カテゴリー

アーカイブ

【広島】呉原水協が豪雨災害の被災者にちひろカレンダー届け喜ばれる

思わぬ災害によって苦難の生活を余儀なくされ、元の生活に一日も早く戻ろうと頑張っておられる被災者に日本原水協が「ちひろカレンダー」を贈呈しているキャンペーンで、私たち広島県・呉原水協では、12月18日、呉市会議員に同行してもらい、呉市で最も死者が多かった天応地区の被災地を訪問しました。

7月6日の西日本豪雨災害では、岡山・広島県で大きな被害をもたらしましたが、呉市は広島県での死者・行方不明114名のうち25名が亡くなりました。家屋の被害も全壊115戸など800戸以上に及んでいます。呉から広島への交通網も、土砂崩れなどでJR、自動車道、国道が不通となり、しばらくの間「陸の孤島」になっていました。5ヶ月以上経過した今、交通事情は元に戻っています。

今回訪問した天応地区は、呉市では西部に位置し、広島市に最も近い地域です。未曾有の災害となった日、地域の中心部を流れる大屋川の氾濫によって家屋が埋まったり、浸水して市内死者の約半数の12名が亡くなっています。災害後、40戸が建設された仮設住宅と、浸水被害が大きかった天応宮町の被災宅を訪ね「東日本大震災から、被災した人が少しでも元気になってほしいと、ちひろカレンダーを届けている。一日も早く元の生活を取り戻すように私たちも応援しています」と励まし、「ヒバクシャ国際署名」のお願いもしました。カレンダーを受け取った被災者からは「立派なカレンダーで嬉しい、喜んで使わせてもらいます」と感謝の言葉をもらいました。被災者には、広島県災対連の協力で「庄原米」1キロとトイレットペーパー2巻も一緒に渡しました。同行した呉市議は、災害直後から毎日欠かさず被災地を訪問して、要望の聞き取り・対話活動を続けていて「カレンダー贈呈は本当に良かったですね」と感激していました。災害に強い街づくり、「核兵器のない世界」を改めて決意した一日でした。

(呉原水協・森 芳郎)

【いわさきちひろカレンダー】フクシマに心をよせて➖飯舘村、浪江町の仮設住宅へ 行き場のない弱者(高齢者)が安倍暴走政治の犠牲に

ちひろカレンダー普及ニュース12月19日Download

【岡山】今年も県被爆者会に連帯募金贈呈 西日本豪雨災害支援キャンペーン 被災者支援 ちひろカレンダー420本贈呈

181220_岡山県原水協通信No.463Download

【神奈川】ちひろカレンダー4500本突破 5000本やりきるため最後までがんばろう!

181217_神奈川県原水協通信No.162Download

【愛媛】「愛と平和のちひろカレンダー」愛媛の被災地へ届けました

181217_愛媛原水協ニュースDownload

【岡山】真備の仮設住宅6カ所266世帯にちひろカレンダーを届けました

181211_岡山県原水協通信No.462Download

【広島】県災対連のメンバーと一緒に坂町の仮設住宅にちひろカレンダーを届ける

12月8日に県災対連が行った2回目の坂町の仮設住宅訪問行動に、神部県労連議長など県災対連の5人とともに原水協から私(古田)が参加しました。

11月23日以来、2度目の訪問となるこの日は、この冬一番の冷え込みとなり、2人ずつ3組に分かれて「ちひろカレンダー」、お米、トイレットペーパー、ティシュ—ペーパーなどをセットした袋を渡しながら訪問しました。あまりに寒いため、玄関先での長話はできませんでしたが、どのお宅でも「ちひろカレンダー」は大変喜んでくださいました。小学生2人の子どものいるお母さんは、「仮設は狭いので子どもたちが—-」とおっしゃっていました。

仮設住宅訪問をすませた後、もっとも被害のひどかった小屋浦地域へ移動して訪問しました。家を修理中の方もおられましたが、大半が家の中に土砂が入ったなどで避難したままの方が多く、写真のようにほとんど手つかずの状態でした。

2時間余りの行動で、40軒を訪問できましたが、元の状態に戻るにはまだまだ時間がかかります。もうここへは戻らない、という方もいらっしゃいます。

(広島県原水協事務局長・古田文和)

[…]

【岡山】12月度(109回目)の6・9行動をおこないました

181206_岡山県原水協通信No.461Download

【福島】メッセージ添えて喜多方市議会議員より「ヒバクシャ国際署名」続々届く/全国の皆さんに感謝!日本原水協が被災地の学校にちひろカレンダー贈呈

【福島】2018原水協通信12月号Download

【岡山】総社の仮設住宅45戸へちひろカレンダー届ける

クリックするとPDFファイルが開きます

【茨城】ヒバクシャの願いを胸に 2018年を締めくくる

クリックするとPDFファイルが開きます

【神奈川】日本原水協全国事務局長会議開かれる(11/24〜25)

クリックするとPDFファイルが開きます

【神奈川】2019年版ちひろカレンダー普及ニュース 4208本に到達しました!!みんなの知恵と力を合わせ5000本達成しよう!

クリックするとPDFファイルが開きます

【広島】県災対連が安芸郡坂町の仮設住宅などにちひろカレンダー届ける

広島県災対連は11月23日、7月の西日本豪雨でもっとも大きな被害を受けた安芸郡坂町の仮設住宅などを訪問し、「ちひろカレンダー」などを渡し、住宅再建のための国の補助を500万円に引き上げることを求める署名活動を行いました。

坂町では今でも一人が行方不明のままです。同町は広島市中心部から南東に直線で約8キロの距離にあり、原爆投下直後には多くの人がやけどやけがをして避難してきたところ。逃げてきた被爆者を救護したことによる「第3号(救護)被爆者」が多い町です。

当日は8人が参加し、県原水協の古田文和事務局長も同行しました。訪問行動は町内でもっとも被害のひどかった「小屋浦」地区と、町役場近くにつくられた仮設住宅の2つの地区にわかれて行いました。仮設住宅では30軒を訪問。被災状況を尋ねると、ほとんどの世帯の自宅が全壊または大規模半壊という状況でした。用意した「ちひろカレンダー」やお米(約1㎏)等をお渡しすると大変喜んでくださり、ひとり暮らしの弘中美津子さん(85歳)は、「安曇野の美術館を知ってるよ。トットちゃんが館長さんでしょう」と話してくださいました。 allacasinononline

(広島県原水協事務局長・古田文和)

原発をなくす全国連絡会第15弾学習会「日本の原発依存エネルギー政策のあり方を問う 〜北海道地震の大規模停電・九州電力の太陽光発電出力制御問題から〜」のご案内

北海道胆振東部地震での全道停電(ブラックアウト)、九州電力による太陽光発電の出力抑制は、原発頼みの電力システムの問題を改めて浮き彫りにしました。これを受けて、日本原水協が運営委員団体の一員を務める原発をなくす全国連絡会は12月18日、学習会を開催することになりました。当日は、日本科学者会議事務局長の井原聰氏より、標記のテーマでお話しいただきます。多くの方のご参加をお待ちしております。

クリックするとPDFファイルが開きます