ENGLISH 旧サイトへ
原水協(原水爆禁止日本協議会)
被爆者との連帯 ビキニデー 平和行進 世界大会

被爆者との連帯【マーシャル諸島】

Share|

マーシャル諸島
上院議員
アバッカ・アンジャイン・マディソン(2000年国際会議)

世界の被ばく者の証言・資料マーシャル諸島
原水爆禁止2000年世界大会・国際会議

マーシャル諸島
上院議員
アバッカ・アンジャイン・マディソン

 ロンゲラップの住民からのあいさつをおつたえします。「ヤコェ!」「核兵器のない21世紀をめざす共同と行動」をテーマに開かれている広島でのこの会議に、日本と世界各地からの平和活動家のみなさんとご一緒できることを光栄に思います。私たちはきょう、核兵器による世界の非人道的行動によって亡くなった人々、苦しんでいる罪のない人々の命を記念してここに集まっています。それは私たちの島、環境、人々、こどもたちにたいして被害がもたらされたからであり、将来の世代をまもるために私たちはたたかっています。

 マーシャルでは第2次世界大戦直後、わたしたちの国の北部で六〇年代のはじめまでアメリカが核実験をおないました。マーシャル諸島でおこなわれた87回の核爆発実験のうち、島民の命をもとにもどすことのなかったのは、「二つの太陽の日」として知られる1954年3月1日の水爆実験でした。この爆弾は広島に十日された原爆の千倍の規模のものでした。

 第五福竜丸の漁師のように、ロンゲラップ島では子どもを含む当時86人が急性放射線被爆にかかりました。後に、これらの人々に甲状腺、骨、白血球、脳、皮膚、胃のガン、萎縮症、死産、流産、奇形児出産などがおこりました。何年にもわたってこれらに人々は生体実験のモルモットとしてあつかわれ、ロンゲラップは安全だとウソをつかれましたが、結局、生きるために島を逃れることになりました。今日、島の共同体は分断されています。人々はマーシャル諸島のあちこちに住んでおり、海外に移った人もすくなくありません。しかし島の人口の多くの部分はマジュロに、そしてクワジャレイン環礁にあるイバイとメジャットが二番目に大きいロンゲラップ島の人口の居住地です。私たちの長老たちは、急速に世を去っています。若い世代がロンゲラップ島民の伝統的な生活様式を学ぶチャンスがほんとうにすくなくなってきています。 

 それにもかかわらず、米議会が最終的にアメリカが島民にたいしてやったことを認めるまでには大変な時間がかかりました。ロンゲラップの救済は、米議会がつくったロンゲラップ再定住プロジェクトのもとで進行しています。ことし9月19日には、「核実験被害者補償裁判所」で土地の権利要求にかんする公聴会がおこなわれます。この要求をまとめ、ここまでくるのに、じつに8年もかかりました。これは三つの環礁にたいする要求であり、三つの理由があげられています。第一は環礁全体の救済、第二は使用できなくなったこと、第三は苦難です。 

 これは島民の生活をとりもどすための根本的な手段ですから、ロンゲラップが最大限に償われることがきわめて重要です。同時に、私たちはひきつづき米国政府にたいして医療をほどこし、2001年10月に自由連合が期限切れとなるのにともなう「状況の変化」による補償をおこなうよう要求していきます。他方、あるプロジェクトが夢の段階にさしかかっています。それはことしのビキニ集会で明らかにした博物館建設計画です。広島にくるまえに私は母親大会に出席しました。大変大きな成功をおさめた大会でした。博物館プロジェクトはこの母親大会においても多くの女性のみなさんに紹介され、支持をいただきました。いま、私はみなさんの支援をおねがいするものです。どうか、この夢を実現させるために手を貸してください。 

 博物館プロジェクトは2004年のビキニ・デー50周年にオープンすることをめざしています。約2千万円、20万ドル近くを目標に募金をおこないます。一時的に博物館はマジュロに移動式のものをつくり、ロンゲラップの汚染除去がおこなわれるのを待つことになります。博物館の名称はまだ最終的にきまっておりませんが、ロンゲラップ平和博物館というようなものになるでしょう。その目的は以下の通りです。

・島民、とりわけ子どもたちにたいし、核兵器による被害について教育すること
・医療、教育援助、情報支援などをつうじてロンゲラップ島民にたいする日本の援助を促進するセンターとして活用すること
・日本のヒバクシャとロンゲラップの被爆者の連帯をしめすこと
・若い世代にたいする文化教育の場を提供すること 

 みなさんに本当のことをお話します。今年の3月のビキニデー会議で日本に来る前、私はこの計画を、みなさんもご存知のジョージ・アンジャインに話しました。ジョージは、私のアイデアにすぐ賛成してくれました。彼も、ロンゲラップの人々がどんなに苦しんだかを思い出してもらうべきだと言いました。ジョージに私の夢を話していたとき、彼自身の記念品が博物館に収めれることになろうとは思いませんでした。しかし、ジョージは亡くなりました。私がビキニデーから帰国する3日前のことでした。ですからみなさんが私の提案を支持してくれたことは知りません。ブラボー実験が行われたとき、ジョージは3歳で、来年50歳になるはずでした。かれは生涯、健康障害に苦しみましたが、不十分な医療や設備で亡くなってしまったのです。ジョージは地方議員で、有名な地主で、ロンゲラップ島民の利益を守り、特にアメリカに補償を求めて戦う闘士として知られていました。 

 私の呼びかけに加えて、皆さん、特に科学者や医師のみなさんに、ぜひマーシャルに来ていただきたいと思います。みなさんの支援が必要だからです。  残念ながら私は明日帰国しなければなりません。月曜から議会が始まるからです。でも、私の叔父のネルソン・アンジャインといとこのヒロコは大会に最後まで参加します。ヒロコは核実験の被害者で、みなさんに自分の被曝体験や、核兵器のもたらした痛みや苦しみををお話することになっています。私は世界の友人に出会えて喜んでいます。みなさんの会議の成功をお祈りします。そして最後になりますが、ご招待いただいた日本原水協にたいし、みなさんのロンゲラップ島民へのご支援に感謝します。



 
PDFWEB署名