ENGLISH 旧サイトへ
原水協(原水爆禁止日本協議会)
被爆者との連帯 ビキニデー 平和行進 世界大会

平和行進

Share|

国民平和大行進1000人で夢の島を出発!!

行進出発

 国民平和大行進中央実行委員会と東京実行委員会は、江東区夢の島・第五福竜丸展示館前にて平和行進出発集会を開催し、900名が参加しました。

ウィーンの報告


 出発集会では、通し行進者の山口逸郎さん、渡邉正郎さん、五十嵐成臣さん、竹田昭彦さんが決意表明をおこないました。また、ウィーンで開かれているNPT再検討会議準備委員会へ、代表団の一員として派遣されていた橋本銀河さん(兵庫県民医連)からのメッセージが紹介されました。メッセージでは、154万余筆の「核兵器全面禁止のアピール」署名が準備委員会議長へ提出されたこと、ウィーン国際センターやウィーン大学で行った原爆展が成功を収め、署名も592筆集まったことが報告されました。

 その後の行進には昨年を大きく上回る1000人が参加し、途中でにわか雨にあいながらも元気いっぱい行進しました。東日本大震災で被災した宮古民商から届けられた大漁旗18本を、中央団体役員を中心に手に取り、風になびかせて行進を彩りました。数寄屋橋からは東京の被爆者30名が合流し、核兵器のない世界へ扉を開こうとアピールしました。


沿道の反応高く


沿道の反応


 今回の行進では、若者を中心に約10名が、沿道のみなさんに署名推進チラシと「核兵器なくそう青年実行委員会Ring Link Zero!」が作成したうちわを配布しました。受け取りはとてもよく、受け取ったうちわを振って、行進を激励して下さる姿も見られました。

 チラシとうちわを渡す際に「広島まで核兵器廃絶を訴えて歩きます」と声をかけると、「えーっ、そうなんですか。がんばってください」と対話がはずみました。


はじめて署名行動も実施


 コース途中の東陽町交差点と有楽町マリオン前で、行進と併行して署名行動も行われました。中央実行委員会としては初めてです。東陽町交差点では7人が参加、多くの子どもたちが署名に応じてくれ、約30分で57筆の署名が集まりました。有楽町マリオン前の行動とあわせて、89筆の署名と500円のカンパが集まりました。

東陽町交差点での署名行動

マリオン前での署名行動




 
PDFWEB署名