の現状等を道行く市民にアピールしました。

この行動には16人が参加し、「核兵器全面禁止のアピール」署名は90人から、「戦争法」廃止署名は17人分から、843円の募金が集まりました。

【群馬】核兵器廃絶国際デー 高崎駅東口2階デッキに原爆パネル写真を並べて初めて行動

【群馬】核兵器廃絶国際デー1

群馬県原水協は9月26日、高崎駅前で核兵器廃絶国際デーの行動をおこないました。高崎原水協のみなさんをはじめ10人が参加し、1時間の行動で署名が33人から寄せられました。

「原爆と人間」パネル写真も並べられた東口2階のデッキは、群馬県原水協としては初めての行動でした。滝沢俊治代表理事は、8月の原水爆禁止2015年世界大会~国際会議に参加したことをふまえ、パン・ギムン国連事務総長の国際デーメッセージを紹介。一刻も早い核兵器の全面禁止へ署名を訴えました。

高崎原水協の顔ともいえる朝岡和夫さんから国際情勢から戦争法までわかりやすい訴えがあり、群馬県平和委員会の関口敏明事務局長も、チラシの内容で核戦争につながる戦争法廃止、被爆者連帯の思いをよびかけました。

県原水協の古沢孝一事務局長は、国会前行動に戦争法廃止の思いで参加してきたこと。リレートークで、日本原水協も戦争法強行採決に抗議決議を上げたことを紹介したら参加者から拍手が上がったことも話されました。最後は高崎市議の伊藤淳博さんが、元気に締めくくってくれました。

「核兵器って何なのという高校生がいた」と報告したのは原水協事務局次長の丹羽政文さん。「原爆のことだよといったらもちろんすぐわかり、署名してくれた」。高校生や、中高年の女性などに、強い共感が寄せられました。

【大分】核兵器廃絶国際デー 核兵器廃絶に背を向ける安倍政権への批判の訴えに聞き入る人も

大分県原水協は9月26日、大分市中央部の商店街で、5団体から5人が参加して核兵器廃絶国際デー大分行動をおこないました。

戦争法成立の直後でもあり、核兵器廃絶に背を向ける安倍政権への批判には市民の関心も高く、訴えを立ち止まって聞き入る人もいました。

(大分県原水協事務局長・遠入健夫)