ENGLISH 旧サイトへ
原水協(原水爆禁止日本協議会)
被爆者との連帯 ビキニデー 平和行進 世界大会

原水爆禁止世界大会

Share|

【原水爆禁止2014年世界大会】行動提起

原水爆禁止2014年世界大会‐広島閉会総会(86

行動提起

 

大会参加者のみなさん、3日間にわたる大会への参加と討論、本当にお疲れ様でした。

最初に、この大会のために広島までおいでいただいたアンゲラ・ケイン国連上級代表をはじめ、各国の政府代表のみなさん、アジア・太平洋、ヨーロッパ、アメリカなど世界の反核平和運動の代表、メッセージをいただいた松井一實広島市長、そして大会をともにされた内外の被爆者と核被害者のみなさんに、心から感謝と連帯の意を表します。

併せて、大会をささえていただいた地元広島のみなさん、通訳のみなさんをはじめ、準備にかかわったすべての関係者のみなさんに心からお礼を申し上げます。

 

みなさん、

世界大会を通じて私たちは、8カ月後に迫った次回核不拡散条約(NPT)再検討会議を、「核兵器のない世界」を実現する決定的な転機とするために、核兵器全面禁止の圧倒的な世論と行動を作り出す決意を固め合いました。

大会に参加した代表の一人は、「世界が動いている。平和への願いを込めた時をきざみ歯車が動いている。心が動かされる。来てよかった。さびついた歯車に油がそそがれた。やることが決まった。署名を1筆でも多く集める」と決意を寄せています。

私たちが前進を勝ち取るカギは、「核抑止力」論を打ち破る圧倒的な世論と運動を築くことです。ただちに行動に踏み出しましょう。

大会参加者を先頭に、報告会を無数に開き、国際会議宣言と諸決議を学び、2015年のニューヨーク行動に向けた地域ぐるみ、自治体ぐるみのダイナミックな「核兵器全面禁止のアピール」署名行動をひろげましょう。

926日の「核兵器廃絶デー」国際共同行動を、全国すべての市区町村、すべての地域、職場、学園で、広範な人々の共同のとりくみとして成功させましょう。

原爆写真展、被爆者の証言、被爆組写真を海外に贈る運動、「はだしのゲン」上映会などをひろげながら、署名の大きな前進を作り出しましょう。

署名プレンテーションで掲げたボードに一筆一筆の署名の数をきざみ続け、2015年春のニューヨーク行動に総結集しましょう。

 

皆さん、立ち上がって私と一緒にコールしましょう。

NO NUKES! NO NUKES! TAKE ACTION

 
PDFWEB署名