ENGLISH 旧サイトへ
原水協(原水爆禁止日本協議会)
被爆者との連帯 ビキニデー 平和行進 世界大会

機関会議の決定書類/談話/声明

Share|
声明アメリカなどの不当なイラク攻撃に抗議し、武力行使の即時中止を要求する

2003年3月20日
原水爆禁止日本協議会

 3月20日、アメリカのブッシュ政権は、イラクに対する不法な軍事攻撃を開始した。この攻撃は、他国に対する武力攻撃を禁じた国連憲章にたいする最悪のじゅうりん行為である。ブッシュ政権は、国際正義を踏みにじり、国連中心の問題解決の道を破壊したいっさいの責任を負わなければならない。日本原水協は、この蛮行をきびしく糾弾するとともに、ただちに軍事行動を停止し、すべての部隊を撤退させるよう米英両国政府に要求する。また、米国による核兵器、とりわけ小型核の配備と使用が強く懸念されている。我々は中東・インド洋に配備されている核兵器をただちに撤去すべきことを要求する。

  我々はまた、今日の事態にいたるまでアメリカの武力行使を容認し、支持しつづけている小泉内閣をきびしく非難する。小泉内閣のこの態度は、紛争の解決手段として武力による威嚇と武力行使を放棄した日本国憲法に反し、平和解決を願う圧倒的多数の日本国民の願いを踏みにじるものである。我々は、ブッシュ政権の不法な軍事行動への支持をただちに取り下げ、憲法に反してインド洋でアメリカの軍事作戦支援に従事しているすべての自衛隊艦船を引き揚げるよう要求する。

  ブッシュ政権などによる現在の蛮行は、戦争の惨害から将来の世代を救うことを決意して創立された国連の憲章と制度、人類の生存と安全を保障する仕組みそのものを危うくするものである。我々は、すべての国連加盟国政府に対して、この戦争をやめさせ、問題解決を国連の手に取り戻すために全力を尽くすよう呼びかける。また、日本と世界のすべての人々に、こうした蛮行をやめさせ、平和を回復するために行動にくわわり、戦争も核兵器もない世界にむかってともにすすむようよびかける。



 
PDFWEB署名