ENGLISH 旧サイトへ
原水協(原水爆禁止日本協議会)
被爆者との連帯 ビキニデー 平和行進 世界大会

発行物紹介

Share|

国際情報資料No.41

国際情報資料41号発行のお知らせです。

核兵器のない世界の実現をめぐって注目されていた第9回核不拡散条約(NPT)再検討会議が4月27日から5月22日までニューヨークの国連本部を会場に開かれました。

最終日、中東非核兵器地帯問題をめぐる米、英、カナダの反対で、最終文書はまとまらなかったものの、4週間にわたる会議の討論や政府・市民社会代表の交流は、核兵器のない世界を求める国際政治と世論・運動の発展を世界に強く印象付けるものとなりました。

本号では、第一部で討論の流れをリードした非同盟運動、新アジェンダ連合、核兵器の人道的影響に関する共同声明など国家グループの発言や、メキシコ、ローマ教皇庁やマーシャル諸島などの発言を収録。また、アメリカなど核保有国や「核の傘」に依存する日本、軍縮・不拡散イニシアティブ(NPDI)の発言も掲載しました。

冒頭に収録したNPT再検討会議への潘基文事務総長のメッセージは、国連とNPT会議の議長が市民社会からの署名を受理したことに直接言及し、核兵器廃絶への努力を呼びかけています。さらに本号では、アンゲラ・ケイン、タウス・フェルーキ両氏の署名受理の声明、署名提出にあたっての日本原水協の声明、原水協が現地で行った国際シンポジウムでの政府・NGO代表の発言も収録されています。その他、合意には至らなかったものの大多数の締約国の意見を集約した最終文書最終案の、核兵器廃絶および中東非核・大量破壊兵器地帯に関わる部分の抄訳や、最終文書をめぐる閉会総会での発言なども欠かせない資料です。

どれも、被爆70周年を超えて核兵器廃絶達成の次のステップに向けた情勢と運動を知るために必読の内容です。大いに活用・普及されるようお願い致します。

国際情報資料41 2015年7月23日発行 B5版 全87ページ  頒価800円(送料実費)

お求めはこちら

                                                                
国際情報資料(41)紹介
2015年NPT再検討会議:
 政府・国際機関代表の発言・作業文書より:国連事務総長メッセージ/メキシコ/非同盟運動/新アジェンダ連合/オーストリア/インドネシア/ローマ法王庁/マーシャル諸島/アメリカ/日本/NPDI/作業文書「核不拡散条約第6条に関して」
 2015年NPT再検討会議最終文書最終草案(不採択)の抜粋/再検討会議閉幕にあたっての声明
 核兵器完全禁止のアピール署名受理にあたって/日本原水協の声明
 国際シンポジウム「ともに核兵器のない世界へ新たな地平を開こう」より           


 
PDFWEB署名