カテゴリー

アーカイブ

原水協通信

毎月発行している日本原水協の機関誌です。国内外の反核平和運動についての情報が満載です。 日本原水協のウェブサイト→ http://www.antiatom.org/

「核兵器の全面禁止を!」

最近の投稿

【2014国際青年リレー行進】ニーニョ・マラカステ・デシエルトさんのあいさつ(日英)

6月30日から7月16日まで大阪府と兵庫県内を国際青年リレー行進するニーニョ・マラカステ・デシエルトさんのあいさつ(日英)を紹介します。

ニーニョ・マラカステ・デシエルト 平和行進でのあいさつ

平和と連帯のごあいさつを申し上げます!

まず何よりも、2014年原水爆禁止国民平和大行進の国際青年リレー行進に参加できて、嬉しく、光栄に思います。私は、核兵器廃絶という重要な大義を実現するため、ミンダナオ人民平和運動(MPPM)を代表して平和行進に参加することを決意し、大阪府と兵庫県を歩くことになりました。大阪と兵庫の平和運動のみなさんとともに行進する機会をいただき、ありがとうございます。

私は、日本の平和行進参加者の皆さんが、長い間行進を通してたたかい続けてきた勇気と力強さに感動しています。行進の歴史がそれを証明していると思います。この行動は必ず、日本と世界中の人々の、平和のうちに共存するためのたたかいを励ましてくれるでしょう。

ミンダナオ人民平和運動(MPPM)がご招待にこたえて2014年国民平和大行進に参加することになったのは、みなさんの核兵器廃絶の呼びかけに賛同しているからです。ミンダナオには核兵器はありません。しかし私たちは現在、フィリピン政府と武装勢力との間で排他的に和平プロセスが進められ、ミンダナオの天然資源が急速に民営化されつつあることに反対してたたかっています。

ミンダナオは食料の一大生産地として知られています。植物の種類や鉱物資源が豊富で、多様な文化と伝統を持つ多くの民族が暮らしています。しかし政府が、官民パートナーシップを通じて、豊かな外国が私たちの天然資源を搾取することを許してしまったら、ミンダナオはもはや食料生産地でなくなってしまいます。ミンダナオのあちこちで、歯止めのない鉱物資源の採掘が続いている結果、先住民が追い出され、森林の伐採、山の崩落が起こっているのです。

ミンダナオの先住民族であるルマドの人々による民族自決権を求める長いたたかいを、MPPMは支援してきました。最近、フィリピン政府とモロイスラム解放戦線の間の和平プロセスは、先住民族の意味ある参加がきちんと保障されないまま進められています。このため、彼らの祖先の土地、統治システム、紛争の平和的解決、文化と伝統的慣習などが無視されているのです。

私たちはまた、アメリカとの「防衛協力強化協定(EDCA)」を通じて、フィリピン国内に外国軍事プレゼンスが継続していることにも反対しています。オバマがフィリピンを訪問した際に調印されたこの協定は、アメリカや同盟国のおこなう戦争と軍事活動へのフィリピンの参加をいっそう拡大することになると私たちは考えています。これにより政情が不安定になり、地元民同士だけでなく外国との衝突が続き、戦争の影響を受けた国内難民がさらに増加することになりかねません。私たちは、もっと教育、社会福祉、住宅、医療を優先するよう主張しています。

青年平和活動家として私はまた、ヤパク(YAPAK, 世代を繋ぐ芸術家の会)のメンバーでもあります。ヤパクはMPPMの加盟組織であり、地域社会の人々に、ミンダナオの平和と正義の諸問題について教育・宣伝活動をすることに力を入れています。私たちはそれを音楽や映像、演劇を通じておこなっています。協力関係にあるミンダナオ青年平和連盟と一緒に、ヤパクは平和コンサート、舞台でのパフォーマンス、デモ行進などを通じて、コミュニティの人々の意識を高める活動をおこなっています。

ヤパクとミンダナオ人民平和運動を代表して、みなさんに心からの連帯を表明します。私たちは現在も、これからも、原水爆禁止国民平和大行進を支持します。皆さんのたたかいは、私たちのたたかいでもあります。力を合わせて、どんな困難にも打ち勝って前進しましょう。一緒に叫びましょう。ともに語り合いましょう。一緒に、正義ある平和のために行進しましょう。ノーモア・ヒロシマ!ノーモア・ナガサキ!ノーモア・フクシマ!ノーモア・戦争!

マブハイ(万歳)!

———————————————————

Message of Nino Malacaste Desierto to the 2014 NATIONAL PEACE MARCH AGAINST A&H BOMBS

Greetings of Peace and Solidarity!

First and foremost, it is a pleasure and honor to be part of the International Peace March Relay of the 2014 National Peace March against A&H Bombs. The worthy cause for nuclear abolition gave me the determination to represent the Mindanao Peoples’ Peace Movement (MPPM) in the Peace March for the Osaka and Hyogo Prefectures. I am grateful for this opportunity to march with peace movements in Osaka and Hyogo Prefectures.

I am moved by the courage and strength of the peace marchers in Japan who persistently struggle in the long march. I guess the history of the march will prove this thought. This act, for sure, will encourage more people in Japan and around the world to always fight for a peaceful existence.

The Mindanao Peoples’ Peace Movement (MPPM) answered the invitation of the 2014 National Peace March for we can relate to your call for abolition of nuclear weapons. Mindanao is nuclear free but we are currently struggling against the exclusivity of the peace process between the government and the armed groups, and the fast-paced privatization of Mindanao natural resources.

Mindanao is known to be a food basket. It has rich resources of vegetation, minerals, and peoples of diverse culture and tradition. It seems that Mindanao is not the food basket anymore after our government allowed rich countries to exploit our natural resources through Public-Private Partnership. There had been rampant mining activities in different parts of Mindanao which resulted to displacement of the local tribes, logging, and moving mountains.

The longtime struggle of the Lumad (indigenous peoples of Mindanao) for their right to self-determination is supported by MPPM. The recent peace process of the Philippine government and the Moro Islamic Liberation Front has progressed without the meaningful and effective participation of indigenous peoples that will result in disregard of their ancestral domain, governance systems, peaceful resolution of conflict, culture and traditional practices.

We are also opposed to the continuing foreign military presence in our country which would increase thru the Enhanced Defense Cooperation Agreement (EDCA). This was signed during the Obama visit to the Philippines. We believe that this will result in greater participation of the Philippines in wars and military activities of the United States and its allies. This could result in more instability, continuing conflicts between locals and even international rivals resulting in more internally displaced people that will be affected by war. We call for priorities towards education, social services, shelter and health care.

As youth peace advocate, I am also a member of an artists’ group called YAPAK (Bridging Generation of Artists). YAPAK is also part of MPPM. In YAPAK, we continue to focus on providing education and information to the communities regarding the issues of peace and justice in Mindanao. We do this through Music, Visual and Theater Arts. Along with its ally organizations from the Alliance of Mindanao Youth for Peace, YAPAK organizes peace concerts, stage performances and street march as tools for raising awareness and consciousness in the communities.

On behalf of YAPAK and Mindanao Peoples’ Peace Movement, we are in solidarity with you. We will support the National Peace March against A & H Bombs from this moment and onwards. We believe that your struggle is our struggle too. Together, we will conquer every challenge that might come. Together we shout. Together we talk. Together we walk for just peace. No more Hiroshima! No More Nagasaki! No More Fukushima! No more War!

Mabuhay! (meaning Long Live)

Comments are closed.