ENGLISH 旧サイトへ
原水協(原水爆禁止日本協議会)
被爆者との連帯 ビキニデー 平和行進 世界大会

原水爆禁止2019年世界大会





よびかけ              チラシ


原水爆禁止世界大会実行委員会第84回総会アピール


2020年原水爆禁止世界大会inニューヨークのための特別募金のお願い


国際会議宣言


広島決議:広島からのよびかけ


長崎決議:長崎からのよびかけ


長崎特別決議:長崎からすべての国の政府への手紙け


原水爆禁止2019世界大会海外代表リスト


原水爆禁止2019年世界大会への支持・賛同メッセージ


原水爆禁止2019年世界大会のヒロシマデー集会、開会総会、閉会総会をFBライブ配信(YouTube)

今回初めて原水爆禁止2019年世界大会のヒロシマデー集会、開会総会、閉会総会をFBライブ配信し、YouTubeにもアップしました。
報告会などにご活用いただければ幸いです。
■8/6 原水爆禁止2019年世界大会-広島〈ヒロシマデー集会〉
■8/7 原水爆禁止2019年世界大会-長崎・開会総会
■8/9 原水爆禁止2019年世界大会-長崎・閉会総会〈ナガサキデー集会〉

原水爆禁止2019年世界大会への自治体首長からのメッセージ

■北海道 ■茨城県  
滝川市長 前田 康吉 水戸市長  高橋  靖
釧路町長 小松  茂 小美玉市長 島田 穰一
様似町長 坂下 一幸 かすみがうら市長 坪井 透
七飯町長 中宮 安一 土浦市長 中川  清
羽幌町長 駒井 久晃 那珂市長 先﨑  光
洞爺湖町長 真屋 敏春 行方市長 鈴木 周也
■青森県   常陸太田市長 大久保太一
■秋田県   八千代町長 谷中  聰
■岩手県   東海村長 山田  修
盛岡市長 谷藤 裕明 ■栃木県  
一関市長 勝部  修 塩谷町長 見形 和久
奥州市長 小沢 昌記 ■群馬県  
大船渡市長 戸田 公明 前橋市長 山本  龍
釜石市長 野田 武則 安中市長 茂木 英子
滝沢市長 主濱  了 伊勢崎市長 五十嵐清隆
花巻市長 上田 東一 桐生市長 荒木 恵司
洋野町長 水上 信宏 渋川市長 髙木  勉
矢巾町長 高橋 昌造 高崎市長 富岡 賢治
■宮城県   館林市長 須藤 和臣
岩沼市長 菊地 啓夫 藤岡市長 新井 雅博
栗原市長 千葉 健司 千代田町長 高橋 純一
塩竈市長 佐藤  昭 邑楽町長 金子 正一
南三陸町長 佐藤  仁 明和町長 冨塚 基輔
■山形県   ■東京都  
山形市長 佐藤 孝弘 板橋区長 坂本  健
庄内町長 原田 眞樹 世田谷区長 保坂 展人
最上町長 高橋 重美 中野区長 酒井 直人
■福島県   稲城市長 高橋 勝浩
浪江町長 吉田 数博 狛江市長 松原 俊雄
    多摩市長 阿部 裕行
    羽村市長 並木  心
    東村山市長 渡部  尚
    武蔵野市長 松下 玲子
    武蔵村山市長 藤野  勝


■埼玉県 ■新潟県
秩父市長 久喜 邦康 魚沼市長 佐藤 雅一
所沢市長 藤本 正人 津南町長 桑原  悠
戸田市長 菅原 文仁 ■長野県
蕨市長 賴高 英雄 飯田市長 牧野 光朗
神川町長 山﨑 正弘 千曲市長 岡田 昭雄
■千葉県 辰野町長 武居 保男
大網白里市長 金坂 昌典 木島平村長 日基 正博
東金市長 鹿間 陸郎 中川村長 宮下 健彦
習志野市長 宮本 泰介 南箕輪村長 唐木 一直
■神奈川県 ■静岡県
神奈川県知事 黒岩 祐治 伊豆市長 菊地  豊
厚木市長 小林 常良 伊東市長 小野 達也
小田原市長 加藤 憲一 御前崎市長 桝澤 重夫
川崎市長 福田 紀彦 御殿場市長 若林 洋平
相模原市長 本村賢太郎 富士宮市長 須藤 秀忠
逗子市長 桐ケ谷 覚 沼津市長 賴重 秀一
茅ヶ崎市長 佐藤  光 袋井市長 原田 英之
藤沢市長 鈴木 恒夫 三島市長 豊岡 武士
三浦市長 吉田 英男 函南町長 仁科喜世志  
横浜市長 林  文子 ■愛知県
南足柄市長 加藤 修平 犬山市長 山田 拓郎
湯河原町長 冨田 幸宏 豊明市長 小浮 正典
真鶴町長 宇賀 一章 半田市長 榊原 純夫
箱根町長 山口 昇士 ■岐阜県
大磯町長 中﨑 久雄 各務原市長 浅野 健司
開成町長 府川 裕一 郡上市長 日置 敏明
寒川町長 木村 俊雄 多治見市長 古川 雅典
山北町長 湯川 裕司 土岐市長 加藤 淳司
清川村長 岩澤 吉美 羽島市長 松井  聡
愛川町長 小野澤 豊 池田町長 岡﨑 和夫
■山梨県 笠松町長 古田 聖人
大月市長 石井由己雄 北方町長 戸部 哲哉
甲州市長 田辺  篤 坂祝町長 柴山 佳也
韮崎市長 内藤 久夫


■三重県 ■奈良県
鈴鹿市長 末松 則子 葛城市長 阿古 和彦
名張市長 田中 幹夫 斑鳩町長 中西 和夫
■富山県 ■和歌山県
滑川市長 上田 昌孝 有田市長 望月 良男
南砺市長 田中 幹夫 橋本市長 平木 哲朗
■石川県 上富田町長 奥田  誠
野々市市長 粟  貴章 高野町長 平野 嘉也
■福井県 みなべ町長 小谷 芳正
■滋賀県 ■兵庫県
草津市長 橋川  渉 明石市長 泉  房穂
米原市長 平尾 道雄 朝来市長 多次 勝昭
守山市長 宮本 和宏 尼崎市長 稲村 和美
甲良町長 野瀬喜久男 宍粟市長 福元 晶三
■京都府 高砂市長 登  幸人
■大阪府 宝塚市長 中川 智子
貝塚市長 藤原 龍男 丹波市長 谷口 進一
柏原市長 冨宅 正浩 西宮市長 石井登志郎
交野市長 黒田  実 香美町長 浜上 勇人
門真市長 宮本 一孝 福崎町長 尾﨑 吉晴
河内長野市長 島田 智明 ■岡山県
岸和田市長 永野 耕平 岡山市長 大森 雅夫
大阪狭山市長 古川 照人 高梁市長 近藤 隆則
四条畷市長 東  修平 新見市長 池田一二三
吹田市長 後藤 圭二 備前市長 田原 隆雄
摂津市長 森山 一正 矢掛町長 山野 通彦
泉南市長 竹中 勇人 ■広島県
大東市長 東坂 浩一 広島市長 松井 一實
高石市長 阪口 伸六 安芸高田市長 浜田 一義
高槻市長 濱田 剛史 大竹市長 入山 欣郎
寝屋川市長 広瀬 慶輔 廿日市市長 眞野 勝弘
東大阪市長 野田 義和 東広島市長 高垣 広徳
羽曳野市長 北川 嗣雄 三原市長 天満 祥典
阪南市長 水野 謙二 尾道市長 平谷 祐宏
枚方市長 伏見  隆 府中町長 佐藤 信治
藤井寺市長 岡田 一樹    
島本町長 山田 絋平    
能勢町長 上森 一成    
岬町長 田代  尭    

■鳥取県 ■長崎県
鳥取市長 深澤 義彦 長崎市長 田上 富久
倉吉市長 石田耕太郎 壱岐市長 白川 博一
米子市長 伊木 隆司 大村市長 園田 裕史
琴浦町長 小松 弘明 佐世保市長 朝長 則男
若桜町長 矢部 康樹 島原市長 古川隆三郎
■島根県 松浦市長 友田 吉泰
雲南市長 速水 雄一 佐々町長 古庄  剛
大田市長 楫野 弘和 時津町長 吉田 義德
浜田市長 久保田章市 長与町長 吉田 愼一
益田市長 山本 浩章 東彼杵町長 岡田伊一郎
美郷町長 嘉戸  隆 ■大分県
■山口県 宇佐市長 是永 修治
岩国市長 福田 良彦 ■熊本県
山陽小野田市長 藤田 剛二 荒尾市長 浅田 敏彦
下関市長 前田晋太郎 水俣市長 髙岡 利治
■高知県 ■宮崎県
高知市長 岡﨑 誠也 えびの市長 村岡 隆明
■愛媛県 日向市長 十屋 幸平
■徳島県 高原町長 高妻 経信
美馬市長 藤田 元治 ■鹿児島県
三好市長 黒川 征一 鹿児島市長 森  博幸
石井町長 小林 智仁 ■沖縄県
板野町長 玉井 孝治 沖縄県知事 玉城デニー
■香川県 西原町長 上間  明
丸亀市長 梶  正治
■福岡県
小郡市長 加地 良光
田川市長 二場 公人
那珂川市長 武末 茂喜
福津市長 原﨑 智仁
糸田町長 森下 博輝
香春町長 筒井 澄雄
川崎町長 原口 正弘
■佐賀県
小城市長 江里口秀次


日程

国際会議 会場:広島市文化交流会館

8月3日(土)14:00~19:00開会総会/全体会議
8月4日(日)9:30~12:30全体会議
14:00~18:00分科会
8月5日(月)10:00~11:30閉会総会

世界大会―広島

8月5日(月)18:30~20:30市民と海外代表の交流集会広島市文化交流会館3階・銀河
8月6日(火)13:00~15:30ヒロシマデー集会広島県立総合体育館・グリーンアリーナ

世界大会―長崎

8月7日(水)15:30~18:00開会総会長崎市民会館体育館・文化ホール
8月8日(木)9:30~15:30分科会、うごく分科会長崎市内各会場
13:00~16:00フォーラム/沖縄特別集会
8月9日(金)10:30~13:00閉会総会長崎市民会館体育館・文化ホール
原水爆禁止世界大会とは

 1945年8月6日、9日-広島・長崎に原爆が投下され、2つの街が一瞬にして、「地獄」に突き落とされました。広島、長崎ではその年のうちに約21万人もの尊い命が奪われました。しかし、原爆を使用したアメリカは、広島・長崎への原爆被害が世界に伝わることを恐れ、厳しい報道管制をおこない、実態は日本国民にも、アメリカ国民をはじめ世界の人びとにも知らされませんでした。

 1954年3月1日、アメリカが太平洋ビキニ環礁でおこなった水爆実験によって日本国民は三度の原水爆による被害を受けました。ビキニ水爆被災事件をきっかけに、広島・長崎の被害、放射能による惨禍を広範な国民が知り、核兵器の廃絶を求める「原水爆禁止署名」が全国でとりくまれ、1年余で当時の有権者の過半数3400万に達しました。

 こうした原水爆禁止を求める大きな国民の声を背景に、1955年8月、広島で第1回原水爆禁止世界大会が、翌56年には、長崎で第2回原水爆禁止世界大会が開かれました。以来毎年、世界の人々と連帯して世界大会が開催されてきました。いまや核兵器廃絶は世界の大きな流れに発展しています。

過去の原水爆禁止世界大会

2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
原水爆禁止2011年世界大会
原水爆禁止2010年世界大会

Website:世界大会実行委員会

Website:世界大会実行委員会

原水爆禁止2009年世界大会

広島市長・長崎市長をはじめとする全国の自治体首長から世界大会開催へのメッセージ
原水爆禁止2008年世界大会

世界大会の記録
世界大会のパンフレットちらし

原水爆禁止2007年世界大会
原水爆禁止2006年世界大会
year
原水爆禁止2005年世界大会
参加の呼びかけ
日程プログラム
原水爆禁止2004年世界大会
year
原水爆禁止2003年世界大会
原水爆禁止2003年世界大会
  1. 世界大会の日程と会場
  2. 2003年世界大会の主な内容

原水爆禁止2003年世界大会 テーマ
「いまこそ核兵器も戦争もない平和な世界を。
核兵器の使用、開発を許さず、すべての核兵器の廃絶を。
戦争と先制攻撃の政策反対、世界平和のルールをまもろう」
year
原水爆禁止2002年世界大会
原水爆禁止2002年世界大会
year
原水爆禁止2001年世界大会
原水爆禁止2001年世界大会
year
原水爆禁止2000年世界大会
原水爆禁止2000年世界大会
year
原水爆禁止1999年世界大会
原水爆禁止1999年世界大会
year
原水爆禁止1998年世界大会
原水爆禁止1998年世界大会

原水爆禁止世界大会


このページの最初へもどる あるいは GensuikyoのTop Pageへもどる

 
PDF WEB署名