カテゴリー

アーカイブ

【2019年3・1ビキニデー】2020年・被爆75年、核兵器のない世界へ共同と行動を 核兵器禁止、憲法9条を守り活かす日本を実現しよう

2019年3・1ビキニデーの記録申込書ダウンロード 2019ビキニデー魅力チラシダウンロード 2019年3・1ビキニデーチラシダウンロード 2019年海外代表のプロフィールダウンロード 2019年ビキニデー資材のご案内(一般)ダウンロード 190227_ビキニデー国際交流会議チラシ 静岡市民文化会館地図ダウンロード

[…]

【ビキニ水爆被災65年】「2020年・被爆75年へ、核兵器のない世界へ共同と行動を 核兵器禁止、憲法9条を守り活かす日本を実現しよう」2019年3・1ビキニデー集会の記録のご案内

19.3・1記録申込書ダウンロード

【原水爆禁止国民平和大行進】2019年全国通し行進者プロフィール・決意

2019年国民平和大行進通し行進者決定(写真・プロフィールあり)ダウンロード

■北海道―東京(太平洋コース)※根室出発 5 月 6 日〜7 月 27 日

丸 宗市(まる・そういち)さん(69 歳)

通し行進経験:初参加。毎年 5 月 6 日、夢の島からの 1 日と江戸川区内を行進。所属:江戸川原水協会長。元教職員組合江戸川支部委員長推薦団体:東京原水協

【決意】核兵器禁止条約が採択されるという画期的な情勢のもと、一日も早い日本政府の署名・批准を 住民、地方自治体に働きかけたいです。

■北海道―東京(日本海コース)※礼文島出発 5 月 6 日〜7 月 27 日

矢部 常次(やべ・つねじ)さん(70 歳)

通し行進経験:2009 年東京―広島所属:JMITU 川崎支部推薦団体:JMITU 中央本部

【決意】10 年前に通し行進者として参加、その後も神奈川県内 13 日間の行進実行委員会事務局として 援助しながら、地本内の JMITU の組合員の方に「平和の運動」を呼びかけ参加者を増やすことや、これ まで先輩方が作り上げてきた JMITU のリレー行進での参加を推進してきました。核兵器禁止条約発効へ 大きく情勢が変化する中、参加を決意。

■東京―広島コース ※5 月 6 日〜6 月 30 日大阪への引き継ぎまで

小林 和江(こばやし・かずえ)さん(77 歳)

通し行進経験:2016 年宮崎―広島、2017 年沖縄―長崎2018 年は岩手県内。静岡県内は 15 年間通し行進。所属・推薦団体:静岡県平和委員会

【決意】元気で歩き続けたい。核兵器無くそう!!声を出します。

■和歌山―広島コース ※6 月 8 日三重県〜8 月 4 日広島終結まで

山口 逸郎(やまぐち・いつろう)さん(87 歳)

通し行進経験:2012 年東京―広島、2014 年北海道―東京(太平洋コース)、2015 年東京―広島、2016年沖縄―広島、2017 年富山―広島、2018 年北海道―東京(日本海コース)所属:被爆者の声をうけつぐ映画祭実行委員会推薦団体:東京原水協、東京平和委員会

【決意】80 歳から通し行進者として参加してから病みつきとなり今年で 7 回目。すでに私の平和行進は 始まっています。核兵器廃絶、原発ゼロ、原水爆禁止世界大会成功に向けて、「一歩でも二歩でもご一緒 に歩きましょう」と呼びかけ歩きます。

■富山―広島コース 6月6日〜8月4日

山田 太枝(やまだ・たえ)さん(73 歳)

通し行進経験:2016 年北海道―東京(日本海コース)、2017 年宮崎―長崎所属:原水爆禁止世田谷区協議会推薦団体:原水爆禁止東京協議会

【決意】「核兵器をなんとしてもなくしたい」そう考える多くの方と気持ちを一つにして日本全国を歩き 抜く。このロマン溢れる平和行進を知ったのは 3 年前。たくさんの素晴らしい方々に出会え、多くを学ばせて頂いた感激はいまも鮮明です。今年もまた皆さんと共に一歩でも二歩でも歩きたいと願っています。

■広島―長崎コース 7月5日〜8月6日

藤元 理津子(ふじもと・りつこ)さん(73 歳)

通し行進経験:初参加1992 年より毎年 5 月 6 日夢の島からの 1 日参加所属・推薦団体:日本勤労者山岳連盟

【決意】平和行進へ日本勤労者山岳連盟が参加したのは 1986 年からと聞きます。それから毎年、全国の 山仲間が広島、長崎へ旗を引き継いで歩いています。「平和だからこそ登山」「戦争、核兵器は最大の自 […]

【神奈川】この3月、ヒバクシャ国際署名の飛躍を 神奈川県100万筆・県原水協35万筆達成を 四月のNPT再検討会議準備委員会に1000万の署名を届けよう!

神奈川県原水協通信No.169ダウンロード

2019年3・1ビキニデー日本原水協全国集会・全体集会 登壇者の発言

日本原水協が2月28日、グランシップ・中ホールで開催した2019年3・Ⅰビキニデー集会日本原水協全国集会・全体集会で舞台に登壇して発言した方々のスピーチを紹介します。

国際交流会議(2月27日)の主な報告や発言はコチラ […]

【日本原水協】被爆者12人とともに核兵器禁止を訴え 6・9行動で100人以上から署名寄せられる

190306_日本原水協活動交流ニュースダウンロード

【宮城】2月16日講演会に約60名が参加!

宮城県原水協通信2019年3月号ダウンロード

【茨城】2019年度原水爆禁止国民平和大行進茨城県実行委員会・結成会議開く

原水協通信(茨城版)19-3ダウンロード

【岡山】2019年3・1ビキニ 核兵器のない世界を切り開く正念場の運動を決意

岡山県原水協通信No.467ダウンロード

【栃木】3・1ビキニデー集会に栃木県から12名参加

栃木県原水協ニュース188号ダウンロード

【神奈川】2019年3・1ビキニデー日本原水協全国集会に110人参加!

神奈川県原水協通信No.168(2019.3.4)_compressedダウンロード

【東京】原爆パネル展「ケイショウ −あの日と今日を繋いで」実行委員 亀井杏寿さんインタビュー

学生による原爆パネル展・有志で結成された実行委員会が2月10、11両日、原宿のギャラリーで原爆パネル展「ケイショウ −あの日と今日を繋いで」を開催しました。責任者の亀井杏寿さん(津田塾大学2年)にお話を伺いました。

お洒落やスタイルを大切に

――  なぜギャラリーで展示しようと思ったんですか?

亀井 最初は大学の教室とかを借りて、安くやろうかなと思っていたんですけど、やっぱり若者向けっていう風に考えたときにお洒落とかスタイルとか大事と思って、お洒落な貸しスペースを探していて。

広島・長崎で学んだことを伝えたい

――  なるほど。じゃあ、きっかけは何ですか?

亀井 東京学生ツアーで原水爆禁止2018年世界大会-広島の報告会をした時に、被爆の実相などを自分自身が学びきれていないし、一昨年は長崎に行ったんですけど、その2年間で自分が長崎や広島で学んだことを伝えなきゃという思いを持ったのに、どれくらい伝えられたのかなって振り返ってみると、全然できていないなぁと思って、一応ゼミとかで呼びかけて「ヒバクシャ国際署名」を集めたりしたんですけど、それぐらいしかできていなくて。

――  何人分ぐらい集めたんですか?

亀井 5人分ぐらいです。

――  署名用紙1枚は埋めたというのは、すごいです。

亀井 今回何かできたらいいな、みんなでやればできるかなって思って。

――  じゃあ東京学生ツアーに参加したメンバー有志でという感じですか。

亀井 はい。

[…]

【東京】学生有志が原宿のギャラリーで原爆パネル展「ケイショウ −あの日と今日を繋いで」を開催

学生による原爆パネル展・有志で結成された実行委員会は2月10、11両日、東京・原宿のChromatic Galleryで原爆パネル展「ケイショウ −あの日と今日を繋いで」を開催しました。実行委員の報告です。

2月10日、11日に行った原宿・Chromatic Galleryの原爆パネル展は110人の参加でした!!

この参加者の半分くらいはその場で興味を持って入ってくれた方でした。チラシを渡したり少し声をかけると「見たい」と言って入ってくれたり、歩きながらチラシをじっと眺めてくれてるなーと思ったらUターンして入ってくれたり…本当に色んな人との出会いがありました。

家族連れの方や2人組の方、若い人が興味を持ってパネルをじっくり見て、コメントを書いてくれる姿に胸が熱くなりました。「通りがかってよかった」というコメントを残してくれた大学生もいました。写真の鳩は、来場者のコメントです。この鳩がカラフルになって終われたこともとても嬉しかったです。

このパネル展を知ってきてくれた方々にはもちろん感謝の気持ちでいっぱいですが、やってよかったと思うのはそうした偶然の中でこの場を共有できたなと実感できたことです。伝えていくことやっぱりすごく大切だなと思いました。

このような経験ができた企画を提案してくれた後輩には感謝の気持ちしかありません!ありがとう!!

また、お借りしたギャラリーのホームページにも今回の企画が紹介されました。普段は企業などのアパレル関係のイベントに使われるギャラリーだそうで、紹介ページとしては中々の異色…このように紹介していただいたことも新たな広がりだなーと思いました。

実行委員の亀井杏寿さんのインタビューはコチラ

[…]

【広島】オーストラリア人観光客の夫婦2組が快く「ヒバクシャ国際署名」に応じる

広島県原水協は2月6日、広島市内で6・9行動を行いました。

オーストラリアから旅行中の2組の夫婦が快く署名してくれました。「以前にもう署名した」という男性は、安倍首相の国会答弁を見て、「安倍をやめさせる署名ならいくらでもやってやる」と怒りをぶちまけていました。

行動には19人が参加し、39人分の「ヒバクシャ国際署名」、カンパ1000円が寄せられました。

(広島県原水協事務局長・古田文和)

【宮城】2020年9月の目標100万人分達成に向け首長ポスター完成

宮城県原水協も入っているヒバクシャ国際署名連絡会宮城が昨年末に作成していた首長ポスターが年明けにようやく完成し、1月23日の街頭宣伝で初披露し、その後にもたれた連絡会の会議で各団体に配布を始めました。

宮城では、県知事を始め35自治体の首長全員が署名しているので、その成果を活用して大きく署名集約を広げるためです。

街宣では、知事が署名していることに驚いたり、ポスターを見て即署名してくれたりする様子も見られ、手応えは上々でした。

会議では、今後の取り組みとポスターの活用法を話し合いました。連合町内会や、核開発をしている企業への融資中止を決定したりそなホールディングス傘下のりそな銀行へポスターを届けて署名を呼びかけること、連絡会加盟団体も含めて、ポスターがほしい団体には1枚100円で購入してもらうことを決めました。ポスターと共に署名用紙も一緒に配布する事も大事であると確認しました。

また、今年は政府に対して核兵器禁止条約の批准を求める意見書採択について、県議会に働きかけることも決めました。ポスターを活用して、各会派に要請していく計画を立てています。

2020年の9月までに、何とか目標の100万人分に近づけるよう、ポスターをしっかり活用していきたいです。

(宮城県原水協事務局長・川名直子)

[…]