カテゴリー

アーカイブ

原水協通信

毎月発行している日本原水協の機関誌です。国内外の反核平和運動についての情報が満載です。 日本原水協のウェブサイト→ http://www.antiatom.org/

「核兵器の全面禁止を!」

最近の投稿

【平和行進】2016年国際青年リレー行進者からのメッセージ

レイモンド・ルハン Raymond Vincent Lujan

レイモンド・ルジャン(グアム)

グアム平和正義連合

愛知、岐阜、滋賀、京都、奈良(6月7日~30日)を行進する予定。

ハファ・アダイ!私はレイモンド・ルジャンです。チャモロ人であり、社会福祉を専攻し、チャモロ研究を副専攻として学ぶグアム大学の4年生です。グアム平和正義連合を代表して参加できて光栄です。同時に身の引き締まる思いです。

私を社会福祉専攻へと導いた力は、平和行進への参加へと導いてくれたのと同じ力でした。それをこの上なく光栄に思っており、感謝の念で一杯です。小さいときから私は人々の役に立ちたいと思ってきました。しかし、それを何に基づいてどうやっておこなえばよいかはわかりませんでした。少し前に、自分が社会的不正義に非常な怒りを感じることに気がつきました。皮肉なことかも知れませんが、私のコミュニティでは、正義ではなく不正義が、私を行動へと駆り立てるのだということを強調したいと思います。しかしまた、抑圧される者と抑圧者、社会的に恵まれない者と特権を持つ者との力関係がはっきり見えるようになるのも、これらの不正義を通じてなのです。規模がどんなに小さくても大きくても、個人的な関係やものの見方から、グローバルで国際的な関係や視点に至るまで、一方的で不公平な関係性には多くの類似性や共通点があります。

そう考えると、グアムとミクロネシア全体が、軍事化や戦争、核兵器と深く関わっていることに気づかされます。成長する過程で、私は第二次世界大戦におけるグアムの役割と、チャモロの人々が経験した不正義を学んできました。しかし、自分が自立した考え方を持つようになって初めて、そのうちのどれほどの部分が、特定の考え方によって意図的に固定化されたものなのかを見抜くことができるようになったのです。そして自分がまたとない立場にいることに気がつきました。私はチャモロ人ですが、家はアメリカの領地にあります。しかし、そのことによる被害や影響を、今回、日本の人々の視点から見る機会を与えられるのです。それは私の学んだ歴史の授業からは巧妙に除外されていたものでした。

グアムの激動の歴史は、死と流血と抑圧に満ちています。チャモロの人々は長い間、戦争の犠牲者となってきましたが、多くの人々はそれを認識していません。グアムは結局のところ、将来の戦争の際に戦略的地政学的な地点となることを唯一の目的として、戦利品として獲得されたのです。そして同時に、グアムの私たちは、自分たちを、自由と意志に基づいて建国された国の一部であると思いこまされてきたのでした。この軍事化の「目的」のゆえに、私たちの自治権にとって、非植民地化の道は、非常に困難で複雑なものにされてきたのです。今私は、グアムの非植民地化を成功させなければ、グアムはアメリカが起こす戦争の共犯者となってしまうと強く感じています。

私は、日本の平和行進参加の皆さんに強く連帯するだけでなく、広島、長崎の原爆投下により傷つき、今も苦しんでいる人々の歴史と経験を学びたいという強い思いを感じています。原爆で殺され、また生き延びた人々に共感すると同時に、日本の人々が直面してきたたたかいと経験を真に深く学びたいのです。原爆投下が「必要」だったかどうかについて多くの議論がありますが、そのような議論がどうあれ、核兵器の使用は決して正当化できません。これらの理由から私は、日本とグアム、そして世界の人々と連帯して共に立ち上がり、行進します。そして戦争も核兵器もない平和な将来の世界のために力をつくします。

[…]

5/22(日)10:00-12:00@伊勢市観光文化会館 三重・愛知県原水協が被爆者とともに伊勢志摩サミット緊急アクション

伊勢市原爆展

三重県原水協・伊勢市原水協は、5月22日から29日まで伊勢市観光文化会館2階展示室で広島・長崎両市主催、三重県・伊勢市共催の「ヒロシマ・ナガサキ原爆展」が開催されるのに合わせて、被爆者の声を伝え、アメリカはじめ核保有国と日本政府に対し、核兵器禁止条約の交渉開始へ行動するよう求める「ヒバクシャ国際署名」緊急アクション(宣伝署名行動)を予定しています。

日時は5月22日(日)10:00、28日(土)10:00、29日(日)10:00 / 14:00 の都合4回。場所はいずれも伊勢市観光文化会館前の市道(近鉄宇治山田駅前)です。(※都合により変更になる可能性があります)

初日の行動には、三重県原水協、三重県原爆被災者の会(三友会)のみなさんに加え、愛知県原水協も愛知県原水爆被災者の会(愛友会)・個人のみなさんと一緒にとりくむことにしています。

横江英樹・愛知県原水協事務局長は「当日は、愛知民主会館から午前7時30分に、伊勢に向かって出かけます。現地参加も、大歓迎です!」と参加を呼びかけています。お問合せ・乗車希望の方は、愛知県原水協(052-932-3219)まで。

被爆者が訴える核兵器禁止・廃絶の新国際署名に応えて岩手・青森・愛知・群馬・兵庫で署名行動

160411_活動交流ニュース

クリックするとPDFファイルが開きます

被爆者が訴える核兵器禁止・廃絶の新国際署名に応えて青森・東京・埼玉・山梨・新潟・愛知・三重・兵庫・広島・大分で署名行動

160408_活動交流ニュース

クリックするとPDFファイルが開きます

【愛知】4/13(水)13:30@愛知民主会館「『非核平和行政』を考える会」にご参加ください

【愛知】160413_非核平和行政を考える会

▲クリックするとPDFファイルが開きます。

【愛知】1/10(日)13:00〜16:00@平和・友好センター愛知民主会館2階「2016年反核・平和新春のつどい」へ参加を  池内了名古屋大学名誉教授が軍産学問題で講演

2016新春のつどい3

▲クリックするとPDFファイルが開きます。

【愛知】被爆者を励ますつどいを開催ー高校生・大学生らを前に被爆者が体験を語る

151224_活動交流ニュース

【愛知】12/20(日)11時〜14時@愛知・民主会館2階 被爆者を励ます集いへ参加を テーブルに分かれて被爆者の方のお話を聞きます 青年中心の被爆者支援、核兵器廃絶のリレートークも

151220_被爆者を励ますつどい

▲クリックするとPDFファイルが開きます。

2015国連軍縮週間(10/24-30)全国各地で多彩な行動を予定

軍縮週間宣伝行動ビラ

10/24-30の国連軍縮週間に合わせて、全国各地で多彩な行動が計画されています。

時間、場所などの詳細は都道府県原水協までお問い合わせください。

北海道

・10月26日(月)12:15~12:45@札幌市内中央区パルコ前 被爆70年・国連軍縮週間 宣伝行動

・10月26日(月)~30日(金)@札幌市地下街オーロナコーナー「ヒロシマ・ナガサキ 原爆と人間」パネル展

▲クリックするとPDFファイルが開きます。

青森

・10月24日(土)11:00〜12:00@青森市新町パサージュ広場 国連軍縮週間署名宣伝行動(ミニ原爆展、うたごえなど)

・10月26日(月)12:45~13:15@青森市新町さくら野デパート前 国連軍縮週間署名宣伝行動

・10月27日(火)12:00~12:30@青森市新町さくら野デパート前 国連軍縮週間署名宣伝行動

岩手

・盛岡では署名行動アピールの予定。ほかに、まだ署名していない知事、市長などにアピール署名の申し入れを検討中。

山形

・核兵器廃絶と戦争法廃止を求める安倍首相宛てはがきキャンペーンを計画。

New!群馬

・10月26日(月)、27日(火)、28日(水)群馬県庁で初めて原爆展を実施。

東京

・10月13日(火)外務省への要請

26日(月)軍縮週間中央行動:大使館要請(AM/PM)

27日(火)軍縮週間中央行動:大使館要請(AM)

国連軍縮週間のつどい(署名提出、パネル討論):15:30-18:30 衆議院第一議員会館多目的ホール

29日(木)大阪判決(14:00)・東京判決(15:00)

・ノーモア・ヒバクシャ訴訟勝利と原爆症認定制度の抜本改正をめざす行動(プレ企画16:00~、記者会見16:20~、つどい17:00~日比谷図書文化館コンベンションホール)

30日(金)厚労省との交渉(10:00)、午後各県からの国会議員要請行動

埼玉

・10月28日(水)浦和駅西口で署名宣伝行動。

千葉

・地域8か所で原爆展や署名行動、被爆者の体験聞き取りなどを計画している。

神奈川

・原爆展と宣伝行動でいま各地で計画中。

山梨

・自治体キャラバン、いま準備中。

New!新潟

・10月27日(火)16:00〜17:00@新潟市内JR白山駅前 国連軍縮週間 高校生・大学生・青年を対象の署名宣伝行動と平和講座学習会の呼びかけ。

長野

・10月26日(月)〜28日(水)10:00〜21:00@長野イーストプラザ市民交流センター・1F多目的スペース ヒロシマ・ナガサキ「原爆と人間」展

愛知

・署名行動、反核平和のイベント、自治体交渉など計画をとよびかけている。

・10月25日(日)13:00~15:00@栄 丸栄スカイル前 ど真ん中ハロウィン宣伝※仮装・コスプレ宣伝大歓迎

・11月4日(水)県と名古屋市への非核平和要請行動を計画。(主催は安保、平和委員会、非核の会と原水協)★名古屋市 10時から11時30分、★愛知県 […]

【愛知】10/25(日)13:00-15:00@栄 丸栄スカイル前 なくそう核兵器!あなたの署名が世界を変える!ど真ん中宣伝 IN ハロウィン ※仮装・コスプレ大歓迎

愛知ど真ん中宣伝チラシ

10月24日から30日は、国連軍縮週間です。1978 年5月、国連は初めて軍縮特別総会を開きました。核兵器廃絶と、全面核軍縮をめざして、国連創立記念日の10 月24 日から1週間を「軍縮週間」と決めました。今年も世界の各地で軍縮の運動がくり広げられます。

毎年、原水爆禁止愛知県協議会は、栄中心街で「名古屋ど真ん中宣伝」と銘打って、反核・平和のテーマで宣伝署名のとりくみをしています。

核戦争の残虐さを身をもって体験した被爆者は、「核兵器と人類は共存できない」「核兵器の廃絶を」と訴え続けてきました。戦争を繰り返さず、平和な日本を次の世代に引き継ぐことも被爆者の切実な願いです。

「戦争法」が違憲法であることは、いまや誰の目にも明らかです。憲法と平和を破壊する「戦争法」は廃止すべきです。

憲法9条を持つ国、いまなお18万人の被爆者が核兵器の被害に苦しむ日本の国民として、「ノーモア・ヒロシマ」「ノーモア・ナガサキ」「ノーモア・ウォー」の声をあげましょう。

ハロウィンにちなんで、仮装したりお菓子を配ったりしながら、楽しく署名・宣伝行動をしませんか♪あなたの参加を待っています。

被爆70年日本原水協ヒバクシャ遊説団inヨーロッパ:横江リポート6 10/12イギリスの平和運動との交流会 イギリス国会でのCND主催の懇談会に国会議員4人参加

12079579_722209571218486_1431634315507295796_n

被爆70年日本原水協ヒバクシャ遊説団inヨーロッパ・スペイン—フランス—イギリスコースに参加している愛知県原水協事務局長代行の横江英樹さんのリポートです。

10/12(月) イギリスの平和運動との交流会

クエーカー教ハウスでイギリスの平和運動との交流会に参加しました。ここでも被爆体験が語られました。

交流会に先だって、サンドイッチランチが振舞われました。集会まで時間があったので、原爆瓦と被爆者(水野秋恵さん)の体の中に長い間入っていたガラスを片手に核兵器の恐ろしさをプレゼンして回りました。

もちろん、キキプロDVDも見て広げて欲しいと訴えました。

イギリス国会でのCND主催の懇談会に国会議員4人参加

イギリスCND(核軍縮運動)主催のイギリス国会でのパブリックミーティングがおこなわれ参加しました。

デイブ・ウェブCND議長は、トライデントミサイルの更新をさせないためにも、コービン党首を応援していきたい。今日は、被爆者が体験を語ります。核兵器をなくしていきたいと発言しました。

スコットランド国民党から4人と労働党から1人、国会議員が参加しました。CNDの副議長で労働党の党首に選ばれたジェレミー・コービン氏は残念ながら参加されませんでした。

ここでも被爆者の体験が語られ、広めて行くことの重要性が確認されました。

私も最後にキキプロDVDの話をすることができました。また、ミーティングに先だって、原爆瓦を片手に核兵器の恐ろしさをプレゼンして回りました。

[…]

被爆70年日本原水協ヒバクシャ遊説団inヨーロッパ:横江リポート5 10/10憲法9条を守り、安倍政権の退陣を求める集会に参加 パリ平和運動の方々と、これからの核兵器廃絶運動について議論

12122487_721403264632450_4468687910554829318_n

被爆70年日本原水協ヒバクシャ遊説団inヨーロッパ・スペイン—フランス—イギリスコースに参加している愛知県原水協事務局長代行の横江英樹さんのリポートです。

10/10(土) 憲法9条を守り、安倍政権の退陣を求める集会に参加

午後からは、北東アジアの平和を訴える「ソリダ」という団体の憲法9条を守り、安倍政権の退陣を求める集会に参加してきました。

ここでも、被爆体験が、語られました。私は、フランス平和運動のナタリーさんと原爆瓦を持って、核兵器の恐ろしさを集会参加者に訴えました。

パリ平和運動の方々と、これからの核兵器廃絶運動について議論

その後、パリ平和運動の方々と、これからの核兵器廃絶運動について議論しました。核兵器の非人道性を伝えるために原爆パネル展の開催を訴え、日本からキキプロの被爆体験DVDや原爆組写真を贈る運動を提案しました。

原爆組写真の送り先を教えて欲しいとお願いしたところ、自分達に送ってくれたら責任を持ってフランス各地の学校や公的施設、運動先に渡すと言ってくれました。

会議の後は、みんなで手作りのポトフをいただきました。

[…]

被爆70年日本原水協ヒバクシャ遊説団inヨーロッパ:横江リポート4 10/9カーンの子どもたちの前で被爆証言 フランス平和運動事務所で交流会に参加

12079460_720776808028429_1224691677751698554_n

被爆70年日本原水協ヒバクシャ遊説団inヨーロッパ・スペイン—フランス—イギリスコースに参加している愛知県原水協事務局長代行の横江英樹さんのリポートです。

10/9(金) カーンの子どもたち

午前中にカーンの大学の講堂を借りて被爆体験を語る集会に参加しました。

二人の被爆者が体験を語った後、多くの子どもたちから質問がありました。

会場後方で帰りにおみやげを渡すのと同時に原爆瓦の展示を準備をしていた時に、フランス平和運動のエディに「自分でプレゼンをやれ。準備はするから」と言われ、急きょ舞台に上がって原爆瓦の説明をしました。

帰りに多くの子どもたちが、原爆瓦をタッチして帰りました。

集会の時に折っていた、ティッシュの折り鶴をいただきました。

フランス平和運動の事務所で交流会

レンヌから220km超えのパリまで移動し、フランス平和運動の事務所に到着しました。ここでは、多くの人が集まり、交流会となりました。

堅苦しい話はなしと言われていましたが、原爆瓦とガラスを持ち、精力的にアピールして回りました。ここの事務所の代表のナタリーさんは、後半には自ら話していただきました。

[…]

被爆70年日本原水協ヒバクシャ遊説団inヨーロッパ:横江リポート3 10/8仏海軍の原子力潜水艦基地前 CGTとフランス平和運動の集会などで被爆証言

12072532_720773711362072_8013103152858724653_n

被爆70年日本原水協ヒバクシャ遊説団inヨーロッパ・スペイン—フランス—イギリスコースに参加している愛知県原水協事務局長代行の横江英樹さんのリポートです。

10/8(木) ロングアイランドのフランス海軍の原子力潜水艦基地前での行動

午前中にフランスのレンヌから200km先、ブリュタニュのロングアイランドにあるフランス海軍の原子力潜水艦基地前での行動に参加しました。

霧で基地の全容は見えませんでしたが、海軍の憲兵もガードする中で、張感あるものでした。

発言する機会があり、米海軍よさみ基地撤去のたたかいを紹介して、基地撤去への連帯挨拶を交わすことができました。

カンペール市でCGTとフランス平和運動の集会

原子力潜水艦基地前での行動が終わった後、CGT(全国的な労働組合)とフランス平和運動の交流会がおこなわれました。

ここでも被爆体験が語られて、多くの方々が、目頭を押さえていました。私も発言の機会を得ました。1分の短いスピーチでしたが、原爆瓦と愛知県原水爆被災者の会(愛友会)事務局長の水野秋恵さんの体に長い間入っていたガラスについて話しました。すると、通訳の方が、朝、ジャーナリストに説明していた話を覚えていてくれてほとんどフランス語で話してくれました。

レンヌ市で夜中のミーティング

夜中にもかかわらず、約100人が集まり、被爆体験に耳を傾けました。

質問コーナーでは、政治の勘違い的な質問もありましたが、ここでも多くの方々が関心を持ってくれたようです。

[…]

【愛知】核兵器廃絶国際デー 沢田昭二理事長が自分自身の被爆体験を語り路上に原爆パネルも展示して、核兵器廃絶を訴える

【愛知】核兵器廃絶国際デー1

愛知県原水協は9月26日、名古屋市中区栄のスカイル前で国連核兵器廃絶デーにあたり署名宣伝行動をおこなうとともに、路上に原爆パネルも展示して、核兵器廃絶を訴えました。

10人が参加した宣伝では、沢田昭二理事長が自分自身の被爆体験を語り、核兵器廃絶を訴えました。

 

一宮原水協は同日、国連核兵器廃絶デーの署名宣伝行動を一宮駅東でおこないました。午後1時半から1時間の署名宣伝行動では、市が平和首長会議に入ったこと、戦争法に反対していくことなどを訴えました。

行動には新日本婦人の会、年金者組合を中心に8人が参加し、56人から署名が集まりました。

参加者は、ノーモア・ヒバクシャ訴訟の裁判所に出す署名も訴え、再び被爆者をつくらせないと訴えました。

一宮市は、8月に駅ビルにある市の図書館で原爆写真展もおこないました。

一宮原水協では、毎月第4土曜日に6・9行動を今後もおこなっていきます。